社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

怪異と恋愛をめぐる絶妙な雰囲気作りに目が離せなくなる… 『虚構推理』

虚構推理

虚構推理 原作城平京 漫画片瀬茶柴


恋愛×伝奇×ミステリと銘打たれた、雰囲気たっぷりのこのマンガが気に入りました

小説を漫画化されたものということもあって、その雰囲気作りには独特のものがあるだろうとはわかるのですが
それを差し引いても物語から伝わってくる「空気」が何だか温かいようで冷たいようで、和やかなようで緊迫するようで
ページをめくる手が止まらないという事態になってしまいました


買うに至ったきっかけは、どの作品だったか、最近買ったコミックスに挟まれていたチラシの中に
「1話丸々試し読み!」と何回も折りたたまれたチラシの両面を使って、実に70ページ以上に渡る第1話が載っていたこと

何の気なしに読んでみたら、異様でありながら気になって仕方なくなるその雰囲気にあてられて
気がついたら最後まで読み切ってしまっていました

ならばもう買うしかあるまい、ということで早速注文
そしたら2巻が翌月発売ということで、また楽しみになったという

で、昨日2巻が届きましたので早速記事にしております


そんな俺が気に入った試し読みはこちらから


この第1話ですね
途中までは普通なんですよ

第1話ってことでそれなりに期待を持ちながら読んでいきますから、どこかで「何かの展開」があるんだろうと期待しつつ読んでいって
実際にそれが起こるまでは期待の持続性によって読み進んでいけるかどうかが決まります

この作品の場合、何かの展開が起こるまでの部分については、物語の中心となる1人の少女の「恋愛」の要素によって
読者の興味を惹く構成になっており、積極的でありながら純粋なのか打算的なのかよくわからない彼女の言動が
新鮮な感覚を抱かせるように仕上がっているんですね


そして、彼女が恋をしたその相手が主人公となる青年なわけですが…

彼にはすでに恋人がいたということで、がっかりした少女がそれでも片想いのまま時を過ごしていくうちに
結婚間近と思われていた2人が何と別れてしまったらしいということで、俄に話が動き出します

早速彼に声をかけた少女は、いきなり告白すると同時にどうして彼女と別れることになったのかを質問しました


ここからが、ここまでただでさえ通常の作品と違うものだったこの作品の雰囲気が、さらに一変する展開となります


2人で行った旅行先、夜道を歩いていると「カッパ」に出会ったという
明らかに異形なる存在であったそれは、一目見ただけで常識の外にあるものだと認識できるものであり、
それゆえに純粋な恐怖を駆り立てて当然のもの

普段は強く頼もしい彼女が、「それ」を目にした途端恐れ怯えて、自分にしがみついて震えた

僕にしがみついた



恐ろしいものを見た自分の彼女が、怯えて震えてしがみついた
男としてはその後何をどうするべきか、やることは1つしかないと読者にも容易に想像できるわけですが
しがみつかれた彼はどうしたかというと



脱兎のごとく逃げ出した

そんな彼女には目もくれずに、恐怖のまま逃げたのだと

だから、「そんな人だとは思わなかった」と言われて別れることになったのだ、と


読者の頭にもすぐに浮かんだ想像とは全く正反対に、恐怖のあまり彼女を放って逃げ出したとはあまりにもあんまりで
ここまで読んだ時点で、「じゃあここからこいつが何をどうすることで話が展開するのか」と
こちらの興味は僅かな失望感を引き連れることとなりました


しかし、そう思ったのは作者の手のひらの上


その次のページをめくった時、そこからが本当の物語の始まりでした




どちらです?

主語をはっきりさせてください
サキさんを置いて逃げたのはどちらです?



ここで一気に惹き込まれることになりました
完全に作者の狙い通りの思考をしてしまった感じです

そこからは、なぜそんな発想に至ることが出来たのか、少女の抱える事情と
彼に惚れきっていることによる積極的で打算的な掛け合いを楽しむ話となりました


そして1話最後に明かされる彼の秘密

青年と少女と、それぞれの事情を抱えることになった時期がともに十一歳であるという共通点に気がついた時
明らかに何らかの伏線になっていると思って、これはもう買うしか無いという結論に至りました


上記リンクから実際に試し読みを読んだ方
1話と同じくらいのページ数のある第2話では、「サキさん」がメインで登場して話の本筋にガッツリ関わる事態になっております


「怪異」を相手にする異様な雰囲気に満ちていながらも、主人公の青年をめぐる恋愛バトルもあり、
それでいて「怪異」の正体を解き明かそうとするミステリ的要素も併せ持つ

それぞれ独立して作品を成立させることのできる要素を、うまく絡み合わせてバランスをとっている構成力は
見事という他ないでしょう

少女の持つ打算的な性質は、「怪異」が持つ黒さと恋愛バトルにおけるコメディ的な黒さを絶妙に中和・混合するスパイスともなっていて
そんな彼女を中心として、今でも未練たっぷりのような元恋人同士が再会する

怪異の正体も恋愛の行方も妙に気になってしまう物語


もっと違う形で一言で言えば、不死な主人公に恋したヒロインが人外相手に頑張るマンガです


再掲しておきましょう
試し読みはこちらからどうぞ










 




COMMENT▼

イイネ!

前作の絶テンは知ってたんですがコイツは未チェックでした。

買い決定

ちなみにrexelさんが騙された例の部分ですが、私は騙されませんでした。
「そんなサキさんには目をくれず」の言い回しが引っ掛かったんですよね。
既に抱き着かれているのだから振り切ってか、または突き放してが正しいはず。
目もくれず=距離がある。となると、逃げたのは河童の方か…と。
で、その後で男の方が逃げたみたいな話になっていってあれれれ?と
結局は私も騙され掛けたのですけどwww

まあ知らない作品は当てらんないわな。じゃ買いに行ってきます!

怪異と聞いて

すぐに某シャフトアニメが浮かびましたが全然違った(・_・)
記事内容見るに中々楽しそうなので、時間あるときはチェックしたいと思います

No Subject

コミカライズは未読でしたが、原作小説は大好きな作品です(続編希望!)
試し読み早速チェックしましたが、岩永さんのたくましさ・したたかさがイメージ通りで何よりですw

遅ればせながら漫画の方も追い掛けてみようと思います(^^;)
第1話を読んだ限りでもアクション要素増量で行くようなので、ストーリー後半の盛り上がりが今から楽しみ♪

面白いのですが…

面白すぎてゲーム時間と睡眠時間を削るのは止めて欲しかったwww

2巻まで読んでそのまま2周したくらい!
あざっしたっ!

Re: イイネ!

皆様コメントありがとうございます。

皆様も充分当たりのようでよかったです。ぱいなっぷるさんはガラケーでは試し読み見れなかったかな?

それにしても、あの独特の雰囲気作りはどうやったらできるようになるんでしょうねえ。
ジャンプの新人さんたちにも教えてあげて欲しいくらいですわ。

では同じ雑誌からこれを

Re: では同じ雑誌からこれを

虚構推理にチラシとして挟まっていましたね、これ。試し読み付きだったので読んでみましたけど…

これはまあ、無い、かな。

あくまでチラシの試し読みを読んだ限りでの解釈ですが、愛すると殺すが同時に成り立つ価値観を魅力的には感じませんでした。殺すの比重が軽すぎます。

No Subject

同時に成り立ってないですよ?
「愛してるから殺す」ではなく
「愛してるのに殺意が湧き上がる」んです。
恋愛感情が殺意に置き換えられた、が正しい認識です。
(本当は違うっぽいですがネタバレになるので)

もっと分かり易い表現

性衝動→殺害衝動
殺したくないんですよ。しかし湧き上がる欲求は本能的で抗い難いものがある。
チラシがどこまで載っていたか分かりませんが、
出来れば1話丸々の試し読みを読んでから再度感想を聞きたいです。
無論、余裕が出来てからw

Re: No Subject

先に謝ります。
チラシに載ってたのは「1巻未収録の番外編」だったようです。
サイトの試し読みの中身とあまりにも違ってたので、まだ捨ててなかったはず…と思って探してみましたら、全然本編の試し読みじゃありませんでした。
ごめんなさい。


で、実際に1話を読んでみましたけども。
こういうことならまだ受け入れられそうです。感染だか何だかわかりませんが、「その状態」を異常と自覚しつつ、でも抗えないことに葛藤し苦悩するというのなら話に深みもありそうですね。

ただそうなると、今度はディープ過ぎて読むのに重たそうなんですけど…

No Subject

1巻のラストは衝撃的でした。十中八九ミスリードだと思いますが、それでもビビった。

ご推察通りかなりディープです。しかしこの先の読めなさはrexelさんには新境地となるかも…

Re: No Subject

うーむ。
ここまでディープなやつは読んでて疲れそうなので少なくとも今はやめておきたいかな…。

そのうちちょっと元気が出てきたらまた考えてみますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1136-ca70fd70

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター