社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

アニメにも次巻にも期待したい最高のハートフルコメディ… 『亜人ちゃんは語りたい』第4巻

亜人ちゃんは語りたい4巻

亜人ちゃんは語りたい 第4巻


この冬からアニメも放送されることになったハイスクール亜人コメディの第4巻です

まだ4巻までしか出ていないのにアニメってすごい早いですよね
原作ストック大丈夫か?って心配になるレベルです

某駄菓子アニメのように上手いこと原作を拡張・補完しながら描いてくれるのなら安心ですけども



で、まあそれはそれとしてね

この4巻を読んで思ったことがあるんですよ









最高ってのはこのマンガのことだったんですね






いや失礼しました

唐突に本音を叫びたくなりまして

でも自重はしません

ブログなんて本来そのためにあるもんですから、遠慮なんか露ほどもすることなく声を大にして強く断言したい


この作品、そしてこの4巻は至高の出来であると


中身についてあんまり言うとアニメのネタバレになってしまう可能性があるのでやめておきますけど、
この4巻はもう抜群の出来でした


ラストの前後編ももちろん素晴らしい展開でしたけれども、それよりも好きだったのはやっぱりデュラハンちゃんの話ですよ

架空の存在としてのデュラハンが亜人という形で実在しているって世界で、その最大の特徴である頭と胴体の分離状態を
あんな形で分析・考察してくれるとはね

高橋先生の友達っていう新キャラが、またいい感じの雰囲気を出してくれているんだこれが


京子とやり取りしながら独自の仮説を組み立てていく展開は、さながら世界の知られざる真実が解き明かされていくかのような高揚感を醸し出していました

彼女の身体を直接調べたわけでもなく、具体的・客観的な証拠などは一切ない状態でありながら、
「本当にそうだったら面白すぎる」と思えるような仮説が導き出されていく流れの興味深さと言ったらないですよ

実際にはデュラハンという存在はフィクションであるわけですが、それが実在する作中世界における科学的考証を
あんなにもロマンに満ち満ちた形で描いてくれるとは思いもしませんでした

おかげで、その話を読者と同じような気持ちで聞いていたのだろう京子の心情がさらに期待を煽るのです

デュラハンという存在の持つ果てしない可能性
その話を聞き終えて、自分の将来を漠然と思い描いた彼女がふとつぶやいた言葉

もうね
あのつぶやきはたまりませんでしたね

希望があふれているじゃないですか
ワクテカが迸っているじゃないですか
ロマンが無限大じゃないですか


ていうか俺ああいう話大好きなんです

フィクションを科学するというかね

『特命リサーチ』とか大好きだった、と言えば伝わりやすいでしょうか
ああいう考察は大好物なんです

いやもちろん、ラストの前後編みたいな話も大好物なんですけどもね

高橋先生が教師冥利に尽きるって話ですからね
読んでたら勝手に目が赤くなってくるくらい大好物です

アニメのラストに持ってくるにはきっとこの話がちょうどいいいですよね

ただそうするとコミックス数にして4巻分を1クールでやらなきゃいけなくなるんで
内容としては結構な補完が必要になるんだろうという気がしますけども

まあ、きっと大丈夫なんでしょう
次の5巻ともども、アニメも楽しみにしていきましょう





 




COMMENT▼

No Subject

4巻で(不満というほどでもないほんの些細な)不満に思ったのは、表紙のシーンが本編中になかったなってことです。

まあ、このたらいは2巻の雪の氷の検証に使った盥なんでしょうけど。

No Subject

アニメはまず間違いなくこの巻ジャストで締めるでしょうね。そこが一番切りが良い。

ネタバレ防止すると感想が書けないなw嬉しいジレンマではあるけれど…

No Subject

感想お待ちしておりました。
フィクションをサイエンスする。よくわかります。
作中の事象が実際に起こったらどうなるか、どうあれば作中の描写が矛盾なく存在するか。
空想科学読本を緩くまじめにやる感じですが楽しんですよねあれ。
大人になってからは社会体制とかも含めて考えられるようになってまた違った楽しみで僕も大好きです。


「1冊の小説を読んだような」という起承転結の妙を讃える誉め言葉がありますが、この4巻はまさにそれだと思います。
既刊4巻に一区切りをつける刊でもあり、同時に1冊の本としても感情の起承転結が出来ている。
この1冊で喜び、笑い、悲しみ、感動とが詰め込まれている。

実はこの作品、少年少女よりおじさんに効く作品ですよね。

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。
mickさんはお久しぶりですね。

表紙で俺が気になったのは、タライに入ってるのはお湯なのか水なのか…ってことでした。
別にどっちでも楽しく遊べてるんでしょうけど。

アニメのネタバレになってしまうので、今回の記事はかなり書きづらかったです(;^ω^)
9月発売のコミックスレビューを今頃書いてるのが悪いんですけども。

自ら設定した空想を自ら科学するのは、作中の世界観を深める方法としてとっても有効な方法だと思っております。
それだけの知識と妄想力がないことには陳腐な描写になってしまう恐れがありますが…

それが見事にできていた今巻は、むしろ大人の方が気に入ってしまう内容になっていたでしょうね。

Re: 知って気が向いたので…

へー
こんなのがあるんですね。

ワンピのおっぱいマウスパッドを買ったくせして汚したくないから棚に飾ってる俺には使い道がなさそうですが…


ときに、その画像、ポーズのせいなのか雪までデュラハンに見えるのは俺だけでしょうか。
何か首だけ前に出てるような(;^ω^)


さん付けの問題までは考えてなかったな…
名前欄にも「さん」を入れてもらって、ぐっさんさんでもいいですよw

自作マウスパッドキット

そんなrexelさんにこそ使い道がある代物じゃないですかね?
簡単でしたよ?B5サイズの専用紙に印刷してシール付のフィルムとスポンジを張るだけ。
そこまで入れ込んでいない作品を使うとか、2枚作ってひとつは観賞用とかできますから。

Re: 自作マウスパッドキット

えーと…
お母さん、じゃなかった、おかあさんとお呼びしたらいいんでしょうか。

自分の性格を先読みするに、2つ作ったら2つとも飾っておくはずなのでやっぱり使い道がなさそうです(;^ω^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1309-70907bfd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター