社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

セリフにそぐわない表情の持つ意味は… 今週のジャンプヒロインズベストショット!

2016年WJ08_9

今週のジャンプヒロインズベストショット!

さてとね

今日の更新は昨日の勢いでジャンプ感想その3にしようかとも思ったんですが
あんまり分割式にしてもしょうがないし、ということでベストショット集を書くことにしました

…が、今週のエントリーは1枚だけです

ベストショット集ではなく、ベストショットのみ


今までも何度かありましたが、今週もまたそうなってしまいました

おそらく想像がつく方もいらっしゃるでしょう

こちらです


 





















































2016年WJ08_1

シツモンではなくカクシンをぶつけた春ちゃんです


今週一番想像がふくらんだというか、一番語りたいと思ったカットはこれでした

理由はもちろん皆さんお分かりになるでしょう
春ちゃんの言葉が持つ意味とその影響を踏まえれば、ここでのこの表情に一体どんな気持ちが込められているのかということは
大いに考えを巡らせてみたい気持ちになるのは当然というものです


王子様があなたであることを知っていますよ
その言葉が示すものは、わたしはあなたのことが好きですよ、という告白です
春ちゃん自身が何度も諦めようとしてきた恋心とそのルートに、いよいよ本当の決着がつこうとしていると思われる中において
告白同然の言葉が飛び出してきたことは、とうとう「その時」かと思わせるものでした

しかし、そう思ってこのカットを見ると、とても告白をしているような表情ではないんですよね
むしろ照れや恥ずかしさなど介在せず、ただ知らせていなかったことを口にしているだけというようにも見えます
まるで、相手が気づいていなかったことに不思議さえ抱いているかのようです

これはどう読み取ればいい表情でしょうか


1つ浮かんでくるのは、この時すでに春ちゃんの気持ちには決着がついてしまっているということです

何度も何度も諦めようとしながらできないでいたのに、ここで楽の温かさに改めて触れたことで
惚れ直すというよりもむしろ「お姉ちゃんにはこういう人とこそ一緒になってほしい」と思ってしまった可能性

大好きなお姉ちゃんであればこそ、その恋人になる人物には春ちゃんも相当の心配をしていたでしょう
出会った当初に楽をあれほど毛嫌いしていたのは、楽に対する先入観と偏見が原因で
お姉ちゃんには全くふさわしくない相手だということが理由でした

しかし、接していく内にどんどんその偏見が解けていき、最終的には好きになるという形で
その人格を認めてしまった彼女

それゆえに、今度は自分の濃いとお姉ちゃんの恋とのことで思い悩むことになったわけですが
今回ここで、楽の優しさと温かさを再実感したことが「お姉ちゃんに相応しい人だ」という思考に至った可能性はないでしょうか

それはちょうど、「お前がお嬢の恋人でよかった」とつぶやいた鶫のように


春ちゃんと対比的なヒロインとして存在するキャラである鶫は、実は春ちゃんと同じような経緯を辿っていますね

鶫にとっては千棘、春ちゃんにとっては小野寺さんという、自身が応援キャラを務めるメインヒロインに対して
楽を「お前なんかこの人にはふさわしくない」と言って登場し、しかし時が経つに連れて少しずつ認めるようになって
最終的に鶫は「貴様がお嬢の恋人でよかった」とまで語るほどに楽を信用し、認めるようになりました

鶫のそうした経緯と対比させるなら、ここで春ちゃんもまた同じように思うことになる可能性があるとは言えないでしょうか

楽の優しさと温かさという、自分が楽を好きになった理由が、そのままお姉ちゃんに相応しい人だと思える理由になる

だからこそ、確かな決意とともに身を退ける
「先輩にならお姉ちゃんを任せてよさそうです」なんて言って

そんなけじめの付け方がありえるのではないかと思うのです

しかしそうすると今度は楽のほうが困ってしまうんですよね
なぜって、今自分の気持ちは小野寺さんと同時に千棘も好きになっていると認識しているから

そして、この状態は出会った当初の春ちゃんが楽を毛嫌いしていた理由そのものです

小野寺さんが楽を好きであることを知っていると同時に、楽もまた小野寺さんが好きであると知っている春ちゃん
「先輩にならお姉ちゃんを任せられる」なんて満を持して語ろうというのに、もしも楽が千棘のことも好きだなんて知れば
それはもう烈火のごとく怒り始めるに違いないでしょう

もちろん馬鹿正直に楽がそんなことまで口にするとは思えませんが、
それでも「好き」というのがどういうことであるのかを聞いてみたいと思うことはありえることではないでしょうか

「好き」になったらどんな状態になるのか
どんな気持ちになるのか
その相手と一緒にいる時どう思うのか

小野寺さんと千棘に対する「好き」が異なっていることを何となく感じているのですから
その違和感の正体を探るのに、「好き」とはどういうことか、どういう状態を指すのかを
楽が誰かに聞いてみようと考えることは不自然ではないはずです

春ちゃんからは、小野寺さんといる時の自分の様子を聞いてみる

そして千棘といる時の自分の様子は鶫に聞いてみる

そうすることで、対比的な2人の応援キャラ兼ヒロインとなる春ちゃんと鶫に
自身の気持ちへの決着もつけられるように仕向けつつ、応援キャラとしての役割も果たしてもらう…

そんな展開像が見えてくるような気がします


…それでは今週はここまで!


COMMENT▼

今週は割と……

この春ちゃんも良かったですが、今週はもうちょっと良い顔があったようにも思えます
オラワクワクすっぞぉな竜胆先輩とか
ぶーたれてるももちゃんとか良かったです

No Subject

冒頭のてっしーは何ですかw

そうですねぇ・・・まぁ春ちゃんでいいか(投げやり)

Re: 今週は割と……

皆様コメントありがとうございます。

冒頭のてっしーはいわゆるひとつのアイキャッチ的なアレです。

ぱいなっぷるさんお気に入りの十傑の女性陣も悪くはないんですけどねえ。彼女たちはまだまだ背景がわかりませんし、想像の膨らむ余地がありませんから何も述べることがないんですよね。一番語れる、という点でいけば今週は春ちゃんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1175-d4648e5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター