社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

レッドスプライトの打ち切りがあまりにもショックだった2016年週刊少年ジャンプ52号感想その1

2016年週刊少年ジャンプ52号感想その1

ジャンプ「買いに行く」のは今週で最後になるだろうか…


今週のアンケ順
レッドスプライト
ゆらぎ荘の幽奈さん
鬼滅の刃




レッドスプライト


はああああああああああああああああああああああっっっ!?


最終話?!

何?

何で!?

どういうこと?

どうなってんの!?


打ち切り!?


なんで?

どうして!?



いや、そりゃあ最近の順位は後ろのほうばかりでしたけど
新連載2つに終了2つと休載1つで今期はとりあえず生き延びたとか思ってたのに
その上これまで終わらせんの!?

そこまでして枠をあけるか
すでにワートリ分の1つが余ってるのに、さらにもう1個あけてギャグ読み切り2本立てとかやっちゃうのか

この作品の成長をどうして待てない編集部よ…


嗚呼…
覚悟してなかっただけにかなりのショックです

ラブラッシュの時は、唐突だったとはいえ作中で描かなければならないことをしっかり描いていたことで、
これを描ききったら終わりなんだろうなと想像することができたんですが

本作の場合はやることたくさん残ってますからね

取り戻すべきかつての仲間たちはまだ何人もいるし
すべての元凶であるエデニア国と決着もつけなきゃいけないし
フラムトの名前の伏線も、「似てる」の伏線も残ったまま

そういうのを全部放り投げて無理矢理完結させた
要するにTHE・打ち切りなんですけど、この作品はまだもうちょっと待ってほしかった…


「大将」を名乗るに足る力と器を備えた主人公のカッコよさ、彼を取り巻く境遇の過酷さ
それに怯むことなく堂々と宣戦布告なんてやってのけられる熱さ、雷髄という特殊能力の派手さ、飛空国家という新しさ
そして何よりフォールさんの美しさ、フォールさんの艶やかさ、フォールさんの淑やかさ
それからマゴニア隊服を着たフォールさんの凛々しさ、患者服に身を包んだフォールさんの色っぽさ、パーティードレスを纏ったフォールさんの麗しさ


こんなにも面白くなれる要素が揃っているんです
この先あともうちょっと待ってるだけでドッカンドッカン来たはずですよ

ワートリや鬼滅の刃に続く「センス枠」はこのマンガだと確信すらしていたのに



八頭身_頭抱え

なぜ待てなかった編集部…
この作品の可能性をどうして信じられなかった…


痛恨の極みとはまさにこのこと

前作より話数短いとか屋宜先生…
このツーアウトは痛すぎるだろ

最終ページには次回作の文字ないし、2巻の発売はやたら間あるし
何か描き下ろしでもあんのかな…


ああもうショック過ぎる
今日は1日ずっと穏やかではいられませんでしたよ

投げっぱなしで終わってるせいで、結局アルフレッドはナルビオンに残ったのかスプライト号に乗ったのかわかりませんし
共依存っつって軍事同盟結びますって大々的にやった割にはスプライト号行っちゃうのなら、ナルビオンにとっては結局エデニアを刺激しただけで状況悪化してね?って感じですし

なんという不完全燃焼でしょうか

あまりにも辛い

変わりつつあるとは言っても、まだまだということでしょうか…


ゆらぎ荘の幽奈さん

スプライトショックで動揺したのを落ち着けてくれる作品がこれでした

やってることは別に新しくも何ともなくて、ひたすら想定の範囲内だというのに
ノーストレスで読んでいけることが大きな安心感となって、穏やかさを取り戻す助けをしてくれます


今回はようやく雲雀がメインを張る回となりました

でも扉絵には千紗希ちゃんがデカデカと登場しているもんだから一瞬勘違いしたんだぜ
サブタイをよく見たら雲雀回なのに、扉絵は千紗希ちゃんが強調されているというズラシっぷり
もちろん本編の内容を見れば理解できる扉絵だったわけですが

授業風景の何気ない瞬間を切り取った扉絵は、学生読者たちには非常に馴染み深いものとして映ることでしょう
しかしその瞬間の対象となっているのが美少女とくれば、どうしても目線が離せないところですね

わざわざ少し下からのアングルにすることで、胸の存在感を出している演出
机に胸乗せてなくてよかったですw

いや、何かそうすると随分楽になるらしいじゃないですか

扉絵でそれされてなくてよかったw


起きた幽奈にコガラシくんが吹っ飛ばされているといういつもと変わらぬ朝で始まった本編
違うのは、その風景に「そんなのだめ」って思ってる人がいることですね

コガラシくんをまっとうな道に引き戻す宣言をしたものの、具体的な方法は1つしか浮かんでこない雲雀
彼女になるしか方法がないって発想になっちゃう辺り、好きになってることを認めないとかそういうのではないんですね
それどころか、周りにも隠してないのか?

千紗希ちゃんに相談してる時も、「千紗希ちゃんもコガラシくんを狙ってたりするの?」って言ってましたけども
「も」って言ってるぞ「も」って


でもそこで色気で迫ってって考えちゃうのがこのマンガらしさですね
すでに試して通用しなかった方法で再度挑戦しようとする非効率に気づいてないのである
雲雀だけでなく朧も何回もトライして、それでもコガラシくんは全く堕ちていないというのに

ていうか、引き戻そうとしてるまっとうな道と正反対な方法のような気がするのは言っちゃいけないのでしょうかw


で、こっからがサブタイ通りのたわわプロジェクトですね
ひょっとして、流行りのたわわチャレンジに乗っかった発想だったりすんのかな…?

「どーん!」という効果音がつく幽奈と狭霧と千紗希ちゃん
「どどーん!」になるのが呑子さんと千紗希ママ
わかりやすいですね

巨乳で迫られることに対しては、コガラシくんは毎朝の出来事により慣れているはずなので
雲雀の発想は実は的外れ率が高いわけなんですけども

そこは、空回りと勘違いと涙目が似合う雲雀ならではの内容ですね

話の冒頭ではコガラシくんをまっとうな道に戻すため、ってのがテーマだったはずなのに
千紗希ちゃんに相談してる時には狭霧に勝つため、っていう別の本音がテーマになってしまってます

小さい頃から何かと負け続けだった狭霧に勝つ
普通に恋心を叶える

その両方を同時に満たせるのがコガラシくんという存在なのだと

だから雲雀は必死になる
本当にやりたいことのためには、プライドは一旦脇において、ライバルと認めてる相手に頭を下げることも厭わない真っ直ぐさはとってもいいですね

これがあるから雲雀が単なる面白キャラで終わってないんですよねえ
ただ空回りするばっかりじゃなくて、ちゃんと応援したくなるところもあるから、1話の最後にでも少し報われたら読後感が段違いになるわけです

まあ今回は空回りだけで終わってしまいましたけども(;^ω^)


しかし主人公が1コマしか出てきてないのに1話成立してるってすげーなw
それも特にラッキースケベが発動したわけでもなく、単に自分の胸を揉みまくりながら歩いてるところを見られただけっていう

確かにおかしな光景ですけど、コガラシくん取り乱し過ぎな気もするのである
ひょっとして、雲雀が自分で自分を慰め…いや、励ましてるように見えたんでしょうか


…ともかく、おっぱい星人的には非常にありがたく、満足な回でした
アンケ入れるのに何の躊躇もない

次は、朧と胸に慎みがある同盟を結んだりしてみるのはどうでしょう


鬼滅の刃

センターカラーの扉絵は、折れた刀を手にそれでも立ち向かう炭治郎と、遠い追憶の中に浮かんできた七支刀…でしょうか
刃の横から出っ張ってる部分が7つあるから七支ってことかと思ったんですけど、ググったら実際にある七支刀では
出っ張ってる部分は6つなんですね

その6つと、刃自体を加えて7つって計算なのかな
とすると、この扉絵の刀は八支刀…?

吾峠先生が間違えてる可能性も、俺が間違ってる可能性も両方あるのでそれはまあいいとしましょうか

とにかく、火仕事をする彼らの家ではヒノカミ様に舞を収めるのが重大な役目としてあったわけですね
それは、家業を続けていく限り絶対に絶やせないものであったがゆえに、炭治郎にも継承されていた
「約束」に点が振られていることからすると、それ以上の理由もありそうですけども

なぜ炭治郎が継承したかと言えば、長男だからなのでしょう

長男であることを理由にした奮起が前からありましたが、ここでは別の形でそれが強調されているんですね

長男であったがために、起死回生の一手を放つことができたのだと
そんで、対峙する鬼が執着しているのは「家族」だと

とってもよく出来ております

そして兄を庇って重傷を負い、治癒のための眠りに落ちていた禰豆子ちゃんは、母の幻に諭されて覚醒する
最初に鬼化して以来、人を喰うこともなければ鬼舞辻の血を摂ることもなかったにも関わらず、強さを増した鬼が使う血鬼術を発動

母の幻は、「家族」と「絆」が力になったことの暗喩ですね
たとえばこれが違う作品で描かれていれば、「またそんな都合のいい綺麗事のお涙頂戴的な展開を…」と穿った見方になることもありえるわけですが
本作だからこそ許せるというか、ストレートに受け止められますね


それにしても、爆ぜる異能とはなかなかのカッコよさです

糸に絡められて重傷を追ったがゆえにあふれている血が、そのまま爆ぜることで敵への攻撃となり、炭治郎に絡む糸を焼き切ることで兄へのサポートになる
さらには刀の威力までも加速させる力は、まさしく兄のために目覚めたと言ってもいいくらいでしょう

今この場において炭治郎のために何ができるかを追求した結果の異能ということになるでしょうか

いや、鬼の異能の目覚め方がどういうものなのかはわかりませんけども


しかし、ナレーションで解説されちゃったのは少しだけ空気を壊した気もしますね
タイマンの戦闘ですから他に解説役がいるわけもなく、目覚めた禰豆子ちゃんの異能とそれが及ぼした影響を読者に説明するには
他にやり方がなかったというのもわからないではないんですが

もったいないっちゃもったいないですね

主人公の逆転劇、妹の新能力発動っていうテンション爆上げ展開なのに、ナレーションの存在が冷静さを誘導するように仕向けている気がします

おかげで、炭治郎の「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」って決め台詞がちょっと白けたかなーって
母の幻による覚醒にはご都合感はあんまりなかったのに、この決め台詞にはちょっとダサさを感じてしまいました

「お前なんかに禰豆子は絶対渡さない!」くらいでよかったかなって


禰豆子ちゃんの助けがあったとは言え、最下級の癸である炭治郎が十二鬼月の1人を斬りました
これはひょっとしてランクが上がる可能性があるんじゃないですかね

1つか2つくらいは上がってもいいんじゃないでしょうか
そのランクの説明の時に、一緒に柱のことも説明される、と
富岡義勇はその説明役になるか?

そんで善逸はどうなった?


 




COMMENT▼

レッドスプライトはこの状況ですら打ち切られるほど人気がなかったってことでしょう
つまりアンケートの結果がどうしようもないほど壊滅的だったってことです
ネットで「レッドスプライト面白い」と書くだけで、アンケートをろくに出さなかった極少数の熱心なファン以外の、大半の読者と編集部から見て面白くないし、成長する可能性なんて全く感じることの出来ない作品だったって事です
あなたにとっては打ちきりは残念なことでしょうが、他の者にとっては当然の結果なのでなんの驚きもないですよ

No Subject

・赤ら……ハァ
…………っ!! フォォォォォォォォーーーールッ!!!!!

・ゆらぎ荘
まあ「真っ当な道に戻す」は「自分がコガラシと付き合う言い訳」ですからね。
そりゃ辻褄合わなくて当然ですw

巨乳さん曰く、胸に数㎏のダンベル付けてるのと同じなんだそうな(夢も何もない言葉)
机に乗せたら楽になるのも頷ける。これから板書するのに乗せる人はいないけどなw

・鬼滅
七支刀は「左右に3対、剣先に1つと合計7つの剣先がある儀礼剣」です。
単純に作画ミスでしょう。七支刀がどうとかでなく横刃の伸びる位置がバラバラなので。
禰豆子の異能も「火」です。恐らく異能は「最も思い入れのあるモノ」が関連するのでは?
え?じゃあ禰豆子が火なのはなんで?となりますが、そこでもう一つ予想をポポン!と
二人の母は「血に狂っていない鬼」だったのではないでしょうか?
引っ掛かったのが今回、禰豆子の心の内に出て来た事と「今の禰豆子なら」のセリフ。
かつて母が使えた異能が爆血。血を通して禰豆子の心の内に現れ、受け継いだ力の発動を促した。
禰豆子が特殊なのも「元々ハーフだったから」単に血が目覚めただけという説明が付きます。
なぜ竈門家が狙われたか?わざわざ無惨が足を運んだ理由は?
かつて自分を追い詰めた男であったから、かつて自分を裏切った女であったから。
黒い刀身も、もしかしたら受け継いだ鬼の血が関係しているのかも知れません。

ヒノカミ円舞=火の呼吸。鍛冶師にとって「火」と同様に「水」も大事な要素です。
いずれ二つの呼吸を自在に操る凄腕剣士が生まれるのでしょう。


でも禰豆子も覚醒して協力技で倒すとか先週の時点で読めたら神だよ神。外した言い訳じゃないよ?w

大変すみませんが

レッドスプライトは2話目以降ほとんど読んでいませんでした(^^;
主人公の電気人間という設定も中二病みたいな格好と立ち振舞いも自分には全く受け付けなかったのでもうどうしようもなかったですm(__)m

レッドスプライト
題材とキャラデザがなあ……それさえどうにかなればなあ
なんか屋宜先生には一度悪者と乗り物が登場しない漫画を描いてほしい気がします

ゆらぎ荘の幽奈さん
終始お胸の話しかしてないのに面白いのは凄いと思う

鬼滅の刃
過去を思い出しての覚醒、熱すぎる
禰豆子に自我があるのはヒノカミ様の加護?

ツッコミ?忘れ

今後は通販にするんですかね、ジャンプの購入。
これで購入停止、サイト閉鎖とか言われたら驚天動地も良いトコだがw

追加:変わりつつとは言っても

後レッドスプライトの感想の最後の方の変わりつつ、についての話ですが、俺はジャンプは変わってはいるけど根幹はぶれてない……というより、ぶれることはないと思います
それはジャンプアンケートシステムがあるから、ジャンプアンケートシステムの結果に乗っ取り、単行本の売上関係なく人気な物を掲載順として並べるのがジャンプだから
そこだけは今後も変わらないだろうと思います
それが変わってしまったら、ジャンプがジャンプではなくなってしまう、そんな気すらするので

と珍しく真面目な事を言ってみたぱいなっぷるでした

No Subject

rexelさんがダメージ受けてる(^^;

>赤雷
僕はそれほどショックは無かったですね。
ラブラッシュと最後尾に並んだ時点でお察しでしたから。
でも確かに勿体ないとは思いますけど。
姐さああああああああああん!!!!!

>鬼滅
ねずこちゃんの能力はやはり血筋かな。
ラグエルさんの予想は面白いですね。
しかし元々ハーフだったと言われると・・・?って感じもしますけどw
ヒノカミ様に代々仕える血筋なら、それなりの才能と言うか、持ってる事も考えられますし。
いずれにしても先が楽しみ。

No Subject

>赤雷
ラブラと同じような推移だしアンケがよっぽど
悪かったのか。
敵とかもっと出し惜しみしなければとしか。
とりあえず一話の「小生」って滑ってましたよね

Re: タイトルなし

皆様コメントありがとうございます。

俺の傷口に塩を塗り込むのが好きな人も若干名いるみたいですね。


>赤雷
こんな略称まで考えたのに、もう使わなくなるのか…。はあ…。
敗因はともかくとして、フォールさんにもうお目にかかれないのが残念でならないのです。

>鬼滅の刃
禰豆子ちゃんハーフ説は視点としては面白いかもしれませんが、どうなんでしょうね。そうすると炭治郎は…?

あのお母さんは単なる幻覚というか、死んだ人の魂が語りかけてくれるとかって言う覚醒のためのベタな演出だと理解していたんですけども、ラグエルさんの見立てでは伏線の1つということですかね。

ただ、鬼舞辻が炭治郎一家を襲った理由というところには俺もちょっと疑問を持ってはいます。わざわざあんな山奥の家族を襲わなくても、自分の「妻と子供」に気づかれないように食事をするためなら別に方法はあったでしょうに。

>ジャンプシステム
ぱいなっぷるさんのご指摘、まあ…その通りなんでしょうね。
ジャンプがジャンプであることを規定している最大のものと言えば、やはりアンケートシステムであるのでしょうから、レッドスプライトの終了はそこで票が取れなかったと言うことに尽きるのでしょう。

しかし、そのアンケシステムと時勢とがズレてきているような気もすることで、変革の兆しを感じているわけですが…。ここについては最後の最後まで変わらないところなんでしょうかねえ…。

Re: ツッコミ?忘れ

あ…俺もツッコミへの返しを忘れてました。

あれがどういう意味であるのかは、明日説明します。

No Subject

レッドスプライト打ち切り悲しすぎる
アイアンナイトも好きだったし
作者さん頑張ってほしいなぁ

僕も

レッスプ打ち切りは残念です。
打ち切りにするにしてももう少し様子見ても良かった内容かと思います。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。

無念極まりない結果となってしまいましたね。
「なぜこれを切る…!」なんてここまで思ったのは久々ですよ。

それにしても、次回作の文字がないのが心配でなりません。ツーアウトですからまだチャンスは有ると思うんですけども…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1295-441322d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター