社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

ワールドトリガーが早くも複雑な戦況になってた2015年週刊少年ジャンプ36号感想

2015年週刊少年ジャンプ36号感想

表紙裏のワンピースジーニストコンテストって
蛇姫が一番似合ってる気がするな
でもレベッカが一番かわいい
ビビは何かすごい上品な感じだし
ロビン姐さんははいてないし
そしてナミが一番普通


今週のアンケ順
ワールドトリガー
僕のヒーローアカデミア
レディ・ジャスティス


その他
・巻頭カラー  ブラッククローバー
・ONE PIECE
・暗殺教室
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・特別読み切り GALAXY GANGS
・背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
・ニセコイ
・ベストブルー

結局主人公は強いのか強くないのかよくわからないカガミガミと
見事な空気マンガ感を出してた斉木楠雄と
悪魔が見える奴は悪いやつ設定がどっか行ってる気がするデビリーマンと
ピュア島が気持ち悪かった磯兵衛は省略


ワールドトリガー

さすがに四つ巴だと戦況が複雑になるなあ
これはよく読んでみないと展開に置いてけぼりにされるかもしれない…

ただでさえ順位低くなってるっぽいところにこれだとちょっとヤバイ気がしたので応援も込めたアンケ1位です


雪の設定はMAP選択の範疇でした
ただし東さんの趣味じゃないなってのは解説の2人にはすぐにわかったようです

二宮はどうも察せてないということで1つA級との実力差が示されましたが
しかし、それでも隊に指示した作戦は的確な感じでまだまだ格は保ってますね
ただそれも、影浦を動けるようにするために釣り出されてる…ということのようですが

各隊の意図が入り乱れております

二宮隊はマジでスーツが隊服だったw
オサレだなー
ウエストコートベストの有無は何か意味があるんでしょうか

アステロイド出す時もポッケに手入れたままというこだわりようは流石ですねw
それでこそスタイリッシュw

でもアステロイドの形がいつも見てる奴と少し違う?
諏訪さんを分割したような変形体みたいな感じでしょうか
これがNo.1射手の実力の一端…なのか?


オペ娘ちゃんも2人新登場しましたけど、あっさりすぎて注目できる感じじゃないですな…
でもヒカリちゃんは口は悪いけど面倒見よさそうですね

で、乱戦はまず最も格下の奴に狙いが集中するというわかりやすい展開になりました
ヒュースが言うように、実力的には確かに最も劣る玉狛第二
オサムも早速見つかってしまいましたが、前回の試合から唯一明確に修行しているわけですから
そのお披露目…ということになるでしょうか

しかしそれだけで勝てる相手でもないでしょうし、いかに逃げ切りつつ策を指示できるか、になるんですかね


僕のヒーローアカデミア

あれ、主人公って轟だったっけw
今週は出久の影が薄すぎるぞ

いや悪いことじゃないと思いますけども

言われてみれば、飯田くんと轟には復讐心という共通点があったんですね
腹の底から湧いてくるドス黒いものに身を委ねるあまり、見えているはずのものが見えなくて、
あるいは見ないようにして

しかし出久によってそこに光を当てられた轟は視界を取り戻した

体育祭後の母との語らいは、そう長いものでもなかったようです
火傷をもう1度泣いて謝り、そして微笑ってくれた

あの時思い出した言葉と同じく、なりたいものになっていい、と言ってくれた
だからクソ親父の姿を違った目で見れた
その背中に確かな実力を感じた

だからこそ叫ぶ一言

立て

守られたくないのなら、成したいことがあるのなら、なりたいものがあるのなら

立ち上がれ

立って、見据えて、そして進め


いいですねこの熱量

見開きがあるわけでもなく大技を出すわけでもなく、ただ気持ちだけが加速して互いに影響し合うという変化
これぞ少年漫画のど真ん中でしょう

すばらしいわあ…


レディ・ジャスティス

応援票…なんですけど、もう無理だなこれは

最後の引きを見て思いました

水泳中に再び悪意感知しての出動
でも水着だとこの前の二の舞いだからせめて制服に着替えて、と思ったら
ネコがぱんつをくわえてしまっているという

つまり読み切りの展開をもう1度やろうとしているんですよね
全く同じことにはもちろんしないでしょうが、第1話ならまだしも10話も過ぎたここで回帰するとなると
それはつまり浮かんでくるものは1つ

原点回帰というか、最後にこれだけはやっとこうというか…

わかりやすいラスボスも登場してきて、話を続けられないわけではないはずなのに
このタイミングでこれとなると、これはすでに決定済みという予感しかない…

そしてやっぱり丸藤くんは特に何も準備してなかった…
どころか別にギャラリーは騒いでもなかったし
天利ちゃんはアドレナリン分泌のあまり羞恥心がなくなってたわけでもなかった…

やはり浅さが拭えないな


巻頭カラー ブラッククローバー

1周年を待たずに表紙&巻頭カラーとは大躍進ですねえ田畠先生

ただカラーページをもらえたってだけじゃなく、表紙&巻頭カラーですからね
これは凄いことですよ

話数にして24
約半年でそこまでの域に達したこの作品

どれだけの勢いなのか、わかりやすく言うと、『火ノ丸相撲』に匹敵するレベルです

なぜなら、火ノ丸相撲も同じように1周年が来る前に表紙&巻頭カラーとなっていましたが
その時の話数は22でした

関連
表紙&巻頭カラーとなる速さから火ノ丸相撲のポテンシャルを証明してみた

上記記事では他の作品の話数を調べておりますが、24話で表紙と巻頭カラーというのは
結構な上のレベルのイベントだと思います

その上連続カラーですからねえ
これは火ノ丸相撲でもやってなかったかもしれない…

表紙の人選が変だけどなw
主人公アスタを中心に、ノエルちゃんが隣にいて後ろにユノがいるのはわかる
しかし、なぜラック先輩がいる…?
大勢いる暴牛の先輩の中からなぜラック先輩?

どういう意味でしょうデザイナーさん


で、本編はというと

ディスりタイムはまだ続いてました
まだやってんのかよw
場面変えても良かったのに

でもなんかかばってくれる人も登場してきました

でもとりあえずマロンちゃんに期待

とか何とかやってるうちに、街が襲撃されてましたというオチ
せっかくの巻頭カラーで襲撃される導入までとはもったいなかったような気がしますけども
連続カラーだからかな?


ONE PIECE

サブタイが不吉でちょっとビビった
そういう意味ね

さらっとドレスローザの様子が少しだけ描かれて、話はサニー号サイドへ移りました

サンジおひさw

もう1年以上も登場してないとかネット上で話題になってましたが、それも終わりですねw

しかしルフィがいないのに相変わらずドタバタしているのは流石というかなんというか
ビッグマムからは逃げ切ったみたいですが、誰かを見つけて上陸した島で何か大騒ぎしていました

そこに現れたのは…えーと、これ誰の旗印だっけ


同盟を組んでたキッドたちの方には、趣味が自殺という男が出現
空島から飛び降りた男の名はカイドウ

今まで未登場だった最後の四皇がついに出てきましたよ

これで話の焦点が3つになってきました
ドレスローザのルフィたちに、謎の島のサンジたち、そしてカイドウと遭遇したキッドたち

これがどう絡んでいくことになるんでしょう


暗殺教室

扉絵のおふざけ感よ…
こんなにムカつく水着も珍しいなw

本編は、まとまったクラスの総意を果たすべく作戦会議
暗殺計画と平行して進められているはずの反物質細胞活動抑制の研究を
自分たちも知ることはできないかということで進んでいきました

そこに律のチートスペックが活きる
何だこのエロいアンドロイドはw

極秘って言われてるシステムにさくっと侵入しちゃうあたりはまだ馴染める展開でしたが
そこからさらに話はぶっ飛んでいきました

宇宙まで行くのかよwww
まさかの宇宙船に侵入して実験データ盗むとかもう暗殺の域を超えてないかw

自由研究なんてノリでやることじゃないぞw

作中時間的には自由研究とかって感じじゃないはずなんですが、そこは現実が夏休み中だから
あえてその単語を出したんですかね


火ノ丸相撲

渾身の一撃を放った佑真でしたが…
それでも金盛主将は揺らぎませんでした

繰り出した腕を捕まえられ、斜めに投げられて決着

贖罪の一番は成果には結びつかずに終わってしまいました


しかし、その心だけでも大関部長には充分だった
大関部長からしたら、佑真がここまで必死になって相撲に打ち込んでくれるだけで
充分贖罪になっているというか、すっかり許してしまっているんですよね

勝つことはできなかったにしても、それだけを求めているわけじゃないこと
だから、その気持ちを全部背負って戦おうとしている

それでもどうしてもプレッシャーに縮こまりそうになる背中を、火ノ丸が叩いてくれました
かつての団体戦と同じ構図ですね

気合満タンで臨む副将戦
大関部長の変化と成長ぶりを見せてもらいましょう


食戟のソーマ

やっぱり美作だったー!!!
大穴とか思ってた予想大当たりじゃねーかwwwww
でも予想当たったのに何かしてやられた気分なんですけどwwww

あの時渡してた鍵は実家の鍵かよ!
自分のコピーさせるのにそこまでやってたのか

これで擬似的に創真2人分の作業ができるということで、久我飯店に並ぶ客を
ぶん取る作戦のようです

自分の料理を食わせてヒイヒイ言わせることが目的の久我飯店では、
客に落ち着いた食事のスペースを提供することはできていない、と

並ぶのも大変だし、やっと座れても食ったらさっさと出ろ、ということになれば
余韻に浸ることもできないと

たしかにそれは、店としては致命的な状態であるでしょう
客は大勢来て欲しいが、行列ができてしまっては待ってる客にも食ってる客にも悪い面がある
店の経営として必ず直面することになる課題ですね

それは椅子を並べて1回の客数を増やした創真の方にも言えることですが…
店を構えての客商売、という点も交えて喧嘩を売ったからにはその対策についても見せて欲しいですね


特別読み切り GALAXY GANGS 馬上鷹将

5月のNEXTに載ってた読み切りをリメイクして登場してきました

あの時は、いろんな要素が大体予想される範囲での組合せだったことで
特に何も驚きがなかったという感想を書いていましたが…

ジャンプNEXT2015年Vol.2感想

今回もそれは変わってないですね
あるいはNEXTを知らない人向けというか

相棒的な女の子が増えているとはいえ、主人公は悟空やルフィタイプの物事を深く考えない奴で
展開は黒幕があっさりわかるし、被害者となる幼い少年もわかりやすいしというテンプレ丸出し

どうにか描き上がったというような感じで、とてもこれで連載狙おうっていうものではありません

ブラクロがヒットしてるから、そういうわかりやすい感じでっていうのが最近の方針だったりするんでしょうか

ともかく、アンケは今回もまた「支持しない」につけることになりました


背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

曲終了で、退場
でも、次の出番だったリオ先輩が出場直前に抱きしめてくれるという粋なことをしてくれました

本番直前の一番緊張する瞬間に後輩を気遣うねぎらいの抱擁
わたりちゃんは、本番が始まっても動けないでいた自分と比べて
「大人の余裕」を感じたことでしょう

しかし、その行為自体は評価にはマイナスとなりかねないもの
「それでも構わない」と思ったリオ先輩でしたが、部長はさらに先まで見据えて言っていました

どんな形でも頑張って初舞台を終えた2人に責任を感じさせないこと

このくだりね
ちゃーんと部長がリオ先輩を導いてる様子がわかりますよね

後輩に言うだけじゃなく、自分もしっかり実践してみせているのがよくわかります


そして当の土屋くんとわたりちゃんはといえば…


初めての晴れ舞台を完全燃焼で終われなかったことに、ひたすら後悔の嵐が吹き荒れていました

終わった直後には「何とか終わった」と多少の安堵感さえ覚えていたのが、少し経って冷静になってみると
本当はもっとできることがあったはずだと沸き起こって止まらない「たられば」

あの時、あそこで、あの場で
もう取り戻せないことを悔やんでうずくまっている土屋くんのことをしっかり八巻先輩は見ていてくれました

ここですよね

原因はわたりちゃんが過度に様子がおかしかったことによることで、
リオ先輩と秋子先輩がひたすら心配してくれて、たくさん抱きしめて安心させようとしていましたが

土屋くんには八巻先輩がついていること
女子の方は抱きしめることで支える気持ちを伝えてくれていましたが
ぶっきらぼうに言葉をかけてやることで気合いを維持させるのが男同士のやり方でした

男女で行う競技ダンスにおいて、失敗した新人のフォローもまた男女別にしっかり描いてくれることは
キャラたちを深めるにもその絆を示すにも有効な方法です

それぞれの優しさに浸れるこの感じ…いいわあ…


ニセコイ

羽の告白からいきなり1か月経って、話はバレンタインデーとなりました
渡すの渡さないのという騒動は去年すでにやっていることで、今回は割とあっさり渡しちゃってます

しかし千棘よ…
小咲ちゃんと一緒に渡せば怖くない作戦っていいのかそれは

自分はニセコイ関係という渡す理由があるからいいだろうけども、
小野寺さんが楽に渡す理由は疑問に思わないのか

義理だからっつっても他に渡してる相手がいないことには気がつかないのか?ん?

こういうところを見ると、ダブルヒロインと言っても特殊な関係だよなあという感じがします
楽の反応が違うことには気づけても、その先にはさっぱり気づかないというのも同じですよね

そしてさりげに鶫も楽に渡しているという

モノは昨年と同じチロルチョコ
親子丼の柄が描いてあるのは、千棘に作った「オジョウ」の回を踏まえたものでしょうか
この後問題になってくるマリーの親子関係を示唆したもの…というのは考え過ぎですね


で、そんな風に静かに周りを窺うことができたのはマリーがいないから

カラーページから冒頭にまで登場し、何やらたくさんの薬を飲みつつ息を荒くしていた彼女
その様子を見つめる本田さんの目が非常に厳しいというか冷たいというか…
限界が近づいていることを感じさせます


キリバス以来学校も休みがちなマリーを、楽だけでなく千棘も心配になっていました
その千棘の提案で見舞いに行ってみるとは珍しいですね

でも小野寺さんがそこに一緒に行けないのは完全に作者の都合だよなあ
マリーは今までも小野寺さんと直接的に張り合うことはありませんでしたが
あるいは決着がつくのかというこの時にも小野寺さんがそこにいられないのは、やはりそういうことなのでしょう


で、行こうとしてみたら校門前にマリーいました
おそらくは無理をして出てきたのでしょう

話しながら家に向かう途中でかかってくる1本の電話
画面に表示された着信の主の名は「橘 千花」
万里花に対する千花とは、見ただけでわかりますが母ですね

その名前を見た瞬間何かすごい顔になったマリー
仲が悪いというのはどこまで本当なのかわかりませんが、母親の電話番号を
「お母さん」とかではなくフルネームで登録しているというのはそういう理解ができる要素の1つでしょうか

千棘がクリスマスに華さんと分かり合えたのとはまた違う形の親子関係
確か本田さんの主でしたっけ

キリバスの件とその後の様子を聞いたことで掛けてきたのか、あるいは期限が近づいてきたことを改めて知らせるものだったのか

マリー自身もそれをわかっているのでしょう、今回は今までとは異なる決意とともにやってきたようです
きっと羽の件も聞いているんでしょうね

1人に対して答えを出したのなら、楽の中で何かが決まったはずで
いよいよ限界が迫ってきた今、羽に対して説教したことを今度は自分が改めて決行する時なのだと

ここで千棘がその場からいなくなる
カバンを忘れてきたなんてのは都合のいい理由ですね

母親の件とか、道すがらマリーと話をする必要があったためについてきましたけど
さすがに告白のその場面においてはその場にいさせるわけにはいかなかった

「本当は小野寺さんのことが好きなんだというお話ですか?」なんてセリフを聞かせることはできませんからね


案の定気がついていたマリー
そうなんです
楽の様子を普通に見ていれば、誰のことが好きかなんてのは簡単に想像がつくのです

この回の導入部分でも、小野寺さんからもらってる時だけ喜び方が違っているとか

そしてそのことに気がつけるマリーなら、小野寺さんもまた楽を好きであることをも察しているでしょう
つまり、自分の入る余地がほとんどないことをわかった上で、それでもあれだけ積極的になれていた
いや、積極的にならざるを得なかった

しかしそれも、もうこの時まで


羽と同じくほとんど絶望的な可能性をそれでも信じて今までアピールしてきたマリーの「それなりの覚悟」とは
おそらく相当に重いものでしょう

楽はそこにどんな言葉を返すか

マリーの事情はいよいよそこで明かされるのか


でもここで母親の名前まで登場してきたとすると、今回はまだ楽は上手く言葉を返すことができずに千棘が戻ってきて
マリーもまだ事情は語らずに終わって

その後、実はこっちに来ていた千花さんと楽が遭遇して、期せずしてマリーの事情を聞かされる…なんてことがありそうなんですけども
そして楽はその事情を踏まえた上で、なお答えを出すという…

あるいはそこで楽が同情心に負けることになるとするなら、それがマリーの「ニセコイ」になるでしょうか
先日考察した記事では、マリーの「ニセコイ」はすでに消え去ったということを考えていましたが
そういえばもう1つの可能性があったんですね

関連
ニセコイ それぞれのヒロインの「ニセコイ」と「マジコイ」を考える


事情を知った楽が同情のためにイエスの返事を返すこと
マリーにとっては一番聞きたかった言葉を一番望まない形で聞くという最悪の可能性です

そうなると、話はますますこじれて複雑になっていきそうですが…?


ベストブルー

1位になったって満足してもう帰ろうとする主人公
何か斬新だなw

予選だよ予選w


そして澪ちゃんと喜んでる姿がすごい新鮮
澪ちゃんそんな仲良くなってたの?


で、決勝を控えた主人公にコーチから激励

「そういうのを望んでたんだろ?」

予選タイムが自分よりも早い奴が何人もいる
あるいは予選では実力の底を隠していた奴もいるはず

本当の実力は決勝でなければわからない

雰囲気づくりとしては非常にいいですねこれは

そんで早速始まる決勝

順位よりも、ここで登場してきた中の誰が主人公と同じ学校なのかなというのが気になる俺は
読み方として間違ってる気がするのである


 




COMMENT▼

今週のアンケ

カガミガミ
火ノ丸相撲
背すじをピンと!

うーん・・・カガミガミ

以下感想

カガミガミ
一体何が管理人の心を動かせないのか
主に題材以外は王道で、そこまでPSYRENやみえるひととやってることは変わらないんですがね
一撃必殺俺ツエーな感じがいけないのか・・・うーん
とりあえず、戦闘描写については今週の主人公が膨大な力を使い切れてない事が分かった事から、今までの力任せな技名だけ言ってドーンな奴は、意図的に単調にしてたんだろうなぁと理解出来ます
つまり恭介君はあれ何ですよ
人より立派な道具を持っていながらも、あまりの才能によりそれの使い方を上手く出来なかった子供みたいなもんです
恭介がどんな形で強くなるのか、修行回をやるくらいアンケに余裕があるのか、これが今回の注目ポイントですかね

あ・・・カガミガミだけで感想埋まっちゃった

他の漫画の感想は気が向いたら

No Subject

・ワートリ
諏訪さんを分割したようなwwwwwwwww

・ヒロアカ
もう轟が主人公でいいんじゃないかな?このカッコよさったらタマんないぜ!

・ワンピ
カイドウの旗印ですよ。サンジたちが倒したのはカイドウ一家だったってことです。

・ソーマ
絶対違うと思ってたのに美作だった!完っ全にしてやられたわっ!!
だが美作の扱い方には超納得。ストーカートレーサーとしては超一線級だしね。
ここで久我負けようものなら除籍もあるんじゃないか?

・ニセコイ
マリーの決着はキチンと着くと私は思ってます。その上でマリーの事情バレが来るかと。
で「気持ちには応えてやれねぇけど力にはなるから」ときて「楽様は変わらない」の流れ。

・NEXT
P418に一部掲載の「箱の中の青」が私の琴線に触れました。多分リフレインと同レベルの作品。

・カガミガミがイマイチな私的理由。
「主人公特権が過ぎる」のが私が面白味を感じられない一番の理由です。
次点として「主人公がバトるための話作りが顕著」だからです。
連載初期に言ったのですが、バトル漫画より「みえるひと」みたく探偵モノにするべきでした。
それで式神とは?恭介とは?マコとは?と設定を掘り下げながらバトルを徐々に増やしていき、
大戦争やって幕。が一番ウケたと思います。この辺りはみえるひとでも同じ失敗してます。

No Subject

しごとちゅうにぶったおれてかんそうどころじゃなかったです

>OP
やっとかw
にしてもカイドウ一家とは、つくづくトラブル招く体質だなw
まぁ主人公ファミリーだからしゃあないっすけど。

>トリガー
諏訪さんネタはやめたげてwww
しかしやっぱり東さんは教育に向いてるな(^^;

>暗殺
まさかの宇宙って大丈夫なんか。
一波乱有りそう・・・

>ヒーロー
うん、轟君主人公でいいと思います(小並感)

>ソーマ
そうか、ヤツだったか。
客商売なら印象も大事。。。

>ニセコイ
大病というのはまぁ予想通りですが。
マリーは母親との関係も決着が着くんですかねぇ。

>クローバー
街が襲われて貴族さんたちはやっぱり迎撃するんでしょうか。
アスタたちは力を見せる時ですね。

>カガミガミ
個人的にはぱいなっぷるさんに同意。
ただ、修行に入るまでが少し長かったかなぁという感じも有りますが。

Re: タイトルなし

皆様コメントありがとうございます。

ていうか妄想屋さんはこんなとこに来てる場合なんですか。仕事中ぶっ倒れたって…
どうかお大事にしてください…


>カガミガミ
考察記事を書くつもりがあったこともあって今週も省略としたんですけども。何でしょうねえ。

>ワンピ
あれカイドウだったんですか。突然遭遇してしまったキッドたちも敵対するとしたら、つまりそれは彼らの同盟とさらに同盟を組む可能性も出てきたってことですかね。

最悪の世代の中でどんどん同盟が広がっていくとすると、それはそれで面白そうな…

>諏訪さん
作者公認だからまいっかということでの乱用でございますw
しかし、「諏訪さんを分割したような」って書き方は知らない人には全然伝わらん表現だよなw

>ソーマ
美作の使いやすさは異常というか何というかw
実家の鍵まで渡してコピーさせるとか普通に考えてアホすぎますよねえw

倉瀬さんたち、よく通報とかしなかったなw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1076-5579ea2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター