社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

えりな様ルートが大きく動きそうな食戟のソーマ第168話感想 2016年週刊少年ジャンプ26号

2016年週刊少年ジャンプ26号感想その1

まさかのソーマ単独感想です
今週のソーマには思うところがありすぎた…


食戟のソーマ

あ、これは何かよろしくない傾向だな
作品的に、じゃなくて、えりな様の心情的に、って意味ですけど

何って、以前書いたこの考察を思い出したんですよ
食戟のソーマ 創真と城一郎の親子関係がえりな様を絶望させる可能性

この記事で予想した「絶望」が何となく発症しかけているように感じました


創真の部屋を訪ねたえりな様
緋沙子ちゃんがわざとらしく否定するくらいに起こる可能性が低かった事象ですが
事実としてそれは発生しました

ではえりな様は一体何をしに創真を訪ねたかというと
自身の身の上話のためでした

最初に司先輩との勝負の話を持ち出したのは、わざわざ部屋を訪ねて改まった話をしようとしていることに
緊張していたからですね

見栄を張っていつもの上から目線の言動をとってみたけれど、実際にはそんなことはどうでもよかったのでした

本題は自分が城一郎の料理に出会った経緯と、今の自分の正直な気持ち
矛盾するような感情を抱えて葛藤している心情を吐露するために来たのでした

ヒロインからのこんな素直な相談を聞いて、主人公として創真はどう応えるのかと思ったら
今から飯作ってやるから食ってみろときました

拍子抜けなようでいて、しかし必然性はありそうな展開ですが、
しかし

今回の内容はそんな単純なものではないですね


予め言っときますけど、ちょっと長いですよ今回の感想というか考察というか妄想は


まず最初に考えなければならないのは、なぜえりな様は創真にこんな話をしにきたのかということです
最も近しい緋沙子ちゃんではなく、なぜ創真だったのか

先週の感想の中では、創真を訪ねたえりな様の目的について「この進級試験でも薊に抗うのか訊いてみたいんじゃないか」
とのコメントがあってその予想に超納得していたんですけども

実際には違っていました

今週えりな様が話した内容は、読者としてもえりな様の心情として当然予想できるものではありましたが
それをえりな様が創真に相談しようとするとは思わなかったんですね

なぜならその理由が浮かんでこなかったからです

いずれ相談したいような気持ちになることはあるとしても、今はまだその段階ではないと思ったんですね

あるいは、理由として浮かんでくるものはどちらかと言うといい意味のものではなかった
それはえりな様の依存心の表出ではないかとさえ思えたのです

ここで葛藤を深める心境を創真に相談しようとするのは、明らかに創真が城一郎の息子であることを意識しています
それはまるで、城一郎の代わりのようにして創真を頼ろうとしているんじゃないかと思えたのです

えりな様に生まれた葛藤にとって、創真の存在はその疑問の根源のようなものです
今まで否定してきたものと憧れてきたものを、創真という男1人が同時に象徴しているわけですから

その相手に向き合う時に、自分自身の確かなものを何も持たずに対峙するというのは、普通に考えたらおかしな話なんですよ
まるで、頼ろうとしているか縋ろうとしているか甘えようとしているか

自身をぐらつかせている疑問の根源に対して、そのぐらつく現状をありのままに吐露してみせることは
勝算も何もないただ弱さを見せるだけの行為に思えてしまうのです

この話を創真に聞かせて、えりな様はどんな答えが返ってくるのを期待していたのでしょうか

お前が憧れた才波の料理は確かに俺が受け継いでいるから安心しろとか
俺の料理は下町の人にしか味がわからない庶民向けのものだからセレブなお前は気にしなくていいとか

そんな答えでも欲しかったんでしょうかね

で、創真が返事として「今からゆきひらの料理を作ってやるよ」と言ったのは
きっと「欲しい答えは自分で見つけろ」ってことなんじゃないかと思うんですよね

城一郎が己の全てをかけて到達した下町の料理屋の品
えりな様が今まで否定し続けてきた下町の料理屋の品
それを今から直に技術を仕込まれた俺が作ってやるから、食って自分で判断してみろと

考えようによってはなかなか酷なことをしているとも言えるんですけどね
まさにそれこそが悩みの原因なのですから

しかしそれでもあえて創真は提案しました
答えは自分で見つけるしかないと知っているからです

編入試験のリフレインになっているのはもちろんわざとですよね

あの時は「お待ちを 薙切試験官どの」と言っていたのが
今回は「お待ちを 薙切えりなどの」と言っています

それは、今回の料理はえりな様個人に対して作るものであるとの端的な表現であり
同時に、えりな様と創真との距離が個人的関係に近づいていることの表現でもあるのでしょう

さらに、今回の実食にはえりな様ルートの根幹に関わるかもしれない1つの要素が存在することも見逃せないですね

もしもこの場で食った「ゆきひらの料理」をえりな様が「美味しい」と言ってしまったならば
学園への編入時に創真が宣言した「俺の料理の限りを尽くして」が満たされてしまうことを意味します

えりな様を助けてくれと懇願した仙左衛門にも言っていた「不味いって言われたままなんすよ」もひっくり返ることになり
えりな様と創真の関係において決定的なものをもたらすことになりそうなんですね

あくまで、ここでえりな様が「美味しい」と言えば、ですけども

メタ的に考えてみると、ここで出されてくる品をえりな様が手放しで「美味しい」と思うことは無いんだろうなと思えます
それこそまだ段階としては今は早い気がしますからね

ならば、落とし所としては一部評価しつつ一部評価しないという中途半端なのものになりそうなところ
確かに一品としては完成されており、味への違和感は特に無いものの、しかし優しすぎるとか穏やかすぎるとか、
美食という視点に立とうとすれば全くそんなものとは言えない、みたいな

きっと、そこで基準となるものこそがえりな様の「自分」なのでしょう

関連
食戟のソーマ 始まったえりな様の「自分探し」とその先にあるもの

美食云々とかそんなものは置いといて、この味が好きなのか嫌いなのか、それだけを考えればいい

そもそも美食的に何とかってのは、頭で食ってるようなものですからねえ
そんなものを持ち出してきたら混乱するのはある意味で当たり前というか


だってねえ

えりな様の話の中で、おかしな部分がありましたよね

「才波様の料理を食べたときの感動は今も覚えているわ けれど お父様のおっしゃる理念の正しさも私にはわかるのよ」

これですよ
城一郎の料理で感動したことと、薊の理念が逆接の接続詞によって繋がっています
何ででしょうね、これ

城一郎の料理への感動と薊の思想がなぜ逆接なんでしょう
よく考えると関係ないはずなんですけど

城一郎の料理が薊の思想の中で「排除されるべきもの」に入っているから、ですよね
相反する要素としてはそこしかありません

なぜなら城一郎の料理はセレブ向けではない庶民のそれであったから

食べて感動した料理だったが、一定の正しさを感じている思想においてはその料理は排除の対象となっている
ここにこそ、えりな様の迷いと葛藤が生まれているのでしょう

食って感動したのならそれでいいじゃん、って思えれば早いんですけどねえ
感動できるくらいの品なら、排除とかしなくていいじゃん、ってね

今回創真が作る品は、果たしてえりな様にそう思わせるほどのものであるのかどうか

「ゆきひらの料理」と言うからには、創真が作ろうとするのはあの試験の時に作ったような裏メニューの可能性があります
えりな様が全く知らない味の世界と発想が盛り込まれた皿です

あの時のたまごのふりかけご飯も含めて、それらの品は城一郎が考案したメニューであるなんて言われた日には
えりな様は何を思うことでしょう


ただし気になるのは、えりな様が城一郎と出会ったあの日、名を聞かれた城一郎が「幸平」ではなく「才波」と答えたことです
創真とえりな様が同い年なんですから、あの時はまだ結婚してなかったわけはありません

ならば、城一郎はあえて旧姓である「才波」を名乗ったことになります
それはなぜか

仙左衛門から遠月への創真編入の話を既に聞かされていたことで、幸平の名前に先入観を抱かせないようにしたとか
あるいは、あの時えりな様と仙左衛門に振る舞った品は「才波」時代のそれだったとか

この辺がね
何か微妙なんですよね

何って、第1話での話ですよ
創真を遠月学園へと送り出した後、自分は昔の伝手を辿って海外で仕事をしていると言ってた時
そこに集まった議員やら大僧正やら何かお偉方から、城一郎は「ユキヒラ」と呼ばれていました

昔の伝手ならば「才波」時代のものであるはずであり、そうであるならばその顧客となる彼らが認識している名前も
当然に「才波」であるはずなのです

しかし実際には「ユキヒラ」と呼ばれていた

もちろん、第1話ですからここでいきなり才波の名前を出すのは変になってしまうというメタ的な事情もわかるんですけども
それならジョーイチロウと呼ばせておけばよかったかなと思ったり

で、何が言いたいかといいますと
今の城一郎の腕は、才波時代を知る顧客たちに変わらず満足を与えられるだけのものであるってことなんですよね

下町の定食屋の旦那としての立場に全てをぶっ込んだ城一郎でしたが、海外のVIPたち相手に仕事をすることは
今でも十分可能であるということなんです

つまりは、セレブたちが満足する美食の側面も充分に持ち合わせているということです

「ゆきひら」の時とは調理を変えているのかもしれないですけど、でもその可能性は薄いかなー

自分の腕を望んで収斂させていった下町の定食屋としての料理
息子を旅立たせるために家を離れることにしたとは言っても、そこでの仕事が今まで望んでやってきた料理と違う方法のものというのは
何か違和感があります

ほんとは下町の定食屋の料理を作っていたいけど、それだとこのVIPたちは満足しないから仕方なく定食屋になる前のやり方で作る
なんて器用なことをあのマイペースな城一郎ができるかって言ったら違和感なのです

としたら、「ゆきひら」の料理は実は世界にも通じるのではないか
そんな風にも思えます

そうするとですよ

たぶん城一郎の品をちゃんと食べたことはないのだろう薊と、今から二度目となるえりな様の間には
決定的な差が生まれることになります

薊が認めようとしない定食屋としての城一郎の品を、えりな様が認められるようになったなら
それは薊に対するえりな様の決定的な離反ですね

えりな様にとってみれば、味の好みが表出してくるきっかけともなりそうです
お父様はこの料理が嫌いでも私は好きですわ、みたいになると、そこからえりな様の味の好みがわかるようになりそうですよね

それが薊の呪いから解放される契機となったりもするかもしれません



…てな感じでいつになく長々と妄想してみましたが、どうでしょう
あんまり壮大になりすぎてたぶんどっかおかしなことになってそうな気がするので、ツッコミをお待ちしております


[タグ] 食戟のソーマ




COMMENT▼

No Subject

城一郎の「定食」か「リストランテ」かの違いはアレンジの違いと取って良いと思いますよ。
ろりな様に食べさせたのは爺様に頼まれ「人払いさせてまで用意した才波としての料理」
だったから才波と名乗ったのでしょう。
しかし、ゆきひらだろうと才波だろうと、城一郎としての料理の根幹は同じであるはず。
「特別料理(スペシャリテ)」の言葉が示す通り、料理には作った人の個性が必ず出ます。
創真がそれをどこまで再現出来るかにもよりますが、同じかまたは近しい感動を
次週の試食でえりなが感じ取るのではと思います。
また、根本的な問題として「定食かリストランテか」=「美味いかそうでないか」ではありません。
それは創真のこれまでの足跡が如実に示しています。
複雑な味付けを好むのが美食家で、シンプルな味付けを好むのが大衆。ただそれだけの違い。
城一郎は「食べる人に合わせた味付け」を徹しているだけで「腕は一流のまま」です。
マイペースではありますが、こと料理に関しては器用もとい多才な人物であることは純然たる事実。

第1話のお偉方は恐らく「定食屋の経験も交え練り込んだリストランテ」を食したんでしょう。
だから城一郎も「ゆきひら」を名乗った。それが正解だと思います。

タイミングが悪すぎて泣きたいです。

 どうもです。
 今回の感想はいつも以上に楽しみにしていました。きっとボリュームのある内容になっておられるだろうなと(笑)。
 結果は期待通りで、大変考えさせて頂きました。ありがとうございます。

 私も自身のブログにて、存分に語りたいところなのですが・・・。
 最悪なことに、パソコンに深刻なトラブルが起きてブログを全く書けない状態になってしまいました。 (もはや文章作成ソフトさえもまともに動きません)
 なんとかかんとかパソコンの機嫌を取って、rexelさんのブログにお邪魔するのが精一杯の状況です。
 よりによってこんな時に・・・(泣)。

 なので、これまで以上にコメントへの書き込み(と称する依存)が増えてしまうかもしれません・・・。
 もしご迷惑なようならばすぐに自粛しますので、どうかお許しください。 

www

迷惑なんてとんでもない!許すもなにもないですよ!www

No Subject

>アレンジの違い
>1話のエライ人達
ラグエルさんに1票

因みに、「幸平」を名乗ってからでも、旅をすれば人脈は作れると思いますよ
あの性格ならw

優しさに後押しされて。

 ラグエルさん、ありがとうございます。(><。)
 それと、前回のコメントでは思いっきり予想を空振り三振してしまい、恥ずかしいやら申し訳ないやら。(orz)
 折角ラグエルさんを始め、妄想屋さんやrexelさんの尊い一票を頂いたというのに・・・!
 本当にその折は有り難さと勿体なさで悶絶でした(苦笑)。

 ラグエルさんの考察には私も全面同意です!!
 地獄の合宿での朝食ビュッフェの課題で創真が回想していましたが(第29話)、城一郎はその場や客のニーズに応えた料理を出すことをちゃんとわきまえている人物ですものね。(^^)

 更に私の見解を付け加えさせて頂くならば、えりながあれほど城一郎の料理に惹かれたのは、彼の料理が技術だけでなく「心」も込められていたものだったからだと思います。
 えりなはこれまで数多の美食を口にしてきましたが、そのほとんどがビジネスとしての品で、純にえりなのためにと作られた料理ではないのですよね。
 普通の子供なら当たり前のように与えられる食事である、親の愛情が込められた料理、言うなれば「家庭の味」をえりなはほとんど知らないという。
 「家庭の味」。それは料理への価値観を根本的に支える〝土台”といえます。
 そんな〝土台”が形成されていなかったからこそ、えりなはこれほどまでに不安定に葛藤し続けているのでしょう。
 
 だからこそ創真の料理は大変大きな意味を持つわけです。
 創真は「力」だけでなく、「心」も併せ持つ料理人ですから。
 そんな彼がえりなのために作ってくれる料理は果たしてどんなものになるのでしょうね? 
 

栗うさぎさんがほぼ同時に投稿してたw

やはりラグエルさんと栗うさぎさんは説得力が有るな・・・

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

栗うさぎさんはPC回復されたでしょうか。よりにもよってこんな重要な回の時に感想記事を書けなくなるなんて、俺ならいろんなことのやる気を無くしそうです。

そんな大変な時に、せめて、みたいな気持ちで俺の感想を見に来ていただきましてありがとうございます。でも今までも言ってきましたけど、コメントの回数とか頻度とか、その多い少ないは全然気にしなくていいですからね。何か書き込みたいと思ったら、その内容を思うまま書いていただいて大丈夫ですよ。



で、栗うさぎさんとラグエルさんのご指摘は確かにその通りですね。また難しく考えすぎてたかな…。
「家庭の味」を知らないとする洞察もきっとその通りなのでしょう。


相手に合わせた料理を作ることはよく考えたら当たり前のことなんですが、この作品ではそれが巧妙に隠されているような気がしてきました。たぶん食戟をはじめとする各種の課題のせいですね。

審査員がいて、そいつが合格判定を出すかどうかという料理の作り方。これでは、実際にその品を食べたくてやってくるお客のことを考える視点が抜けてしまいそうと思ってしまいました。

審査員ごとに異なるはずの味の好みを踏まえて、食戟で出す品の一皿ずつに微妙に違う味付けを施しているなんて描写は今までありませんでしたし。

自分が作りたい品ばかりを作っている。今のところそれが遠月学園の方針になってますね。それがそのまま「料理人の顔が見える料理」を至上とする理念になっていると。

もちろん、お客が食べたい品と自分が作りたい料理がいかに一致するかというのが店をかまえる中での難しいところだったりするんでしょうし、作りたい品ばかり作ってるからってお客が食べたい品は作れないなんてこともないんでしょうけども、

ただそういう学園の中にあって、今回創真が作ろうとしているのは「悩めるえりな様に食わせたい料理」なんですよねきっと。数あるゆきひらのメニューの中から1つを選ぼうとする時、創真にはきっとそれを選んだ理由があるはずです。ここは作者だけが意図しているようなものじゃなくて、創真の中に確かな理由があるはずのところ。

今のえりな様に食べて欲しいと思える料理が「ゆきひら」のメニューの中にあるのかどうか。あるいは、新しい「ゆきひら」の品を模索している創真が、城一郎の考えたメニューではなく自分のオリジナルによる品を持ってくるのか。

その辺も含めて、次回は要注目ですね。
「損得関係なく自分に食べて欲しいと思って作られた料理」に対して、えりな様がどういう反応を見せるのか。

いつか記事にしましたが、創真にとっての親父超えの1つがそこにはありますからねえ。

次回の感想も長文になってしまうんだろうか…

いまだにトンネルから脱出できず。

 いつもながら丁寧で温かいお返事ありがとうございます。(><。)
 パソコンの調子はというと、一難去ってまた一難と言いますか・・・。
 現在自宅外でこのコメントを書いていると言えば、察しが付かれるでしょうか。(滝涙)
 でも負けません。
 復帰したらこれまで書けなかった分を一気に放出させるつもりです。

 あと、えりなが創真を城一郎の代わりとして甘えてしまう可能性については、私も危惧していました。(rexelさんも同じ意見を持たれたようで嬉しかったです)
 創真と城一郎は基本的性格や寛大な父性がよく似ていますからねえ・・・。
 ただでさえ、えりなはこれまであらゆる面で"甘えている”子ですし。
 まあ、少なくとも今回はえりなのそんなダメなところが表出されることはないかな、と考えています。
 えりなは「完璧」を謳っていながら、実は最も成長しなくてはいけないキャラクターですね。



 ちなみに、創真がえりなに作った天丼の具はポーチドエッグではないかと予想します。
 今回の料理が「リベンジ」なら、創真のことですからきっと「卵」をメインにした品を選ぶと思いますので。(^^)
 そこに、更にどんな工夫を施してくるのか楽しみにして次回を待ちたいと思います。

Re: いまだにトンネルから脱出できず。

コメントありがとうございます。栗うさぎさん

PCその他の状況は改善したようでよかったです。先ほど感想読ませていただきました。

考察内容が大体似てる感じで、何か心強いですw
とはいえ、そんな読者の予想を超えてこそ作者という面もあるので、安心ばかりしているのもおかしな話になりますが。

調理シーンの中に卵を使ってるコマはなかったように思いますけど、たぶん使ってますよね。
あの時のリベンジなら使ってないはずがない。…はず。

えりな様はどんなリアクションを見せてくれますかねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1232-90339920

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター