社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

火ノ丸相撲が次の段階へ移った2016年週刊少年ジャンプ34号感想その3

2016年週刊少年ジャンプ34号感想その3

その3書きました
鬼滅の刃まで間に合わなかった…

・ゆらぎ荘の幽奈さん
・火ノ丸相撲
・新連載予告



ゆらぎ荘の幽奈さん

予告通りの海回です
移動のバスの中から描かれるってのが学校っぽいというか、青春の雰囲気を出してていいですね

特に隠れたりごまかしたりしようとすることなく、普通に千紗希ちゃんと筆談してる幽奈に
千紗希ちゃんの友達も反応してきました

これはアレか?
狭霧ちゃんにうららが現れたみたいに、ニセコイで言うところの応援キャラ的な感じの立場なんでしょうか

それぞれ今後のコガラシくんとの関係において相談相手となる可能性があるんですかね
まあそれでなくともコガラシくんたち以外の仲の良い相手がいるほうがキャラ描写にも展開にも幅がでるのでいいと思いますけど

そういやコガラシくんにもいつの間にやら学校の友達ができていますね
兵藤くんですか
転校初日に千紗希ちゃんのことを話しかけてきてた奴ですね

学校生活の様子はさっぱり描かれてなかったように思いますが、ちゃんと友達いたんですねコガラシくん

転校初日からそうでしたけども、霊能力者っていう部分を全く隠そうとしないコガラシくんですから
いまだにクラスメイトから疑われたり嘲られたりして浮いてないのかなと思ってました

全然気にせず自然体でいるようです

これが読んでる間のストレスを軽くしていますよね

読者にはそういう作品、あるいは設定としてすっかり認識・定着しているのを
作中でモブがいちいち否定することの面倒臭さは、この手の退魔ものには付きものです

だからって周囲の誰もが無条件に信じるようではあんまりなので、こんな形でさくっと流してくれるのは
結構な読みやすさに繋がっていると思います

でも千紗希ちゃん
アイドル的存在のはずなのに、彼女が言っても霊能力の存在は信じてもらえないんだな…
それは何か微妙なのである


海についたら肝心の水着お披露目
狭霧ちゃんもしっかり注目の的になってますね
そりゃあそうだ

しかし、千紗希ちゃんの女子力の前にはやはり劣等感を抱く…という
花柄ビキニとか確かにすげえw

コガラシくんと合流してボート乗って遊んでみれば、水着の美少女がくんずほぐれつみたいな状態
兵藤くんは感動して泣いてしまいました

ラッキースケベは基本的に主人公にのみ起こるものですが、まあこれくらいは許容範囲でしょう

その後に起こる恒例の触手発生では、しっかりぶっ飛ばされて気絶してますからね
むしろ、触手に水着を取られたのを兵藤くんから隠そうとする千紗希ちゃんがコガラシくんを盾にする=あててんのよ状態という
アシストまでもこなしてくれておりました

しかし随分都合のいい悪霊もいたもんだなw
水着はぎ取るってとこまでが悪霊の性質ってどんななんだよw

さらに都合よく再生する触手だったことでキリがなく、すっかり千紗希ちゃんは全裸になってしまいました
あるいはこのために芹ちゃんがいたのかもしれませんね

現状学校でコガラシくんの周りにいる女子は、千紗希ちゃん以外みんなスキル持ちですからね
狭霧ちゃんにうららに、幽奈では、襲われる役としては問題があるのでしょう

かと言って、千紗希ちゃんばかり襲われるのも、全裸になっちゃった状態を大ゴマで描くにも
1人だけの構図ではちょっと物足りなくなってしまう…みたいな

考え過ぎか?

この全裸状態のところでさらに巧妙なのが、コガラシくんがしっかり目を閉じてるところなんですよ
つまり紳士的な描写ですね

そのまま潜って触手の本体を叩きに行くという


…のはいいんですけど、高校生が素潜りで300メートルは流石に無理だろwwww
300メートルって結構深いぞ?

ていうかダイビングでの世界記録が素潜り形式だと100メートルくらいっぽいんですけど
おいコガラシくんwww

まあ、もちろんそんなことを真剣にツッコんでも野暮なんですけどもね

とりあえず話を信じてもらえない千紗希ちゃんが何を企んだかを楽しみにしましょうか
肝試しとかで何かやろうとかかな?


火ノ丸相撲

千鶴子ちゃんのお話というサブタイの通り、ようやくメイン回が描かれました

おお…
本当に1話の痴漢されてた娘だったのか…

だいぶ前にコメ欄で誰か予想してましたよね
すげえ

火ノ丸が好きなのかもってのは登場初期からうっすら描かれていましたが、本当に火ノ丸に惚れてました
伏線が露骨過ぎて、「ひょっとして火ノ丸じゃないんじゃね?」とか思ってましたけど
別にそんなわけではなかったようです

真っ直ぐな自分の気持ちを真剣に口にする千鶴子ちゃん
ラストの表情なんかすげえいい顔してますね

ヒロインの存在感のバランスにはことさらに気を使ってきたこのマンガが、ここにきてとうとう恋愛色まで取り入れてきました
次の段階に来たと言っていいんでしょうね

あのいい顔してる千鶴子ちゃんの描き方、「見せてもらおうじゃないの」っつって火ノ丸を最初に認めた時のレイナと同じなんですよね
あの時よりも画力は上がってる分もっと洗練されていますけども、女の子らしいふわっとした雰囲気を出すように描かれています

さあこの宣言がレイナにどう影響を与えるでしょうか

さりげに「レイナさんにも負けないように」って言ってるのは、ただマネージャーとしてってだけなのか
それともレイナのうっすらした気持ちに勘づいてのことなのか

それは読者の解釈に委ねられたものなのでしょう


面白くなってきましたねえ


新連載予告

これには触れねばなるまい…
ていうかその3書いた理由の半分がここを書きたかったからだったりして

だって新連載の中の名前が絶対見逃せない人だったんだもんよ
そりゃ何か言いたいと思うよ


だって山本亮平先生だよ

だって屋宜知宏先生だよ



この2人の新連載なんて期待しないわけがあるかあああああああ


2人とも俺が待ってた新連載ですからね
超期待


2作ともNEXTに掲載された読み切りを練り直しての連載のようですね

山本亮平先生は『LOVE RUSH』
NEXT2015年の第5号に掲載されていました

感想はこちら
ジャンプNEXT2015年Vol.5感想

タイトルがカタカナになっての連載なんですね

気になることがあるとすれば、すでに似たジャンルの作品として『ゆらぎ荘の幽奈さん』があることでしょうか
山本亮平先生の作品ですからもちろんエロがたくさんあるのだろうことが予想されますが、エロ枠としてはもうミウラ先生がいるんですよね

ジャンプ編集部は何故か時々こういうことをやるんですけど、ある方向性の作品がすでにあるのに、後から同じ方向性の作品をぶつけてしまう
どうしてでしょう

差別化出来そうな点としては、山本先生の作品には明らかにラブコメがあることなんですけども
『幽奈さん』においてもそのうちコガラシくんとの恋愛沙汰が描かれるかもしれないことは予想できることです

ミウラ先生が別に恋愛シーンをやる気がないというのなら別ですが、狭霧ちゃんの典型的なツンデレを見ているとそんなわけでもないようですし
ていうか前作ではミウラ先生ラブコメ描いてたし

明らかにカブってしまってるとなれば、キャリア的にも画力的にも山本先生のが不利であることは明らかなので
そこが心配ですね



屋宜先生はタイトル変更なしの『レッドスプライト』
NEXT2015年の第3号に掲載だった作品ですね

感想は…
スミマセン書いてません

いや、エバノに書き終わっちゃいるんですけど
それ以外の作品の感想が書けてなくて記事として更新をしてないのです

これはいかん…


で、こっちも気になることが1個
主人公の立ち絵が何やら幼い印象を受けるんですよね

NEXTの読み切りでは主人公が死んでいる時代からの回想でしたから、屈強な状態から物語が始まるわけではないことはわかりますけど
それにしてもちょっと幼い感じが気になりました

あの状態になる前の姿、ってことなんですかね



まあそれでも、2作とも楽しみですわ

もう新連載の予告を見た時点でコミックス買う作品が2つ増えたことが決定しております

楽しみ楽しみ


 




COMMENT▼

No Subject

・火の丸
その3で来たしw
千鶴子はレイナが潮を好きだと思い込んでいるんだと思います。そして的を得ていると。
やだもうラブ展開燃える!潮そっちのけで全開すぎてない感じがまた尚更燃える!

・新連載
楽しみ!もうそれしか言えないしそれで充分!

OKその4で鬼滅希望

>ゆらぎ荘
>友人の存在
多分そうだと思いますよ、絵面的に。
盛り上がったし。
しかしどういう身体能力してんだコガラシはw

>相撲
予想した人?
さて誰でしょうね(すっとぼけ
今週のベストショット( ̄ワ ̄)ニヤリ

(>_<)

自分は予想したというよりその説に賛同して、その可能性の高さを力説した者です(^-^)v服装に関してもちゃんと解答がありましたね。やはり何も考えずに似たようなキャラを描く作者ではなかったですね(^-^)

千鶴子被害者事件

思い返してみたんですが、確か妄想屋さんが最初の痴漢被害の娘じゃない?と言い出して、
私が調べて大いに賛同して、だいまおーさんも乗っかってきて、ぱいなっぷるさんが反論した気が。
制服じゃないよ?リクスーか?空似のOLなのかもなぁという結論に至ったはず。

覚えてますけど

僕は「あの現場に居た気がする」って言っただけですぉ。

ラグエルさんが調べてくれてすったもんだして僕は「家族」で妥協しました。



違う顔に見えたのは作画の関係だったんだな(^^;

Re: No Subject

その3までなってしまった今週でしたが、こちらにも皆さんコメントありがとうございます。

火ノ丸相撲はこちらで書くことが出来ました。
さすがに今週は感想書いておきたいと思いましたからね。今まではマネージャーとして本当に後方支援ばかりしていて、メインで描かれる頻度が少なかったヒロインが、とうとう本格的に前面に出てきたわけですからね。千鶴子ちゃんのこの暴露をきっかけにしてレイナもよくわからない自分の気持ちに戸惑ったりしていくのでしょう。

とはいえ、主人公を中心とした三角関係のラブコメをたくさんやっていこうとすることがこの作品にとっていいことだとは思えないので、取り組みと取り組みの間、幕間のメリハリ的な感じでたまに描かれる程度くらいがちょうどいいのかもしれません。

予感した誰かさんはお見事でした。

あとは新連載が超楽しみ。もうそれしか言えないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1256-349cf788

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター