社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

ミクロな世界で展開するダイナミック… 『はたらく細胞』 清水茜

はたらく細胞

はたらく細胞 清水茜

買っちゃいました…
ええ買っちゃいましたとも
そりゃ買うよ

これは試し読み見て何も考えることなく気に入った作品でした

「はたらく細胞」の名の通り、舞台は人の体の中
そこでほんとうに色々な役割を持って機能している様々な細胞たちを擬人化して、彼らの働きぶりを見ることができる作品です

その魅力は何と言っても、ダイナミックな迫力とインパクトにあるでしょう

舞台が人体の中ということでどうしてもミクロなイメージが付いて回ることを作者もわかっているのか、
大ゴマを多用したインパクト満載の演出が施されており、飽きずに読んでいくことができるようになっています

数多く存在する細胞たちの中で、特にメインキャラとなるのは表紙にも登場している赤血球な少女と白血球な青年

特にダイナミックさを出しているのは、免疫機能の最前線で雑菌と戦う白血球ですね

組織の防衛を担う彼の雑菌に対する容赦無い姿勢
1ページぶち抜きで菌を正面からぶっ刺して、返り血も構わずえぐり込む姿は爽快感さえ漂ってきますが
そんな場面が何度も描かれるんですね

化物のような姿の菌たちと、それを駆除して殺すことに一切の躊躇いがない白血球
「確かにそういうものだ」との認識が読者に常識として定着していることで、作者も遠慮なく描いているようです


それだけでなく、体内の動きや機能をより写実的に感じ取れるように描かれていることも特筆すべきことでしょう
1話ではくしゃみが、2話では花粉症、3話ではインフルエンザといったすげえ身近な現象において
体内では何がどうなってどんなことになっているのか

それが何かすごいリアルに感じ取れるようになっているんです
花粉症が体内ではあんな世紀末状態になっていたなんて…思ってもみませんでしたよ
まあ、俺花粉症なったことないんですけどね


あと、擬人化のセンスも注目に値するでしょう

赤血球がヒロイン的な少女で、酸素を運ぶってことで体内の運送屋さん
白血球がその相手役的な主人公っぽい雰囲気で、彼女を含むすべてを守ろうとする男気に満ちた奴

なかなかの組合せですよ

いっつも赤血球ちゃんが酸素を運んで体内をめぐっている中で菌に襲われかけて、そこに白血球が現れる…というお約束

本来なら赤血球も白血球も血中にたくさん存在しているので、そんなホイホイ出会うことはないはずなんですが
そこはまあ漫画的なお茶目もありつつということで許せる範囲です

血小板が幼女とか、ファージが虐殺上等なメイド風だったりとか
とにかくキャラ付けのセンスに満ちています

読んでいくに連れて、何かイメージしやすくなっていくんですよね



…で、そういう漫画的な作劇の部分も気に入ってるんですけど
もひとつ気に入ってるのは、体内の仕組みをマンガで覚えていけるってことなんですよ

確実に文系な俺ですが、人体への興味と関心も結構な程度であるんですよね

どれくらいかっていうと、いまだにクリックメディックをプレイしているくらいはあります



知らないですか?クリックメディック

PS | クリックメディック

…そりゃ知りませんよね
はい、失礼しました

プレステで99年に発売されたハイパーテキストアドベンチャーゲームです

NGD バクルス、ゲットだぜ!

上記サイトに詳しめの紹介がありますが

医者になって、新種のウイルス「バクルス」に冒された人の体内に入り、患部を探して体内を冒険してウイルスを発見次第駆除するという
この体内の冒険というのが、医学博士監修の医学知識テキストに因っていて、
ゲームやってるだけで人体に関する医学知識を覚えられるんですね

このゲームがいまだに大好きでしてね俺
今でもたまにやっております

キャリア10何年ですよ
もう大体の症状は問診だけで、どこが患部でどのレベルのどのウイルスなのかまで特定できるようになっております
無駄に専門用語もたくさん覚えてしまってね

肝鎌状間膜とかね
滑膜とかね
房室結節とかね
類洞とかね
ヒス束とかね
グリア細胞とかね
幽門前庭部とかね

どこのどんな器官なのか一般人で全部わかった人はすごい…と思う

こういう専門知識感丸出しの感じとかって厨二病患者の大好物なわけですよ

おまけにウイルス倒した後は、その抜け殻を使って実験したら、より強いウイルスを作り出すことが出来て
それを治療に使えるというシステム

どんな風にしたらもっと強いウイルスを作り出せるのか法則を見つけたくて、
今までの結果をちまちまとExcelで表にまとめるなんてことまでしております



…あ、脱線しておりました


とにかくそういう人体の知識についても楽しみながら知っていくことのできる作品です

試し読みこちらからどうぞ
『はたらく細胞(1)』(清水茜):シリウスKC|講談社コミックプラス

ぐぐったら作者のインタビュー記事も出てきましたよ
「はたらく細胞」 清水茜インタビュー コミックナタリー Power Push







 




COMMENT▼

No Subject

なぜ好酸球に触れていないんだっ!(買った事実は最早スルーw)
黒髪ロングじゃないからか?マスト細胞がいいというのか!確かにイイっ!!

……失礼、取り乱してやりましたw
擬人化以外にも内部の様子を蠢く肉壁などでなく「巨大プラントエリア」的な工業区にしたのも
読み易さや理解のし易さに働いていると思います。胃の活動を見学できるコーナーとかあるしw

大人気になるのも納得の漫画です。しこもこれがデビュー作だというのだから…

待てよ……

文系だからとスルーしていたが、そこまで人体学に造詣が深いのならコレいけそうだぞ?
「EIGHTH」

http://sokuyomi.jp/product/eisu_002/CO/1

No Subject

>8番目
試し読みしました。
ガンガン系ですか。
中々楽しそうでw

rexelさんが果たして遺伝子まで知ってるかどうか(^^;
僕は逆に内臓系あんまり知らないっすけどね。

8番目

現在「15」巻wwwww
これが最終章なので18巻くらいかな完結?
遺伝子系の話や仕組みとかちょいちょい出てくるので、そこに興味ない人は興味が激減します。
単純にアクションモノとして読んでも面白いのですがね。

No Subject

>興味
1コドンが塩基3つ分とか
アミノ酸二十数種類を数学的に計算した結果だとか
ゲノムの分析方式とか
DNA(二重らせん)とRNA(一重らせん)の違いとか

ですか?w

No Subject

医学や医療よりですね。
1巻でいうと「培養皮膚の新技術の話」とかです。
すぐには認可が下りない。国がデータをと云うから出して出して気付けば……
2巻ですと「植物の遺伝子汚染」と「HLA遺伝子=恋愛遺伝子?」とかです。
3~4巻は「インフルエンザウイルスとワクチン」のお話。
ここが最初の大盛り上がりの回です。

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

…なんですけど、みなさんここがマンガの感想ブログだってことを忘れていませんか(;^ω^)
そんな難しい漢字ばっかりのコメントなんておかしいんですけどw


という冗談はおいといて。
まずは、また1つ面白いマンガを教えていただいてありがとうございました。

好酸球に触れていないのは、推しメンとかを考えるような作品ではないだろうと勝手に判断したからです。彼ら彼女らはあくまで擬人化された細胞や血球であり、そのキャラ性は通常の機能から想像を膨らませて付与されたもの。

そう思っていないと、俺の中で何かが変わってしまうと思ったからですね。いや決して理性で必死に抑えこもうとしているわけではないですよほんとですよ。


…で、ご紹介の作品ですけども。

「人体学に造詣が深い」という解釈は、所詮ゲーム知識なんでアレですが、こういう理系の話も結構好きです。
特命リサーチとか大好きでした。

試し読みを見た限りでは、科学的な要素以外は少年マンガでも通じそうな雰囲気でしたね。
これが既刊15巻とは…

うわあどうしよう

好酸球8番目

私は「一種のモンスター娘みたいなモノ」として認識しておりますw

15巻を良く読んだら次巻でラストとありました。
読み違いでなければ全16巻。作品の完成度は保証しますよ。
伏線王に負けず劣らずな伏線あったりしますしねw
難点は多少読解力が必要なセリフ回しがままある事。
試し読みの範囲でも
「ナオヤくんにやらせるの!」
「うへぇ、いきなり突っ込めとは言わねえよ」
「そんなこと言ってねぇ!」
辺りは知ってる事を前提に書いています。

No Subject

>8番目
それダブルミーニングなんですね、今更ですが(^^;
最初に浮かんだのはseitekiなイメージだったんでs(汚れた大人の発想

>擬人化
まぁ萌えられれば良いんじゃないですか?
と僕は割り切るタイプなので、もんむすだろうが細胞だろうが構いません(←

ダブルミーニング

「やらせるの」は確かにそうですが、シンヤ所長が話題のすり替えをした時点で会話は
seitekiなものですよ。やらせるのの段階でそのイメージを抱いたのなら確かに汚れてますがw

このシンヤ所長のセリフを説明的に改変すると
「あらやだ真理っぺ。やらせるとかナオヤにエッチなことさせる気?」
辺りになります。
やらせると突っ込むでseitekiな連想が出来る。を前提としたセリフ回しです。

後押しw

rexelさん連休のお供に是非!www

No Subject

どうやら僕は汚れているようです(手遅れ
2番目に浮かんだのは「突っ込め」が文字通り突撃で「いきなりドアをぶち破る」イメージだったんですがw
数回見直してやっとそこに至ったと言う・・・(^^;


おっとrexelさんの年末年始が潰れるか?(2424

妄想屋さんへ

ごめん、それはフォロー出来ねぇwwwwww

8番目はね、寄生獣同様に中弛みしない作品なのよ?読みだしたら止まらなくなる事請け合いよ?

Re: 好酸球8番目

連休最終日になりましたが、ぶっちゃけまだ買ってはおりません。いまだ悩み中。
既刊15巻は長え…


代わりに全然別の作品を買いました。既刊3巻で、今月4巻が出るやつ。
足を怪我して走れなくなった女子高生が恋に悩むマンガを。

No Subject

おー流石に足踏みしますか。まあだろうなぁwww
重すぎず軽すぎずのバランスなので馴染み易いと思いますよ。

???また知らない可能性が…いや今回は素直に記事を待ちましょうw
下手に探ろうとするから悔しくなるのが分かったのでwww

Re: No Subject

いつまでも悩んでいても仕方ないので、結論を出したことだけこの場でご報告しておきます。

新たに買った作品についてはおそらくご存知じゃないかと思いますけどもw
ぼかしにぼかしてあの表現になりましたからね。女子高生が恋した相手を書いてたら、きっとピーンと来るんじゃないかと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1155-cefcde8c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター