社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

中世×魔女×一夫多妻=ダークハーレムファンタジー! 『聖骸の魔女』 田中ほさな

聖骸の魔女1巻

聖骸の魔女 田中ほさな

だいぶ前に買ってたんですが、記事にするのがすっかり遅くなりました

「鮮烈のダーク”ハーレム”ファンタジー」と銘打たれたこの作品

発売されたばかりの頃と思いますが、何かネット上で話題になってたんですよ
それで何となく気になってしまって、あらすじとか見てみたら「ほほう…」とか思ってしまって、
気がついたら手元にありました



舞台は中世ローマ
おそらく教会をモチーフとした単語と思われる「浄会」のトップ「浄皇」ヴァレンチナ
孤児として彼女に拾われ、彼女を母同然に慕う少年ニコラがこの物語の主人公であり、魔女たちの「旦那」となる男でもあります


この作品の見所は大きく2つ

1つには、魔女と浄会の戦争状況を背景とした世界観ですね

一口に魔女と言っても、作中には2種類の魔女が登場します
1つは、浄会を滅ぼそうとしている魔女
もう1つは、ニコラが娶ることになる「最初の魔女」

物語冒頭ということもあってか、2種類の魔女の戦闘は「最初の魔女」の圧倒的勝利に終わりますが
そのうち苦戦する展開も訪れるのでしょう

超常現象を引き起こす魔法を駆使するのではなく、それぞれの武器による戦闘スタイルを持つ彼女たちの戦いは
バトル要素も兼ね備えることのできる部分であり、期待を抱けるところかと思われます


この作品もう1つの魅力は、そうした世界観を構成する魔女たちそのものです

魔女は浄会を滅ぼそうとし、浄会は魔女の持つ圧倒的な武力の前にその対策を考えあぐねている状況の中で
浄皇ヴァレンチナよりの特命により、浄会の奥深くで刑に服しているという「最初の魔女」に望みをかけようとしたニコラ

その嫁候補(?)となる魔女は全部で12人もいるそうです

多すぎるw


確かにハーレムファンタジーとは言っても10人以上は多すぎるだろw


せいぜい4、5人にしとけやと思わなくもありませんが、まあ夢があると思うことにしましょうか
ホントに12人ともがニコラと「そうなっちゃう」とはまだわかりませんしね


じゃあなぜ、ニコラと「最初の魔女」が夫婦になる必要があるのかというと
「聖約」という彼女たちを蘇らせる儀式のためでした

現浄皇よりもはるか昔、100代以上も前の浄皇との約定により、左手の薬指が欠けた状態で鉄処女の中に収められ、
白骨体となって刑に服していた彼女たち

その蘇生のためには、欠けた薬指の骨を返してやる必要があり、それを「聖約」と呼ぶのでした

「プロポネール」とルビの振られていたこの「聖約」
左手薬指という場所と、プロポネールという響き
その通り、聖約とは魔女たちにとって結婚を意味する儀式だったわけですね


そうとは知らずにニコラは2人の魔女を蘇らせてしまいました

1人は、古風な口調で会話するエゼルバルド

聖骸の魔女 エゼルバルド




もう1人は、口調も行動もちょっと大雑把な感じのウプスラ

聖骸の魔女 ウプスラ



1巻分の話ですから、まだまだ彼女たちのキャラは全然深められてはいないんですが
1つだけ明確に特徴づけられていることがありました


それは、魔女の力に対する供犠

聖約を交わした相手から捧げられる供犠が魔女の力の源となるらしいのですが、
その供犠がそれぞれ違っていたんですね


エゼルバルドは涙を、ウプスラは血を
それぞれ口にすることで力を発揮していました

つまりは体液ということでしょうか

2人の必要とする供犠が異なっていることは、全部で12人いる最初の魔女たちは、
それぞれ異なった供犠を力の源としていると想像できますが、じゃあ残りは何になるんでしょうね

涙と、血ときたら、じゃあたとえば唾液
たとえば汗

あと男の体から発生する体液といえば何があるかな
えー、…せ(ry

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン





大変失礼致しました








…あれ、意外と体液って種類ないのか?

あと浮かんできたのは鼻水とかなんですけど、それはさすがに嫌だw


12種類もないとしたら、じゃあ4種類くらいのいずれかを供犠とする属性別的な感じになるんでしょうか

それはそれでどんな違いを出していくのか興味深いかもしれない…




それにしても、12人というのがやはり気になるところですね

通常、こうした同胞たちを蘇らせてその力を得て…なんて話の場合、その対象を旅して探すことも物語に含まれるんですよね
『結婚指輪物語』なんかもろにそうですし

ていうか複数の魔女たちと結婚してその力を得て戦おうとする、って何となく『結婚指輪物語』と似てるかもしれないとか思ったり
それが買う気になった一因とも思います


話を戻しましょう
この『聖骸の魔女』の場合は、聖約を交わすことで力を借りることのできる最初の魔女たち
どっかに散らばって刑に服しているのではなく、白骨体が収められた棺はすべて浄会の奥にありました

つまり、この1巻でニコラが蘇生させたエゼルバルドとウプスラは、その2人しか見つけられなかったわけではなく
たまたまだったんですね
彼女たち以外にもまだ白骨体は存在していたのです

ただし、それら白骨体を蘇生させるための鍵となる左手薬指の骨を今誰が持っているかが
1巻ラストの時点では不明確なんですよね

浄皇ヴァレンチナの命によりニコラが所持していたことで、刺客の襲来への対処として2人目のウプスラを蘇生させたわけですが
その直後、1人目の嫁となるエゼルバルドとの修羅場のために鍵はどうなったかが描かれませんでした

もしまだニコラが持っているとすれば、いつどのタイミングで次の魔女を蘇生させるかが作劇として非常に重要なことになります

重婚の咎により浄会から追放されることになったニコラ
浄会に保存される残りの白骨体とそう簡単に接触を持てるとも思えませんが、3人目、4人目の蘇生はいずれ訪れることでしょう

あてもなく探す必要があるのではなく、所在は大体わかっている状況において
いつそれを必要とするのか

それは物語の行く末を決めるに非常に重要な役目を果たすものとなるでしょう



とは言え、聖約を交わした「旦那」からの「供犠」によって圧倒的な力を発揮することのできる魔女たちと
主人公との一夫二妻な旅路


試し読みがこちらからできます

聖骸の魔女 【電子書籍のソク読み】豊富な無料試し読み

何か中途半端なところで切れますけど…


ダーク”ハーレム”ファンタジー

この言葉にピクッと来た人は買ってみていいんじゃないかと思います









 




COMMENT▼

No Subject

「時坂さんは僕と地球に厳しすぎる」

田中ほさな先生の過去連載作のタイトルです。これですっかり惚れ込んだんですよ!
では「買い逃し」していましたので行き付けの本屋に行って来ますw

買いましたー読みましたー

最高コレ~!

鍵は十中八九浄会が保管しています。根拠は
1.ニコラが発言するまで「浄皇さえも始まりの魔女を記憶から消していた」
2.ニコラが浄会から旅立った後に「合鍵を作って残りの魔女を運び出している」
永らく忘れていて、寝殿を知られたのも想定外。その状況で前以て合鍵は作らないと思います。

多分、幾人かの始まりの魔女は敵に回るのでは?と思っています。それを踏まえると
「汗」と「唾液」で二人かなと。体液に拘らなければ「皮膚」や「毛髪」も考えられますが、
「せ」と同様に描写的に難のある代物は持ち出さない気がします。

Re: No Subject

実は一緒に『乱飛乱外』も買いました。が、時坂さんのほうは買ってないですね。試し読みを読んでもそれほど惹かれなかったというか。


12人の始まりの魔女のうち、確かに全員が味方になるわけはないですね。どの程度のバランスにするか、それもまた作品の命運にかかわる判断になるのでしょう。あとは供犠の中身もね。


1巻全部がそのままプロローグとなっていた本作。2巻からが本章ということになるのでしょうね。普通に楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1087-5bc5f823

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター