社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

絶対に隠されるわけではないそこにどうしてこうも惹かれるのか… ジャンプヒロインズ太ももショット集!

2015年WJ09_2_何かエロい小野寺さん

ジャンプヒロインズ太ももショット集!


えー…

というわけでね

またしても何か頭のおかしい記事を書くことになりました

これまでも、バストショット集だとか
心奪われるその膨らみを見つめて…ジャンプヒロインズバストショット集!

ヒロインたちの私服だとか
制服を脱いだ彼女たちが纏うもの… 私服になったジャンプヒロイン ~男性作家編~

乳首の隠し方だとか
ジャンプマンガにおける乳首の隠し方を見てみよう!

それはそれは頭の悪い記事を書いてきたんですけどもね

今回は太ももがテーマです

まーまたしても頭悪い内容だと自分でも思いますわ


しかもね
何がおかしいって、これ本来は書く予定全然なかった記事ですからね


今週のジャンプ感想記事で、なぜか太ももの話題でコメント欄が盛り上がっているという謎の現象が起こりまして

そしたらなぜか太ももショット集が熱望されているという摩訶不思議アドベンチャー

きょとんとした顔になりながらも、ええ書いてみましたよ誰かさんのご希望通り


おっぱい星人を自覚して自認して自負しているはずの俺が、実は太ももにも属性があるのだと指摘する人もいたりして
何やら自分の知らない自分を発見しているのかもしれない感覚に襲われる中、そんなにも期待されるのならば
書いてやろうじゃないかということで、コミックスをめくりまくって画像を選びまくってみましたよ

今回取り上げる画像は全部で3枚
「ええい仕方ない書いてやるよ書けばいいんだろ」とごくうっすら思った時に頭にぱっと浮かんだカット です

まあ何分急造記事なので、「あれは?」っていうカットもあったりするでしょうがその辺はもう察して下さい
次回…があればその時で


それじゃあ1枚目を見ていきましょう
この娘の太ももです!


 












太もも4

新連載鬼滅の刃より、異形となりかけようとしながらも兄を庇う禰豆子ちゃんです

いや、これがね
今週のベストショット集にエントリーしてもらうことはしませんでしたが、実は割りと目を引いたカットだったんですよ

その理由はもちろん、人喰い鬼に堕ちかけようとしながらも兄を庇おうとする健気な兄妹愛というのもあるんですが
今回のテーマ「太もも」でいうと着物の裾から大きく顕になった雪より白いかもしれない美脚ですよね

今回の太ももショット集でエントリー画像を考えるにあたって、俺の中でたぶん統一的な基準としてあっただろうと
自分で思うのが、「見せようとしているカットではない」ということなんですよ

太ももを見せようとして見せているカットではないこと
言い換えると、不意に見えてしまったカットということになるでしょうか
あるいは、太ももが見えてしまうことに一定以上の必然性と理由が窺えるカットと言ってもいいかもしれません

もっと端的にいうと、エロを目的とした太ももシーンではないということですね

そのシーンを描いた作者の中に、ひょっとしてそういうシーンだと感じて注目してくれる読者が1人でも増えたら良いやと思うような
下心が全く無いかと言えばそれはもちろんわかりませんが、しかし少なくとも話の流れ上や文脈の上では
そこで太ももが見えるようになることには特段の不自然性がないもの、というのが今回の俺の中での基準でした

そこへいくとこの禰豆子ちゃん

倒れた兄に駆け寄って、屈んで背中に庇おうとする姿勢
着物を着ていることでその裾から必然的に太もものが覗くことになるという一定の理由が存在するカットとなっています

この必然性にこそ、太ももが映える理由があるのではないかと思うわけです

太ももは、普段はもちろん見せたくて見せるような人は居ないでしょうが
しかしそれでも、露出しているからといって猥褻扱いされるような部分でもなく
肌を出して外を歩くことも充分可能な身体部位です

隠そうとするのもありだし、隠さずにいることも常識の範囲の中で普通にありという太ももは
ならば、それが見えてしまうことに一定の理由が存在する場面でこそ輝くと言うことはできないでしょうか

つきつめればそれは、見えてしまった太ももに萌えてしまう理由を「太ももが見えてしまう状態となってしまった理由」に
すり替えてしまうという正当化のような論理であることもわかっているのですが

でもやっぱり見えてしまうことに理由があって見えてしまう太ももというのは
何やらどうしても惹きつけられるものがあるということに、真っ向から反対される諸兄はいないだろうと思う次第


それでは2枚目
この太ももです










2015年WJ09_2_何かエロい小野寺さん

三つ指ついてる小野寺さんです

すいません
適当に言いました
いや、むしろお約束で言いました

本誌に掲載された当時、ベストショット集にエントリーしてもらったカットでもありますが
その理由は思い返せば小野寺さんの太ももにあったものでした

京都に修学旅行に行った先で、縁結びのお寺にやって来た一行
女の子から男の子へ弓を当てれば縁が結ばれるとのジンクスに応じて、千棘もマリーも小野寺さんも
みんなして楽を追っかけ回したドタバタ回でした

そんな中で、マリーと千棘に追われて逃げた先にいた小野寺さん
植え込みの陰で、こんな姿勢で楽を迎えてくれたのでした

当時のベストショット集でも触れていましたが、何かこの小野寺さんはエロいんですよね
三つ指ついてる…なんて表現がさらっと出てきてしまうくらいに、何かエロい

その原因として考えられたのが、小野寺さんの姿勢でした

足を広げて、膝をついて、お尻を突き出して、口を大きくあけて、楽を求める姿勢

…すいません
途中で表現がいかがわしくなったことをお詫びします


…で、ですね
この姿勢の小野寺さんは、太ももが見えちゃってるわけですよね
今回のテーマである太ももです

先ほど語った基準でいくと、ここでは太ももが見えている一定の理由というのは実は存在しません
追われてきた楽を植えこみに呼んで匿った先に弓を当てようとしたわけですから
別にこんな体勢じゃなくても良かったわけです

しかし何か小野寺さんはこんな姿勢で楽を待っていました

で、こんな姿勢であったことで太ももが見えるという状態になってしまいました

すなわち、ここでは太ももが見えてしまう状態というところに、「こういう姿勢だったから」という
ワンクッション挟む形とすることで理由としているんですね

このカットが、小野寺さんの太ももを見せようとするための構図だったとしたら
これは古味先生の作戦勝ちといえるものではないでしょうか

少なくともここに1人、ベストショット集とかにエントリーさせて
その上こんな記事でまで取り上げてる奴がいるわけですからね



さあ、では少し早いですがお次が最後です

どうしても外せなかったこの娘の太ももです










太もも1

玉狛の太ももモンスターチカちゃんです

…いや、そんな表現今初めて使いましたけど

でも、太ももの画像と聞いて一番最初に浮かんできたのはこのカットだったんですよね

何だろう、このチカちゃんの太ももにはそこはかとない引力があると思う

隠れ巨乳な木虎やクールなショートカットが似合う小南先輩に対して
チカちゃんの持つ武器は太ももということができるでしょうか

これ以前にも、諏訪隊・荒船隊とのランク戦の最中、一発をぶっ放した時の姿勢から覗いた太ももに
何やら惹かれてしまったことがありましたが、このカットではその太ももが全面に出てきています

最初に語った基準で行くと、先ほどの小野寺さんと違って
ここで太ももが見えてしまう理由は「グラスホッパーを踏んでジャンプしたから」ということで
一応説明できるんですよね

狙撃によって位置を知られたことで攻撃手に狙われてしまったチカちゃん
逃げの一手で自爆しようとしましたが、ルール上それができない状況にあったことで
とにかく敵から距離を取るために必死に走っていた中、空閑が機転を利かせたグラスホッパーによって
移動距離を稼いだ瞬間がこのカットでした

チカちゃん限定で、もともとの隊服のデザインが太ももを露出する形になっていた三雲隊
それゆえ、太ももが見えてしまう理由というのは最初からそれなりに存在していたわけですが、
ここでの妙味は、葦原先生があえてそれを強調する構図で描いた、ということにあるでしょう

すなわち、ただ見えただけのカットではないんですね
ただ見えてしまったものがコマの隅っこで存在感を主張しているというのではないのです

コマの枠線をはみ出しながら太ももだけでなくチカちゃんの全身を描くことで
トーンだらけの隊服の中で、純白の太ももだけが強烈な主張を放っている
そんな構図になっているんですね

これは明らかに葦原先生が意図した演出だと思われます

太ももが見えてしまう理由は最初から存在する
であれば、描き方によってそれを強調してやることでそれなりの引力を発生させる演出となる

コマの枠線をはみ出させる
トーンだらけの隊服の中で白く輝かせる
グラスホッパーを踏んで奥から手前に跳ねてくることで、太ももとの近さを読者に感じさせることができる

このチカちゃんのカットには、葦原先生のそうした演出意図が込められていたのではないかと思うのです
だから俺の頭に最初に浮かんできたカットがこれだったのでしょう


気づいてない太ももカットは他にもあるかもしれませんが、今日いくつかの作品をあたってみた中で
一番好きといえるベストな太ももショットはこれですね


それでは今回はここまで!



…で勘弁して!(;^ω^)


COMMENT▼

wwww

「?!」

また、炎上商法のような記事を書きましたねww

なので、私も全力で乗っかってみたいと思います。

1枚目の禰豆子のカットですが、彼女は当然、日本古来の正しい和服の着方な訳です。

つまり、当然○○は着けてない。

そう考えると、このカットは「太ももが見えてしまうことに一定以上の必然性と理由」はあるのかもしれませんが、その先が見えないように「緻密に計算してポージングしているカット」とも言える訳です。

一部に伏字が発生するような、不穏当なコメントとなったことをお詫びいたします。

「社会の毒」は、健全なサイト(笑)ですものね。

!?・・・www・・・m(__)m

すみませ~んwww完全にその場だけのテンションのノリで適当に発言した要望なのにまさかこんなに早く実現してくれるとはwwwあざーすwwワートリは自分は小南先輩の変身後の方が頭に残っていたのですが、やっぱりこっちですよね(^^;
数多なふとももカットがある中でこんな小さいコマの小野寺さんが抜擢されるとはw
ちなみに自分は特別にふとももフェチなわけではなく、胸も尻も同じくらい好きです(キリッ(>_<)ww

……

!?

一部コメントで冗談で言われてたと思ったベストショットが実現して驚いた図

!?

↑もうコレ完全に流行ってますよねwww

とりあえず朝一(6時頃:仕事中)に今日の記事は何かなと確認する日課があるのですが…
ガチで「午後の紅茶 ティーヨーグルト味」を吹き出しましたw
なんで実現してんの!!wwwwwww

3枚目のちかに付いては雑誌掲載時の号で「マジ興奮する」的なことを書いた覚えがあります。
このふとももはエロいよね。健全なエロさがあるよね!もう一種の美術品だよねっ!!

No Subject

!?(便乗)

rexelさんは胸だけじゃ無くて足(太もも)も好き・・・と〆(。。)メモメモ
ラグエルさんも太ももが好き・・・〆(。。)カリカリ
だいまおーさんは体が好き(←

僕はなでしこ的な人がいいです(マザコン風味)

!?

妄想屋さんは何か勘違いされてますね。

私は太もも「だけでなく」脚全体が好きなんですw

今回は羽目をはずします

千佳ちゃんの太股に着目するとはお目が高い。
彼女の場合容姿とホットパンツとブーツがあいまって幼さと健康的な色気を同時に主張している素晴らしいデザインだと思います。
より具体的に言うなら小学5年生くらいの女の子が背伸びしておしゃれしてみました感。
rexelさんもおっしゃていますが全体的に暗色系の隊服と白い太股の対比が素晴らしい。露出範囲も計算されていますね。ひざくらいまでを覆うブーツで足下を絞めているおかげで幼すぎず大人っぽくなりすぎず、絶妙な可愛さと色気が出ています。

そもそも某牛の漫画家さんが「ウエストから太もものラインが渾全一体となってそこに小宇宙が」と力説されていたとおり、太股は単体で語れるほど単純なものではありません。

本人の背丈、骨格、筋肉の付き方といった体格をベースにトップス、ボトムス、ソックス、靴、アウターの組み合わせでいかようにも装飾でき、さらにポーズや見せ方によっていくらでも演出できる部位です。

体格が絡む以上向き不向きはありますが、肉感的で露出してればいいってもんじゃねぇ!ということだけは声を大にしておきます。

少年漫画のヒロインはどうしても肉付きがよく、肉感的な太股を持ったキャラクターが多いです。その必然性もわかります。男の子にとって女の子は柔らかくあって欲しいという夢があり、エロスがあふれているというしかたのない事情がありますから。

だけどそれだけじゃないと思うのです。

例えば運動部で無駄な贅肉が一切なく鍛えあげられた引き締まった脚線美ですとか、逆に病的なまでに細く生白い肢体ですとかそういったバリエーションがあるべきだと強く主張させて頂きます。

ついでですが

小咲は165話モミノキの3ページ目大ゴマぶち抜きのカットがファッション、ポーズ。見せ方といい至高だと思います。

獅子

自分の適当な一言が発端でどうやら眠れる獅子を目覚めさせてしまったようです(>_<)www

!?(流行に乗って)

すげえ、超語ってるw
気持ちは分かりますが落ち着いて下さい。

・・・rexelさん画像よろ(←



ラグエルさんとxitongさんは脚フェチ・・・〆(。。)メモメモ

xitongさんはまだ見れないでしょうが…

アニメだがしかし6話、おはじき後のサヤ師・アイキャッチに注目して下さい。
肉感的でない細い美脚がここにあります!

にしても…xitongさんとはホント趣味合うな…薦めたプリサクは手を出したんだろうか?www

そういえば

バストショットの最新版がみたいで~す
(願望)

!?

非ジャンプ作品も混ぜてやって欲しいですねバストも太もも(と言うか脚)も!
(願望)

!?

何だろうこの欲望渦巻くコメント欄(笑)

!?

>ぱいなっぷるさん
管理人公認ですからw


バスト!バスト!(*゚∀゚)o彡°

フェチ

一層の事、ひとまとめでベストフェチショット集という事でww

!?

なんだか、カオス?ww

>だいまおーさん
フェチって、人によってツボが異なりますから、ベストって難しくないですか?

!?
ああ、rexelさんのベストでいいのか! <自己レスwwすぐに気づいた。

!?

伸びがスゲーな(^^;

とか言いつつ伸ばしてみるテスト



フェチ祭り!フェチ祭り!(hshs

Re: wwww

皆様コメントありがとうございます。
…いや、さらなる欲望を丸出しにしてもらってるほうが多いのかな(;^ω^)

木曜日仕事から帰ってきて、コメ欄の盛り上がりぶりを見て、何かよくわからない衝動に襲われた結果書き上がった記事でしたが、存分に驚いていただけたようでよかったです。コミックス漁りまくって、書き始めたら1時間強で出来上がった記事ですからねこれ。ほんとはコメント返信でもしようかと思っていたのに、まさかの事態になってしまいました。

唖然としてもらったり、早朝から飲んでた午後の紅茶を吹き出してもらったり、そんなリアクションがいただければ書いた甲斐があるというものです。

特にxitongさんのこだわり半端ねえな!ラグエルさんもしっかりフェチを丸出しにしちゃって、内容には同意する他ないとはいえmickさんがせっかく伏せ字まで使って丁寧に解説してくれている雰囲気がぶち壊しじゃないですか(;^ω^)


しかし、それ以上の欲望が丸出しになっているとはどういうことでしょうか(;^ω^)
フェチショット集とか、ジャンプ以外のヒロインたちのバストショット集とか面白そうなんて思ってしまいましたけど、煩悩が表に出過ぎですよキミタチ。


…というか、あんまり自分のフェチって意識したことないんですよね。おっぱい星人であることは自覚してますし、黒ロン好きであることも自覚していますが、それ以外の属性についてはそれほど気にしてきませんでした。今回取り上げた太ももも、こんな要望でもなければきっと記事にすることはなかったでしょう。

フェチがありそうな部位として他に思いつくのは、腋とか…おしりとか…鎖骨とか…足首とか…うなじとか…?その辺の記事を書けと言われると正直困ってしまうわけですが…。

まあバストショット集はね。確かにそろそろ新しいの書きたいところではあるよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1188-77fdba19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター