社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

ニセコイ 第213話感想 2016年週刊少年ジャンプ19号感想その1

2016年週刊少年ジャンプ19号感想その1

またしてもニセコイ単独感想です
帰宅時間のせいにより、本日はこれが限界でした


ニセコイ

おお…
まさか鶫にも何も言わずに姿を消したとはなかなかですなあ

しかし代わりに親父には何か言ってる模様
要するに、「進路」を早めに決断したということなんですかねこれは

荷物をまとめていなくなってることからすると、きっとアメリカ行きなのでしょう
向こうの大学に通うのか、あるいは保留になってるビーハイブの凡矢理からの移動を前提として
父親とも華さんとも一緒に住むという転校騒ぎの時の話が復活してきたんですかね

あの時は、何より楽と離れることを嫌がった千棘を見かねて親のほうが折れていましたが
小野寺さんと楽の本音を聞いてしまった今その理由が消滅してしまったということになるのでしょう

精一杯葛藤した結果、身を退く決断に達した千棘
ならば早いほうがいいと、どちらからの提案かはわかりませんが、アメリカ行きを前倒ししたんでしょうね

とは言え鶫にさえも言わなかった心境がちょっと解せないところではあります

ニセコイの事実とともにマジコイの本音まで伝えて、作品としては名実ともに千棘の応援キャラとして成立し
千棘の心境においても、本心を語り合うことのできる相談相手として認識されていたはずですが
ここで何も言わずに消えるとは…

あるいは本音を伝えてしまっていたからでしょうか

自ら身を引こうとする切ない決意を鶫が快く受け止めるはずがない
自分の気持ちを理解してはくれるだろうけれど、小野寺さんと楽に対して余計な感情を抱えることになりかねない
せっかく仲良くなった間柄なのに、そんなことはさせたくない

それに、鶫に話すとなれば小野寺さんが楽を好きなこと、楽が小野寺さんを好きなことまで話さなければならない
信頼できる相談相手とはいえ、他人の深い気持ちをそうおいそれと話してしまうことには気が引ける

…身を退く決断に対する葛藤とともに、そういった逡巡まであったと考えられるでしょうか

しかしそれでも鶫にとっては非常に悔しいことでしょうね

ようやくニセコイ関係の事実を知って、千棘のマジコイも知って
自分自身の感情も認めた上で、それを閉じる決断を下して千棘の応援に回る決心をしたというのに

気がつけば、当の千棘は自分に何も教えてくれることなく黙って姿を消してしまった

荷造りがされているのなら誘拐などではなく自分の意志でのこと
荷造りをするくらいの時間的余裕があったのならばなぜ話してはもらえなかったのか

荷造りの手伝いだってさせて欲しかった
詳しいことまで話さないとしても、「こういうつもりだ」という決断だけでも聞かせて欲しかった

鶫の中にはそんな気持ちが渦巻いていることでしょう
それは、友達ノートを読んだ楽のやるせなさに劣るものではないはずです


ほとんど楽との交際日記と化していた友達ノート
かつての千棘回を振り返る内容ですが、それを千棘視点から見たものとなるこの回顧は
楽に対して強烈な印象を与えるものとなっていました

こんなふうに思ってくれていたのか

こんなふうに思ってくれていたのなら

ニセコイの相手が自分でよかったと思ってくれていたのなら

どうして何も話してはくれなかったのか

失って初めて気づく…というわけではないでしょうが、千棘の中での自分がそれなりに大きな存在となっていることを知った楽
そりゃあやるせなさもひとしおですよ

ただここで冷静な目で見てみると、ならば楽はここで、千棘の好きな人が自分である可能性を肯定することはないのかという
疑問が湧いてきますね

少し前に一度だけ気づきかけた千棘の真意

その時はいやまさか、なんて思って真剣に考えてはいませんでしたが
こんな「日記」を読んだならば改めてその可能性に思いを馳せてもいいと思うのです

かつて、小野寺さんの「初恋の相手が一条くんだったらいいな」に対して
「どうして」「まさか」「ひょっとして今」と疑問を抱いていた楽

「ニセコイの相手が自分でよかった」というのは小野寺さんのそれと同質の感情であることに
気がついていいはずなのです

そうして、「千棘が自分を好きな可能性」を察した時
次に来るのは当然「それならなぜこんな急に姿を消したのか」であるでしょう

これも、自分に置き換えて考えてみればすぐに想像がつくことですね

すなわち、好きな人には自分ではない好きな人がいた
それを知ってしまった

そうなれば、身を退くにしてもただいたたまれないにしても、黙って姿を消すことしかできない
けじめだからと自分のエゴで結果のわかっている告白を強行するなんてとてもできない

そんなことに思い至れば、千棘が消えた理由について察しがつくのではないか

そういう妄想もできそうです


で、ひょっとしたらその可能性にかすかに気づいたのがラストの小野寺さんではないかと思ったりしてね

「来週は終業式」って言ってた時からその当日になってますから、千棘が行方不明になってから1週間くらいでしょうか
まだまだ何も判明しておらずにみんな千棘の心配を口にしている時に、こりゃ幸いと楽とエスケープなんて
小野寺さんが考えるはずはありません

だとするなら終業式をすっぽかしての2人きりのお誘いは、明らかに「聞かれてはいけない話」をするためのものですね
場所はもちろんるりちゃんにも秘密のあそこなのでしょう

何かと言えば、たとえば「あの日」のこと

告白のような独白をつぶやいた直後、階段の下にいた千棘
ひょっとして千棘はあれを聞いていたのではないか

小野寺さんがその可能性に思い至ってもおかしくはないのです

それを楽に相談するには、自分の独白の内容まで言わなければならない可能性があるから2人きりで
そして、その可能性が高いかもしれないことを理解しているからあの躊躇と逡巡の表情なのですね

できることならこんなタイミングでは言わないでいたいあの独白の内容
しかし、だからといって何もかも黙っているようでは千棘失踪の手がかりが失われる

小野寺さんの中で、ある意味究極の選択が実行された中での楽への提案なのではないかと思うのですよ

もちろん、小野寺さんもいきなり「この前こんなことを呟いたらそれを千棘ちゃんに聞かれちゃってて…」なんて
具体的な話から入ったりはしないでしょう

できるだけぼかすつもりで、それでも千棘が関わる部分だけは具体的にして話そうとするはずです
それでどうしても伝わらない時だけ、意を決して楽にその独白の中身を伝えることになるのではないかと

ただ、そこで小野寺さんが本心を告げることになってしまったとして、その場で答えを求めることにはならないでしょうね
千棘失踪の件が解決しないことには、そんな呑気なことはできないはずですから

つまり、小野寺さんがそこで告白したとして、必然的に一旦ポーズがかかる展開になるわけです

そうしてその後、何とか再会した千棘と話している内に、千棘の方からも告白されるという展開になったり


…ま、千棘がアメリカ行っちゃったのなら再会もアメリカですし
あるいはアメリカならマリーの再登場もありえますし
またしても鍵もちが1人消えちゃったことも踏まえると、いよいよ約束の地へ行かないことには
先に進めないような気もしますし

色々と風雲急を告げてきたような感じですね


 




COMMENT▼

No Subject

ニセコイ単独またかw
そして小野寺さんの真意が気になる件


続きマダァ?(チンチン

Re: No Subject

コメントありがとうございます。妄想屋さん

ニセコイ単独感想記事がすっかりパターン化してきた感じがありますが、これは俺が早く現実逃避しに行きたいがための措置です。

ニセコイに限っては、自分の感想を書いてからじゃないと他人の感想を読みたくないなという余計な意地のせいです。

記事作成ペースがつかめるまで、まだ続く可能性がありますのでご了承下さい(;^ω^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1213-b0c54141

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター