社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

左門くんはサモナーの本格シリアスが割と上手かったと思った2016年週刊少年ジャンプ52号感想その2

2016年週刊少年ジャンプ52号感想その2

潔子さん回だったハイキュー!!の感想も書きたいと思ったけど結局書けませんでした


・新連載 オレゴラッソ
・食戟のソーマ
・左門くんはサモナー
・みんなのこち亀



新連載 オレゴラッソ 馬上鷹将

トレジャー出身の人ですね

受賞作はこちらから見れます
地味な描写が光らせる人間の感情… 『勇者エグモント』 馬上鷹将

心情の描写に結構向いてる人なのかなという印象を抱いていて、次の作品を楽しみにしていますなんて言ってたんですけども
NEXTや本誌に載ってきた読み切りでは今いちそれが発揮されていないように思っていました

本誌の読み切りの方に対しては、割りと評価する向きもあったようですが…


で、それらの読み切りとは全く異なる作品での新連載となったのは、ジャンプで絶賛鬼門のサッカー漫画
テコンドーで日本代表まで行った実力を持った主人公がサッカー部に入ることになる…ということで始まるようです

その競技において天才系ではなく素人の主人公が、それでも光るものを1つ持っているってタイプの作品ですね

予告を見た時から「うわあサッカーか…」って、期待よりも心配のほうが先に立ってしまっていたせいなのか
読んでみたら意外と悪くないのかなとも思えました

最低限必要な部分は入れ込まれていて、最後に見開きも使ったピークの場面もある
ジャンプにおける伝統の手法を普通に実践していますが、割と盛り上げはしっかりしていたように感じられました

なので、第1話としてはまあいい方ではないでしょうか

後は2話目からどれくらい掘り下げていけるかということですね

作者のサッカーに対する知識はもちろん、主人公の特性がテコンドーならテコンドーに対する知識も深く必要になります
テコンドーにおける蹴りと、サッカーでボールを蹴るという行為にどの程度共通点があり、どこに相違点があるのか
それを明確に描いてくれると、「おお…」という感じで読者をよりグイッと引き込むことが可能になるのではないでしょうか

連載デビュー作ですから画力云々は言わないことにしましょう
デビュー作の画力で、いきなりヒロインを「クラス1の美人」とか作中で言わせちゃう胆力もいいとしましょう

問題は、「ゴラッソ」って単語を俺が今まで1回も聞いたことがなかったことなんですけど
これみんな普通に知ってるフレーズなのか?

超スーパーゴールという意味ってのは、たとえばスラムダンクみたいな感じなんですかね

オレって何でしょう
オレのゴラッソって意味なのか?

それとも「オーレーオレオレオレー」的な意味か?


食戟のソーマ

アリス嬢たちが十傑の誰に負けたかってのは別に描かれないのか…


十傑の席を獲りにいくことを思いついた創真への反応は三者三様でした

田所さんは安定の超動揺を見せてくれて

タクミは創真と同じく勝つ自信はありながらも、冷静にその策の実行可能性を疑って

えりな様は思いもよらなかった創真の発想に驚きを隠せないでいました


で、そこ4人でわーわー言ってても始まらないので、早速手近にいる十傑の人に話をしに行こうってことで
田所さんとタクミを審査した第二席の竜胆先輩のところに、十傑の座くださーいって相談

作戦の内容に比べて創真の態度が呑気すぎるのであるw

そして竜胆先輩のリアクションもギャグマンガ風で超軽いのである

この2人のノリは端から見てる分には楽しいですね

当事者となったらとても落ち着いてはいられないでしょうけども

創真からのかるーい提案を笑い飛ばしながら「面白いけどむりー」ってさらっと拒否した竜胆先輩
次に動くのはえりな様でした

十傑の椅子を奪取するという案を非現実的と言った口で話す代案は、自分が父に直談判すること

ここですねえ
読者からすればそれもまた創真の案と同じか、それ以上に非現実的なんですが、えりな様はそれに気づいてない

どころか、自分が頼めばひょっとしたら考え直してくれるかもしれないという発想は
自分に対する父親の情を確信していなければ生まれてこないものです

すなわち、えりな様は薊の自分に対する感情を父親としてのそれであると信じ込んでいる

これがまだ危険なところですよね

創真たちとの触れ合いを経て、薊に対して明確に異論を唱えるに至ったえりな様ですが
まだまだ本音の部分では父に対する情があることが、ここからわかります

すなわち、えりな様はまだ父親を克服することができていない

役目を放っていきなり家を飛び出したことを咎めず、家出先の極星寮でしっかりやれているのかを心配したりするくらいには「いい父親」ですが
しかし一方で、緋沙子ちゃんを突然罷免したり、出席する授業も一方的に決めつけたりするなど、明らかに「いい父親」ではない言動も存在する薊

娘が精一杯の勇気と気持ちで頼みに来たお願いを聞いても、無言で立ち去ろうとする父親
そこには親の情というより冷たさしか存在しませんね

娘の気持ちよりも自身の考えを押し通すほうを迷わず優先する冷たさです

まあ何より、幼少期の洗脳を思えば、とても「いい父親」であるとは考えられないわけですが
えりな様はその異常性に気がついていないのです

仙左衛門から薊の所業を聞かされている創真は、おそらくその異常に気づいているのでしょう
だから、直訴を無視されて泣きそうになってるえりな様の肩にそっと手を置ける


この先、どこかでえりな様が薊を克服する場面が描かれるのは間違いありません

薊の「教育」からの解放
あるいは神の舌という呪いからの解放もそこには含まれるでしょうか

それをどんな場面や展開で持ってくるかというのが目下の注目なのですが…

連隊食戟なる新設定が登場してきました

先週の創真の十傑奪取案については、タクミもツッコんでいたように食戟を仕掛けるための「対価」が創真たちには何もないことで
その実行可能性が疑わしいものとなっていました

薊に堂々宣戦布告した創真でしたが、薊もまさにその点を指摘して取り合おうとしない
当然の反応です

ここまでは予想通りで、そっからどうするのかと思っていたら、まさかの城一郎登場ときましたよ

仙左衛門と2人してわざわざ北海道までやって来たんですね
つうことは、「対価」は城一郎が用意してくれるってことになるんでしょうか

ふみ緖さんが言っていた「復讐」という言葉
薊本人が言っていた「城一郎を駄目にした料理界の救済」という言葉

どんな因縁があるのかはまださっぱりわかりませんが、間違いなく城一郎は薊の求めるものを持っています

だから城一郎が左で、薊が右に描かれている


何って、「中村ぁ」って言ってる2コマですよ

前のページのラストのコマでは、コマの右側には城一郎の背中があって、コマの左側に薊がいます

しかしページをめくると、城一郎が左側にいて、薊が右側にいる

本来であれば、このコマの配置を引き継いで薊が左側に、城一郎が右側に配された上で
「中村ぁ」と言ってるのが自然な構図でした

また、マンガの基本理論から言っても、ここでは城一郎が右であるほうが自然です

なぜなら、縦書きセリフで右から左に向かって呼んでいく形式の漫画は、左側が未来・求めるもの・行く先といった意味を持ちます
ゆえに、話しかけている城一郎が時間軸として前になる右側、話しかけられている薊が左側にいるほうが、
話しかけている言葉の向かう方向がページを読んでいく読者の視線の向きと一致するのです

然るに、ここではその逆の構図で描かれました
その意味するところは、城一郎に対する薊の感情を浮き彫りにするためではないでしょうか

つまり、薊はいまだに城一郎の影を追いかけているのだと

薊の城一郎への執着はかつて本人が言った通りです
学園に施した変革も城一郎の料理が発端であるかのようにも語っていました

すなわち、えりな様と同じように、薊もまた城一郎を憧れの料理人と思っているということ
なればこそ、薊を右側に、城一郎を左側に描くことで、薊が城一郎に対して「何かを求めている」感を醸し出したのではないかと考えられるのです

そして、そうであるならば、薊にとって重要な兵隊である十傑の椅子を賭けてもいいと思えるような報酬の用意が
城一郎であれば可能ということになります

具体的にそれがどんなものであるのかは2人の因縁がさっぱりわからないため予測もできませんが

それによって食戟が実施されるとなれば、この革命篇も佳境に差し掛かってきたということになるかもしれません


次回はとりあえず連隊食戟の説明が描かれることになるでしょう

そっから後は、空席1つと十席のえりな様を除く8枠のうち、4枠または5枠を狙う具体的なメンバーの選定
そして、2人の因縁あるいは対価としての報酬に現十傑たちがどんなことを思うか

その辺りからも話が動いていきそうな気配がありますね


左門くんはサモナー

マステマ編完結

…の前に人気投票結果発表

1位の人に主人公のトンガリ頭をプレゼントとかいう意味不明な企画があったことでどんなカオスな結果になるかと思っていましたが
順当にてっしーが1位でした

でも2位に左門くんってのが意外だったのである
そんな人気あったのかこの主人公は

そして3位にクズくんってのがもっと意外
クズなのに人気ありすぎだろww

ネビロスが4位は妥当かな?

5位に輪ちゃんも妥当な感じの気がする


…で、注目のトンガリは売約済と書かれることで執行猶予とか
続きものの最中だからって執行猶予とかやるのなら最初から発表時期ずらせよって話なんですけど
きっとわざとなんでしょうねw

メタネタ全開の勢いのままにシリーズのエピソードになる本編に移行して、でも左門くんのトンガリにはしっかり「売約済」ってずっと書かれています
芸が細かい…w

その状態でシリアスを継続できる左門くんも周りも大したもんだw


敵を倒した後には宴だなんだとギャグを全力で挟んでいける空気になっているんですが、マステマの封印シーンはしっかりシリアスを演出できていましたね
拘束された状態にも関わらず、自分が主人公と共通する性質を持っていることを高らかに宣言してみせたマステマは、
シリーズのボスとしての格を維持したまま封印されていきました

そしてその言葉を受けたてっしーの物思い
初?の本格的シリアスシリーズのエピソードとしては上々の出来と言えるでしょう


さあそれでトンガリはどうなんのというところで引き
ほんとどうすんだろうね(;^ω^)


みんなのこち亀

こち亀企画のラストを飾るのは松井先生でした

そういえば暗殺教室も今年の完結でしたっけ
マユ毛企画に参加できなかったのは松井先生的には残念だったんでしょうか

メタネタも遠慮なく入れまくって、さらにネウロまで登場するという豪華仕様は驚きでしたね
デビュー作と2作目と、どっちも20巻以上いくくらい人気を得られたからこその共演と言えるでしょう

過去2作品の主人公を使って名シーンを再現してみせるとか、なかなかに気合の入ったリスペクトです

それだけにとどまらず、パーティーでの秋元先生の様子まで入れ込んで描いてくれるとは

いや、それにしても凄いですね秋本先生
40年描き続けた作品の完結に際して、次回作はいいのが描けたとか言えるなんてマジですげえよ

作中で言われているように、達成感よりも解放感よりも次の作品への好奇心と意欲が勝ってしまうとはとてつもないことです

そのいいのが描けたっていう次回作が、みんな女主人公ばっかりってのが若干気になるんですがw
カラーページにトップレスで銃を構える美女の予告カットが映ってますけど、何これ気になるw

こち亀でも時々そういうシーンがあったりして、一部の需要を満たすことになってたようですけど
秋本先生今後はそっちの方面に力を入れてってくれるんですかね

それはちょっと期待したいかもしれないのである…


自身の過去作品キャラの共演から、名シーン再現によるこち亀リスペクト、さらには秋本先生への尊敬と畏怖まで
企画の趣旨に見事に応えた内容だったと思います

篠原先生のタッチ完全コピーや自作品とのハイブリッド具合もすげえと思いましたけど
松井先生のこの内容もとっても上手い仕上がりになってますね

すげえわ


 




COMMENT▼

No Subject

・ゴラッソ
期待していなかったせいか、逆に良かったと思いましたw
リアルな目線で言えばサッカーとテコンドーでは使う筋肉が違うのでああはいきませんが、
実際テコンドー出身のプロサッカー選手いますし、そんな無茶苦茶な設定でもない。
それでも乗り切れずに…な感覚は全く消え去っていませんけどw
ゴラッソは私も人生で初めて聞きました。サッカーファンなら知ってて当然なのかな?
あと気になったのが総ページ数。74Pってジャンプでは珍しくないですか?
(何気にデーモンも72Pだった。珍しくもないのかなぁ…)

・ソーマ
この展開は良い意味で裏切ってくれました。連隊食戟、誓い包丁の発展版といったとこでしょうか。
城一郎の団体戦発言に気持ち過剰反応している事からみて、連隊食戟が薊の妄執の発端みたいですね。
この形式なら全員が勝つ必要も冗長になってしまう懸念も払拭されます。
いやぁ楽しみだ!

・左門
マステマ編、期待以上の締め方で大満足です。ここの評価は今後に大いに繋がるでしょう。
因みにマイサーモンは「残飯処理みたいな祝辞」です。

・みん亀
これもまた凄い出来でしたね。どれだけ敬っているのかが紙面から伝わってきました。
自分の作品を出しつつも容赦なく落とす潔さ、この謙虚な姿勢はなかなか出来ません。
松井先生の次回作も発表待ってますよ!

どんな人物であろうが、子供にとっては親は親。

 どうもです。
 創真と竜胆先輩は傍から見る分には確かに面白いですよね。
 うん、傍から見る分には(苦笑)。
 こういう点も含めて、やっぱり創真と竜胆先輩は同タイプだなーと思います。
 
 rexelさんも指摘なされていた通り、あれほどのことがありながら、えりなはいまだ薊に“希望”を抱いているんですよね・・・。
 薊が自分を娘として愛してくれているという“希望”を。
 心の奥底ではとうに、薊も自分の才能しか見ていないという事に気付いているのかもしれませんが・・・、子どもにとって親から愛されていないと認めることは何よりの絶望であり恐怖です。
 しかも薊は表面的にはえりなに対して穏やかで優しい「父親」としての態度を取っているからこそ、尚更えりなは“希望”を捨てられないのでしょうね。

 まあ、人情よりも己の「正しさ」を押し通す薊の冷たい姿勢はかつてのえりなとそっくりですけど。

 ただでさええりなは愛情に飢えた子。
 薊という「父親」の手を振りほどくのは酷く困難な事でしょうが、そこは是非頑張ってもらいたいところですね。
 今回も頑張って、あんなにきちんと嘆願できたのですから。(^^)

潔子さん回の感想読みたいです

No Subject

>テコンサッカー
うーん、まぁ・・・うーん。
特に何も浮かばない。

>左門
「世界は敵意の炎に包まれた」漫画が違うwww
マイサーモンは「リバウンド・ゲス」かなw

>ソーマ
えりな様ね。
いつ吹っ切れるか楽しみですわ。
しかし団体戦が有ったとはw

追加

潔子さあああああああああん!!!!!

No Subject

新連載
少なくともインパクトはあったなと思いました

ソーマ
まあいろいろと気になりますけど
えりなのほうは母親の消息も現在わからないんですよね
祖父が保護者だったとずっと伝えられてるし
今の時点で考えられるのは薊がえりなの母を殺した可能性
どう考えても愛情なんて持ってなさそうな男ですからねえ
あるいは逆にえりなの母に何かがあったから薊はああなったのかでしょうか

オレゴラッソ
サッカー漫画読み返すなんてライトウィング以来だなあ←!?

ソーマ
何か急に巻いてきたな

サーモン
締めもギャグも良かった
マイサーモンは「リバウンドクズ」

みん亀
松井先生のこち亀愛を感じた

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>ゴラッソ
略称はこれで決定ですねw
新連載の予告カットから漂う死臭とサッカーっていうジャンルから、期待感が底の方になっていたおかげで意外と読めたというのは皮肉な結果ですね。どっちかって言うと俺もそのクチなんですが…

テコンドー出身の選手が実際にいるとは知りませんでした。それなら、なおさら作者の知識が試されることになりますね。取材もたくさんしないといけないでしょうし。

ページ数は、54ページの間違い…ですかね?デモンズプランの方も54ページと表紙に書かれていますけど、70ってどこから…?

>ソーマ
連隊食戟ってどういう形式でやるのかよくわかりませんけど、要するに団体戦の5対5みたいなことだったりするんでしょうか。それなら全員は勝つ必要ないですね。

で、この連帯食戟が薊の妄執を生み出しているという予想はなるほどと思いました。「同一の信念を掲げる」ってあるところからの予想ですかね。あり得る気がします。

父親に囚われているえりな様は、何を感じればそれから解放されるんですかね。薊が神の舌にしか興味が無いことを目の前で断言したりとか、証明したりすると、わずかに抱いている「希望」が砕かれるんでしょうか。あるいは、その時にこそ未だ一切触れられていない母親の存在が鍵になったり?

さすがに薊が殺してるとかそこまではないと思いますけども…

>マイサーモン
続き物、またはリバウンドカス。

>潔子さん回感想
潔子さんにエントリーしてもらったベストショット集を書きましたので、そちらをお読みいただければ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1296-5e244aae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター