社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

描かれた3人目のオリジンと、原点にかける作者の心意気…!『僕のヒーローアカデミア』第7巻

僕のヒーローアカデミア7巻

僕のヒーローアカデミア 第7巻

人気沸騰中の王道熱血ヒーロー漫画
アニメもいよいよ4月から始まるそうで、今大注目な作品の第7巻です

6巻と5巻では轟が主役のような雰囲気に満ちていましたが、今巻では表紙にかっちゃんが単独登場
サブタイも「爆豪勝己:オリジン」と題されて、本作での3人目の主人公のような扱いになっていますね

作品として厳密な意味での主人公とはもちろん出久ということになるのでしょうが、
しかし、登場するキャラクターたちはそれぞれ英雄を志す野望を抱いて学園に集った面々
1人1人がヒーローすなわち主人公になれるようなポテンシャルを秘めていると考えられるのでしょう


…ただ、今巻の実際のところがどうだったかというと
どっちかというとかっちゃんはそんなに主人公してるわけじゃなかったなーというのが正直なところ

「オリジン」と題される回は今巻収録の最終話であり、そのエピソードも収録話後半から始まる期末の演習試験でした
5巻で訪れた轟の時のように、贅沢に見開きを使ったり、「オリジン」のサブタイをラストに持ってきたり
そうした演出はなされなかったんですよね

だからどうしても、読んでいての印象値は低くなるというか
轟の時ほど盛り上がった気持ちにはならなかったんです
せっかくのオリジンだったのに、それはそれでもったいないなあと思っております

だから逆に今巻の「主人公」は全く別の人を思ったんですよね

誰って、作者堀越先生その人ですよ

今巻では、堀越先生がどんな気持ちを持ってこの作品を描いているかが先生本人から語られていたのです
もうその内容が超グッと来るわけですよ

まずは表紙をめくった作者コメントで、堀越先生こんなことを語ってくれていました


僕のヒーローアカデミア7巻作者コメント


個人的な感想ですが、
ヒーローものの映画やコミックって
”ヒーローになるまでの過程”が最も
ワクワクします。「面白い」とはまた別カテゴリで
「ワクワク」。期待感というか。
そのワクワクをじっくり描いて、
自分自身がずっとワクワクできるよう
”最高のヒーローになるまでの物語”としました。
思ってたより早く舞台が整いつつありますが、
まだまだたくさん描かなきゃならんことがあるので
フルスロットルで頑張ります。




本作の随所からアメコミ的な雰囲気が感じられ、そういう「ヒーロー像」というものを
堀越先生は持っているんだろうなというのは何となく窺えるところではありました

しかし自身のそんな気持ちを踏まえて、自分自身がずっとワクワクできる物語を描こうとしていること
そこにもうグッと来てしまいますよね

もちろんどの作家さんであっても、自分が最高に面白いと思う作品を生み出しているんだろうと思います
しかしこうしてその人なりの言葉で、作品を紡ぐにあたっての信念を語られると、途端に応援したくなるんですから不思議です



僕のヒーローアカデミア7巻空きページ


THE・別に埋めなきゃいけないなんてルールはない しかしまだ少年だった頃単行本を買ってこのページが白いと少し残念だったので少年の僕が買って寂しくない単行本にする為ムリヤリでも僕はこの空きページを埋め続けるのコーナー




堀越先生まじ頭下がる…

かつての自分が買って読んで寂しくない内容にするために、無理にでもどうにかして空きページを埋める
こういう気持ちで仕事ができる人ってとっても希少だと思います
もうマジで応援したい気持ちが膨らむ一方ですよ

少年マンガを描くのに、少年だった頃の自分へ向けて物語を紡ぐ、作品を創る
マンガ家として、理想的な姿の1つではないでしょうか

2度の打ち切りを経て、崖っぷちからの原点回帰によって見事に人気を獲得してみせた堀越先生の苦難の道

本作の元になっているのは、デビューしたばかりの頃に1度描いた読み切りですから
自身の原点として大いに思い入れのある作品と言っていいものでしょう

そしてその作品でマンガ家人生に光が灯ったとなれば、強く深い愛着が生まれて当然ですね
そんな大切な作品を、もっと良いものにするために、もっと読んでもらうために、
採る手段がかつての自分に向けた人気取り

少年の頃の自分に対して、自信を持って読ませられる作品であること、物語であること、単行本であること
きっとそれが、堀越先生の中での譲れない信念としてあるのではないでしょうか


堀越先生…

マジ応援してますわ…





 




COMMENT▼

No Subject

「T」の様に驕ることなく、常に謙虚に常に前向きに…
読者あっての自分だと理解している漫画家の鑑ですね。

それにしても…1巻毎に面白さが増していくのはホント凄い。弛まぬ努力のなせる業か…

No Subject

堀越先生スゲーな・・・( ̄Д ̄)

>T先生
「HH」はいつ再開するんだろう(遠い目)

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

ほんとに凄い方ですよね。堀越先生。

毎週突発休載してる誰かとは違いますねえ。

ドラマCD同梱版とコメント違うんですね!

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます名無しさん。

同梱版ていう特別バージョンと通常版ですから、まあ違うでしょうねえ。

それでなくとも、記事にしたような信念をお持ちの堀越先生なら、作者コメントの内容くらい違わせようと普通に思ったりされるんじゃないかと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1187-c0b6b411

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター