社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

僕のヒーローアカデミアの家庭訪問を全員分見たくなった2016年週刊少年ジャンプ30号感想その2

2016年週刊少年ジャンプ30号感想その2

いつもよりも何か表紙の情報量が少ない気がするな


・僕のヒーローアカデミア
・左門くんはサモナー
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ブラッククローバー
・火ノ丸相撲

ブラクロと火ノ丸は箇条書きスタイルです



僕のヒーローアカデミア

アニメ2期おめ
いや、ていうか当然だろって感じでもあるんですけどね

USJ襲撃までで終わりとかそんな中途半端ありえてたまるかと
体育祭までやってくんないと区切りが悪すぎるのである

センターカラーは2期記念でした

木漏れ日の下でベンチに座るオールマイトと出久
2人の微妙な距離感が、オールフォーワンの言う不安を掻き立てるような気もします


事件の影響の詳細がまだ描かれました

ワンフォーオールを失ったオールマイトは事実上の引退を公表
一命は取り留めたベストジーニストは長期休業
拐われていたラグドールは個性を使えなくなったと

つまり「奪われた」わけですね
彼女の個性「サーチ」は見た人の情報100人まで丸分かりという
確かにオールフォーワンが欲しがりそうな能力です

ワンフォーオールは、オールマイトを見る限り継承後徐々に使えなくなっていくようですが
オールフォーワンの場合は、奪われればそれでもう使えなくなってしまうんですね

この辺も対比的にしているんですね

ベストジーニストが休業なら、Mt.レディはどうなったかな…
巨大化顔面ブロックで出久たちをサポートしてくれた彼女もまた正しくヒーローでしたけども
「頑張ったんだなMt.レディ」ってシンリンカムイが言ってたシーンには結構グッと来てしまってたんですけども

だって、シンリンカムイはMt.レディのデビューのおかげで手柄1個逃してましたからね
商売敵であることはもちろんですが、直接的に利害が反発したというのに、
その彼女を心配しつつ、認めつつ、というシンリンカムイのあのセリフには、なかなかのものがありましたよ

「ヒーロー」として、ちゃんとした人なんだなーって
細かいところですが、地味に見逃せないシーンでした


…そんなヒーローたちの被害を受けて、世間は当然ざわつき出す
特に雄英への風当たりは強いでしょう

校長が決断した次なる手は、全寮制への移行でした

強固な枠の中でしっかり育てるのだと
内通者の可能性はこの際置いておくということですかね
調べてもそんな簡単に分かるもんじゃないし、いるかどうか分からない奴よりも
今は生徒たちの安全を優先するのだと

内通者がいるとしても全寮制のほうが安全だという判断なのでしょうかね

そんで保護者への説明のための家庭訪問が今回のメインでした

これは番外編とか使っていいので、ぜひみんなの分見てみたいですねえ
梅雨ちゃんとか八百万さんとか
お茶子ちゃんは来週辺り描かれるかな?

葉隠さんちも見てみたい
一家全員透明だったらどうしようw

ていうか親たちもしっかり個性的なメンツばかりだな!
耳郎ちゃんのところは、見栄っ張りな親父も気に入りましたけど、注目したのはお母様の方でした
旦那の横でドキドキしてる姿だけ見て、「あ、八百万ちゃんか」と思いましたよ

え、父親こんなんなの?とか思ったら全然違ってましたw
紛らわしいよお母様

爆豪家のほうがもっとまぎらわしかったけどな!

お母様完全に一佳ちゃんじゃないか…
まじビビった

これはきっと堀越先生の描き分けの問題なのでしょう
「お、ここでB組一佳ちゃんを描いてくれるのか!」ってちょっとテンション上がったのに
よく見たらかっちゃんでした

何というフェイントでしょう…

しかし、そんな親たちもしっかりと考えた上で子供たちと雄英に信頼を寄せていました

特にかっちゃんちでの相澤先生の反応がよかったですねえ

会見での言葉のおかげで信頼は維持されていた
耳郎ちゃんちではオールマイトのおかげという部分が大きかったみたいですが、
自分もしっかり教師として成すべきを成せていたのだと

そんな相澤先生にめっちゃいい顔でお返しの「いっぱい奢ろうか?」なんて話しかけるオールマイト
嬉しそうだなw

しかし、出久のところだけは自分1人で行かねばならない
かっちゃんにも話すことの出来なかった「特殊な事情」があるからですね

オールマイトにとっては出久の家庭訪問が最大の難関だと言っていいのでしょう
雄英教師としての立場とは別のところで親御さんの反対を予期していたかもしれません

あるいは自分の親も、お師匠に対してそうだったりしたのか


出久ママの言葉を、一切表情を変えることなく正面から聞き入る様子が何とも緊張感を醸し出しています

家中に所狭しと刻まれている「オールマイト大好き少年」の証
それを単純に嬉しいと思いつつ、同時に「継承させてしまった」ことの重責を改めて感じたことでしょう

自分が出久に望み、出久もまた望んでいるのは、受け継がれてきた力をさらに伸ばして、
安定的平和を取り戻した上で、また次へと受け継ぐことなのですから

だから、息子のヒーロー志望をどうしても落ち着いて見守ることのできない出久ママに対して
ワンフォーオールの真実を話すことは説得材料にはなりません

それは、雄英の教師であることとは別の意味で「血みどろの未来」へと出久を誘おうとしたことの証明であり
出久が今まで大怪我を繰り返してきたそもそもの原因は自分であると告げることなのですから

親としては、「そんな張本人がどの面下げてこんな話をしに来たのか」となって当然

話を続けるための「誠意」として話すことは可能でしょう
しかし、それは単にオールマイトの真剣な姿勢を伝えることができるのみで、
これほど断言的な出久ママの気持ちを変えるに繋がるものでは全く無い

でも親だって分かっています
子供がただひたすらに無意味な憧れに縋ったまま生きていこうとすることの悲しさを
自分がどうしても心配だからと、子供が本当に望むことを否定して無難な人生を歩ませようとすることの横暴を
危険だから、危ないからと、やりたいことをただ我慢して無為に生きていかねばならないことの無意味さを

だから最後にはきっと許してくれるのでしょうけど、しかしそれは単に子供のわがままに妥協しただけにすぎない
だから難しいんですね

オールマイトを継ぐためにどうしても必要なこと
ヒーローとして、平和の象徴の卵として、まず母の気持ちに寄り添えること

世界中の希望を一身に背負う平和の象徴を目指そうとするのに、親を安心させられなくてどうするかということですね

たとえ出久が目指すことになるヒーロー像が、オールマイトとは異なる形になるとしてもこれは変わらないことです

平和の象徴と祭りあげて、オールマイトというただ1人の存在にもたれかかってきたツケに気が付き始めた超人社会
次に縋る対象として出久がいると言っても、それでは同じ轍を踏むだけのことです

ならば、違う形で社会の柱が必要である
そこに出久は、ワンフォーオールはどう関われるのか

あるいはそれこそが、いつかオールマイトが言っていた「君にしか導き出せないものがある」ということだったりするんでしょうか

いずれにしても、このご尤もな出久ママの気持ちにオールマイトはどう応じるのか
待ちましょう


左門くんはサモナー

今回はちょっと物足りなかったねえ
いや、たぶん今までが勢い良すぎたんだと思うんですけどね

それでも、急に外部視点からの左門くん評は、何となく白けたというかグダってたよね

サモナーって言ってるのを今さら教師が中二病認定で接してくるのは、別に何の面白みもないわけですよ
読者としてはすっかり認識している事実を、作中でいちいち常識を根拠に否定されてるわけですから
「いや別にそこはよくね?」となっちゃうわけです

今まで面白く読めてきた左門くんの本質はサモナーではなく、カスですからね

召喚術士ってスキルは、彼がカスなことをするための一要素でしか無いわけですよ
左門くんが召喚術士だからこのマンガが面白くなっているわけではなくて、カスだから面白いのです

その「カス」を描写するための一番大きな方法が召喚というだけなんですね
召喚した悪魔に色々としょーもないことをさせまくっているという形でね

だから召喚術士という要素ばかりに着目していた今回の話はイマイチだったのでしょう

左門くんが問題児であることは間違ってないんですけど、先生の悩みの焦点とするなら
召喚術士ではなくカスであることでなければならなかったでしょうね

召喚術の方は先生も既知のこととして、それを使って校舎沈ませて独裁国家作るくらい好き放題しているというね

沼先生が若干の勘違いを起こしてしまったのか、あるいは左門くんの本質を読者に理解らせるためにあえて描いたのか
後者の可能性もあるのが沼先生の末恐ろしいところなんですけども

次回以降の感じで推測できるかな?


ゆらぎ荘の幽奈さん

またしても新シリーズ
ジャンプのくせに、このマンガは次回予告が当てになってるのは何でなんだぜ

サブタイとか生徒会長の造形とか、明らかに某作品を意識しているかのような作りになっていますけども
シリーズ終わりには、この学校もコガラシくんの影響下に入ってしまうんでしょうか

いや、コガラシくんが自分を悪者にして生徒会長の信頼を守る展開なら、生徒会長だけがそうなるのかな

ていうかシリーズ開始の最初の引きが生徒会長との逢引き状態って(;^ω^)

幽霊騒ぎはどっちかというとどうでもいい感じですよね
さすがにこゆずと千紗希ちゃんみたいなオチにはならないと思いますけども…


左門くんもそうですけど、主人公の特殊スキルを特に隠したりしない作品なんですよね、これ
このマンガの場合だと、幽奈さんの存在をあんまり隠してませんし
クラスでは隠してたっけ?
学校のシーンが殆ど描かれないので全然覚えてない

隠さないおかげで「退魔もの」的な印象が全然なくて、特殊スキルをギャグにもシリアスにも使える構造になってますね
今までとは少し違う形での能力もの作品と呼べるかもしれません


ブラッククローバー

・読み終わった第一印象は「うわあテンプレだ」でした
・でもたぶんこのマンガはこれでいいんだとも同時に思いました
・描き方が完全に低年齢向けになってるので、このくらいわかりやすく「友情と気合い」を見せたほうがウケるんでしょうね
・ジャンプ歴20年超の大きなお友達には、逆に新鮮に読めました


火ノ丸相撲

・國崎持ち上げられまくりワロタ
・いいのかこんな雰囲気作りしちゃって
・そういえば今週は火ノ丸は登場しませんでしたね
・國崎の力の秘密が沙田から解説されましたけど、こんな感じでそれぞれの特質を1つずつ明かしていく展開があるのかな
・バトルマンガにはよくいる「コピー能力者」なんですけど、ここまで大物感を醸し出されたのも珍しいような
・何かホントに國崎勝ちそうな気がしてきましたよ


 




COMMENT▼

No Subject

・左門
生徒のみならず教師側にもサモナーと知る人物が出来たと捉えればある意味重要な回です。
面白いか?で聞かれたら今週はあんまりの意見を飲まざるを得ませんけどw
マイサーモンは「シンプルに成績が悪い」でした。

・火の丸
ポテンシャルで言ったら恐らく作中の誰よりも高いのがチヒロですからこれくらいのアゲは当然。
畑違いのレスリングとはいえ「国体王者」ですからね。生半に取れる肩書ではない。
でも勝つのは日景でしょう。潮との敗戦から学んだものが考え方だけなはずがない。

No Subject

>ヒーロー
一番手ごわいのは出久の母だったか。
まあ当然っちゃ当然デスヨネー。
しかし医者からそこまで言われていたとは。
腕大丈夫なんかorz

>クローバー
ノエルちゃん覚醒ktkr!

>左門
サーセン、ラグエルさんに1票。
まぁ面白さって言うと確かにイマイチでしたが。
しかしFFネタで来るとはw

>相撲
僕は作中の説明に納得しましたよw
しかしどっちが勝つんやろか(^^;

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>左門くん
そう捉えることで溜飲を下げておくのがいいですかねえ。
それでも他の描き方はあったように思えますけども。

>火ノ丸
これで國崎負けちゃったら、断言してた沙田くんの格が危ない(;^ω^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1244-a7df505d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター