社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

その視線の先にあるもの見えるもの… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2016年WJ25_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さーてとね

先週はなかったベストショット集ですけど、今週は無事に見ていくことができますよ
だって先週はベストがなかったからですねえ

食戟を頑張った田所さんとか肉魅とかはエントリーカットでいいかなと思ったんですけど
ベストになるほどじゃないなということで企画自体がなしということになってしまいました

でも今週はしっかりベストを選ぶことができております

エントリーカットは全部で4枚
テーマは、見つめる視線のその先にといったところでしょうか

似たようなテーマは前にもあった気がしますが、今週もまたそういう内容になっております

それでは見ていきましょう

まずは1枚目と2枚目を同時に
こちらです!

 







































2016年WJ25_4

2016年WJ25_3

楽の変化に気づいた羽と小野寺さんです

テーマとは別に、カット自体のクオリティで考えるとこういうカットが入ってくるのは
自分では意外だったんですが皆さんはいかがでしょうか


会話の中で、楽の何かが変化していることに気づいた瞬間の2人のカット

瞳を少し大きく開いて、口元は「あれ…?」といった感じで小さくなっています

何だろうね
そんなこのカットが何やら気に入ってしまいました

小野寺さんはともかくとしても羽まで入ってくるとはさらに意外だったりします

羽については、どちらかと言えば「なんて顔してるの」ってセリフの直前の顔のが好きだったりしますけど
テーマとの関わりから今回はこちらをエントリーと致しました

小野寺さんと羽が楽の変化に気づけた理由というところを想像すると、楽の決めた相手も浮かんできたりするでしょうか
最後のわがままとしてやってくるマリーもまた気がつくとしたら、そして再会した千棘は気づかないとしたら…


それでは次に行きましょう
3枚目はこちらです!


































2016年WJ25_2

霊装結界が上手に破れまくってる狭霧ちゃんです


スミマセン
このカットは今回のテーマからは外れてるんですけど、どうしてもエントリーして欲しいと思ってしまいました

だってだいぶ気に入ってしまったので
見た瞬間にエントリーを決めちゃったくらいです

何でしょう、すごく気に入りましたこのカット

きっと色々なところが上手くいってることで、完成度がかなり高いカットになっているんじゃないかと思うんですよ

全身タイツと同じ役割を果たす霊装結界の破れ方
大事な部分を絶妙に隠しつつ、しかしお肌もしっかり露出していて、想像力を騒がせる破れ具合になっています

特におっぱいのあたりですよね

左の胸は下乳を
右の胸はくい込みを

それぞれおっぱいにおける重要な部分を魅せるものとして効果を果たしており、嫌でも目を引くようになっております

それでいて、捕らえられて両腕を掴まれているという状態によって腋も露わにさせるというその筋の人への配慮もあって

俺は腋属性はそこまでありませんが、あの矢吹先生も腋にはかなりこだわった描き方をされていますから
きっと大事な部分なのだろうと思っております

ただね
このカットの最大のポイントは、悔しがる狭霧ちゃんが歯を食いしばっていることで見えている八重歯だと思うんですよ

この八重歯が、何となくチャームポイントのような感じになっているのです

これがただ直線的に歯を食いしばっている様子として描かれていたら、俺はきっとここまでこのカットに惹かれることはなかったでしょう
あの八重歯があるからこそ、このカットの完成度がやたら高い状態になっているのだと思います


委員長タイプのツンデレヒロインという典型的なキャラである狭霧ちゃん
役割をしっかり果たしてくれているようで、とってもいいと思います



それではお次が最後です
今週のベストショットはこちら!

















































2016年WJ25_1

創真の部屋を自ら訪ねたえりな様です


うむ、当たり前ですね
今週はこれ以外ないだろどう見ても

読者に与える印象も、物語内の意味としても、このえりな様には非常に重大なものがありますよね


まずは読者印象のところから見ていくと、このえりな様は、超がつくほど女の子として描かれてますね

全体的な印象はもちろんのこと、部屋着のフリフリなワンピース、少しうつむいたような物憂げな表情
身体部分の強調のためなのかやたらと主張しているような胸、少しだけ上を向いた右手

全身で「女の子」を醸し出すように描かれているんですね
それも、単なる女の子ではなく「普通の女の子」として

神の舌とか薙切家の娘とかそういうことではなく、1人の薙切えりなとして
このえりな様には、美食の天上界だとかセレブ的なアレだとか、そういうものは排除されているんです

ただ1人の女の子として描かれている

しかし、その瞳には何やら確信めいたものを感じさせるところがあります

原因は右の瞳にかかる前髪でしょうね
両目をはっきりと描くのではなく、片方の瞳を前髪で少し覆うことによって
前髪のかかっていないもう片方の瞳の目力を増幅させているのです

あるいは別の見方をすれば、前髪で少し隠れている右の瞳は胸の奥底にある真実の存在を感じさせるものであり
前髪のかかっていない左の瞳を通してその真実が表出してくるような形になっている

これが、このえりな様に何となく確信的なものを感じる理由です

さらに言えば、わずかに描かれた唇がその確信的なものの存在をほんの少しだけ緩和させる効果を果たしています
違う言い方をすると、表情の硬さをマイルドにしているんですね

確信的なものを感じさせることで読者の目を引くのはいいんですが、それだと表情が固くなりすぎる
そのために、唇をキュッと結んだ様子を描くことで全体としての柔らかさにつなげているのです

そしてその柔らかさは「女の子」としての柔らかさにもなっているという

非常に多くのことが計算されたtosh先生渾身のカットではないでしょうか


次に、物語内の意味を見ていくと、重要なのはえりな様が初めて創真を訪ねたという点ですよね

廊下で偶然出くわしたり、課題で隣のキッチンになったりすることはあっても、
えりな様の方から創真のもとへ向かうというのはこれまでなかったことです

…ですよね?なかったよね?
俺記憶違いしてないよね?


極星寮にやってきて、創真と城一郎の真実を知るまでは創真をただの二流と認識していたわけですから
創真が試作の味見のためにえりな様を訪ねることはあっても、えりな様の方から創真のところへ出向く理由はなかったわけです

それが今回は初めて果たされた
しかも、教室で話しかけに行ったなんてことではなく、寮の部屋を訪ねるという形で

作劇的には、創真の部屋をえりな様が訪ねるというのは大きな意味を持っています

なぜなら今創真が暮らすこの部屋は、かつて城一郎も同じ高校生の時を過ごした場所だから


親父超えの展開がある作品としてはもうベタといえるほどに、親父と同じ場所とか同じ師匠のもとでで暮らしているという設定
このマンガも例に漏れず、父と同じ寮に住んで、同じ部屋をあてがわれることになりました

その部屋に、えりな様がやって来た

高校生の城一郎が過ごした部屋に、幸平創真がいる部屋に、えりな様がやって来た


それはすなわち、城一郎と創真とえりな様、三者が関わる因縁が今ここで交錯しようとしているということになるわけです

憧れの城一郎が今まで否定し続けてきた創真の父親であったこと
その真実を受け止めきれずに、えりな様はずっと悩みを深めていました

それが、上述したように何か確信めいたものを抱いて城一郎と創真の部屋を訪れた

何かひとつ答えが出たのでしょう
それはきっと緋沙子ちゃんに話していた「自分探し」とも関わるものなのだろうと思われますが

えりな様が語る内容は、きっと創真たち寄りの話になるのだろうと思います
なぜなら、今週のラストのコマでそう示されているから






2016年WJ25_sp

何か最近連発してる気がしますけど、今週のスペシャルショットです

とうとう1つのコマ内で創真とえりな様の目が合った姿


かつて考察したように、創真とえりな様の視線の向きとは明らかに作者が意図している部分があるものでした

食戟のソーマ 「視線の向き」を使った創真とえりな様の距離感の演出

それが今回、ついにひとつのコマの中でお互いの顔を見るという形にてその視線が合わさったのです

上記考察では、最後の画像にコマをまたがって視線が合わさった構図がありましたが、今回のこれはそれを上回るものですね
もちろん、つい先日スペシャルショットとした「コマをまたいで同じものを見つめる2人」よりも上です

確かな芯と確かな意志がそこにはある… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

つまり、このカットは現時点においてえりな様と創真の距離が最も近づいたことを示すものなのです

であるとするならば、ここでえりな様が語ろうとする内容は創真たちの考えに近いものであると想像することができるでしょう


たとえば

今度から始まる進級試験によって、創真をはじめ緋沙子ちゃんや田所さんや吉野さんたちが退学とさせられるのは
私は嫌なのだと

だからってあの父親相手にどうすることもできないが、叡山の策略を跳ね返し、第一席にも物怖じしなかった創真なら
それでも何とかできるかもしれないと

だからどうか…と


城一郎との親子関係について何を話すかは全然わかりませんが、今後についてはまるで懇願にも似たような内容が語られる可能性もあるでしょうか

視線が合わさるほどに創真との距離が近づいたえりな様ならば、緋沙子ちゃんがかつて話していたことも
うっすらと理解しているのではないかと思うのですよ

すなわち「今の遠月を薊殿から救うのはあの男だったりするのかもしれない…と」ってアレですよ

もちろん緋沙子ちゃんほどの実感はないでしょう
しかし、最も親しい緋沙子ちゃんがそこまで信頼し、またスタジエールで実力を認めた田所さんがあれほど頼りにしていて、
さらには仲良くなった寮生の全員の中心にいる創真という男を、えりな様も特別視せずにはいられなくなったのではないか

そんな風に思ったりもしています


だとすればここがピーク


えりな様は「いずれ必ず自ら戻ってくる」と薊が信じて疑わないことからすると、この先そういう展開になる可能性は残っています
これほどまで創真を認め、極星寮の日々に穏やかさを感じているえりな様が、それでも薊の元へ自ら戻る時が来るとすれば
それは今のこうした気持ちを一気にぶち壊すほどの何かに襲われた時だろうと考えられます

果たしてそれはどれほどの絶望なのか


最も創真と近づいた今であればこそ、その絶望的展開は激しい落差によってえりな様を追い詰めることになるはずです
ならば、ここからはじわじわとえりな様を苦しめる展開へと移っていくのではないか

そんなことも同時に予想してしまいました


…一抹の懸念を抱きつつ今回はここまで!


COMMENT▼

No Subject

やっぱり今週はえりなしかなかった!

創真の部屋を訪ねた理由、もしかしたら迷いながらも決めたことを告げに来たのかもしれません。
「神の舌でもって正しい審査をすればそれが(温かみをくれた)皆の力になるのでは?」と。
その最後の一押しが欲しくて部屋を訪ねたとしたら?
それを尊重して創真が送りだしたら?
結果として再びえりなが薊に囚われてしまったら?
それを知って創真の胸中に去来する感情は?

もしかしたらココが「全てを捧げたい相手」を創真が知る序幕かも知れません。
あ、私は今も「田所ちゃん」派なのでそこはお間違えないようw

今週は一切

異議なし! 異議なし! 異議なぁし!

No Subject

ソウデスネ

やはりえりな様か。
まぁ他には居ないか。


>先週
えー?
居ないのー?
わたりちゃんとか・・・(小声

ある意味ドライな予想でスミマセン。

 今週の『ソーマ』のラストカットはきっとrexelさんも取り上げてくださるだろうと思っていました。
 や~っと目を合わせた構図できちんと描かれた二人ですが、それでも立っているか、座っているかの違いで高さを違えているのがまた巧いところですね。
 それにしてもえりなが自ら創真の元に赴くとは・・・。
 私としては、もうこれだけで大進展ですよ☆

 多分ですが、えりなは訊きたいんじゃないんでしょうかね、創真に。
 この進級試験においても「闘う」のかと。
 極星寮の件では一筋の希望を照らした創真ですが、前回の司との件で自分より強い相手と敵対していることを痛感した筈。
 そして、薊が政権を握っている以上、こういった試練はいくらでも襲ってくるに違いなくて。
 それでも、抗い続けるのかと。

 これまで闇雲に創真を否定し続けてきたえりなでしたが、その「否定」が改められた今、今度は「疑問」へと移行したと思うんですよね。
 えりなにとって、創真は全てが「未知」の存在ですから。
 そんな「未知」と向き合うことによって、えりなはこれまでの自分の価値観を再構築し始めているのだと思います。

 個人的に此度の会話で私が期待しているのは、えりなが薊の計画の“鍵”であることの詳しい説明ですね。
 [神の舌]が関わっているのは歴然であるものの、それをどう利用しようとしているのかがまだ不明ですから。

前言撤回

栗うさぎさんに一票!こっちのがあるだろどう考えてもwww

No Subject

じゃあ2票目ノシ

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

まあ今週はえりな様しかありえなかったですね。
短いコメントながら、ぱいなっぷるさんのテンションがすごく高いように感じる…。

先週はちょっとエントリーカットたちを選び出すには今ひとつな感じになってしまいましたが、今週は無事(?)にえりな様がベストを飾ってくれました。

で、創真の部屋を訪れた目的として「訊いてみたくなった」というのはいかにもな予想ですね。
ていうかめっちゃ自然ですわ。

創真への気持ちが否定から疑問へと変化したとは、栗うさぎさん見事な看破です。さすが。

としたら、これはひょっとして次もえりな様がベストショットに登場する可能性があるか…?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1230-b6b477fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター