社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

ジャンプ+ 感想 その5

ジャンププラス5


時々書くようになった感想ももう5回目って結構きたな



 





KISS×DEATH

前回感想でも書いてましたが、ジャンププラス内で未だにこのマンガが俺の中では一番です

今はちょっと展開としては繋ぎ回というか、タメの部分にあたるところのようで、
それほど盛り上がっているわけではないんですが

それでも期待感が充分持続できるのは叶先生への信頼があるからでしょう

先日の更新でも、期待通りのラッキースケベを発動させつつも
お互いのリアクションに一工夫されてあることで新鮮な読み味があったりしてね

あれは何かとってもよかったですよ

思いがけずおっぱいを触られてしまった駒形ちゃんが、しかし大声を上げたり衝動的に主人公をぶっ飛ばしたりするでもなく
冷静に催涙スプレーをかけたりして

でもそんな人間相手のアイテムが効かないZは、何か柔らかいものに触れたらガスが出る仕掛けか?って何回か試した後に
触ってるモノの正体に気づいて、催涙ガス関係なしに自ら気絶という

「主人公のラッキースケベは、相手の女の子にぶっ飛ばされることを含む(リトさん以外)」という法則を
宇宙人の特性を上手いこと使って違う展開にしてくれたこのシーンは結構好きでした


そんなページを見て何か和んでいたら、そんな雰囲気をバッサリぶった切って訪れる黒い展開
施設の地下で見つけた怪しい装置と大勢のモルモット

早速見つかった駒形ちゃんが彼らに襲われる…なんてことは予想したくありませんが
Zの元には2人目となるNo.2まで現れてきました

美少女の笑顔の下に隠された地下実験の真意が恐ろしいですよ

1人目の捕獲からしばらく薄められていたダークさが、ここにきて一気に増してきました

緊迫感とスリル、そしてそれを肌色で彩るサービスカットに今後も期待したいものです


SOUL CATCHER(S)

祝 週刊連載再開

本誌で見られることを至上と思う俺としては、NEXTよりマシかもしれないとはいえ、
プラスでの連載を手放しで喜んでいるわけではありませんが、それでも一応祝いたいと思います

このマンガの続きをちゃんと読んでいけるということが、何よりもありがたいことですからね


先ほどプラス作品の一番は『KISS×DEATH』だと書きましたが、このソルキャが一番の対抗馬ですね

今回はまだ移籍第1回目ということでご新規さんへも配慮した勧誘・導入的お話でしたので
まだまだ叶作品に取って代わるという勢いはありませんでしたが、しかしそれでも
今回ひさびさにプラスの感想記事書いとこう…と思ったのはソルキャの感想を書いておきたかったからです

それくらいは普通に期待してる


で、肝心の内容はといえば
先ほど触れたようにご新規さん取り込みも意識されていた話だったことで
今までずっと追いかけてきている俺みたいな読者からすればちょっと物足りない面はあったでしょう

内容をシンプルに言えば神峰の心象可視能力と指揮によって、悩める人の心を解き放つという
NEXTでの移籍1話目でも繰り広げられたパターンを踏襲したものでした

ですから、言ってみれば今回の話はちょっと寄り道的な、読まないなら読まないでも済むものではありましたが
そこは神海先生

このマンガの玄人向けに、仕込みをしてくれていました


今回救われる役目となる新キャラが邑楽先輩の弟とはね
必然的に邑楽先輩と神峰の絡みが増えるようにするとはね

やってくれますよ

そもそも1ページ目から、ベッドの上でリラックスして本とか読んでる邑楽先輩ですからね
これは惹き込まれざるをえないだろ常識的に考えて

両足の指の間に挟んでるのは、健康グッズか何かですか?

ていうか邑楽先輩に弟がいたとはね
よーしちょっと俺と代わろうか弟くん

お姉ちゃんが邑楽先輩とか、前世でどれだけの徳を積んだらそんな幸せな家庭に生まれてこれるんですか?
それでいて明るく活発な幼馴染の美少女がいるとか…
おいどこの主人公だお前は

ああもう
そんなことばっかり思ってしまったら弟くんが救われる展開にさっぱり感情移入できてないんですけど

でも移籍1発目っつって用意されてるせっかくのカラーページをゲストキャラ同士のシーンに使ってるのは
とっても贅沢なんですけど

いや、ホタルとっても綺麗でしたけどもね


さすがにNEXTに比べたらページ数少ないこともあって、弟くんが救われる流れも今ひとつ迫力に欠けてはいましたが
導入回と考えればまあそれでも良かったほうだと思うべきでしょうか

あるいはご新規さん向けとしてもファン向けにしても中途半端と感じた人もいたかもしれませんが

弟くんの晴れ姿を見届けた後、夏祭りで邑楽先輩と神峰がどうしたかを描かないなんてね
それはもったいないと言わざるをえない
コミックスとかで補完してくれるでしょうか


まあともかく、次回からが本章の続きですね

金井淵先輩も味方とした神峰の指揮による演奏が、一体どれほどの破壊力を持って描かれるのか
偽名を名乗っていた自称黒条の狙いと真意は
伊調やその他強豪たちとの競い合いはどれだけの熱量を持つことになるのか

楽しみなことしかないこの作品
じっくりと追いかけて行きましょうかね


ラブデスター

最近の展開はちょっと不快感が大きいかなあという感じ

若殿を快く思わない2人による茶番狂言自作自演があまりにも外道過ぎて
読んでいて不快感のほうが勝ってしまっています

とはいえ、その印象はおそらく作者の意図したものだろうと思うのが
読むのを止めずに済んでいる理由なんですが

しかしこの後の展開の動き方はある程度予想がついてしまうのはちょっとよろしくないと思うんですけども


マイアニマル

終了してしまいました…

マジでビビりましたよ

そんな可能性を全く想定せずに読んでいたことで、「ハア?!」と普通に声にも出してしまいました

ラスボスが登場して、それに何とか対抗してからの突然終了だったのでマジ驚愕


ヘタレ感ありありな主人公の真っ直ぐな愛情表現とかが大きな魅力になっていたりしたので
あそこまでやっちゃったら確かに後の展開は描きようがないよなあとは思うんですけども

それでもあまりに唐突でした
流し読みしていたつもりはないんですが、もっときちんと読んでいた人には終了の気配は感じ取れていたんでしょうか


ポチクロ

そしてこちらも終了…

こっちはしっかり終了の予感を漂わせた上での大団円だったことで、素直に最終話を読めたんですけども


『マイアニマル』に比べて、こっちのほうが「やりきった」感が強い気がしますね

主人公クロたちの目的は、自分たちがポチと呼ぶ少女を無事人間界に帰すことでしたから、
その道中で互いに情が移ってしまうことは仕方ないとしても、それにかまけてグダってしまうことは
彼らの気持ちさえ疑わせかねない致命的なものを孕んでいたんですよね

それゆえに、最速最短でその方法を見つけて実行しようとした結果、見事にそれが結実したという最終話は
時期的に早いとは言っても必然的に訪れるべき帰結でした

ラストシーンも「再会」という王道をいっていて、しっかりハッピーエンドにしてるのはよかったんですけども

間違ってたらごめんなさい
ヒロインの本名が最後まで明かされないっていう稀有な作品でしたよね(;^ω^)


i・ショウジョ

何か、掲載禁止になっちゃった回があるらしいですね

このマンガもとうとうそんなレベルになったかって感じですわな

この手の作品は、社会から怒られた回数=クオリティのレベルみたいなところがありますからね
わかりやすく言えば、その回数が懸賞金額に近いというか

ToLOVEるなんかアプリの掲載何回止められてますかw
ストップを掛けられることがわかっていてなお更新を止めないスタッフは間違いなくどうかしている(褒め言葉


怒られた中身は、詳しくは知らないんですが
「どっちと付き合うの!?」って争う幼馴染2人との同時対戦を肯定的に描いちゃったことにあるんですかね

別にいいんじゃね?とか思うんですけども
アプリ掲載とはいえ一般の少年漫画でやるにはあまりにもエロ漫画に近すぎたってことでしょうか


で、最新話では何かコラボしてるとか何とか
最初は何のことだか全然わからなかったんですが、この作品以前に手がけてた小説とのコラボだそうな

コラボというよりスターシステムに近いかもしれませんけども

小説のほうを全然知らない俺は全く何のことだかさっぱりでしたけど、次回以降少しでも説明してもらえるんですかね


ああ、あとそれと…








……コミックス買いました(ボソリ



COMMENT▼

No Subject

あ、買われたんですねコミックス。私は既に買ってましたよ?www

マイアニマルは残念でした。私的には盛り上がってきたと思ったところでぶった斬られた気分。
止める前に「じつわた最新巻読めば良かったのに」と思わないでもありません。
最終巻で補完されたらいいんだけどな後日談…

ポチクロ

ヒロインの本名が明かされなかったのは副作用でその前提としてヒロインがクロの名前以外の言葉を一度も話さなかったという稀有な設定があるんですよね(^^;

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

ええもう買ってしまいましたよ。i・ショウジョコミックス。またしても本棚が狭くなってしまった…w

まあ、毎週土曜の更新を普通に楽しみにしてますからね。それならもう買っていいだろ、ってことで。


俯瞰的なことを考えてみると、マイアニマルもポチクロも+創刊からの作品だった2作が終了したことは、+の黎明期を過ぎたというか終えたというか、そういう意味があるのかなあとか思いました。

いや、だからってマイアニマルの突然終了にそんな理由があったとかは言いませんが…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1078-39076487

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター