社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

新キャラの美女がさわやかな風を呼びこむ… 傑作スーツマンガ第11巻テーマは「モノトーンの彩り」!

王様の仕立て屋第11巻

王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 第11巻

紳士服をテーマとする人気異色作第11巻です


第1部がどれだけ面白さを持った作品であったかは、この記事で散々語りましたけれども
新しいスーツが欲しくなる そんなマンガがあります

第2部として仕切り直された今でも、充分な面白さを維持しているのは素直にスゴイと思いますね


ただ気になることがあるとすれば、1巻に1つのシリーズの形で読みやすさや取っ掛かりやすさを重視して構成されている今の本作が
第1部からの読者にとっては少し物足りない感じがあるということでしょうか

かくいう俺もその1人なんですけども、主人公オリベがとうとう構えたお店の様子であるとか
セルジュやマルコの修行の具合だとか、ジラソーレ社の経営状況だとか

そういう第1部を構成してきた部分に対する描写や言及がほとんどないんですよね

シリーズの構成は基本的に何やら悩みを抱えた新キャラが登場してきて、一筋縄ではいかないその問題の解決を
オリベが仕立ての実力でもって段階的にこなしていく…というもの

話はその新キャラと周辺の掘り下げに終始することになり、既存キャラたちの掘り下げは全然描かれてこないんですよね

ついに店を構えるに至ったオリベの実力の進化具合だとか、セルジュやマルコの修行の様子だとか
ラウラの成長具合だとか、男爵さんとイザベッラ嬢の進展具合だとか

第2部がコミックスで二桁にも達したのに、こんなに描かれてこないようでは
「もうその辺のキャラの掘り下げは第1部で充分したから、1部では基本的に新キャラばかりでいくよ」と
作者が思っているのかとまで考えてしまいそうです

…なんていう話を前巻の時もしたので、そればっか言っててもつまんないんですけどね


11巻の話に戻すと、今回のテーマは「モノトーン」でした

黒やグレー基調の服装を上手に着こなすコツやテクニックが惜しげも無く盛り込まれています

黒基調の服というと、俺が得意としてる服装ですね

これは俺にうってつけのシリーズじゃないですか

作中の展開では何だか「黒基調の服ばかり好んで着るのは未熟の証」みたいな感じだったのが気になりますけど
いやいや、そんなわけはないでしょう

ガイアが囁いていたどっかの雑誌も言ってましたからね


男は黒に染まれ

って


え?だめ?



それ以外の今巻の見所といえば、間違いなく彼女でしょう




サブリナ嬢1


サブリナ嬢2


サブリナ嬢かわいいよサブリナ嬢


本作のシリーズの中で、こういう美人キャラは出てきてないですね
せいぜい、9巻のホテルスタッフ嬢くらいでしょうか

あ、でも9巻には第1部で少しだけ登場していた巨乳バーテンダーが再登場してくれていましたね
あれはなかなかに眼福だった…

でもサブリナ嬢も結構な可愛さを持っていますね

フリーアナウンサーで、ファッションリーダー的な立場にもあるなんて
どんだけのアイドル的立ち位置なんでしょうか

そんな美人が、オリベの手による仕立てを好印象に受け止めて、話の解決に協力してくれるという…
良い役どころを持って行きますねえ

内助の功というわけでもありませんが、彼女がこうして協力してくれる理由は…
という想像まで掻き立てられて、読んでてとっても気持ちが良いです

今回のシリーズが抱える問題の根っこには、年寄りの妄信的な価値観がありましたからねえ
そのウザさを中和して余りあるスッキリした風をサブリナ嬢はもたらしてくれていると思います


どうせこういう1巻ごとのシリーズで行くというのなら、こんな風にいい感じの美女も一緒に登場させてくれたら
もっと気持ちよく読んでいけると思うんですけど、どうでしょう大河原先生





[タグ] 大河原遁




COMMENT▼

No Subject

一回書いてしまうとついつい次も書いてしまいますね…w

服飾で勉強していた身としては第一部から読んでいて、デザイン、イメージなどの部分まで細かく読み取りやすいんで大好きです。あの全身図デフォルメがないんで見やすいしパーツの取り方も想像しやすいですよ。

第二部も好きなんですけど、もう第一部とは切り口が違うのでそれ以外が詰め込めないのもあり得るかな、と。
コンセプトが一貫していて、尚且つ時計等は特にアイテムとしての構造なんかを一から解説するとなると…収集がつかなくなりますよね…
しかも一巻丸々のストーリーものと巻をまたぐストーリーが絡むとなると、以前の一話完結の下に大きな流れでのストーリーがあるものとは読者側もわかりやすさは大幅に違ってくるのかと。優先順位が第一部と第二部では違うってことでしょうね。なにしろユウは誰かの仕事ではなく本人の仕事を求められるようになったわけですし。

まぁ巻の頭でラウラちゃん出張ってきて社長に一瞬干されたから下職に来るとかそういう、巻ごとにジラゾーレの方々がゲストに来るとかの方が嬉しいかもですが。個人的にw

Re: No Subject

コメントありがとうございます。さよさん
発売からだいぶ経っての記事でしたが、変わらずお読みいただきまして恐縮です。

やっぱり第二部になってから方針が変わってるんですかねえ。ただそうは言っても、オリベの個性ある仕事というのが今ひとつ見えてこない気もしているんですよね。

伯爵にダメ出しをされて目が覚めたオリベが、自身の個性あるシルエットを活かした仕立てをするシリーズが第一部でありましたが、そこで伯爵に認められた彼の個性が、その後オリベの仕事で活かされているような場面がないんですよ。もちろん仕立ての度にそういう気持ちで本人は作っているんでしょうけど、描写上そういうシーンがないことには読んでる方にはわかりません。

方針が変わったのかもしれない第二部でも、やってくるのは特定のジャンルや服そのものに事情のある客ばかりで、オリベのシルエットを求めてやって来る客がいないんです。そこがね、もったいないなーって。

第一部の頃からそうではありましたが、二部になったらそれ以上にオリベの万能ぶりが強調されているような気がしてなりません。そこが残念だなと。


…けど、巻ごとにジラソーレのメンツがそれぞれの都合を抱えてやってくるってのはすごい面白そうだな。

No Subject

お久しぶりです。
今回は服の色をテーマに服にまつわる歴史も絡めた話になっていましたね。

自分も黒を中心としたコーディネイトになってしまうのですが,本編でも指摘されていた通り,センスのダサさやイモっぽさを隠す為に使っている面が強いので,挿し色やモノトーンの応用などは色々と勉強になりました。

従来は服のシルエットや布地などを取り扱ってきましたが,色に焦点を当てるとまた違う見方で話も楽しめましたね。
しかしやはりもうそろそろラウラやセルジュ,マルコといった若輩組の成長や葛藤も見たいところです。

No Subject

更に書いてしまうのはありなのか否か…w

>>方針が変わったのかもしれない第二部でも、やってくるのは特定のジャンルや服そのものに事情のある客ばかりで、オリベのシルエットを求めてやって来る客がいないんです。そこがね、もったいないなーって。

これはしょうがないより、当然かと。
オリベのスタイルが求められているんです。これもう土台なんですよ。
当然のことを毎回押し出せないっていうだけですね。
これがオリベのシルエットだ!(でもみんな知ってる)っていうテンプレになっちゃいますよ。サルトとして正常に運営してるってことですよ。多分。

特急仕事でどんな手業でもできる=オリベのシルエット、スタイルは関係ない。それが過去の流行や職人への思い入れを語る第一部のメインでもあったわけですから、解消された今それをやる方が不味いわけです。あれ裏稼業みたいなもんですし。

裏稼業で身についたトータルコーディネイト力と一般のサルトではしてくれない提案。その土台がオリベのシルエットであり、裏方になってくれているんだと思ってますw


個人的にはソフィアさんがモデルから逃げてくる話がほしいですw

Re: No Subject

おお…このマンガの記事でコメントが賑わってるのは珍しいなあ。

どうもご無沙汰です。そそさん。

今回のテーマは地味に勉強になりましたね。やはり普段の自分に通じるところがあると思うと、服装を内容としているだけにとっても為になるということなのでしょう。

スタイルがどうとか生地がどうとかだと一般人にはさっぱりですが、色使いだとまだ身近に感じられますもんね。その中でもモノトーンをテーマに持ってきたのは、あるいは読者の中にきっとそういう人も多いからだろうと言う読みがあったからだったりするんでしょうか。


しかし、やっぱり第一部からの続きとなるようなところも見てみたいと思いますよね。万能なオリベと、それを補佐できるセルジュとマルコがいて、それぞれで勝手に動くことができるラウラ・ヴィレッダ・イザベッラの三人娘に、伯爵だのジラソーレだのといった個別の勢力がたまに関係/介入したりして…という構図が割りと決まりきってて、それがどのシリーズでも結構上手いこと機能してるんですよね。極端に言えばお決まりのパターンをずっと繰り返している感じがするので、そうじゃなく、誰かの現状を掘り下げたりするようなシリーズも見てみたいなあと。

オリベのシルエットに関するさよさんの指摘はなるほどと思いました。

確かに、すでに解決済みというか問題にはならないことが伯爵のお墨付きによって示されているわけですから、オリベ自身かまたはそれなりの立場にある誰かがそのシルエットに疑問でも抱かないかぎり話のテーマにはならないものなのでしょう。

それを求めるお客が来ても、「欲しい」→「作った」で終わりなので描きようがないわけですね。そこに今までのシリーズのような特殊事情を絡めようとすると、オリベのシルエットでなければならない理由とか、しかもその服を何着も必要とする理由とか状況とか、そのための環境設定が相当に複雑になってしまうことも簡単に想像がつきます。なるほどそれは描けないか…


でもソフィアが逃げてくる話は読みたいな…w
ジラソーレ内紛(笑)ですねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1172-34913bff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター