社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

鬼滅の刃の新章に期待したい2016年週刊少年ジャンプ19号感想その3

2016年週刊少年ジャンプ19号感想その3

もう無理orz

ワートリをアンケから外したのも久々でしたけど、感想書けなかったのも久々ですわ
マジでペースがわからなくなっている…

その3は、アンケ入れた残りの2作品ブラクロと鬼滅の刃のみです



ブラッククローバー

田畠先生ずいぶんと頑張っているようですね

何って、センターカラーの話ですよ

担当編集あたりからの指示なのかもしれませんが、作中で海に来てるからって
季節外れの水着カラーとかやってくれますねえ

しかも、バネッサおねーさんメインとか

すじピンの番外編を見てる横で、目の端に入ってくる肌色がすごく気になってしまって
番外編の最後はもうカラーページの方に意識が行ってしまっていました

なんということをしてくれるのでしょうか


新章開始となった本編
公式には魔石探索編と呼ぶんですね
海底神殿編じゃないのか…

つまり海底神殿が終わった次にもまたどっかに探索に行くことが確定的なんですかね
んで、その後くらいに魔眼団と鉢合わせたりするとか、魔法帝のほうで何か判明したりするとかあるんでしょうか


新紹介しの一発目となった今回は、とりあえず冒頭は導入がてらに楽しい感じを全面に出してきました
これはバランス取りですよね

この浜辺シーンが楽しそうだと思えれば思えるほどに、メインとなる海底神殿探索が険しいものになるということを意味する
構成上の雰囲気調整なわけです

危険極まりないという探索中は、当然緊迫感丸出しで進んでいくというのに
その導入となるところまで超真面目で暗い雰囲気になっているとそれだけでお腹いっぱいになってしまうからですね

同時に、前回までのシリアスな空気を転換させて気分一新を図る役割もある
シリーズを開始する時の常套手段です


その楽しい感じを醸し出させるのに、何かノエルの恋する乙女状態をやたら強調してますね
別に悪いとは言いませんが、何となく唐突な感じがしないこともないような

ミモザがアスタに惚れたというのもだいぶ突然でしたけど、ノエルの方も
実はこんなにアスタを求めるほどにホレてしまっているとは、何というか実感が無いなというのが正直な印象です

「そういうこと」として進んでいくのだというのはそれはそれでいいんですけど


あるいは、今回神殿にたどり着くまでのメインがノエルになったことで
その辺りの絡みで描いてくれるかも、ということも期待してみたり

防御魔法海竜の巣は普通に使えるようになってるなと思ってましたが、まともに扱えるのはそれ1個だけだったんですね

夜に1人で特訓してるところにアスタ登場
2人きりで秘密の特訓とはまたベタなイベントを始めたなと思いましたが、何やら歌姫が登場してきたのは興味を惹かれました

新章一発目の意味深な引きとしてはなかなかのレベルなのではないでしょうか
これはちょっと期待してみたい


鬼滅の刃

今週も応援票です

ハンター試験鬼殺隊入隊試験からの家路

歪な枝を杖代わりに歩く姿と粗っぽい絵柄が、凄まじい疲労感を感じさせていますね
これは吾峠先生なかなかいい仕事をしたように思えます

絵柄の粗さはまだまだ成長途中であることによる要素なので、一概に全部が意図的というものでもないんでしょうけど

重い足取りの中でのモノローグから察するに、やはり鬼と会話をするために渡り合う力を身につけようとして
鬼殺隊になろうとしていたようですね

脳内補完で解釈してはいましたが、そこのところはやはり描いておく必要があったんじゃないかとは
いまだに思えてなりませんが

試験中に出くわした8体の鬼は、どれも会話なんかまともにできずに、ただ殺すか殺されるかしかなかったようです

でしょうねえ

鬼の血を浴びたら鬼になるということなら、巷にあふれている鬼の大多数は元人間の成れの果てです
自身もわけがわからないままに鬼になってしまったというのに、元に戻れる方法を知っているなら自分が実践しているでしょう

すなわち、炭治郎が聞きたい情報を持っていそうな奴がいるとしたら、鬼出現の元凶を知る者ということになるはずで
そんな奴と対峙するには、隊士になったばかりの炭治郎ではまだまだあらゆるものが不足していると言えます

鬼の出現に何か巨大な陰謀や計画があったりするとなればなおさらですね


で、いつの間にやら起きてた禰豆子ちゃん
これも結局説明はないんだな(;^ω^)

試験中だけ眠りに落ちてたってことなのか、あるいは別の何かなのか
…何か今後も説明されることがなさそうな気がしてきました

鱗滝さん
お面越しの涙じゃあなかなか雰囲気出ませんぜ

今までの弟子たちが尽く試験で殺されてきた中で、やっと生きて帰ってきたんですから
そりゃあ喜びも尋常じゃないでしょうけれども

ここは逆に粗い絵柄があっさり感を出しすぎていたような気がしますね


早速次のコマではもう「十五日後」とか時間飛んでますし、ページめくりを挟んだりして
少しでも余韻を残そうなんて企図がさっぱり無い感じなのである

合格した炭治郎の元に届けられた一振りの刀

日輪刀とは割とかっこいい名前ですね
全然人の話を聞かない男に必死になって家の中に入ることをすすめる炭治郎はすごくシュールでしたけれどもw


鬼を斬る刀を持ってきたからなのか、禰豆子ちゃんはまたしても布団の中で丸まっていました
鋼鐵塚はそこにいるのが鬼だって知らないままなのかな

赤くなるかと思われた日輪刀は、炭治郎が手にした途端真っ黒に染まりました

うむ
某死神代行もそうでしたけど、主人公の刀は黒く染まってこそですね

決してベタ塗りでいいから楽とかそういうわけではない…はずです(;^ω^)


そしてこちらも新章開始

街で少女が次々消える事件が起こっているので、その影にいると思われる鬼を斬ってこいという
炭治郎の初任務です

少女ばかりが次々狙われているという事件の概要は、新章に興味を持たせるには充分なものでしょう
あとは、そこに初任務の主人公がどうやって立ち向かうのか
真相に近づくに連れて何をどう思うようになるのか

鬼殺隊における任務の遂行方式は
組織の管理と運営を担っているのは
そのトップに居る者とは


さあここからがある意味本章とも言えるところでしょう

世界観をどのように深めていけるか、あるいは主人公の心情をどれだけ色濃く描くことができるか
注目ですね


 




COMMENT▼

まだ続くかな?(感想)

ブラッククローバー

バネッサ姉さん良かったですねぇ
でもやっぱり僕はミモザが見(省略)
今回のイベントは明らかなノエルパワー
アップイベントっぽいよなぁ
もしかして神殿でウンディーネのような水の精霊と契約する可能性もあったり?
ラストの少女も気になるなぁ

鬼滅の刃

新展開面白そうだ
各地に赴いて鬼退治を謎解きしつつやる感じになるのかな?
そして起きたネズコが可愛いのである

No Subject

>クローバー
水着!水着!
セッケが吹っ飛んでってお約束ワロタw

>鬼滅
刀の色はなんか属性とか付いてるんでしょうかねぇ?

Re: タイトルなし

皆様コメントありがとうございます。

バネッサおねーさんの水着は、しっかり肌に布が食い込んでいるあたりが田畠先生の成長を感じたのである。
うむ。そういう肉感的なの大事ですよ。

海底に行くんですから水属性の魔法を使うノエルの成長は必要不可欠ですねえ。ラストに出てきた少女がみんな予想している通り人魚なんだとしたら水の精霊との関わりも出てきそうですけど、ユノに続いてノエルまで精霊魔法使うようになったりするというのは作中でのパワーバランス的にちょっと気になるかもしれない…


禰豆子ちゃんの可愛らしさは、きっと轡?のせいじゃないかと思ったり。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1215-b6337cb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター