社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

ジャンプ新連載作品 2度目の表紙&巻頭カラー達成速度ランキング!

201708 約束のネバーランド

さて、今回は以前に書いた記事をちょっとリライトしてみました
テーマは、最近の新連載作品において、第1話の次に表紙&巻頭カラーとなったのが第何話だったのか
その速さをランキング形式にして見てみようという記事です


表紙&巻頭カラーと言えば、名実ともに雑誌の顔になるものであり、それを任されるということは
それだけ編集部から期待・プッシュされている作品だと言うことができます

ジャンプの新連載作品においては、連載開始時に表紙と巻頭カラーで大々的に宣伝され、
その後順調に連載を1年間続けることができると1周年記念として再び表紙&巻頭カラーでお祝いされるのがパターンでした
そんで、同時に恒例のキャラ人気投票企画が実施される…という感じですよね

途中でセンターカラーをもらうことはあっても、1周年を突破する前に2度目の表紙&巻頭カラーというのは
それだけ編集部から期待されているということであり、かなりの人気がないとできないことだろうと思います

じゃあその快挙を実際にやってのけたのはどんな作品なのか、それはどのくらいの速さ(=話数)だったのか
そんなことを調べてみたくなりました


ということで、見ていきましょう



 





調査対象としたのは、現在うちにある2008年~2017年現在までのジャンプ
2008年第1号からずっと追いかけてみた結果、こんなランキングになりました



第7位







201707 鬼滅の刃表紙巻頭

鬼滅の刃です

いきなり最近すぎる作品なんですけど、話数でランキングするとこうなっちゃうんですよ
2017年第7号にて表紙&巻頭カラーとなった本作
達成話数は第45話でした

ジャンプが1年で48冊前後発売されますから、もう1周年を目前にした話数です
それでも「1周年突破記念巻頭カラー!」とは書いていないので、1周年記念のカラーと表紙は別にあるんだろうと思っているんですが

血風剣撃冒険譚と銘打って、誰より優しい主人公が人喰い鬼と戦っていく物語
プロトタイプとなったトレジャー受賞作は異質な才能の塊でしたが、それがこんなにもマイルドで読みやすく仕上がってくるとは
誰が予想できたでしょうか

俺が今一番応援している作品です



第6位


続いての作品はこちら




食戟のソーマ表紙37

食戟のソーマ

2013年第40号にて表紙&巻頭カラーとなりましたが、その時の話数は第37話

何をやっていた回かと言えば、地獄の合宿が終わって唐揚げ戦争をやってた頃です

tosh先生の美麗な画力とエロいリアクションでスタートダッシュに成功したと思っていたこの作品
表紙&巻頭カラーも速かっただろうと思っていたのでちょっと意外でした

いや、それでも1周年よりも前に表紙&巻頭カラーを獲得できるだけで充分人気作だと思いますが



第5位



続いてはこちらの作品






ハイキュー!!表紙30

ハイキュー!!です

2012年第40号で、見事に獲得しておりました

その話数は第30話

何をやっていたかと言えば、音駒との練習試合の真っ最中
強力な武器と思っていた変人速攻に、音駒のブロック犬岡がだんだんついてくるようになっていた頃ですね

ジャンプスポーツ漫画によくいる「鬼畜外道な敵キャラ」が全く登場することなく、出てくる奴出てくる奴みんながそれぞれ「頑張ってる奴」であるという
青春部活漫画らしい爽快さが個人的に大好きなこの作品

ソーマよりも速かったというのは凄いですね



第4位


続いてはこれ





ブラクロ24話

ブラッククローバーですよ

2015年第36号で達成です
その時の話数は第24話

半年ですよ
とうとう30話を切って、随分な速さです

何やってた時かと言えば、ノエルたち仲間を次々馬鹿にする王族の魔法騎士団員たちにブチ切れたアスタが、「魔法帝になってお前ら全員黙らす!」と啖呵切ってた時ですね


ナルトの後継枠のように言われる作品ですが、脳筋でバカな主人公がひたすら真っ直ぐに頂点を目指そうとする物語は
見ていて実に気分のいいものがあります

ジャンプが想定する本来の読者層である少年たちばかりでなく、大人でもコミックスで読んでたら次々ページをめくってしまうくらいの勢いと引き込む力がある作品

連載デビュー作が3巻打ち切りになった田畠先生でしたが、2作目でチャンスを掴んだわけですね
アニメにもなるそうで、今後のジャンプ看板作品の1つであることは間違いないことでしょう


さあ続きましては


第4位






201615 左門くん

左門くんはサモナー
2016年第15号で達成しておりました

その話数は第24話
ブラクロと同じなんですね

なので順位は同じです

恐ろしいのは沼先生
これが連載デビュー作ということなんですよね

天下のジャンプにおいて、新人の作品がわずか半年で雑誌の顔といえる表紙&巻頭カラーを獲得するというのは
かなりとんでもないことではないでしょうか

人気の理由はきっと、作者沼先生の持つ台詞回しの絶妙なセンスにあるんでしょうね
ギャグを活かすツッコミにおける単語のチョイスがあまりにもあんまりで、何かツボってしまうのです
人によっては中毒にすらなったりするかもしれないそのセンスは、沼先生にとっては大きな武器と言えるものなのでしょう



第3位


まだまだあります
お次はこれ






ヒロアカ23


僕のヒーローアカデミアですよ

2015年第3号で達成したその時の話数は何と第23話でした

先程のブラクロと左門くんの記録をさらに1話縮めてきましたよ
何やってた頃かって言ったら、雄英体育祭がまさに今から開会されようとしている時でした

超人社会で無能力な主人公が最高のヒーローを目指して努力していく物語
主人公出久から放たれる圧倒的熱量が読者を捕まえた結果が半年足らずでの表紙巻頭という快挙でした

2度の打ち切りを経て、いよいよもう後がなかった堀越先生
最後のチャンスに懸けた作品がここまでの人気を得ることができたというのは、それはもう感慨もひとしおだったことでしょう
嬉しさのあまり、この号の巻末コメントでは「このジャンプを高校生の自分に見せてやりたい」と言っておられましたよ



さあまだまだ作品は残っております
続いてはこれ


第3位






201708 約束のネバーランド

約束のネバーランド
2017年第8号にて達成した本作

第23話での表紙&巻頭カラーでした
ヒロアカと同じなんですね
なので順位も同じです

異形の化け物たちに喰われるため育てられていたという事実に気づいた主人公たちが、
何とかしてその孤児院を脱出しようと奮闘する知略バトル漫画

雰囲気というかコンセプトとしてはデスノートに近いんだろうなーと勝手に思っているんですけども
その知略バトルが好評なのか、左門くんよりもブラクロよりもさらに短い話数での達成となりました

しかし、さらにまだ上がいます



第2位








201448 火ノ丸相撲

火ノ丸相撲ですよ
2014年第48号で表紙&巻頭カラーを達成していました

その時の話数は第22話

ブラクロ、左門くんの記録を1話縮めたヒロアカとネバランを、さらに縮めてきました

相撲がテーマのマンガがジャンプに載るなんてのは、それだけで珍しいことだったと思いますが
誌面からあふれ出る作者川田先生の相撲愛と、主人公火ノ丸の正々堂々としたカッコよさが相まってか、
部活ものとしてもバトルものとしてもジャンプの王道を突っ走る作品となりました

ていうか、相撲って競技にこんだけジャンプにドンピシャなバトル性があったなんて思いもしませんでしたよ
見開きで睨み合う火ノ丸とライバルたちのあの緊張感、そしてあの怒涛の攻防をアニメでぜひ見てみたいですよね

…で、続いてのランクインはこの作品


第2位








斉木楠雄表紙22

斉木楠雄のΨ難ですよ

2012年第46号で表紙&巻頭カラーとなった本作
この時の話数はなんと第22話

火ノ丸相撲と同じなのです
同率2位です

一部では空気マンガのように言われることもあるらしい本作ですが、
1話完結を基本形式として毎回上手に導入からオチまで綺麗にまとめ切る構成力や
ラブコメ回における破壊力などは眼を見張るものがあるんですよね

だからこそ、火ノ丸相撲と同じくらいの勢いで22話での表紙&巻頭カラーを達成できたのだろうと思われます
空気マンガのように言われつつも連載はすでにコミックスにして20巻にもなるほど続いていますし
今や、ジャンプを影で地味に支える縁の下の中堅というポジションにいると言えるでしょうか


ではお次が最後の作品

22話の火ノ丸相撲よりも斉木楠雄のΨ難よりもさらに早い段階で表紙&巻頭カラーとなった、最速作品
これなんです



第1位









暗殺教室表紙17

暗殺教室です

2012年第48号で表紙&巻頭カラーとなったこの作品
ジャンプ誌上では既に完結してしまっている作品ではありますが、達成話数としてはこれが最速でした
話数はいくつだったかと言えばなんと




暗殺教室第17話

17です

たったの17話

わずか4か月程でジャンプの表紙&巻頭カラーという待遇を獲得してしまったのです

話の内容は、修学旅行先の京都で不良に拉致された神崎さんと茅野さんを助ける「しおりの時間」

暗殺という物騒な話と、生徒の抱える迷いを晴らす道徳的・教育的内容が絶妙にマッチすることで
醸し出されてくる面白さを考えれば、さもありなんというところでしょうか


…ということで、ね
最近の新連載作品がどのくらいの速さで表紙&巻頭カラーを達成してきたか、見てきましたが
最速は暗殺教室でした

17話ってマジで凄いと思いますよねえ

ただ、実はこのラインナップって見方がもう1つありまして

その視点だと

・鬼滅の刃 左門くんはサモナー 約束のネバーランド 火ノ丸相撲

・ハイキュー!! ブラッククローバー 僕のヒーローアカデミア 斉木楠雄のΨ難 暗殺教室

っていう分け方ができるんですね

何が基準かと言えば、連載デビュー作か否かです
上の4作品は、すべて連載デビュー作なんですよ
読み切りや短期連載として載ったことはあっても、本格的連載は初めての作品ばかりなのです

対して下の5作品は、それ以前に連載を経験している作者の作品なんですね

食戟のソーマは…
原作の附田先生は連載経験者ですが、作画のtosh先生が連載デビューということで、どちらの要素も持っている作品です

なので、この分け方で行くとこのラインナップの中で最も凄いのは火ノ丸相撲なんですね

連載デビュー作にして、最近の作品の中でも最高レベルとなる22話での表紙&巻頭カラー達成というのは
相当に凄いことだろうと思います

ラインナップの中で唯一完結している暗殺教室も20巻以上になってる作品ですし、今はまだ数巻分にしかなっていないものも
それくらい続いていく可能性が大いに高いと言っていいでしょう

火ノ丸相撲にも鬼滅の刃にも左門くんにも期待していきたいですね



※関連記事
【悲報あり】今度は新連載作品が表紙or巻頭カラーになる速さを調べてみた


※2017/2/27注記
抜けてた作品が2つもあったので内容を修正しました



COMMENT▼

No Subject

うむ、面白さや期待値に関しては同意します。

こうしてみるとやはりニューオーダー勢はかなり期待されるんですねえ
そういえばリンク記事も含めて読んだ後に、確かべるぜバブも相当巻頭カラーは早い気がしたような……と思ったのですが、あれは表紙がワンピースか集合絵の時だったかな?

No Subject

ネバーランド意外と早かったんですね。濃いからか、長く連載してた感じしてました。

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

いつぞや火ノ丸相撲の表紙巻頭達成の時に書いた内容を書き直してみました。
あれから1年以内の表紙巻頭をやってのけた作品が増えたからですね。

今後も増えるたびにこの記事に追加していきたいなーとか思っております。

べるぜバブは…
第13話で2度目の巻頭カラーとなっておりましたが、その時の表紙はナルトでした。
いや、連載デビュー作で13話巻頭カラーって相当速いと思いますけども。

No Subject

抜けてた2作品ってどれだ?

1月前の記事だからもう分からんw

No Subject

ハイキューと左門だと思う。記憶おぼろげだけども…

Re: No Subject

さすが、気づくの早いですなー
そこまでする必要はないかなってことでお知らせ記事をageることまではしませんでしたが、こんなすぐに気づかれるとは。

抜けてた2作品、正解はブラクロとヒロアカです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1314-34ad735a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター