社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

その距離感が縮まる未来はいつ訪れるか…今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2016年WJ0506_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さーて
新年一発目のベストショット集ですよ

年明けからまさかベストなしなんてことにはなるまいな、と密かに心配しておりましたが
そんなことにはなりませんでした

無事にベストショットを決めることが出来ております

しかし今回は少し悩みました

最初に思ったカットと、後からふと気づいたカットと
どちらにするか

迷った結果、最初に思ったカットをベストショットにすることに決めたわけですが…


今回のテーマは、距離感

エントリーしてくれた3人のヒロインたちそれぞれと、主人公との距離感に思いを馳せるような
そんなカットばかりとなりました


それでは見ていきましょう
今週の1枚目はこちらです!


 









































2016年WJ0506_3

誘われちゃった照橋さんです

新年だからって盛り上がる面々の中、1人の男から「2人きりでこの場を抜け出そう」と
誘いをかけられちゃった瞬間の照橋さんです


…何か合コンとかでよくあるような光景の描写になってしまいましたけど
たぶん間違ってないでしょう
きっと麻生先生もそういう風景をイメージしてこの場面を描いていたはずです

いつも追いかけるばかりだった斉木の方から、まさかのお誘いをもらってしまった照橋さん
なかなかの驚きの表情を見せてくれています

しかし、この照橋さんは何だかいつもの完璧美少女から離れた感じになっている気もしますね
あるいは、驚いている表情ということで瞳が上下とも目の枠線から離れているために
コレジャナイ感が出ているんですかね


今回のテーマとの関係で言うと、自分から誘おうとしていたところに
逆に誘いをかけられてしまって思いっきり動揺してしまう照橋さんは、まだまだ斉木との距離があると言えるでしょう

誘われたことを斉木がおふったと取るよりも、誘われたことで照橋さんのほうがおふっていると言う方がむしろ自然です

この距離がなかなか縮まろうとしないのがこのマンガのラブコメパートなんですよねえ
麻生先生も照橋さん回を描く時には相当に気を使っている様子が窺えますし
作中での距離感だけでなく、作者の意図という点でも相当な距離があるということができるのでしょう


続いて2枚目はこちら





































2016年WJ0506_2

自信満々に恋を口にする千棘です

この千棘と、この次のカットとでベストショットを迷ったんですよ
なぜならこの千棘は相当ナチュラルな可愛らしさに満ちていたからです

目の前の大好きな相手に向かって、「大好きなの」と言っているのに
照れも動揺も緊張も何もない表情
あるのは、その想いに対する自信と確信

ただしその言葉は、「あなたじゃない誰かを」と目の前の相手に対してごまかしを含んだものでした
だからこそこれだけ自信満々に口にできたわけですね

すなわち、これは新たに起こった千棘の「ニセコイ」であるということになるのでしょう

関連
ニセコイ それぞれのヒロインの「ニセコイ」と「マジコイ」を考える


本作においてそれぞれのヒロインに存在するそれぞれの「ニセコイ」
千棘においては、それは連載開始当初からあった「ニセの恋人関係」であったはずですが
それがいつしか本当の恋心となってしまった時、彼女にはもう1つの「ニセコイ」が発生することとなりました

「好きな人はいる」「けどあなたじゃない」
というニセの恋


ニセの恋人関係もいまだに続いていますから、その意味では「ニセコイ」が二重になっているといえるでしょうか

今回ここで、こんなにも確信的に千棘が恋心を口にすることが出来たのは
「その相手はあなたじゃないけど」というウソが介在するがゆえでした

それがなければガチの告白となってしまうこのセリフをいきなりこんなにも堂々と口にすることは
できなかったでしょう

ウソの一皮があるとはいえ、オタメシに告白してみようかと想像してみるだけで恥ずかしさで爆発しそうになっていた頃からすれば
ずいぶん成長したものです

しかし、この一皮がずいぶんと分厚かったりするのがラブコメの性

その当人となる楽が「ひょっとして」と該当する人物にたどり着いたかのような雰囲気がありましたが
さあそれを千棘自身はどう思うのか

あそこまで言ったというのは、バレても構わないというつもりだったのか
それとも楽が気づくわけがないという別の自信によるものか

1つのウソによって包まれた本音はいつ楽に伝えられるのでしょう

この満面の笑みが感じさせる恋の本気度と彼女自身の魅力を踏まえると
その時期はそう遠くないようにも思えます



ではお次が最後

ちょっと悩んで決めた今週のベストショットはこちらです!

















































2016年WJ0506_1

感慨深げに創真を見つめるえりな様です

最初に思ったベストショットはこれでした
先の千棘のカットと悩んだ結果、最初の直感を選択することにしたわけですが…


このカットのポイントは、もちろんえりな様が今までで一番明確に創真を意識した点にあるでしょう

編入試験で予想外の料理を作ってみせた創真との最初の出会いからここまで、
一方的に創真を毛嫌いしていたえりな様ですが、とうとうここに来てその感情に明確なプラスの性質が加わったわけです

それは、えりな様にとって知らないことだらけだった極星寮での生活の中で
最も不思議で最も理解できない相手でありながら、なぜか周りからの信頼を得ていた男への純粋な興味

何より、自分が最も信頼している、言い換えれば互いに最も理解できていると思っていた緋沙子ちゃんでさえも
その男に一定以上の信を置いていることが衝撃でした

吉野さんや丸井くんたちには聞けなくとも、緋沙子ちゃんになら聞けたわけです
どうしてそれほど創真という男に注目するのか、

そこで返ってくる予想外の答え

緋沙子ちゃんの言葉だったからこそ、えりな様はそれを素直に聞くことができました

スタジエール編で創真と緋沙子ちゃんが一緒になったのは、このために必要な展開だったのです
後に関係を深めることになるだろうえりな様と創真を繋ぐ役割として
えりな様に創真を認めさせる、あるいは意識させるきっかけを作る人として


自分の秘書として、常に合理的で論理的なはずの緋沙子ちゃんが無根拠の予感を答える
その予感に対して大いに身を委ねているように見える

だから、えりな様はもう1度創真を見つめました
底辺の料理人だとか、無教養で無知な低俗の料理人だとか
そんなレッテルや先入観なしに、極星に来て抱いた今までの印象と緋沙子ちゃんの言葉を元にして
今までで一番素直な瞳で創真を見つめました

この絶妙な表情はtosh先生渾身の作画ですね

背景のキラキラトーンが艶やかさを煽りつつ、半開きの唇が女の子らしいしっとり感を醸し出していて
しかしよく描き込まれた瞳と跳ね上げが強調された髪の毛は繊細な印象を纏っている

完全にお見事です


だからやっぱりこのカットが今週のベストショットで悔いはないですね

えりな様のこんな表情が、薊の来訪で次回どれほど歪むことになるのか…
そんな心配を煽る意味でも充分に「魅せてくれる」カットだったといえるでしょう



それでは今週はここまで!

COMMENT▼

No Subject

照橋さんはどうでm(ry

千棘とえりな様は・・・まぁいいか

楽しんでるわたりちゃんとつっちーのコマを追加




そして小野寺さんの霊圧が消えている。。。

No Subject

昨年からブログ記事を拝見していたのですが、初めてコメントさせて頂きます。
普段のご感想や考察も好きなのですが、特にベストショット集が好きです。
他のブログさんでは見かけないこともあって、今回はどんなものが選ばれているかな、と、ベストショットへのコメントも含めていつも楽しみです!
考察も、こういう見方があるんだなあと、いつも成程~と面白く読ませて頂いています。
ニセコイや食戟のソーマを主な目当てに(ちなみに小野寺さんとえりな様が好きです。笑)これからも記事を楽しみにしています。

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

ベストショットには異論なさそうですね。
わたりちゃんと土屋くんのカットは、先日2人一緒にベストショットにしましたけど、その延長だなあということで今回は外していました。

小野寺さんの霊圧は、千棘回の今は仕方ないということにしましょう。


>ふじさん
どうもはじめまして。コメントありがとうございます。前から見ていただいているんですね。

「ベストショット集」なんて記事は、最初はほんとに思いついただけの趣味丸出しな企画だったんですが、気に入っていただいているようで、よかったです。でもそこへのコメントまで楽しみに見ていらっしゃるとは、なかなか筋金入りの方ですねw

考察に名を借りた予想や妄想も楽しんでいただけているようで、ありがとうございます。これからも趣味丸出しの記事を書いていきますので、たまにドン引きとかしつつもよろしくお付き合い下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1161-990317f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター