社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

本音の中に秘められていた彼女たちの存在感… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2015年WJ3738_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さあて
今週も例によって見ていくことと致しましょうか


今回もまた、比較的悩むことなくすべてのエントリーカットを決めることができました

今週のエントリーは全部で3枚
まあ普通くらいの枚数ですね


しかしその全てのカットに、「存在感の主張」が共通していたように感じます
それは、それぞれなりの形ではあるのですが、しかし主張するものが確かにあるカットたち

その中で、最も強く主張していたカットが今週のベストショットと相成りました

それでは、早速1枚目から見て行きましょう

今週最初のエントリーはこちらです!


 











































2015年WJ3738_3

水着姿の主張が何だか半端ないナミです

昨日の感想の中でも触れていましたけど、このナミはなーんかやけに目立ってるんですよね

何故か


1つには、確かに色使いという理由があるでしょう

透き通るような肌色と海の青さとのコントラスト
真ん中で、黄色い浮き輪とタコに絡まれているロビン姐さんたちと違って、
ナミの方には海と青ダコが後ろにいるだけなことで、最前面にいるナミの素肌の色が強調されていると考えられるのです

しかし、おそらく理由はもう1つある


何だかね
ちょっと大きく描かれているような気がするんですよ

意図的なのか無意識なのか、それはわかりませんが
飛び上がってるルフィたちに比べて、このナミは何だか描かれたサイズがちょっと大きい気がするんです

おかげで普通以上に目にとまることになり、それによってさらに胸とお尻の大きさが実際以上に感じられる

色彩のコントラストと、遠近のズレ?による存在感
ナミ本人が意図しているものではない主張がそこにはありました


では続いて2枚目はこちら







































2015年WJ3738_2

優勝の栄誉に静かに浸るリオ先輩です

いやー、このリオ先輩は美しいですね

ここにある存在感の主張は、もちろん優勝者としてのそれですよね


入場直前、様子のおかしかったわたりちゃんを抱きしめたことで生じたかもしれないマイナス印象
そんな評価になっても構わないと思いながらの行動でしたが、土井垣部長に諭されて気がつく1つの可能性

それで落ちたらあの子達が責任を感じてしまうかもしれないこと


「そうやってすぐ正論で黙らせようとする」なんて悪態をつきつつも、リオ先輩がそれを気にしないはずはありませんでした
なぜならそれを正論と認識できるくらいには納得したからです

じゃあどうしたらいいか


答えは1つ
負けなければいい


元から負けるつもりはなかったでしょうが、負けられない理由が1つ増えたわけです
それは先輩としての意地であり、愛情でもあり


そして本当に優勝してしまったリオ先輩
…と土井垣部長

その胸中に湧いていたのは「これで文句ないでしょう?」という正論への反抗と
さらには自分たちの姿を見る土屋くんとわたりちゃんに背中で語る激励

わたりちゃんにどんな事情があるのかはわからないとはいえ、それを乗り越えた先には
こんなにも輝く美しい姿が待っていること

優勝の事実を素直に受け止めつつ、上品に礼をしてみせる様子は
魅せる姿で伝えようとしたリオ先輩なりの応援だったのではないか

そんな風に思えてくるのです


優勝者となれば自然と注目が集まり、存在感を持つことにはなりますが
その感覚をあえて自ら主張することで、初舞台を完全燃焼できなかった後輩に何かを示そうとした

そんなことを考えてしまいました




はい

それではお次が最後
3枚目です


すなわち、今週のベストショットはこちらです!

















































2015年WJ3738_1

楽の目に映る真剣なマリーの姿


これです
これが今週のベストショットです

先週に引き続き、ここからマリーがベストショットとなることが連続するだろうと予想されますが
それも仕方のないことでしょう

最も想像の余地があり、最も気持ちが強く描かれた瞬間をベストショットとして捉えようとした時
ラブコメのヒロインがついにその恋に決着をつけようとしているわけですから
気持ちがこもらないはずはありません


ただ、そうした意味で行くと「まさに最後の告白をした瞬間」の姿がベストショットとなっても
おかしくはなかったんですが

あえてこちらとなったのは、これが「楽から見たマリーの姿」だからです


相手の本心を知りつつ、なお自分の恋に正直だった女の子の姿
そんな真剣な想いに曖昧な態度をとる自分に、それでもめげずに積極的であり続けた女の子の姿
ありったけの想いを乗せて、懇願するように言葉を紡いだ女の子の姿

今まで自分がどれほどひどいことをしてきたのか、ようやく楽は理解しました


それをわからせたマリーの真剣な姿

いや、マリーは今までもずっと真剣でした
コメディのように描かれていることも多分にありましたが、それでもその行動のもとにある感情は
どんな時だって本心からの本気だったのです

しかし、そのことが却って楽に真剣さを感じさせないという逆効果
好きと言っても愛していますと言っても聞き流され、呆れられ、話題を変えられる

楽の小野寺さんへの想いに気づいていたことを告げることは、ある意味でマリーにとって最終手段の1つでした

それを知っていて、なお猛烈な攻勢をやめなかったこと
半分冗談のように感じられていたかもしれない積極性は、実は確かな決意に裏打ちされたものだったこと

しかし、それは言ったが最後、楽との関係を決定的に結論づけるきっかけになるものでした

だから、自身の真剣さを楽にわかってもらうために有効な方法でありながら、それを実行するのに
今回まで掛かってしまった


その効果により、マリーの心の底からの真剣さは楽に伝わりました
それを示すのがこのカットなんですね

マリーの顔を正面から見据えて、自分にここまでの想いをぶつけようとする女の子の姿を
ありありと感じ取ること

同時に、自分のしてきたことがどれだけ愚かしいことだったかに気がつくこと



ただ最後の告白をした姿だけでは、語るには足りない
その告白によってどんな感情が生まれたか、どんな可能性が生まれたか
それを感じられたからこそ、このカットが今週のベストショットでした


それでは今週はここまで…!

COMMENT▼

No Subject

まあ今週はマリーしかないですね。しかもベストショットに選ばれた一枚を私も選びました。

No Subject

そうですね、今回はマリーがベストでしょうね

ダンス部の先輩も美しいですが
目を瞑って覚悟を示す田所ちゃんも良かったですが
まぁマリーですね

因みに見開きで楽に迫ったマリーも良かったですぉ

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

やはり今回は皆さんマリー一択のようで。まあそりゃそうですわな。問題は、次回からもひたすらずっとマリーが続くことになるのかどうかというところなんですが…。

そうなると見栄え的に代わり映えしなくなるなあというこっちの都合とは別に、作劇的にどんな感じになるんだろうかっていうのが心配だったりして。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1081-87fcee90

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター