社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

柱全員登場で混沌としてきた鬼滅の刃45話 2017年週刊少年ジャンプ7号感想その1

2017年週刊少年ジャンプ7号感想その1

今日は仕事休みだったので一気に感想書けるかと思ったんですけど無理でした
鬼滅だけで2時間半以上かけて5000字オーバーとか長すぎ俺


鬼滅の刃

連載1周年よりも早い段階で実現した2度目の表紙&巻頭
45話という数字は他作品に比べると少し遅めですが、それでも連載デビュー作でそれをやってのけたことは大いに快挙であるでしょう

どんな表紙になってるんだろうと楽しみにしていましたが、炭治郎が1人で飾ってくれていました
『ジャンプの正しい作り方!』によれば、確か表紙はデザイナーさんが複数の案を考えてくれて、
その中から編集部が選んでるんだとか

主人公の炭治郎は当然としても、禰豆子ちゃんまでいない構成になるのは意外でしたよ

ワンピみたいなすっかり確立された作品はどんな構図でもだいたい行けるんでしょうけど、
若い作品については「どんなマンガなのかイメージしやすいようにする」ことを意識しているとサクライタケシ先生の取材の中であったはず

とすると、炭治郎が1人で刀を構えているのは「血風剣戟冒険譚」としてはこれ以上ないシンプルさを狙った構図だったりするんでしょうか

刀折れてるけどね(;^ω^)


いや、普通に今まで読んでるこっちは刀折れてる事情は知ってますよ
十二鬼月と戦ってる中で折れちゃったっていう経緯をわかってるのでいいんですよ

でも表紙では別に折れてなくてよかったんじゃないの?
せっかく表紙なんですから

それともあれか
この後折れた刀を直す展開も待ってて、その時某死神マンガばりに違う刀になっちゃったりする可能性があるんでしょうか
二刀流とか

……ないな



本編は、柱達による炭治郎の裁判が始まるところでした

柱合裁判って何だ一体
集合と、柱が集まったってのを掛けただけか?

柱は全部で9人
鬼殺隊最高戦力にして最高位のメンツだそうな

9人ってのは、それが上限人数なのか
それとも柱認定の基準を満たした者が今は9人しかいないということなのか

すでに明らかになっている義勇の水やしのぶちゃんの蟲に加えて、残る7つの属性と名前も明らかになりました

…全然覚えらんないですけどねw

読み切りとか連載第1話とかを描く時の注意点として、「一度に5人以上の新キャラが出てきたら読者は覚えられなくて混乱するから4人までにしとけ」
っていうことが言われるそうですけども

7人も出てきたぞw

そりゃあ45話まで来た物語ですし、ここで何人かを後出しにするのも変ですから
柱という存在と立場を格付けするためにも全員登場は間違ってないと思いますが

覚えらんないのは覚えらんないw

とりあえず、蜜璃ちゃんは覚えました

なぜって?
決まってるじゃないですか


谷が深くて
それを見せつける服装をしてて
使うのは恋の呼吸で
惚れっぽくて
ときめきを大事にしてて
髪の色はピンク

いわゆるひとつの逸材ですね

禰豆子ちゃんと仲良くなれそうな予感


全員が全員炭治郎の処分や禰豆子ちゃんの処刑に賛同しているわけではなさそうですね
といって明確に反対してくれそうな人は今のところ義勇くらいしかいないっぽいですけど

えーとちょっくら整理してみると

処分・処刑派
炎の人
音の人
蛇の人
風の人
岩の人

反対
水の人義勇

中立or無関心
しのぶちゃん
蜜璃ちゃん
霞の人


こんな感じか?合ってるかな?

当然ながら処分の賛成派が多いんですね
しかも積極的に炭治郎も禰豆子ちゃんも殺そうって人ばかりです

人外となった鬼と戦って「最高戦力」なんて呼ばれてる連中ですから、多少好戦的だったり自信家だったりするのは仕方ないんでしょう
しかし、「裁判」って言ってる中でちゃんと理性的に話を進めようとしてる人がしのぶちゃんくらいしかいないってのはどうなんでしょう

雲や鳥の方を気にしてる霞の人や、周り全員にときめく勢いの蜜璃ちゃん、当事者の1人でもある義勇、を除いては、
基本的にみんな決め打ちで処分と処刑を実行しようとしています

炭治郎からちゃんと話を聞こうとしている人はしのぶちゃんだけのような

もちろん彼女とて最初は問答無用で禰豆子ちゃんに斬りかかった1人ではありますが、ひょっとしたら蝶子ちゃんからの報告を聞いているのかもしれませんね
「自分が斬ろうと追いかけた時、問題の鬼(禰豆子ちゃん)は逃げるばかりで自分に反撃してくることはなかった」という

義勇を含む柱の全員が「鬼は化物で人食い」であることを基本的な前提として活動しているからこそ、
有無を言わさず斬ることを当然と考えているのでしょうが
その鬼の1人である禰豆子ちゃんが殺そうと斬りかかってくる人間に対して反撃をしなかったことは、
しのぶちゃんにとっては充分な違和感となったかもしれません

で、それを好戦的で自信家な他の柱たちに言っても、その報告を持ってきた自分の部下か妹かにあたる蝶子ちゃんに対して
「どーせ距離を詰められずにほとんど斬りかかったりもできなかったんだろう」と雑魚扱いして馬鹿にされる可能性が高いと

そんな風に思ったりしていれば、しのぶちゃんだけが理性的に炭治郎の話を聞こうとしていることが理解できそうな気がします

人を食った鬼に対しての贖罪方法が厳しいだけで、しのぶちゃん本人は実は普通に優しい女の子と言えそうです
蜘蛛の毒で瀕死だった善逸や蜘蛛に変わっちゃった隊員たちも、普通に助けてくれていましたし
満身創痍で喉がガラガラになってる炭治郎には、顎の心配をしつつ鎮痛剤入りの水までくれるという気の利きっぷり

食人を贖う拷問や問答無用で禰豆子ちゃんに斬りかかったあのサイコぶりからは想像もつかない優しさです

その水を飲んで何とか喋れるようになった炭治郎の言葉を一番真剣に聞いているのもしのぶちゃんですね

他の連中は揚げ足を取ったりとか、悪魔の証明を求めたりするだけでまともに話を聞こうという気がないのです
事情聴取あるいは尋問のはずなのに、聞いた内容を「妄言」とか「ありえない」と断じてハナから信用しないのでは何にもならない

おそらくはどんなことを喋ったとしても、彼らの返事は変わらなかったのでしょう
その辺り、せっかく最高戦力だというのに彼らの「オツムの出来」に疑いを持ってしまいそうですが
彼らの持っている「常識」からすればあるいは仕方ないことだとも言えるでしょうか

だからこそ、しのぶちゃんが炭治郎の話を聞こうとしてくれていることにいくらかの安心感が生まれています
同時にしのぶちゃんの好感度がストップ高

炭治郎の言葉に口を挟むことなく真顔で静かに聞いて、
どんどん強くなる言葉の熱に唇を開いて目を細めるくらいには何かを感じている

そして、どうやら柱の中でも一番好戦的っぽくて自信家というより高慢な風の人が
禰豆子ちゃんの入っている箱を乱暴に扱っているのを見れば、静かに怒りを露わにして制止しようとしてくれる

何にでもときめくあまり他人の様子に敏感な蜜璃ちゃんが「珍しい」って言うからには、
しのぶちゃんが怒るのはホントに珍しいのでしょう

だから、風の人が禰豆子ちゃんを刺した時に義勇と一緒にショックを受けてくれる
それは炭治郎が抱いたのと同じ種類の怒りですね
事情を知っている義勇はもちろん、炭治郎の言葉とあとひょっとしたら蝶子ちゃんの報告で
炭治郎寄りの気持ちになっていそうなしのぶちゃんだからこそ
抵抗できない状態の禰豆子ちゃんを箱の外から刺すという行為に虫唾が走っているわけですね

対して、同じ段に並べて描かれている蜜璃ちゃんの場合はちょっと違っていますね
彼女の場合は単に箱越しに刺すというのが痛そうだったというのが理由でしょう

喩えるならホラー映画とかを見て、登場人物が殺される場面を見ている時のような感じでしょうか
そこにあるのは怒りではなく単なる同情

自分とは直接関係ないことを前提に、外から「ああ可哀想に」とか「気の毒に」とか思っているだけなんですね
彼女がこれから炭治郎とどう関わっていくことになるかはこの裁判の行方次第となるでしょう

別に炭治郎とラブコメする必要はないと思うので、禰豆子ちゃんとしのぶちゃんと女子3人でキャッキャウフフしてくれたらいいな…



もう1人の当事者となる義勇は、予想に反して別に拘束はされていませんでした
しのぶちゃんの判断で、かな?

先週の見開きにいなかったのは、1人だけ離れたところにいたからだそうです

え…
それ義勇さんやっぱり嫌われてるんじゃ…

いや、自分も当事者だから炭治郎の周りに集まってるみんなの横には何かいづらいってのもわかりますけども

仏頂面でぽつんと離れたところにいるって、要するにそれってぼっち…


義勇を一番嫌ってるのが蛇の人かな?
最初に義勇の話題を言い出してますし、処罰できるのが嬉しそうですし

蜜璃ちゃんは嫌ってなさそうですね
おとなしくついてきてくれたからって拘束しなかったしのぶちゃんも、実は義勇を嫌ってはないんでしょうね

逆に義勇が嫌ってそうなのが、風の人ですかね
禰豆子ちゃんの箱を抱えて登場した時の苦そうな表情は、「めんどくさいのが来た」っていう感じでしたよ

こいつが関わってくると絶対ろくなことにならないっていう確信を持ってるかのような顔です
あえて非情になろうとするのが義勇のスタイルだとすれば、ナチュラルに非情な風の人とは反りが合わないんでしょうかね


禰豆子ちゃんに傷を負わせた風の人に激高して、怪我も拘束も構わず飛び出した炭治郎
「お館様がもうすぐ来る」との義勇の言葉に一瞬躊躇したことで、頭突きを決められた炭治郎は禰豆子ちゃんを取り戻すことに成功しました

そこからの啖呵がカッコいいじゃないですか

まだ柱というのが何なのか、炭治郎はわかっていないはずですが、とにかく鬼殺隊の中でも凄い連中なんだろうというのは理解したんですかね
そんな奴らが鬼を一緒くたにただ悪玉扱いしているのは炭治郎にとって我慢のならないことだったわけです

「善良な鬼」を炭治郎は知っていますからね

禰豆子ちゃんはもとより、珠世さんと愈史郎がそうです
慈悲の剣撃である伍の型を使って斬るような鬼も「善良」の枠に入っているとは言いませんが、
少なくとも禰豆子ちゃん以外に珠世さんと愈史郎は間違いなく「善良な鬼」として認識していることでしょう

しかし、禰豆子ちゃんを刺す奴らならきっと珠世さんにも躊躇いなく刀を向ける
珠世さんを鬼だからと殺すことは、その先にある鬼となった人をもとに戻せる可能性をも潰すことであり
それはつまり助けられる命を助けないことであると

だから、「その区別がつかないなら柱なんてやめてしまえ」と炭治郎は言うわけですね
炭治郎にとっては鬼を斬ることは襲われる人を減らす、救うための手段であり、またその鬼本人も実は苦しんでいるというのなら
斬ることでそこから解放するという救いの手段

対して、風の人のような好戦的な柱たちは鬼を斬ることそのものが目的と化してしまっているのでしょう
望んで歪んだのかどうかは別として、鬼を斬ることが自分における最高の活動であると

言い換えれば、鬼がいないと生きていけないわけです彼らは

いや、今回描かれた好戦的な彼らが本当に俺が想像したような連中だったら、ですけども


しかし、そんな好戦的な彼らもお館様には逆らえない模様
柱が束になってかかっても敵わないような実力を持っているのか、それとも別の理由があるのか

次回は、柱たちが鬼舞辻の顔を知っているかどうかが明らかになるでしょう

今まで意図的に隠されてきた鬼殺隊ボスの顔
単純な予想として鬼舞辻とそっくりなんだろうと思っていましたが、ラストの炭治郎の表情を見る限りその通りっぽいですね

鬼殺隊のボスとしてやって来た相手ですから、鬼舞辻だと思った炭治郎がさらに怒りのボルテージを上げて飛びかかるなんてことはないでしょうが、
お館様と鬼舞辻がそっくりだと炭治郎が言った時、それに対して柱たちがどういう反応を返すかが問題なんですよね

彼らが鬼舞辻の顔を知っていれば、本当かどうかは別にして他人の空似でも何でも似ている理由を言うでしょうが、
知らない場合は今回の扱いと合わせて「新人がまた妄言をベラベラと」っつってますます信用してもらえなくなる可能性があります
鬼舞辻に出くわしたことがあって、近くにいれば匂いでわかるというのを戯言として流すのかどうか

さすがに最高戦力っていう柱が敵のトップの顔を知らないのは変な気もするので、
全員とまでは行かずとも何人かは知ってるんじゃないかと予想したいところですが

それ次第では、裁判の行方が変わるはずですからねえ
お館様本人がどういう反応を見せるかというのも注目です

…ここまで書いといて、お館様の顔が別に全然鬼舞辻と似てなかったら恥ずかしいですが(;^ω^)


さらに、鬼舞辻の件は別としても、加入の動機として鬼への復讐と殺意が最も多いだろう鬼殺隊という組織において
「善良な鬼」との概念を持つ炭治郎は明らかに異端と言えます

柱だけでなく他の隊員たちはそれをどう捉えるか
お館様はそれをどう思うのか

炭治郎の証言に説得力を持たせるには鱗滝さんが出てこないと無理だろうと予想しておりますが、その辺もどうなるでしょうか


…ところで、新展開突入はいいんですけどこれ何編って呼んだらいいんでしょう?


 




COMMENT▼

これからも躍進していってもらいたいですね。

 表紙&巻頭カラーに抜擢されるほど評価が上がってきて嬉しい限り。(^^)
 今回の炭治郎の啖呵にもスカッとさせられました♪

 二刀流はロマンです。(断言)
 炭治郎が「水の呼吸」と「ヒノカミ神楽の呼吸」の使い手であることを考えると、その可能性もアリかも・・・?

 それと新章の名前ですが、ここはやはりシンプルに「鬼殺隊編」でどうでしょう?

繰り返す!二刀流はロマンです!

良いですよね二刀流!小太刀二刀流しかり、双手短刀しかりです!

まあ鬼殺隊編が一番しっくり収まりますね。
気になったのが隊長を見て炭次郎がひどく驚いたラスト。
やっぱり無惨と瓜二つなんじゃないかと予想。で、柱に
「なぜ無惨の顔を知っている!会ったのか!」
の流れが来るかと。

No Subject

ラグエルさんが名前変えてるw

二刀流はロマンですね、えぇ、そうですとも(小学生
因みに僕も無惨と同じ顔と予想します。

杉田っぷるに変えるかは要検討します

柱の頭の固さに思わず苦笑いでした
まあ鬼殺隊としては正常だけど
義勇さんボッチとか言われてるけどこんなメンツなら別にボッチでも構わない気がしてきた
とりあえずしのぶさん優しいのと蜜璃ちゃん可愛い

Re: これからも躍進していってもらいたいですね。

皆様コメントありがとうございます。
呼び方をそのまま名前欄に入れてみるラグエルさんの茶目っ気に乾杯。


しかし皆さん、二刀流にこんなに食いつくとは思ってもみませんでしたwww

なぜにwwww

引き合いに出した某死神代行主人公は二刀流での活躍全然ありませんでしたが、それでもロマンということでいいでしょうか。


栗うさぎさんの言うとおり、呼称するとしたら「鬼殺隊編」が一番シンプルかなあという感じの新章は何をするシリーズになるんでしょうかね。
とりあえずは好戦的な柱の連中に炭治郎自身を認めさせないと話が進まないわけですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1310-489a9f08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター