社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ニセコイ第226話感想 2016年週刊少年ジャンプ33号感想その1

2016年週刊少年ジャンプ33号感想その1

早く現実逃避したいという個人的感情によりニセコイだけ先に更新します


ニセコイ

…うーむ

これは今まで思っていたことを完全にひっくり返されに来た感じですなあ

前回のあの引きから次はどんな風にして始まるかと思ったら、まさかの冒頭1コマ目から
「俺も好きだったよ」と来ました

どう見ても怪しい雰囲気になったと身構えたところに、懸念通りの台詞が続くという


つまり、「決まった」という楽の相手は小野寺さんではなかったということですね

ここでそれを明かす展開になるのも意外だったわけですけども
小野寺さんではなかったこともガツンときましたよ

集に問いかけられたあの時、思った顔は千棘だったようです

小野寺さんと一緒にいることで幸せを感じることは今でも変わらないけれど、
しかし千棘と2人でなら今まで知らなかった世界に行けるんじゃないかと思った

だから、選んだのは千棘だと





……




すみません、俺全然わかりません…



今まで小野寺さんと重ねまくってきたフラグの量と質も、ザクシャインラブの不成立も、
まあそれはともかくとしましょう

しかし、今回明かされた限りでは、楽が千棘に決めた理由についてさっぱりわかりませんでした

想像もしなかった世界に行けるかもなんて思う奴だったっけ…
そんな好奇心が強いようなキャラだと描かれてきたっけ…

千棘に決めた理由としては、多分今回の内容はまだ一部なのでしょう
次回楽の方からの告白もあるとしたら、その時本人に向かって「なぜお前なのか」を語るはずでしょうから

しかし今回描かれた内容だけでは、千棘に決めた理由としてはさっぱりわかりませんでした…

そのせいで全然普通の気持ちで読んでいけないですよね

1つの恋と決別することになった小野寺さんと楽の双方
特に、全てを思い出した上で、同じ相手に2度の初恋をした小野寺さんの切ない表情は
違う意味で見ていられませんでした

恋からも約束からも決別する証として、「本物の鍵」を楽に託した小野寺さん
意味もわからず受け取った楽は、小野寺さんと別れた後その鍵で錠を開けてみようとします

そして見事に開いたペンダント

中に入っていたのは指輪とそれぞれが未来のそれぞれへあてた手紙
タイムカプセルのような役目だったわけですね

それを見て、どうやら楽もあの時の出来事を思い出したようです

この順番は間違ってないんですよねえ
楽が「決めた」ことは、10年前の出来事や約束とは無関係であること
それによって、確かに今の気持ちでもって決断されたということがわかります

だから、楽が決めた相手をギリギリまで引っ張ろうとするのなら、楽があの時を思い出すのも同じくらい引っ張られることになるのだろうと
思っておりました

その意味では、小野寺さんの告白を受けて「決めた」相手が明かされたなら
その直後に楽も記憶を取り戻すというのは作劇として当然の構成になります


ただ、その中身が、ですよね…


かつての自分から今の小野寺さんに宛てた手紙
かつての小野寺さんから今の自分に向けられた10年越しの手紙

今も私を好きですか、とは刺さる言葉であったでしょう


結局忘れてた原因の方はまだ説明されないんですね


正直なところ、まだ「ひょっとして」があるかもしれないと僅かながら思っているんですが、
でもそれをやることはいよいよ楽の言動がぶれまくることになって作品の完成度を落とすことになるんですよね


兎にも角にも千棘に決めた理由にもっと納得出来ない限り、この展開に俺は違和感がついてまわるわけですが…


 




COMMENT▼

誰かを好きになるのに理由なんかないんやで

No Subject

正直、やっぱり千棘だったかと思う気持ちです。期待ではなく諦観の意味で。

ラブ的な思い出は明らかに小咲のが多いのにそれでも千棘を選ぶ楽が全く理解出来ません。

そして好き「だった」とあっさり過去形にした点も切り替えが早すぎで着いて行けない。
お前の小咲への気持ちはその程度だったの?
決意してどれぐらいだったか覚えてませんが経っていても一ヶ月程度でしたよね?
離れるでもなくほぼ毎日接している相手への気持ちを切り替えるには短すぎる。
言い方にしても「今も好きだけど選んだのは千棘」とちゃんと伝えないと
小咲が「早く告げていたら報われたかも知れない」とわだかまりを抱きかねません。

そして春です。決意して気持ちを振り切ったのにその決意すらこれで霧散しました。
この流れは深読みしたら「上辺だけ幸せで実際は当事者すら報われてない」エンドに至る可能性があります。

纏めるとたった一言に集約します。



心底残念な展開です。

げんなりしてます…

この世界全体が

小野寺さんにとって残酷な世界であった…としか言えません。
小野寺さんの幼い頃からの恋心は踏みにじられて全てを失った訳ですし。
春は生涯許さないだろうと思います。

ここまで創作のキャラの幸せを願った作品もなかったのですが…。
今週はずっと凹みまくりでした

No Subject

正直連載一年の文化祭からこいつ何も考えてないなと思ってた・・・
>今まで知らなかった世界に行けるんじゃないかと思った
この台詞だって今まで公務員と平和目指してた主人公の設定無視で
将来考える話の変化も全くなかったし意味不明
考えるのが無駄な漫画としか感想がない

意外と冷静な自分

はてさて・・・

後はEDだけか。

何となくですが

現実逃避さんのサイトとか見て思ったのですが
このまんま千棘が告白受けてエンド…ってなる訳でも無いのですよね。
千棘の選択は…ってとこで。
まあ予想してるラストでも楽が残念なのは間違い無いですが

ていうかごめんなさい、千棘を選んだ理由がさっぱりわかりません。

作者が千棘のこと好きで、この二セコイという漫画も最初から千棘ENDにしたかった想いはわかってました。

しかし、最後の楽の選択
新しい世界に行ける
には正直ドン引きしました。まず楽は今のこの世界のことを語ったことがあったでしょうか。

この世界に不満爆発した主人公ならまだしも、あの紳士な楽が完全に中二病発言じゃないですか。

それに、小野寺との回の方が千棘の時よりも数倍価値のある、重みのある回だったと見受けられます。
小野寺という作者の大好きな千棘を上回るキャラを生み出してしまった時点で、千棘ENDは諦めるべきだったのでは?

キャラ人気投票も間違いなくヤラセだなと感じましたしね笑

このまま本当に千棘ENDにするならば、24,25,26巻、これから作品にする予定の漫画(あるかは知らないが)は、もう諦めた方がいいと思いますね。

絵の才能、ここまで読者の心を掴んできたキャラの作成、

才能があるのに 自分の好きなキャラを幸せにすることでこうも簡単に崩れ去るとは。
非常に残念この上ないです。

まぁここから読者の納得のいく展開にすればまだマシでしょうが ツイッターなどのコメントから見ても小野寺の扱いには嘔吐が出ますね。

まだ26巻出すつもりなら、一波乱つくってぜひ良いモノを完成させて欲しいですね。

え、これ小野寺エンドにしないと作者終わりっしょ笑

あんな扱いされて千棘派ぐらいしか漫画買う気起きないのわかるだろうし。

いや、これが小野寺エンドのための最後の焦らしなら作者天才だがね
まぁ小野寺のあんな扱いで殺意は覚えたけど

・小野寺からの告白
・楽の後悔はしない→この時点で後悔してる
・指輪
・相合傘

いや、小野寺の扱いには切れるけどまだコンくらいは小野寺ENDのアイテムがあるで?

ここで作者のプロ意識が試されるよな

千棘をそのまま楽とくっつけるのか、

楽が後悔してることに気づいて千棘をふり、小野寺に相合傘の前で告白するのか、

まぁ無難なのは前者ですが、それでは最底辺の超クソ漫画になりますからね。

私は後者を期待しています。

後者なら二セコイがマジコイを悩ますほど大きくなっていたという結末になるので、それはそれでありかと。
だいたい小野寺ENDじゃないと筋が通りませんしね。その後卒業式まで小咲ちゃんはどうなってしまうのでしょう。
るりちゃんも恋愛モード入ってるし。

古味直志氏、あなたのプロ意識を信じてます!

私の思っていたこと、感じていたことを↑の作戦をさずける者さんにすべて語られてしまった…

作者!普通に参考にしなさい!じゃないとマジでクソ漫画で終わりますよ?こんなところでつまづくのはもったいないです!

あと作戦をさずける者さん、友達になってください笑笑

もう寺ENDなら全部許すわ
それだけ小野寺の扱いに切れた

No Subject

私もラグエルさんと全く同意見です
ただひたすら残念。そして無念です

読者視点で見てもオハヨウがあるせいでもっと早く想いが伝わっていればと思ってしまうんです(個人的なものですが)
ただいくら行動してもなにをしても100発100中で神の手が介入しては本当に打つ手なしですよね
他の漫画だとこの時こうしてればよかったのかな?とか想像できるんですがニセコイに関してはこの時こうしていればという改善点が見つからんない
小野寺さんが行動すると妨害が入る前提だからです

そう考えると小野寺さんがとても可哀想になるんです

最終巻で

どんな風にあとがき(言い訳)書くのでしょうか?
ちょっと小野寺さんの扱いは炎上もんだと思います…。
あの痛々しい笑顔は…

現実逃避さん

ここで書かれているコメントが今の自分の全てです。今の時点ではこれ以上細かくネガティブな事を考えたくないし、まぁ言ってみれば瀕死状態です(-""-;)

No Subject

楽「俺も好きだよ。中学の頃からずっとずっと好きだった」
咲「うん…」
楽「でも、自分でも最低だと思うけど、千棘と一緒に過ごす内に…」
咲「千棘ちゃんも好きになった…だよね?」
楽「っ……ああ。悩んだよ、すごく。二人を同時に好きになった自分に幻滅もした」
楽「どっちかを選ばなきゃ行けない。だから俺はどっちとずっとずっと一緒に居たいか考えた」
楽「俺はずっと公務員になって実家稼業から離れたかった。でも皆と過ごしてるうちに、それは狭い世界で考えてたからだって思ったんだ」
楽「俺は千棘とならもっと広い世界を知れると思ってる。そしてそれを見てみたいと強く思う」
楽「小野寺、俺を好きになってくれてありがとう。でもゴメン、俺は千棘と一緒に居たい」
咲「ホント真っ直ぐだよね、一条くん…行ってあげて、きっと千棘ちゃん待ってるから!」
楽「ああ!」

以上、妄想でしたw

何回もすいません

やっぱり納得できない場合は集英社にファンレターって形で
送るべきなのでしょうか?
バカな事をする気はさらさらありませんが
見守る云々と言うよりもモヤモヤ違和感いろんなもんが
グルグルと来ておりますw

あさるとさんへ

「べき」ってことはないですよ。そんな強制力を持ち出す行為ではないです。
ただ、送るだけでも自分の中でスッキリできると思います。
ただ、古味先生の対応次第で明暗が付く可能性も出てきます。
古味先生に限ってないとは思いますが、ファンの言葉を真摯に受け止めない方も居ますから。
ファンレターとして意見書を送る、それ自体は特段バカな行為ではないですよ。
それらを踏まえた上で、送るかどうかを再考してみては如何でしょうか?
敢えて私見を述べさせてもらうなら、送る方がスッキリも「ハッキリ」もするので良いと思います。

ラグエルさん

ありがとうございます。
とりあえず最終回まで待って書こうかとは思ってます。
コミック破いて云々って輩の真似はするつもりは勿論ありません。
不満と言うか結局は痛いファンの一意見って思われようが…って気持ちです。
全てを失った上に救いのないんじゃあ…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぐはぁ!

3度目のうっかりさんw

rexelさん、お手数ですがコピペお願いします!
もうスマホから書き込むの止めようかな……

Re:

皆様コメントありがとうございます。
ayumieさんのところ程ではないにしても、やはり非難が多い内容ばかりになっていますね。自演までして場を盛り上げようとしてくれた方もいるみたいですが、まあ皆さん落ち着きましょう。

ayumieさんみたいに全レスはできませんが、大体みなさん似た内容のコメントですので、ひとまとめという形でここだけ返信させていただきますね。


読んだ後の勢いでそのまま感想を書いてしまったため、記事では俺も結構な「わけわからなさ」を出してしまっていますが、少し経って落ち着いた今は、記事の内容に比べて冷静になれております。

このまま千棘が楽を受け入れて完結したのでは、あまりにもあんまりな展開であることは皆さんご指摘のとおりですが、おそらくそれは作者サイドも分かっていることだろうと。むしろこの展開に対して読者がどんな反応を示すかということはわかりきっていたはずなので、それでもあえて今回の内容を描いたということは、「その上での展開」が用意されているのではないかと。

可能性としては超低いのかもしれませんが、そんなふうに考えることもできるようになりました。

もしもこのまま千棘と楽がくっつくにしても、あるいはそうじゃない展開があるとしても、結局は描かれるその展開に説得性があるかどうかということに尽きるかと思います。端的に楽の決断が示された今回の内容では説得力を感じない人が大勢いるとしても、この後の展開によってはそうじゃなくなるかもしれません。

どんな展開を迎えるにしても、「ニセコイは駄作だ」とか「楽は屑だ」なんて結論付けるのは最後まで読んでからのほうがいいのではないかと思いました。

楽の決断を明かすことで一時的に非難轟々になることを予測できたはずの作者サイドが、この後どんな展開を用意しているか。ガッカリしたり失望したりするのはそれを読んでからでもいいのではないかと。

もちろん、「それでも今回の内容はどうしても許せないから、もうニセコイは読みたくない」と思う人は、それはそれで仕方ないのかもしれませんが…

まあ、待ってみましょう。


それからあさるとさん

ファンレター自体はおかしな行為ではないので特段止めたりはしませんが、今回の内容に対して頭に血が上った状態で書くのならちょっと落ち着いてからのほうがいいかと思います。最終回まで待ってからのおつもりなら、「今回の内容を読んで率直にどう思ったか」「その後の展開を読んで、どんな風に思うようになっていったか」といったことを書ければ、作者サイドとしては生の反応としてありがたいと思うのではないでしょうか。

うっかりさんなラグエルさんの仰るとおりの側面もありますし。
以下、間違って管理人のみになっていた内容のコピペです。

> 単行本を破いて捨てるのも別に愚かな行為ではないですよ。
> その事実を「公の場で広言すること」が愚かしいんです。
> 破いて捨てるほど嫌いになったのならそこで関係を絶てば良い。
> 広言すると言うことは、自分の行為が正しいと認めて欲しい承認欲求の表れです。
> そんな承認にどれほどの価値があるというのか…
> どう思ったか、どうしたら良かったかを論じるのは自己消化に繋がります。
> そしてそれは議論に参加した人の自己消化を促す一助となります。
> そこにこそ価値を見出すべきだと、私は思います。

最終回を待つまでのモヤモヤを吐き出したり、議論のきっかけを作ったりするのは当ブログのコメント欄でも構いませんので、深刻になり過ぎない程度に考えてみてください。


あと、最初にコメントくれた名無しさん
「誰かを好きになるのに理由はいらない」ってのはまあ確かにそうなんですけど、問題は今まで描かれてきた内容を振り返ってみても、今回の楽の決断に対してそれほどの説得力を感じることが出来なかったということなんです。

それへの説得力は今後の展開で補足されていくのだろうと思いますが、少なくともここまでの展開に対しては俺は感じ取ることは出来ませんでした。「理由なんか要らない」というのはそれはそれでいいんですけど、作品として描く以上は、その上でも「理由はよくわからんけどそりゃあ好きになるよね」と思えるような内容が欲しいなと。

それをあんまり感じられなかったので、今回の感想記事はあんな内容になってしまったのでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1251-df638731

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター