社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

歳の差片想いによって生まれる苦悩・葛藤・純粋性… 『恋は雨上がりのように』眉月じゅん

恋は雨上がりのように

恋は雨上がりのように 眉月じゅん

結構前に買ってたんですけど、記事にするのが遅くなってしまいました…

スピリッツが送る女子高生とオッサンの恋愛を描いたラブ多め時々コメディな物語

存在だけは前から知ってて、何となく気にしてたんですけど
拍手コメントで「オススメですよ」との紹介を受けてから余計気になってしまって

幾つかのレビュー記事とか見たりしつつ、でもそんなに悩むくらいなら「もういっとけ」と自分で思って
注文してしまいました


結果はさすがの当たりというか


ジャンプのラブコメのように不思議な事が次から次に起こったりするようなこともなく、
特殊な能力が関係したりすることもなく、ただ普通の毎日が流れていく中でどんどん強くなる女子高生の恋心が
驚くほど鮮やかに描き出されています


ヒロインとなる17歳の女子高生あきら
彼女が恋したのは、バイト先のファミレスで店長を務める45歳のオッサン近藤でした

親子ほど離れた年齢差の片想い
読者としては、明らかにその恋心の先に色んな意味での良くないことを思い浮かべてしまいます

が、当のあきらだけはそんな常識的な観測を全く気に留めることなく
ただひたすらに自分の心に正直に生きようとしていました

この辺もまた、ジャンプマンガとの大きな違いなんでしょうね

あきらのモノローグはそれほど多くは描かれず、かわりに、いてもたってもいられすに行動に移してしまう
積極性と衝動が多く描かれることになっているわけです

それにより、あきらの気持ちが本当に純粋な本音からのものであることを
読者もありありと感じ取れるようになっています

17歳の女子高生が45歳のオッサンに片想いする

それだけ聞けば、またそういう都合のいい設定を持ってきて、適当に話を転がしつつ読者ウケを狙おうとするような
底の浅い作品かと先入観で思ったりする人も中にはいるんでしょうけども

しかしこの作品は全くそんなものではないんですね

むしろ、片想いしているあきらの心情も、される側となったオッサン近藤の葛藤も
非常に鮮明に描こうとされており、ただ年齢差のある恋愛だけで話を展開させようとはしていないことが
1巻を読めばすぐわかるんですね

この作品はそういう単純なものではない

設定こそ色眼鏡で見ることが可能なものですが、しかし実際に描かれるものを見れば
そんな先入観は全く無意味なものであることがよく分かる作りになっている

あきらや近藤をはじめとした各登場人物たちの胸のうちを、具体的に分かるように描かれていること
本作の魅力としては、何よりもそうしたキャラ描写力があると言えるでしょう


しかしそこにもう1つ、忘れてはならない要素として「雨」を使った演出を挙げることができます

恋は雨上がりのように、というタイトルの通り
本作品では「雨」が非常に重要な意味を持って描かれているんですね

そもそもフィクションの世界の中では、雨というのは基本的にネガティブなイメージの象徴でもあります
何か問題が起こった時に一緒に雨も降り出して暗い空と泥濘んだ地面により陰鬱な雰囲気を作り出し、
その解決とともに雨は上がって晴れやかな空とともにキャラたちも爽やかな顔を見せる…という流れが
読者にも爽快感を与える演出としていろんな作品で繰り返し使われる手法となっています

ではそんな爽快なイメージを持つ「雨上がり」をタイトルに持つ本作品では
雨とは一体どんな意味を持って使用されているのか

もちろん、他の多くの作品と同じように「何かが起こる」という時のネガティブなイメージも存在はしています
しかしそれだけでは、それで雨が上がった爽やかさを恋の爽やかさに例えているとか、そんな単純な解釈にしかなりません

それだけではなくて、雨が降り出している時の物語の展開が重要なのかなと思ったんですね

端的に言うと、雨が降り出した時は、あきらの恋心が強くなったり深くなったり、何か動く時のようなのです

雨が降り出すことは何かが起こることでもある
その出来事の中で、あきらが、近藤が、悩んだり迷ったりして
結果、その心情には何かの変化が生まれる
その時、雨も上がっている

雨が持つ「何かが起こっている」というイメージを、そのまま恋愛的なイベントに結びつけて
その解決がすなわち気持ちの強化と深化につながっているという流れを描き出しているのです

ただし、そこでの「何か」とはあきらと近藤の歳の差が原因となって起こるものであり
見ていてニヤニヤできたりすようなイベントというわけではありませんでした

むしろ、「本当にこれでいいのか」とあきらも近藤も悩みを深める場面のほうが多く描かれ、
通常のラブコメに見られるようなニヤニヤ感や和み感は殆ど無いと言っていいでしょう

それでもページをめくる手が止まらないのは、あきらのあまりにも純粋な気持ちをただ応援したくなってくるから

「何か」が起こって悩みを抱え始めた時、迷いを抱くようになった時、その心中にはどんな思いが渦巻いているのか
あきらのモノローグが描かれることがないんですね

全く関係のない場面で、吹き出しとして心の声が描かれることはあっても
肝心の「葛藤」については何をどう思って悩んでいるのか迷っているのか、それが言葉として描かれることがないのです

代わりに、ヤ○ー知恵袋に疑問を投稿してみたり、その返事に一喜一憂したり
バイトに集中できなくなってお皿を割ってしまったり、そういった行動として表れてくる

もちろん、その悩みの原因は読者にはわかっていますから、それがどんな悩みを生んでいるのかということは
難しく考えなくともしっかり分かるように描かれています

だからこそ、言葉としてモノローグで描かれるのではなく行動に「悩み」が表れてくるあきらの様子を見て
何だか人一倍応援したくなってくる

そんな「純粋性」に触れられるのがこの作品の魅力といえるのでしょう
もちろんその中心にいるのはあきらであり、また、あきらに対して誠実と臆病を同時に持っている近藤であるのでしょう

若さゆえにとどまることを知らない恋の強さと眩しさ
年齢ゆえにその両方を忘れてしまったような熟しきった心

おそらくは掲載誌の想定読者が近藤と同年代くらいの男たちであるのだろうことを踏まえても
年齢差によるこの心情の対比が、物語の鮮やかさを盛り上げているとも思えます

それだけの「濃い描写力」を持ったこのマンガ

確かな読み応えを持った物語としておすすめできる作品です










 




COMMENT▼

これでしたか。

私も知ってはいたんですが食指が動いていないやつです。
これを機に「またもや」未確認買いしてきましたwww
大当たりも大当たりでした!

ラブコメではなくラブロマンスの分類ですね。
少女が抱く若さ溢れる恋心と酸いも甘いも知った壮年男性の感情をこうもマッチさせてくるとか…
これは珠玉の一作ですわ!

Re: これでしたか。

また試されたのか俺は…w
大当たりのようで何よりです。

そういやいつだったかの「お知らせ」記事に書きましたね。足を怪我した女子高生が恋に頑張る漫画…って書きましたっけ。この作品のことです。

ラブロマンスって表現があったんですね。ラブコメと言うには何かそんなライトなノリじゃないなあと思いつつ、代わりの表現が出てこなかったんですけど、ラブロマンスでよかったんですね。

キャラの心情描写に確かな濃さと深さが感じられるから、ただ年齢差だけをウリにするような単純な作品ではないことがよくわかると思います。だから先の展開が気になって仕方なくなる。

読ませる力を確かに持っている作品ですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1192-57550720

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター