社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

カバーデザインが盛り上げる最高潮の熱量とヒロインのコラボ…! 『火ノ丸相撲』第8巻

火ノ丸相撲8巻

火ノ丸相撲 第8巻

相撲というジャンプでは異色のテーマで描かれる王道熱血マンガ
ここまでの物語の中で、間違いなく最高潮の熱量を持つ第8巻です

鬼丸国綱と三日月宗近、再び
と銘打たれたサブタイ

その通り、全国大会出場をかけた団体戦の決勝で
それぞれのチームの大将として火ノ丸と沙田がぶつかり合う運命の一戦が描かれる巻です

彼らの仲間たちの対戦が収録された前巻のレビュー時、この熱さ以上のものが次巻には存在すると書いていましたが
お分かりいただけたでしょうか

将来を嘱望される2人の高校生が、互いの全てを賭けた勝負に臨んだ緊迫と緊張

2度もの挫折を味わいながら、2人ともに競技に対してひたむきに、一心不乱に、がむしゃらに打ち込んで
そしてとうとう訪れた再戦の時

チームの命運も
自身のプライドも
頂点を目指す夢も
費やした時間も労力も

目指すもののためにあらゆるものを上乗せして、背負い込んで上がった土俵には
まさしく2人の力士生命が懸かった運命の交錯がありました

立ち会いから決着まで、実際の時間では長くて数分という短い勝負の時
5話かけてじっくりと描かれたこの勝負は、間違いなく今までの激突の中で最高の熱戦となっていたことでしょう

火ノ丸と久世との一戦も大いに熱さを持った対戦でしたが、あの試合があってこそのこの勝負ですからね
コミックス読んでて目が赤くなってくるのは、俺はこっちです


さあ、それでですよ

前巻のレビューの時にはあえてスルーしてた背表紙の話をしましょうか

第5巻の記事で、本作のコミックスには背表紙にも1つの意図があることを指摘したことがありました
背表紙に存在する作者の一工夫が物語を深化させる… 『火ノ丸相撲』第5巻

川田先生が仕掛けたその仕込みに、読者として大いに驚かされたわけですが
そうすると次に気になってくるのは、じゃあ6巻以降はどうなっているんだろうということです

6巻のレビューはサボってしまいましたし、7巻の時は8巻の時に触れるつもりであえてスルーしておりました

ということで今回予定通り言及してみようかというところなんですが



火ノ丸相撲6巻7巻背表紙

6巻と7巻はこんな感じだったんですね

ともに、表紙の一部が背表紙に来ている形となっています
これは背表紙のデザインとして一般的なやり方の1つですね

ただ、6巻と7巻はそのデザイン自体が対比的になっていることがぱっと見てお分かりになるでしょう

火ノ丸を中心にダチ高相撲部の修行編とそのお披露目を収録した6巻
火ノ丸の背中に惹かれてついてきた仲間たちが表紙の表裏に描かれ

沙田を中心にまとまった石神高校と、決勝戦の傍らでそれぞれの抱く熱意を描いた7巻では
沙田とともに並んで彼の後押しをしようとする仲間たちがカバーの表にも裏にも描かれました

両者の対戦を盛り上げるコミックスデザインとして、非常にわかりやすく仕上がっているといえます

では今巻8巻ではどうかというと

背表紙はこんな感じでした



火ノ丸相撲8巻背表紙


表紙の火ノ丸がそのまま来ているものですね
この8巻で俺が注目したいと思っていたのはこれなんですよ

5巻の記事で指摘したのは、その巻で火ノ丸と対戦した相手が背表紙に火ノ丸と並んで登場しているというものでした

ならば、沙田と再び相見えたこの8巻では再度沙田が背表紙に登場することになるのか
5巻までの川田先生の意図を踏まえて、地味にそれを気にしていたのです

で、実際見てみれば表紙の一部の火ノ丸がそのまま来ているだけというものだったわけですが…

だからって拍子抜けするような必要は全く無いですね
なぜなら、今巻で勝負する沙田とは、表紙で思いっきり対峙しているからです

背表紙ではなく表紙その場で向き合った2人が描かれる

背表紙の意図を踏まえて、ここで1つ深読みをして見るならば
再戦あるいは本当の決着がつく勝負の時は、両者は表紙で対峙するという法則を見出すことができるのではないでしょうか


…言うほど衝撃的な法則でもないですかね
それだけの盛り上がりを見せるような勝負なら、普通に考えてもその2人が表紙に登場してきておかしくないことですし


じゃあですよ
もしこれが当てはまるとしたら、次の9巻の表紙には火ノ丸と大関部長がいたり…?



それからこの8巻の見所はもう1つ

ここまで本作における勝負と熱量の話をしてきましたが、ここからはおっぱいの話です


今巻には、ジャンプ本誌での特別企画として読み切りが掲載された『火ノ丸相撲と黒子のバスケコラボマンガ』が収録されています

川田先生は藤巻先生のところでアシさんをされていたことがあるらしく、その縁でのコラボだったとか

で、『火ノ丸』も『黒バス』もどっちも男キャラ多めの作品だというのに何がどうおっぱいなのかといえば
これなんですよ


おっぱい_黒子のバスケ13巻

誠凛高校と桐皇学園の再戦前、宿の温泉で鉢合わせてしまったことで勃発した前哨戦の様子です

完全にカントクが負けているんですけども、この構図をレイナと咲ちゃんで再現したカットがおまけで掲載されていたのです

変なギャグっぽくなってるとかそういうことはなく、もうまじでそのまんま再現です
違うことといえばセリフくらい

あ、画像は別に載せないですよ?
見たい人は買えばいいと思うよ(ホジホジ


で、ですよ
これまで、男臭さ重視でヒロインの存在感を調整してきた本作でこんなことをやってのけるとは
川田先生やるなあと思ったんです

…思ったってことで記事書こうとしていたんですが、何かまとめサイトとか見てたら
これ描いたの川田先生じゃなくねって話を見ましてね


マジで!?
って驚愕したんです

これ描いたの、同じく藤巻先生のところでアシさんしててコラボ企画をまとめた高橋先生じゃね?ってことらしいんです

マジなんですかそうなんですか
何かこのカットが載ってるページの文脈からすると確かにそうっぽいんですけど、そうなんですか
川田先生がもう1つのコラボ?みたいな感じで描いたものだと所見で信じて疑わなかった俺には結構な衝撃なんですけど

マジでそうなんですかorz





 




COMMENT▼

No Subject

高橋先生だと思いますよ?
この巻に良い比較対象ないかなと探してみたんですが、第65番4コマ目のレイナと比べて下さい。
オマケは目が少し横長で藤巻先生の絵に近いですし、何より川田先生自身が描いて
「川田先生で良かった」
なんて欄外セリフ使わないと思います。蛍が言ってるんだとしても。

Re: No Subject

やっぱりそうか…

川田先生が描いてくれたものだと思って、最初興奮してたんですよね。コミックス特典でこんなコラボを見せてくれるとは、とってもありがたいじゃないかと。

後から冷静になって、まとめサイトとかも見てたらそんなことを言ってる人が居て、え…とかなったわけです。

そうか…
人の夢と書いて儚いのか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1186-2fd9b670

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター