社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

夏休みに入ったハイテンションギャグマンガはラブがコメりまくる…!『ディーふらぐ!』第11巻

ディーふらぐ!11巻

予告通り、業務繁忙のため今週のジャンプ感想は休みます
代わりに週末書いたコミックス記事です


ディーふらぐ! 第11巻

やーっと出ましたよ最新巻
マジで年1刊行ですね

週刊でも月刊でもなく年刊とか長すぎるだろ常識的に考えて…


主人公の髪の毛復活騒動が終わって、期末試験があるというところから始まった今巻

期末試験とかそういう学校っぽいイベント入れてくるんですね
いや、レギュラーキャラに生徒会長がいたり、文化祭もやってたり、よく考えたら学園ものっぽいことはしてはいたんですけども

それよりも、放課後の袋争奪大会とか橋本島とか、全然学校関係ないようなシリーズのほうが印象強いせいで
期末試験なんていう「学校色が強い話」になったことにはむしろ若干の違和感さえ覚えてしまいました

つっても、ハイテンションギャグ漫画である本作がまっとうに試験勉強してるところなんか描くはずもなく…

試験当日のシーンすらないまま、試験に向けての決意表明回を挟んだらさくっと学年順位が公表されているという展開

学年上位陣というくくりで30人近いモブを生産しつつ、唯一赤点を取ってしまった高尾部長をいじる形で話は進んでいきました


ていうかね
今巻は今までに比べて異常なテンションでしたよね

元がハイテンションギャグマンガですからテンションがおかしなことは当たり前なんですけども、
そのおかしなテンションでこんなにもラブがコメりまくってるのは異常というしかないでしょう

ハイなテンションでコメリまくる展開がこんなにもページをめくる手の動きを加速させるとは…

前巻でもラブがコメりまくっているとは思いましたが、今巻ではそれをさらに超えてきました

夏休み始まったら家に隕石が衝突したヒロインが居候に来て、さらにそれを知ったもう1人のヒロインも押しかけてくるとかどこのラノベだよ

ある意味異世界転生オラオラハーレムよりも都合が良すぎるかもしれない


それにしても高尾部長のラブコメ力がとどまるところを知らないですね

もちろん芦花の方も今巻におけるラブコメの一翼を担ってはいるのですが、いかんせん勘違いと思い込みを深めるモノローグや恥じらいの描写が少ないことで
ペロペロしたいヒロインとしては高尾部長に大きく遅れを取っていると言えます


この夏休みお泊り編がどこまでラブをコメらせてくれるのか、ハイテンションギャグとラブコメはどこまで親和するのか
これは次巻も必見です


そして春の先生の芸が細かいのが、二大ヒロインが盛り上げまくっていた本編に対して、
もう1人のヒロインを番外編で単独登場させるという抜け目のなさなんですよ

前巻において王道の形で主人公にそのピンチを救われたヒロインである船堀さん
彼女もまた、モノローグは少ないながらもその表情や言動から風間に特別な感情があるように描かれていますが
風間宅へのお泊り編には登場することなく、その意味ではラブコメヒロインとして出遅れた形となりました

しかしそれを番外編で補完する春野先生の作戦配慮

秘めた願望を表に出さないようにしつつ、なるべく自然な形で風間と一緒の時間を作ろうとする健気さとともに
妄想が若干フライングしたことで会話が噛み合わなくなるという高等テクニックを見せてくれた彼女

その瞬間のラブコメ力は高尾部長にも引けを取らないものを持っていたといえるでしょう                                                         


ハイテンションを売りにしたギャグ漫画でありつつも、ラブのコメを前面に出してきた今巻
作中が夏休みとなればまだまだたくさんのイベントを描けることでしょう

来年に期待ですね








…ところで、この記事を書くのに前巻を読み返していたら、このマンガが時代を先取りしていたことに気がつきました
春野先生凄まじい先見の明である…

何って?

こちらをご覧ください


 




COMMENT▼

No Subject

春野先生って構成の仕方が大胆というか独特というか、引っ張れるネタあっさり潰しますよね。
それでいて駆け足的な感じを抱かせないのだから恐ろしい。
しかしこれだけラブが増えてても皆厄介すぎて風間が堕ちる気が欠片もしねぇwww

先取りはビックリでした。もしかしたらパクられたんだったりしてw

Re: No Subject

>引っ張れるネタ潰し
言われてみればそんな感じがしますね。
それもうちょっと使ってもいいと思うんですけど…って思ったことが何度もあったような。

王道に行くのかと見せかけてスルーしたりさくっと終わらせちゃったりするスカし方は、本作における個性と言ってもいいかもしれません。その上でわけの分からない(褒め言葉)展開で話を進めていっちゃうんだからたちが悪い。(賞賛)

船堀さんはまだ割りとまともな方だと思うんですけど、現状彼女が一番フラグ遠いかな…?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1288-c76e0b78

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター