社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

磯部磯兵衛と一緒に編集部も乱心していた2015年週刊少年ジャンプ48号感想

2015年週刊少年ジャンプ48号感想

血迷ってたのは表紙だけじゃなかったww


今週のアンケ順
巻頭カラー 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
ワールドトリガー


その他
・ONE PIECE
・僕のヒーローアカデミア
・暗殺教室
・食戟のソーマ
・ブラッククローバー
・左門くんはサモナー
・特別読み切り たくあんとバツの日常閻魔帳
・ニセコイ

結局相卜との絡みは普通にアレで終わりだった斉木楠雄と
大関部長がとってもいい顔してた火ノ丸相撲と
せっかくのカラーなのにみなとちゃんが目立ってなかったものの歩と
次回でいよいよか…って感じのカガミガミと
次々回でいよいよか…?ってベストブルーは省略


巻頭カラー 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

今週のアンケ1位にした俺もだいぶ血迷ってるかもしれない

でも今回はだいぶハジケてると思うんですよ編集部
表紙&巻頭カラーもそうですけど、巻頭カラーなのに本編は安定の巻末だし
仲間先生がジャンプキャラ全員描いた表紙はすげえシュールだし
何がひどいって、その仲間先生が描いたジャンプ主人公に合わせて表紙が作られてるのがね

今週センターカラーのハイキューとものの歩
「センターカラー!」って表紙の煽り文句と主人公のカットが、仲間先生の描いた日向と信歩の横に配置されてる
絶対わざとだろwwww

そんで、ほっといても一番目立つ歌舞伎宣伝のルフィは、コンビニの本棚でも見えるように表紙の一番上というね

だいぶ色々とやらかしとる


でも一番ひどいと思ったのは、両さんとルフィの間にいるこいつは誰だと割と本気でわからなかった俺かもしれない
そうか…土屋くんか…


本編の方は、せっかくのめでたい号で風邪引いて寝込んでる磯兵衛
そこにみんながお見舞いにやってくる体で、みんな登場という流れでした

看板娘ちゃんまでも見舞いに来てくれるとか磯兵衛これで一生分の運を使ったのではなかろうかw
全く予想外だったでござるよ

フラグ立ってるようで立ってなくて、そのひょっとしたらって雰囲気も自らぶっ壊すフラグクラッシャー磯兵衛の安定感

うむ


今週の1位はこれで悔いなしである


背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

いいねえいいねえ
メインは新キャラの登場だったんでしょうけども、その横で着実に進んでるものがありますねえ

わたりちゃんしっかり聞こえとったんやあのセリフ
実に素晴らしいのである
だからもっかいこのドレスっていいじゃないかいいじゃないかいいじゃないか

当の土屋くんは自分のそのセリフを覚えてるのか覚えてないのか、はっきりしないリアクション
ひらりちゃんがめっちゃイラッとしとるwwww

確かにねwww
もっと他に言うことあるやろって俺でも思いましたからねwwww
イラッとしたひらりちゃん略してイラりちゃんいいぞもっとやれ

でもひらりちゃんはそういうポジションになるのなら三角形は出来上がらないのかな?


で、新キャラと御木くんによる土屋くんを巡る争い
あえて変な書き方をしましたが、間違ってないよね

あの性格の土屋くんが本番前にライバル新キャラと因縁を作るなんてできるわけもないのを
代わりに御木くんがやってくれました

これは上手かったですね

本人の関係ないところで勝手に疑問を持って、違う人が勝手に答えを突きつけようとする
でも「彼のダンスを見れば分かる」なんて言うもんだから勝手にハードルを上げられるという

これは土屋くん負けられない理由が1個増えたね
ガンガレ


ワールドトリガー

また来週休載か…
葦原先生…

嵌められたヒュースとエネドラ
これはハイレインがいい仕事をしましたね

ヒュースが本心では戻りたがっているという情報
オサムにしてみれば、今後を決めるための貴重な材料が増えたことになりますが
さあこれをどう使うでしょうか


鉛弾の練習をしているチカちゃんの方は割と順調なようです
銃手用の鉛弾を試すなら、射手用のアステロイドも追尾弾もやってみたようで
中距離トリガーを駆使する狙撃手というのは変則的でいいかもしれない…と思ったんですが

こうまですんなり「いい感じじゃん?」となってるのは、レイジさんに否定されるフラグのような感じもあります
理由はさっぱり想像つきませんが…

ただよく考えたら、銃手・射手用トリガーと狙撃手の組み合わせってのは別にユズルや鳩原じゃなくても
思いついていいことだとも思うんですよね

それこそレイジさん以来の完璧万能手を目指してる荒船さんとか、試してそうなんですけど

元々のトリオン力って差はあるとはいえ、それでも誰もやってないってことを踏まえると
実は決定的なマイナスがこの方法にはあるってことだったりするんでしょうかね


そして、出撃直前のガロプラ連中がお出ましとなりました
近界民とは思えないほど普通の姿してますなあ

ハイレインたちは、大仰なマントがあったことでまだ何となく「異界人」みたいな雰囲気ありましたけど
こいつらの場合はボーダーの隊服にも似た姿で、普通っぽさが満載です

あるいはそれも意図的な特徴付けだったりするんですかね
配下の国ということで、拐われて洗脳された連中だったりする、とか


迅の予知が大きなカギを握るという今回の防衛任務
B級ランク戦も続いている中、オサムたちはどんな形で関わることになるのでしょうか


ONE PIECE

落ちてきたのは何だったのか、結局よくわからないままとりあえず登るだけ登りきりました
…へたくそな竜がw

ロビン姐さん何でそんな大げさに泣いてんのw
花供えてんじゃねーよw


錦えもんとカン十郎が落ちましたけど、あれ声はどうやって聞こえてたんだぜ
単純に大声?


で、早速先住民との接触
でもナミの服を着てたりしていきなりキナ臭さは全開のようです

こじ開けられた跡のある門といい、今回の舞台もすでに問題を抱えている模様
カイドウ絡みかな?


僕のヒーローアカデミア

八百万ちゃんの考えは、胸を使った大胆な作戦でした


…いや、間違えました
胸の先から出したモノを使った大胆な作戦でした

え、まだ違ってますか?


創造の個性は途轍もないですね
必要だと思ったものをその場で創り出せるとしたら、こんなに頼もしいことはありません

どんなものを使ってもいいからとにかく作戦を思いつけるだけの知力があれば、すごい有用な個性ですよ

それをわからせ、自信を取り戻させるために相澤先生は捕まったのでしょうか
手を抜いたわけではないとしても、何が何でも相手をねじ伏せることが今回の目的ではなかったからですね

個性消去の個性が弱まる後遺症を負っていた相澤先生
それでも教師として導こうとしてくれるこの人はいい先生ですね

全体放送で知らされる決着の結果
やはり推薦組は強いと、皆に知らしめることにもなったでしょう

体育祭の時から断片は描かれていましたが、どうやら眠らせる個性らしいミッドナイト
峰田を起きたままにしているのは、そうしちゃうと教育にならないからでしょうか
つまり、より指導が必要なのは峰田の方だと
正しいなw

でもそうやって他のところも見せてくれるなら、お茶子ちゃんのところも…
わざとか?わざと描かなかったのか?

実は2番目のクリアがお茶子ちゃんだったりするのか?


そして来週は巻頭カラーで大発表って
あれ、巻頭はこの前やったばっかなのにまたなの?

この前巻頭カラーで人気投票結果発表したばかりなのに、このスパンでまた巻頭って
その上重大発表ってもうアレしか無いだろ常識的に考えて


巻末予告ページ、構図の関係かわかりませんが
出久より芦戸ちゃんのほうが存在感あって主人公っぽいのであるw


暗殺教室

最後の暗殺シリーズはまだ始まりませんでした

今回はカルマくんがもう1つ成長する話
つまり、この要素が今後のクライマックスで必要になってくるわけですかね

冒頭で殺せんせーが例えに使った小さなイザコザ
一流のプロはそんなものにはこだわらず、あっさり詫びてその後の仕事に集中するのだと

対して、今回の悪役外人たちはその小さなイザコザを敵の戦力分析のために使っていました
あえて自ら仕掛けて、相手の情報を少しでも得ようとする

つまりは、殺せんせーが例えで出した「一流のプロ」よりもさらに上であることの暗示なんですかね


イトナの親父登場は何だかとってつけた感もなくはないですが…
後顧の憂いを少しでも失くした上でラストに臨もうとかそういう感じなんでしょうか


食戟のソーマ

極星寮にはやっぱり学園総帥の権限が及ぶ道理はありませんでした
独立採算で自治やってんだからそりゃそうだよな

それでも強引に立ち退きを要求してきた叡山ですが、つまり平たく言えば
このまま寮に居座るならば全員退学ってことですかね

寮そのものは残ったままでも、寮生がいなければそのうち潰れるという発想


美作の時よろしく、やってきた敵に茶を出して話をしようとする創真ですが
やっぱり食戟のことは考えたようです

しかし、それすらも薊の手の中


甲山先輩の犠牲により明らかになったのは、学園でこれまで鉄の掟となっていた食戟の形骸化でした
審査員が全員片方に味方して、食べる前から判定を出しているとは茶番もいいところ

「敵対する者はすべて料理を持ってねじ伏せるべし」との掟であった食戟が形骸化したことは
つまり争うこと、競うことが許されなくなったことを意味するわけですね

それもまた、模倣の強制


そしてこれがもたらすもう1つの重大事は、実力で十傑入りを成すための手段が奪われたということです
この様子では、学園の運営に直接関わらない食戟であっても茶番のようになるのでしょう
すなわち、逐一薊が認めた者や料理しか有益と見なされないということ

十傑入りもその延長として、薊のお気に入りにならなければその権限を与えられないということになるでしょう

改革の名のもとに少しずつ骨抜きにされていく遠月学園
今はまだその衝撃ばかりが描かれていますが、これでもまだ全貌が明らかになったわけではないですね

この計画のどこにえりな様が関わることになるのか
それがわかった時が最大の衝撃となるのでしょう


ブラッククローバー

相変わらずディスりを忘れない彼らは見事なキャラの貫き方である
でも、だからってそこから逆説的に自分らを鼓舞できるのがすげえわとも思いませんけども…

敵が撤退した先に魔法帝がいたのは、一瞬普通に騙されました
「え、魔法帝裏切ってんの?その展開やるには早すぎね?」とか全然関係ない心配をしてしまいました

普通に迎撃だったよ魔法帝
ゴメンナサイ

しかも激強だよ
何だこの人
超すさまじいんですけど

早い者順で先に降伏した1人だけ助けてあげるよとかどんだけの煽り方だよ…
この性格の悪さが確かな強さ描写になってるとかすげえな


とりあえず全員シメたのにまだ終わってないような口ぶりですが
この先に何かあるんでしょうか




ていうか連れ去られた先に魔法帝がいて、さらに何か一緒に行動する感じになるって
すげえ主人公特権だな


左門くんはサモナー

ネビロスの手紙とか、悪魔な天使ちゃんとか、ファンクラブの連中とか
今回も台詞の端々は光りまくってましたね

この掛け合いのセンスは活かしていきたいよなー

特に悪口方面での表現の仕方がとてつもなくひどいw


からの、「逆のことばかり言う」ニセモノを使って天使ちゃん本心を垣間見せてのオチ
王道ですが、ここまでギャグで振りまくってからの締めですからしっかり決まってました

まだまだラブコメとかにはならないでしょうけども、導入としては充分アリでしたね


特別読み切り たくあんとバツの日常閻魔帳 井谷賢太郎

2015年NEXT Vol.1掲載の同名読み切りのリメイクですね
銀魂のアシさんをやってたということで、それっぽいギャグシーンもありました

画も綺麗ですし、バツちゃんのお風呂カットも自然な入れ方だし、単純な学園退魔ものにはなってないし
全体としては非常によくまとまっていたように思いますが、どうにも最後まで乗りきれませんでした

何が引っかかるんだろうと、NEXTの自分の感想を読み直してみたら判明

前の読み切りと同じ欠点が残っていたんですね

主人公の「悪意」が冒頭から登場までの間でどこに秘められていたのか、それがわかんなかったんですよ

読んでいく最初は、何か経緯があってやむを得ずバツに従って動いてる「巻き込まれ系」なのかと思っていたんですけど
「悪意覚醒」みたいな場面が出てきて、少し挟まれた回想を見れば、主人公は割と積極的にその活動に関与しようとしていたんですね

首がしまらないと動こうとしなかったり、かと思えば拐われた女の子の友達に「大丈夫」なんて言ってやったり
主人公がどっちの意思でバツに協力しようとしていたのか、それが曖昧なのです

最初こそ巻き込まれによって手伝うようになったのだとしても、その活動に自分なりの意味を見出しているのなら
読者に「どうしてこんなに協力的なんだろう」と疑問を持たせるようにしても良かったんじゃないかと

それが何となく中途半端だったように感じました
そこに突然悪意の覚醒みたいな場面が出てくるもんですから余計に戸惑うことに…


総じて、あともうちょっとというか
アンケは「別の作品を連載で読みたい」につけました


ニセコイ

先週に引き続き、シリアスとギャグの混じり具合が悪いのである…

銀魂でも同じようにシリアスの中にギャグを入れることはありますけど、感じ方は全然違いますねえ
何が違うって、危機的状況を乗り越える手段にギャグを使っていないからなんですかね

いや、銀魂はコミックス持ってないし感想も書いてないし、そこまで真剣に読み込んでるわけではないので
ひょっとしたら違うかもしれませんけども

先週の小野寺さんの料理しかり、今回の千棘の怪力しかり
今まではラブコメの範疇の中でコミカルな要素として描かれ、処理されてきたものを
このシリアスな場面で普通に選択肢の1つとして考えていることがまず1つ

鶫の戦闘力や戦闘シーンはまだわかるんですけどね


続いて、敵モブたちが何かふざけてるのが1つ
「くそー俺達で最後かあ」って何ぞそれ

橘家配下のヤバイ奴ら、みたいな印象が全くありません
ここはしっかり敵の玄人な雰囲気を出しておかないと、「それでも助けに来た」って感じが薄れてしまうはずなんですが


こんな描写をする上に、今回の楽の行動と本心も流し読みや惰性読みの人にはわかりにくくなってるもんですから
余計批判的な声が増えるんでしょうねえ

関連
「一条さんは本当に酷いことしたよね...」は妥当と言えるのか - 現実逃避


こちらの記事で、今回の楽の行動についてわかりやすくまとめられておりますので
「何この無責任な主人公」と思ってる人はどうぞ



で、ですよ

そういう訓練された読み方で今回の話を捉え直してみると、ポイントは2つですかね

まずは、御影の作戦
何かまだ続きがあるみたいな口ぶりですね

どこのハシゴを登ってるのか知りませんが、これまで楽たちを動かすばかりだった御影が
最後に?自ら何かをする必要が残っている感じです

ここに来てまだ伏線を増やしますか
前々から色々と知っていた立場からマリー本人に語りかけるとか、あるいは千花に話をするとかそういうことでしょうか


2つ目に、鉄鋼王の立ち位置

「断りきれなかった」との言い方からすると、彼もまたこの結婚を望んでいなかったような感じですね
バツ1というのは彼の有責離婚とかそういうわけではなく、死別だったと

亡くした妻の面影を忘れられずにいたのか、まだ再婚するつもりではなかったのが
その妻の件で世話になった千花の要請を断れなかったと

世話になったとはどういう経緯なんでしょうね
今のところ娘に愛情のない描き方をされている千花が、妻が病気という鉄鋼王に対して
何をどんな風にしてあげたのでしょうか

そこには普通の人らしい気遣いや思いやりがあったのでしょうか


本心では望んではいなかったとしても、形見の指輪を結婚指輪としてマリーに渡した彼は
亡くした妻と同様にマリーを大切にしてくれたのでしょうか

本田さんも鶫が察したように、今この時この場での結婚式には反対する本意を持っていたならば
裸の王様的な状態となる千花の真意が気になってくるところです



 




COMMENT▼

磯兵衛のご乱心には困ったものだ……つーかストックあるんだし少なくとも5分アニメにすれば良いのに、30秒は流石に短すぎ

No Subject

磯兵衛のご乱心ワロタw

>ソーマ
まさかの買収ダタヨ(´・ω・`)
この人どうやって十傑に入ったんだろう。。。

>ヒーロー
八百万ちゃん立ち直って良かったねぇ。
しかしオールマイトはやっぱり容赦ないな(^^;

>トリガー
そうですね、レイジさんの意見が聞きたいっす。
そして次の侵攻か。やれやれ。

>クローバー
「魔法帝裏切ったか!?」ぼくもそうおもいましたごめんなさい(小並感)
しかし強すぎるやろw
どんなチートやw

表紙は作者が好きに書いてるんじゃなくてこう書いて下さいってちゃんと言われるですよ。

Re: タイトルなし

皆様コメントありがとうございます。
今週は簡易返信で。

磯兵衛な表紙については、注文通りに描いた仲間先生もですけどあんな構図を考えたデザイナーさんとOKを出した編集部が血迷っておりますな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1126-cf645a06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター