社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

新連載鬼滅の刃がいい感じだと思った2016年週刊少年ジャンプ11号感想

2016年週刊少年ジャンプ11号感想

裏表紙の広告までバレンタイン仕様になってる芸の細かさよ…

今週のアンケ順
ワールドトリガー
新連載 鬼滅の刃
火ノ丸相撲


その他
・ONE PIECE
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ブラッククローバー
・僕のヒーローアカデミア
・ニセコイ
・背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
・食戟のソーマ

茅野さん復活オメな暗殺教室と
100円マンの説明に普通に吹いてしまった斉木楠雄と
バレンタインでこのマンガがセンターカラーなの?と思った割に中身は意外と綺麗なカラーだった左門くんと
何だか地味すぎて感想書きにくくなってきたものの歩と
犬のツッコミが非常に的確だった磯兵衛は省略


ワールドトリガー

先週がやけに順位上だと思ったら今週はいつもの位置だった…
まあそりゃそうだよね

葦原先生の首は治ってるのかはわかりませんが、緻密な構成をしていく分には
どうしても筆は遅くなってしまいますからね


で、今回の侵攻はいよいよ終盤に差し掛かってきたようです
先週の那須隊長に続いて三輪隊も敵を1人落とすことに成功
捕虜として基地に連行する体勢となりました

迅は基地の外に出てきてたんですね
目的はやっぱりヒュースと陽太郎でしょうか

その途中で三輪からの要請でちょっと手伝ったと

あと数分で戦いが終わるという迅の予知
それによってレイジ先輩烏丸先輩2人がそれぞれの固有トリガーを起動しました

レイジ先輩の全武装は初披露か
要するに武器がたくさん出てくるって機能なんですかね
トリオンの消費量半端なさそうだな

ガイストもそうですけど、予知によって終わりが見えたからこそ発動できるということなのでしょう

で、何かいきなり相手が消耗度外視の動きに出たことで劣勢になるガロプラ側
何かイチかバチか的なことをしようとしてますが、それはどっちかというと負けフラグですね

しかし、それよりもドック前の戦闘のほうが負けフラグが立ってる気がするのである
陽動と囮になる連中を次々落としてる一方で、肝心の格納庫前戦闘の様子が全然描かれてこないこと
「あの4人でダメならどうしようもない」というセリフ
それに太刀川さん斬られるかもという予知も合わせると、結構ヤバそうな雰囲気がしてくるんですけど

敵の新トリガーというのも伏線とするならまだ回収されていませんし、ヒュースの件も含めてまだ予断は許さないですね

あとはランク戦だな


新連載 鬼滅の刃 吾峠呼世晴

ほんとこの作者名何なんだろうな…
どっからこんなペンネームが浮かんでくるのやら

なんてのはどうでもいいですね

とうとうやって来ましたトレジャー出身の異才が放つ新連載
これまで本誌も含めて何度か読み切りを載せてくれてはいましたが、それらではなく
佳作受賞作を元にした作品で連載とはやってくれるじゃないですか

本人の原点からの連載デビュー
吾峠先生にとっても本望でしょう

受賞作の感想書いております
こちらからどうぞ
確かな資質は明らかなる異才… 『過狩り狩り』 吾峠呼世晴

もちろん、受賞作を読めるリンクもありますよ


で、これを練り直しての第1話
まだまだプロローグのようですね

設定も最小限に説明され、主人公に突然悲劇が襲いかかってきたという展開ではありましたが
厳密に言えばまだ何も始まっていない第1話です

今主人公にあるのは、鬼となってしまった妹を救う一心のみ
遭遇した鬼狩り?の男に手がかりを示されましたが、まだどうなるかわかったものではありません

どうにか妹を救うことができたなら、彼は妹と2人で慎ましい生活に戻ろうとするのでしょう
ですから、主人公にはこれから物語が始まっていくにあたっての主人公らしい目的がまだ存在しないんですね

その意味で、まだ「物語は始まっていない」と言えるのではないかと

もしも妹を救うのにアレが必要これが必要っつってどっか色々行かなきゃいけないなんていうことになるなら
それが主人公としての目的になるでしょうが、それではあまりにもテンプレ過ぎて物足りません

鬼を滅する刃というのをおそらくは主人公も持つことになる展開がどこかで待っているのでしょうけど
それがいつになるのかというところですね

アンケ裏面では、今後期待する展開に関する項目もありました
ということはまだはっきり決まってはいないということなんでしょうか

とりあえず単なるラブコメ展開はなしな

第1話というより、第0話と言ってもいいような物語の始まりとなった今回
期待も普通にありますから、異才の描く物語を楽しみにしたいと思いますね


火ノ丸相撲

ほう
川田先生これは思い切ったことしましたな

まさかレイナの入浴シーンなんか出てくるとは
これは、コミックス8巻のアレも関係している川田先生の意識変化なんですかね

前々から言ってましたが、この作品では女子の存在感を意図的に抑えめにしているところがありました
相撲というテーマ上、男たちの荒々しさが雰囲気作りの重要なポイントになることで
女子の柔らかく優しい空気は作品全体から見れば相反するところがあったからですね

しかしそれでもヒロインは絶対必要ということで、その存在感を絶妙に調整しつつ今まで描かれてきたわけですが
ここに来てその方針が大きく変わりつつあるようです

いや、方針が変わったというよりヒロインの存在感を大きくしても構わないような状態になってきたということでしょうか
火ノ丸が1人で頑張って気張って食いしばって必死になろうとするだけの展開は終わり、
今は仲間たちと全員で協力して上を目指そうと言う青春ど真ん中の展開を迎えています

ならば、それなりの爽やかさがあっていい
仲間たちの交流の中に、荒さと矛盾しない清々しさや穏やかさがあっていい

そして、仲間たちとの絆を描こうとするのなら、ヒロインの存在感というのはむしろ必要になってくるものでもあります
同時にそれはうっすらラブコメも意識されているようなもので

今回のレイナのお風呂シーンは、テコ入れというよりこの作品でこういう場面がどんなふうに反応されるかという
お試しみたいなところもあったのでしょう

コミックスのアレは完全にオマケ扱いですから、本編でこんなのが出てくるとなると
そりゃあ作者も編集者も反応を気にするところですよ

じゃあ俺の反応はどんなかと言いますとね

まあー…
あともうちょっと、ですな


…すいません超偉そうに言いました

これで滾ろうなんてことは全然思いませんから、女体としてどうかというところだけで言えば
後も少しって感じかなと

最初の1コマ目だけで言えば、力士の身体に慣れているが故なのか、まだ線に荒さが残ってますね
でもその後のコマでは意外に女体っぽくなっている気がします
デビュー作でこれだけ描けるのならいいほうじゃないでしょうか


で、レイナからのアプローチで少し違うところにも目を向けた火ノ丸が何かに気づきました
例によって全然その中身は想像つきませんが、技の昇華に必要なことなのでしょう

このタイミングで大典太がやって来るというのは、その成果お披露目のための相手役という感じですかね
次回はちょっとスッキリできる展開が待っているかな?


ONE PIECE

ええー…
別に何かの妨害があったわけでもなく、普通に3人とも寝てたのかよ…
何だそれ

そんで、実は雷ぞういましたって

侍たちの上陸でどんなわけわからんことになるのかと思っていたら
実はいましたっていうことで結果オーライかよ

だからって3人とも呑気に寝てたのは別にいいじゃん、ってか?
アホか

何だその雑な展開

ルフィとかが寝てたんならまだいいですよ
しかし、あの3人、特にロビンまでも寝てたってのは今までのキャラ性からしてどうにも不自然ですね

あれだけのことを感じていながら、睡魔に勝てないようなそんなキャラではなかったでしょう
こんなことを例えば新人作家さんがやってたらぶっ叩かれるでしょうに、ワンピだからって許されるとは思いたくないですねえ

せっかくの「実はいました知ってました」っていう衝撃展開なのに、素直に驚けないわ…


ゆらぎ荘の幽奈さん

2話目にしてわかりやすいセンターカラーだな!
ていうかむしろ飛ばし過ぎじゃないか?
こんな肌色出しまくって、エロ率のインフレは大丈夫なんだろうか


で、この2話では予想通り幽奈以外の4人の詳細が明かされることになりました

見事に全員人外だった…w

いや、忍な狭霧ちゃんだけは一応人間なのか?
いや、猫神に憑かれてるっていうだけなら夜々ちゃん自身は人間なのか?
…わからん

それでも、幽霊に鬼っ娘に猫憑きに座敷童子に忍

盛り過ぎじゃね?
むしろこれくらいぶっ飛ばしてる方がいいのか?

設定というよりキャラ説明となった今回
女体とお肌を描こうとする作品ですから、キャラ設定は何より重要ということで
そこにページを割くのは間違った判断ではないですね

そうすると次に必要になってくるのは、エロいことが起こることになる場所というかシチュエーションです

学校でも行くんですかね
さすがにこの宿だけでどうこうってわけにはいかないでしょうから、もう1箇所くらい拠点があっていいはずですし

あ、でも主人公って学校とか行く奴でしたっけ
貧乏すぎて学費とか払える感じじゃなさそうですけど

妖怪パワーで何とかなるのか?


ブラッククローバー

何というか、ノリと勢いのバトルだな
このマンガが対象にしてる年齢層が低いんだとすれば、このくらいでちょうどいいんでしょうけども

とりあえず、敵さんの言ってることが割りと合ってる気がするのが問題なのである

今までかなりのディスラーを見てきましたからねえ
魔法騎士団団長たちでさえそんな感じだったんですから、他の貴族たちとかさもありなんですよ

この歪みというのを田畠先生がどこまで計算して描いてるかってところなんですよね
今までアスタやノエルちゃんが散々ディスられてきたのが、単なるその場の勢いと展開だけじゃなかったのなら
ここで敵さんの言ってることに割りと同意できてしまうことも作者としては把握しているはずですからね

そうすると、それを踏まえてどんな解決法というか対処法というか、展開を見せてくれるのか
アスタがどんな発想で両方をぶち壊してくれようとするのかというのが期待されるわけです


…でもこのマンガそんな深く考えるようなタプの作品でもなさそうなんだよなー…


僕のヒーローアカデミア

出久がいつ動けなくなるのかってのが1つのポイントなんですかねえ
こんなに「今は痛みも感じてないかもしれないが」ってのを何回も言われながらだと
展開の都合に合わせて動けなくなるっていう感じもしてきますけれども

かっちゃんの捕縛とともに、出久は優先殺害リストに入っているそうな
前から入ってたはずなので今さら驚きはしませんけども

今回のメインは、戦闘が許可された生徒たちそれぞれの様子ということになるでしょうか
鉄哲の単細胞っぷりが好感触だったり
かっちゃんと轟のコンビが意外に悪くなさそうだったり
障子くんと常闇くんが大変なことになってたり

常闇くんは闇の個性が暴走してるんですね
そういう意味では敵化に一番近かったとも言えるんでしょうか

ただそれよりも、今回一番の驚きは何と言っても銃でしょう

今までさんざん超人社会っつって、それぞれの持つ能力としての個性の存在を強調してきた中で
まさかの銃ですよ

悪役が銃を持ってる
普通のことのはずなんですが、このマンガでそれをやられると結構な新鮮さがあります
今まで出てきたことなかったよな?

鉄哲の硬化個性がどこまで弾丸に通じるのかは知りませんが、結構めんどくさそうな武器ですよね
能力バトルやってる時にはあんまりなかった気がする別の緊張感が出てくる感じです

やって来た開闢隊全員が持ってるとなれば、相当厄介ですが…


ニセコイ

バレンタインセンターカラー
今までもあった企画ですが、今回はどんな感じになるんだろうなと密かに思っておりました
たとえば単純に4大ヒロイン全員を並べてチョコ持たすってのじゃあ、マリーとか作中ではアメリカ行ってるのに
何か変な感じにならないかなーとか

それでも羽は入ってこないんだろうなーとか

そんな余計なお世話みたいなことを考えていたんですが、フタを開けてみれば鶫1人でした
今が鶫の最終章ということで、水彩カラー?な鶫
綺麗ですね

そこでの服装が早速先週引きの答えになっているという

やっぱりポーラが出してきたのは凡高の女子の制服でした

久々のお披露目ですねこのカッコ
性別バレ後以来でしたっけ?

動揺しまくってる鶫ですが、学園モノではそういう時に必ず「日直」であるというのがお約束なんですよね
とりあえず2人でノートを運んでみるというお仕事

さりげに楽のほうが鶫の倍くらい持ってるというのが女子扱いしてますね

飼育係の買い出しに行こうとすれば、足を捻る
完全にいつかと同じ光景を辿っています

その上鶫が恋愛相談まで始めました
集の時に楽が聞いたことへの呼応としてのそれは、友達のことと言いつつ自分のことであるという王道のウソ

改めてニセコイ関係を隠していたことを詫びながら、それでも鶫のことを居てくれてよかったんだと言い切る楽
大事なことを黙ってはいたけれど、それは決して邪魔だと思っていたからではないのだという言葉に
鶫はすっかり気分を盛り上げてしまいました

だから、聞いてみた
自分のこの気持ちは恋なのかと

他でもないその相手に聞いてみました
そこで説明される鶫の心情と状態は、確かに誰の目から見ても恋
楽も当然のようにそう答えて、ようやく鶫は自分の心を認めるに至りました

今まで一切認めようとすることなく、偽り続けていた自分の恋心
すなわち鶫にとってのニセコイを、とうとうマジコイであると認めたわけですね

ならば、次に取る行動は
千棘に相談するのか、ポーラに相談するのか、大穴でクロードに相談するのか

ただし、告白するのかどうかは別にして、千棘の本心をいつ知ることになるのかというのが最大の問題となります
そのための流れがどうやって作られるのか

たとえば、帰宅してから
何か様子のおかしい鶫を見た千棘が、ニセコイ関係のことを黙っていたことでまだ動揺しているのかと思って
楽と同様に改めて詫びようとする

その中で、関係はニセモノだったけど、でも実は本心では…と語り始めたとしたら
あるいは今回進路のことで先生と話をしてるということですから、その話と絡めてもいいでしょう
先生ってのがひょっとして羽だったりするのならなおさらです

そうして、自身の本心と千棘の本心を知ってしまった鶫はさらに葛藤を深めて…という展開
最終的にはそこから千棘を至上とする形に落ち着くのだろうとは思われますが


で、今回のもう1つのポイントは楽が「恋」を定義しちゃったことですよね
鶫から言われたことを聞いて、それはもう恋でいいんじゃないかと言ってしまいました

同じ空間にいると自然と目で追いかけている
話す時にはドキドキしていつもの様に振る舞えなくて
考えればイライラしたり悲しくなったり
ずっとその相手のことを考えてしまう

今回、そんな状態のことを楽は「恋」と呼びました

さあそれならば
今2つの「好き」の間で悩んでいる楽にとって、こういう状態はどっちに対する「好き」に存在するものでしょうかという話です

訓練された読者からすれば明らかなことですが、しかし、だからといってそれでルートの結末が示されているのかといえば
必ずしもそういうわけではないんですね

その状態を恋と呼んだ楽のセリフ
「それはもう恋でよくないか?」

これがまた絶妙な言い回しになっていますね
恋でよくないか

言い換えると、恋と呼べる状態は他にもあるだろうけれど、そんな感じならもうそれは恋だろう、というわけですよ
すなわち、今回鶫が話した状態のみを恋と呼ぶのだという限定的な形にはなっていないんですね

それによって、楽が誰の前でこの状態になるのかということは明確でありながらも
それだけが恋であるとは言い切れない表現になっているわけです

2つの「好き」をまだまだ有効にしておくための巧妙な言い回しですね

とは言え、楽自身がそれに思い至るのはいつになるのか
2つの「好き」のうちどちらがどうなんだろうと悩む時に、そういえば鶫に言ったな…と思い返して
それなら…と考えたりする時が来るのかどうか

春ちゃんの時のことを考えると、この話は次回か次々回で結末となると思われます
そうして鶫の決着がついてしまえば、今度はいよいよダブルヒロインの話に入っていくのでしょう

鍵と錠にまつわるかつての約束の詳細も含めた核心の話
完結が近づいてきた感じがしますね


背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

今週は繋ぎの回ですね
1つの大会を終えて、それぞれ今まで以上のやる気に燃える中
練習のために時間が足りない足りないと思ってるところに、部活もの恒例合宿編の始まり

話が始まったらいきなり合宿も始まってるのではなくて、ちゃーんと合宿やるよっていう経緯からやってくれるのは
とっても丁寧でいいですね

御木くんはロシアで合宿
宮大工くんも合宿
1次を突破した程度で呑気にしてたら、どんどん置いて行かれると思った土屋くん

彼はなかなか主体性が育たんなーw
最初もわたりちゃんの熱意にあてられて真剣に練習するようになってましたし
まあその辺がリアルな男子高校生っぽくもあるわけですが

2人いてもステップを見てもらわないと練習ができない土屋くんとわたりちゃん
そもそも相手がまだ居ないひらりちゃん

対して、2人いれば練習はできるけど、1人の時は当然1人なりの自主練しかできない八巻先輩秋子先輩

それぞれのキャリアと実力に応じた、いい具合の対比になっていますね

じゃあ、3年生な土井垣部長とリオ先輩はといえば
どうやら道を違えることになりそうで、2人から1人になってしまいそうな雰囲気を醸し出していました

別にミスリード…じゃないよな?
それやる意味がないもんな?

若干の不安を挟みつつの合宿
どんな感じになるのでしょう


食戟のソーマ

タクミまで一緒になって挑発に乗り出したD会場
まあ、わからんでもない

それにしても今回の悪役は本当に底が浅いな
タクミが見事に一刀両断してくれましたが、まさにその通りなんですよね

そんだけ勢いづいてぶいぶいいわしてるみたいですけど、今までは何やってたの?という

いつ何時誰からの勝負でも受けるって明言した創真に挑むでもなく
月饗祭で売上上位に来てるわけでもなく(たぶん)
研究会に属して何かのテーマを極めようとしていたわけでもなく

ほんとに今まで何してたんでしょうね

とりあえず課題をこなしつつ、でも自分たちが認められない不合理をただ嘆いて呪っていたんでしょうか
そこに、思いがけず評価する新総帥が現れたもんだから喜んで飛びついたんでしょうか

つまり自分の価値を決める軸が他人にしかないという連中だとすれば、こんなつまらない悪役もないわけですが…


と、思ってたらそいつらの1人と黒木場が対戦することになってました
アリス嬢も実は研究会やってたのね…w
そういやいつだったかの回想で描かれてたことあったような

とするとこの勝負は見ものですね

タクミの指摘によって大きく格を下げたぽっと出たち
しかし、各研究会のテーマをお題とした勝負で完勝できるくらいの実力はある

対して、選抜本戦決勝まで進んだ確かな実力者黒木場
ここで彼に注目したくなる理由は、今この時の彼には「アリス嬢のために戦う」という動機を見出だせるからです

アリス嬢がその研究会にどの程度思い入れを持ってるのかはわかりませんが、それなりに居心地の良い場所としており
また、薊の好きにはさせないという強い気持ちを持っているとするならば、ここで十傑でもないぽっと出に負けるというのは
自身のプライドとしても、アリス嬢との絆からしても黒木場には許されないことであるはずです

つまり今回の黒木場には、「大切にしたい女のために戦う理由」がある
選抜決勝を勝ち抜いた葉山と同じものが、今回の黒木場にはあるわけです

すなわちこの勝負は、薊によるイデオロギーと仙左衛門および城一郎の語る真実とがぶつかり合う対決と見ることができるのです

これは今後の展開を見る上で結構重大な勝負ですよ



 




COMMENT▼

ワンピースと新連載について

ワンピース
寝るにしても三人で交代して寝ろよ……というツッコミは確かにありますが、今回はむしろサムライとミンク族の関係性について焦点を当てる方が重要だったのでしょう
もし三人の中で一人でも起きていてエテ吉から真実を知らされていたら、今週のミンク族の跪くくだりが弱くなりますし、それはそれで興醒めになると思います
というわけで、多少雑な展開ではありますが、僕は今週は割と熱くて好きです

新連載
異彩を放ってるという意味では良かったです
でも、設定が重くてジャンプで続きそうかと言われるとどうだろうという1話
この作者さんの描く話は面白いので内容については心配してないのですが、このままだとアイアンナイトと似たような末路を
辿ってしまう可能性があると私は思います
なので今後次第という部分も含めて、厳しめですが私の鬼滅の評価は100点満点中60点てところですかね

他の連載についてはまた後でコメします

鬼滅

この略称採用!

個人評価は90点、相対評価は50点です。
理由はぱいなっぷるさんと同じで。

他の連載についてはまた後でコメしますw

左門君と幽奈さん

左門〉ベタな共闘ながらもコメディタッチで面白かったです
左門君の敵の倒し方もお洒落でした
そして茨木童子に巻き込まれる閣下は相変わらず大変そうだなぁと思います

幽奈〉2話もサービス満点でしたね
軌道に乗るまではこの感じで行くのでしょうか
狭霧はニンジャスレイヤー、仲居さんは座敷わらしだと想定はしてましたが、呑子さん酒呑童子か~、そうか~、酒呑童子絡みなのか……ということは、もし作品が違えば、上の『!?』さんと遠縁である可能性があるのかな?と考えたらちょっと
面白かったです
夜々ちゃんはまんま猫みたいで癒されます
憑いてる神様とか一人だけレベルが違う気もしますが(笑)

wwwwwww

ぱいなっぷるさん!「!?」と縁戚とかそのネタは反則すぎですwwwww


・火の丸
個人的にはレイナの入浴シーンは全般的に良く描けていたと思ってます。
バストもちゃんとお湯に浮いていましたし。

・幽奈
住人全員人外とか、思いっ切り良くある設定だと思いますが…
それよりも愚僧とかから、軽めのドタバタ繰り返して空気化する懸念を抱きました。

・左門
いやこのカラー表紙は反則だわ…てっしーもアンリもごっつ可愛いやんけ?お?w
てっしー意外とファッションに興味ある設定でしたっけ?意外とスキル値高いでやんのwww

ラグエルさんへ

ほら、あれですよ
こういう事を質問コーナーとか
ファンレタ―で掘り下げれば連載続けばいずれはソーマと磯部みたいにコラボとか
やってくれるかもしれないじゃないですか
呑子さんの性格とか考えると「!?」みたいな縁戚いても実にジャストフィットしそうだなとも思ったので(笑)

No Subject

>ゆらぎ荘
なんか・・・・・・・もんむすみたい・・・w

>ソーマ
まさかの黒木場君かw
ここはスカッと勝ってほしい所だが果たしてどうなるでしょうね。

>ニセコイ
さて・・・鶫の葛藤はどうなるやら(^^;

>ヒーロー
常闇暴走中。
それを制御出来るようになったら先生たちの期待するパワーアップになるのかな?

>暗殺
二代目が最後に笑った・・・(つД`゚)゚
そしてそろそろ終わりの時ですねorz

>火ノ丸
ヌーヨク!ヌーヨク!(hshs
さて、火ノ丸は何を思い付いたのか・・・そしてここでヤツかorz
一体どうなるんじゃあ( ̄Д ̄;)

>トリガー
捕まるって分かっても余裕なのが解せぬ。
なんか有るな。

もんむすかぁ

妄想屋さん〉私はヤンジャンのもんすがの方がしっくり来ました
もんむす見てないからかも知れませんが
(・_・;)

どちらが近いか問題w

どっちも知っている私が答えましょう。

もんすが

です。

ラグエルのジャッジに一言

!?

冗談です、しっくり来て良かった

ぱいなっぷるのレスに一言

「!?」がウゼェェェェ!!!w

そんなラグエルさんにさらに捕捉

まぁ私は別に`テメー´と`戦争り´に来たわけではないですがね(笑)

パイナップルさんへ

個人評価は90点、相対評価は50点です。

一人称に`私´を使うのはいただけませんww

でも好きです。

mickさんへ

やっぱり「!?」ぽく書くならば荒々しく俺とかにしといた方が良かったですかね、次に何かしら機会があれば頑張りたいと思います←何をだ

鬼滅はジャンプっぽくないのを除けばやはり皆さん割と高評価なんだなぁ
まぁなんやかんや面白かったですからね

No Subject

もんすが?
知らないっすなぁ。
今度読んでみるか。

mickさんの評価は付くか?w

「’戦争る’とか古すぎないかなぁイバちゃん?
でも懐かしいねぇ、久し振り~(ングング)」

呑子っぽくなりきりしてみましたwww

ラグエルさんの書き込みから茨木童子の反応を予想してみる

茨「な、貴女は!の、呑子の姉御!……ひ、久しぶりでございます!」

ネ(なにぃ!普段喋るだけでちょっと面白い茨木が動揺してる上に全く面白くないだと!?い、一体何なんだこの女は!ただ者じゃない!)

こんな感じになると思う
いや、そもそもネビ男なら酒呑童子の事くらい知ってるかも知れないけど
にしてもマズイな、頭の中が完全に左門とゆらぎ荘で侵食されてるな私とラグエルさん(巻き添え)

ん???

呑子って「酒呑童子の末裔」でしたよね?本人じゃなくて。

ラグエルさんへ

あぁそうか、末裔って事は鬼の血は流れてたとしても別に=酒呑童子ってことにはならないのか

んでも茨木童子って…

酒呑童子とは意気投合した同志でありながら「家来」なので、末裔の呑子にも敬意を払うのはあるかも知れません。

ちょっとウィキってみたら、茨木童子女性説もあるみたいです。あのナリでスケだったら…と想像してしまったw
また恋人だった説もあるので、もしかしたら「母親」かも知れないなぁwww

様々な説があるみたいで

あぁ、茨木童子から夢が膨らんでいく……(笑)
やっぱり半端ねぇな……茨木童子

No Subject

なんであの脇役がこんなブームになってるのwwww

妄想屋さんへ

おそらく一度踏み入れたらしばらく中毒になる茨木ワールドに足を踏み入れてしまった模様です

鬼猫女

なんにしてもこの酒呑童子の末裔と茨木童子には格と強さに大きな開きがありますねww
今気づいたんですが、今号鬼多いですねw(鬼滅、サモナー、ゆらぎ荘)
ちなみに化け猫3作品(ワンピース、ゆらぎ荘、ブリーチ)、女の裸(半裸)3作品(火ノ丸相撲、ゆらぎ荘、ブリーチ)という非常に珍しく、賑わいのある号となってますw

あと服から覗かせるふともも5作品www(鬼滅、サモナー、ゆらぎ荘、ニセコイ、ブリーチ)

桃www

目次ざっとみたら全作品の7~8割が過去にふとももがクローズアップされた事のある作品だったwww
rexelさん、ふともも特集お願いしま~すwwベストショットふとももとかw
(出だしの話と全然関係のない話で盛り上がってすんません(^^;)

ふとももベストショット集www

「やぁだぁ~、ふともも好きなのだいまおーちゃんってばぁ♡
そんなに好きなら触ってみるぅ?ほぉら♪」

ジャンプヒロインズサイズショット集ww

バストショット集と揃えるとサイズショット集(thighs shot)になるんですけど訳分かんないですねww

ベストふとももショット集がいいでしょうかね? 語呂としては?

No Subject

今日、もんすが読みました。
確かにこっちの方が似てるか(^^;

もんすが

もんすが、まさかの自分が読んでる漫画だったww今まで「妖怪少女」の部分しか認識してなかったw立ち読みだし(>_<)確かに登場人物の関係性は似てるかも。雰囲気はもっとユルい感じになりそうだけど(^^;

あ、ラグエルさん

あ、そのノリに乗れなかったのでスルーしちゃいました(^^;

もんすが

ゆらぎ荘よりエロハプがダイレクトですけどねw券発行されてるし確か…

>>スルー
お気になさらず~

Re: ワンピースと新連載について

皆様コメントありがとうございます。

…いや、むしろ脱線した話題で盛り上がってるほうが強い気がしますけどもw

今週のハイライトは、新連載が好感触だったことと、新連載の2話目がコンセプトをはっきりさせていたことと、あとはまあアレでしょうか。

いやもうどうしようもないし、俺からはあえて触れませんけども(;^ω^)

もんむすだのもんすがだの、またしてもジャンプ感想記事とは思えない単語が飛び交っておりますな。ここ最近のコメント欄のカオス具合がすごいのである。

見てる分には面白いんで遠慮とかは全然必要ないんですけど、これは明日の記事もどうなっているやらw

No Subject

「ワンピース」
エテ吉も何故か落ちてきましたし
あの辺りに催眠ガスでも漂ってるんじゃないかと
思ってます

Re: No Subject

コメントありがとうございます。さやかさん

なるほど。確かにそう考えることも可能ですね。

あの場所に何か秘密があるのか、それともシーザーのガスがあそこだけ少し残ってたりするのか、また後で説明される場面があるとすれば、今の段階で雑と決めつけるのは早いですね。

指摘していただいてありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1184-f1a3d1fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター