社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

その瞳に込められた確かなる気持ち…今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2016年WJ23_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さて
おまたせしました

今週のジャンプヒロインズベストショット集です

今週も無事にベストショットを決めることが出来ております

今回のエントリーカットは全部で3枚+1枚

テーマは、「貴方へ伝えたいもの」とでも言いましょうか
目の前の人を映し出すその瞳にはそれぞれの強い意図が確かに込められている、そんなカットばかりが集まってくれました

それでは早速見ていきましょう
今週の1枚目はこちらです!


 








































2016年WJ23_3

俊才・照屋文香ちゃんです

登場時から彼女には大いに注目しておりましたが、まさかそんな経歴の持ち主だったとは驚きでした
現在はA級隊員である奈良坂や歌川と並び称されていたことがあったとは、同じくらいの素質を秘めていると考えることが出来そうですね

それはつまり、万能手としてエースの素質を持っているとも言えそうです
ちょうど木虎のように
あるいは、B級隊員でありながらずば抜けた実力を持っている空閑のように

柿崎隊長の慎重方針のため目立った活躍ができていないのかもしれませんが、今回単身で動くことになったように
自分の裁量で戦況を捌くことが可能となった状況ならば、思いもかけない実力を見せてくれるかもしれませんね

そんな文香ちゃんが柿崎隊長のもとにやって来た理由は、「支えがいがありそう」というものでした

やだこの娘間違いなく芯がある…


前回のベストショット集でもエントリーしてもらった文香ちゃんですが、その時感じていたことが
今回さらに確信を強めてくれました

支えがいがありそう、なんて一体どんな時に思うことでしょうか

ぱっと見は気弱そうだけど内にはしっかりしたものがありそう、とか?
それを陰ながら支えつつ引き出しつつ、一緒に戦ってみたいと思った?

それなんて内助の功?

つまり文香ちゃんは柿崎隊長の嫁志望ということでしょうか

なかなか積極的じゃないか…!!


いろんな提案をしながらも、おそらくはそのほとんどが慎重論のもとに却下されてきたであろう文香ちゃんと虎太郎くん
それでも提案をやめることなく、隊も辞めることなくしっかり戦おうとしている姿は見事という他ないですね

しかし今回柿崎隊長は、文香ちゃんが単身で動くことを許可するに至りました
この決断が彼の心境にどう影響を与えるか、あるいは文香ちゃんは単独戦闘にてどんな戦い方を見せるのか

これはますます文香ちゃんから目が離せないですね


それでは続いて2枚目
こちら



































2016年WJ23_2

力強く頷いた織姫です

BLEACHからのエントリーなんてなかなか珍しいと思いますけども、中でも織姫の登場はさらにレアなことかもしれませんね
あれ、メインヒロインだった気がするんですけど俺だけでしょうか
いやメインはルキアか?


まあそれはそれとして、この織姫は何だかずいぶん綺麗に描かれていますね

ひょっとしたら今までで一番かわいい姿かもしれません

何か自分でもよくわかりませんけど、この織姫にはやたらと目を引かれてしまいました
それこそ見た瞬間にエントリーを決めたくらいです

BLEACHでそんな気持ちになることはもうこの先ないかもしれません


きっと、ようやく彼女の望んでいた状態になれたからなんでしょうね

卍解・虚化・完現術・真の斬魄刀などなど、主人公らしく次々バトルをインフレさせてきた一護でしたが
織姫はそれでもずっと一護の戦いの役に立ちたいと思ってついてきていました

それがようやく今回報われた

ラスボスとの対決に2人で向かい、防御を頼むと直接頼まれるくらいに自分の力を頼ってもらえた
そんな嬉しさと意気込みがこの表情に出ているのでしょう


まあOSRシステムで考えると、今まで織姫は何度も一護の力になっているんですけどもね
織姫は、応援によりその対象にOSRをプラスできるという特殊能力を持っていますからね

ラスボスとのバトルではどんなOSRの応酬が繰り広げられるのでしょうか



さあそれではお次が最後
今週のベストショットはこちらです!

















































2016年WJ23_1

もはや告白同然の小野寺さんです

まあね
今週はこれしかないでしょう

見た瞬間に決まった…というほどではありませんでしたが、それでも他に見当たらないくらいのクオリティがそこにはありました

自分が口にしているセリフの意味をよくわかった上で、それでも言わずにいられなかった小野寺さんのこの表情

かつてのガンバルという宣言通り、勇気を出した小野寺さんの姿がそこにはあって
それはもう美しいという以外にないわけですが


注目したいのはこっちだったりします




2016年WJ23_sp

楽の手を握って、告白同然の言葉を口にした小野寺さん
このカットを今回のスペシャルショットと致しましょう

なぜなら、ここには1つの永続性が示唆されているからですね


『現実逃避』さんのところでずっと考察されている「愛の永続性」
ザクシャインラブとの言葉を重要視するならば、愛が永遠でなければならない=かつての約束の時においても今においても好きな相手は変わっていないはずであるというのが
その論理ですが、このカットではそれに準ずるかのような1つの永続性が示されていますね

すなわち、「ずっとずっと側にいる」という小野寺さんの言葉ですよ

手を握って、まっすぐ目を見つめて、静かに告げたその言葉

ずっとずっととはもちろん永遠性を示すものです

もとよりこのこの言葉は読者から見ても小野寺さんの告白同然のセリフなのですが、ここではもう1つ永続性という意味が込められているように思えます

なぜなら、この直前にある小野寺さんのモノローグ
もし千棘ちゃんがこのまま戻ってこないつもりならその時は…というのは、きっと楽に自分の気持ちを告げることをしないということではないかと考えます
その上でしかし、自分は急にどこかに行ったりするようなことだけは絶対にしない、たとえ気持ちを告げないままであってもずっとずっと側にいる

そういうことだったのではないかと思うのです


で、そんなことを考えていて思い出したのが、楽と小野寺さんの間で、同じく手を握りつつ永続性が示された場面がそういやもう1個あったなと

何って、これですよ




ニセコイ19巻スペシャルショット2

小野寺派至高のイブデート編におけるクライマックス

もみの木の前でまさかの再会を果たして気持ちが昂ぶった2人が、預けていた鍵と錠を取りに行くのに
「はぐれないように」と手を繋いだあのシーンです

「忘れない」

と、楽のモノローグの形で挟み込まれたこの気持ちですが、おそらく小野寺さんも同じことを感じていたことでしょう

きっとこの先何があっても忘れられない

忘れるはずがない
忘れたいなんて思わない

再会のあの時に通じ合った気持ちが、忘れられないものになったこと

かつての約束の詳細を忘れてしまったことと対比されているこの場面は、言い換えると「忘れない」ことによる1つの永続性が示されているものと言えます

このつながった気持ちを「忘れない」
それもまたザクシャインラブにおける一つの形なのではないかなと思うのです

ダブルアーツにおけるフレアのように、手をつなぐことに対して古味先生が見出している意味は大きなものがあります
とするならば、イブデートと今回と、同じように小野寺さんから求めて手に触れた2つの場面は、何らか同じ意味が込められていると
考えることができるのではないでしょうか


さらに考えたいのは、「だから」の続きですよね

千棘がこのまま戻ってこないとしたら、自分の気持ちを伝えるのはやめよう
だけど何処かに行ったりすることはせずに、ずっとずっと側にはいよう

だから


だから、の後には「側にいる」ことを受けた流れが当然想定されますね
小野寺さんは、自分がずっとずっと側にいると楽に伝えることで、楽の何がどうなることを望んだのか


普通に考えたら、心配しないでとか、安心して、とかそういった類でしょうか

千棘がもし戻ってこないとしても、自分だけは離れないから
私だけはあなたとともにあることをやめないから

今回の小野寺さんのセリフが事実上の告白というか、むしろプロポーズのようにさえ聞こえてくるのは
その次にこういった気持ちがあることが想像されるからですよね

どんな事情があって千棘が戻ってこないのかはわからないけど、それでも私だけは離れないから
楽の左手に自らの両の手を重ねての言葉は、間違いなく小野寺さんからの永続性を持ったセンゲンでした



…それでは今週はここまで!


COMMENT▼

No Subject

異論な~しw

余談ですが、一護が織姫を選ばない。なんて事になったら個人的に
楽が風ちゃん(ヒロインですらない娘)を選ぶよりショックを受けます。

No Subject

メシウマメシウマ

小野寺さん大正義

No Subject

異論無しです。

自分だったら理性崩壊すると思います…小野寺さん

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

ていうかこんなにもみんな異論なしというのも珍しいような。

感想記事で予告してみるという初パターンを試してみたベストショット集でもありましたが、妄想屋さんのお眼鏡にかなったようでよかったです。通報されなくてよかったw

あさるとさんもどうやら小野寺派ですか?
2人だけの秘密の場所で、両手を重ねられて、ものすごい赤らめた顔で、「ずっとずっとそばにいる」と言われた日にはどう見ても告白ですよね。本当になんでこれで付き合ってないんだこの2人は。

No Subject

小野寺さん大好きです。
イチャイチャする話でも読みたいくらいです。

作品的には人気が出過ぎて締め方に困ってるのかな…と思ったり

Re: No Subject

うちのブログにまた1人小野寺派が増えたのか…。
いいことである。


ジャンプラブコメにおける最長記録を更新しているニセコイは、編集部としては確かに終わらせにくい作品であったでしょうね。作品自体としても、楽が小野寺さんを想ってきた時間が長くなりすぎて、今から千棘ルートに行こうとするとかなりの説得力ある展開を用意しないといけなくなっています。その意味では、連載の続いた期間の長さが作品を完結させるのにマイナス方向の効果をもたらしているといえるでしょう。

千棘ルートに行くならですけどね。小野寺さんルートのままなら別段の心配はないので何も気にしなくていいと思いますが。

ただ締め方に困っているということはないかなと思いますよ。困っていることがあるとすれば、今構想されている展開と完結で、ダブルヒロインのどちらの派閥にもしっかり納得してもらえるかどうかということではないかと。これからの展開事態はおそらく既に構想済みのものだろうと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1225-790ccfa4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター