社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

内に外に展開する大規模侵攻の「その後」… 『ワールドトリガー』第11巻

ワールドトリガー11巻

ワールドトリガー 第11巻

界境系バトルマンガの第11巻です

表紙は諏訪さん

少し前まで、複雑な事情により12本の辺と8つの頂点で構成されていた人です


いやホントですよ

ていうか諏訪さんが出てきた時はこのネタ鉄板だなw


作者さえも喜んで使ってますからね

ほらこの通り



ワールドトリガー11巻作者コメント


表紙の構図にちなんだ作者カットになっているという今までのパターンを踏襲するのに
諏訪さんが表紙だと作者はキューブになってましたw

遊びすぎw


さて、収録されているのはB級ランク戦の2試合

大規模侵攻にて最初にラービットと遭遇した諏訪隊と
オペレーター以外の全員が狙撃手という特殊組み合わせな荒船隊

この2チームを相手に奮戦する様子と


B級部隊でありつつもNo.4攻撃手を擁する鈴鳴第一
メンバー全員が女子であるB級部隊のガールズチーム那須隊

隊員の属性がほぼ同じこの2チーム相手に苦戦するオサムたちの様子とが描かれています


大規模侵攻後の記者会見で「拐われた人は全員取り返しに行きます」とぶちあげたオサム
有言実行を果たすべく、遠征部隊入りの前提条件となるA級部隊昇格を目指して臨んだのがこのB級ランク戦でした

このランク戦でB級1位または2位となることができれば、A級昇格への挑戦権が得られるということで
オサムにとってはどうしても勝ち続けなければならない試合

そこで必死に知恵を絞ろうとするオサムの姿は、見ていて応援したくなるものではありました

が、おそらく読者の中にはひたすら続くランク戦に若干の物足りなさを感じた人もいたことでしょう

それよりも、大規模侵攻後の情勢変化や本部内の認識変化のほうを知りたいと思うのは
世界観の深さが確かな面白さの土台となっていることを考えれば当然のことでした

それがほとんど触れられないままに、ランク戦で戦術や柔軟性を試されてばかりいる姿は
悪い言い方をすれば「ゲーム感覚」と捉えることのできるものだったからです

大規模侵攻での緊迫感を知っているところからすると、このランク戦はどこかお気楽さがあるように感じられることがその理由

作者もそれをわかっているのか、勝ちたい理由がオサムたちにあるのと同様に
対戦相手となる那須隊に負けられない理由を付与したりもしていました

しかしそれでも、たぶんお気楽感が拭えない人はいたことでしょう

収録最終話にヒュースが登場してくることは、そうした層を見据えてのことだと思われます

ともに遠征に来た仲間に見捨てられ、迅によりボーダーの捕虜となったアフトクラトルの若き精鋭ヒュース
林藤支部長・小南先輩とともにランク戦を眺めるヒュースが登場したことは
その後どんな扱いとなっていたのか、どんな情報をボーダーにもたらしたのか
それによるボーダー幹部たちの変化は、といったことが一気に気になる引きとして機能しました

それは、ランク戦に釈然としないものを感じていた層に対しては大いに訴求力を持つものとなったはずです

その辺の構成はさすがといったところですね





しかしそれよりも注目するべきはカバーの裏ですよ


双葉ちゃんキタコレ


待ってました双葉ちゃんのプロフィール

加古さんとともに2人で載ってきましたが、なかなか予想外の関係だったようです

炒飯作りが趣味という加古さん
色々なものを混ぜた謎炒飯を作っては犠牲者の数を増やしているのだそうな


2度死んだのが堤大地

表紙の諏訪さんが隊長を務める諏訪隊の1人ですね


逆に、ハズレ炒飯を食べても全くどうもならないのが双葉ちゃんだとか

すげえw


これは加古さんにとっては双葉ちゃんとの炒飯試食が捗りますね

それはもう手放したくない大事な人材でしょう


そんな双葉ちゃん

何だか緑川と親しげな口ぶりがありましたが、実際田舎の分校で一緒に山を走り回っていた仲だったようです
まさか田舎系少女だったとはな…

ただし残念だったのは、攻撃力が明かされなかったことです

どうやらカバー裏で攻撃力が明かされるのはオペ娘ちゃんのみの模様…
一緒に載ってた荒船隊オペ娘の倫ちゃんは「無限の創造性を秘めたAカップ」と書かれていたのに…



…!


そうか

13歳で今から大いに成長するところだから逆に書けなかったんですね

それなら許す















COMMENT▼

まだまだ発展途上の組織

ボーダーはまだ発展途上の組織ですので今後も攻撃力は上がって行くでしょう!
特に双葉ちゃんと千佳ちゃんの幼児体形
コンビの成長には目が離せませんねw
諏訪さん=トリオンキューブは作者公認
だったのか(´Д`;)

それにしても双葉ちゃんは味音痴なのか
加古炒飯・・・・・・ちょっと食べたいかも

No Subject

ほうほうあの辺ですか

チャーハンに犠牲者てw
表現がおかしいw食べ物なのにwww

>ぱいなっぷるさん
お体はお大事に(ー人ー;)

No Subject

諏訪隊長単独は正直ちょっと意外だった表紙絵セレクトですが、表紙めくって作者自画像を見た瞬間に納得しましたw

A級昇格を目指したランク戦突破は大規模侵攻編が始まる以前からのオサム達の悲願なので、自分はランク戦単体でもがっつり楽しめてる組です(^^)
これでB級というのが信じられないくらいバトルの内容もハイレベルですしv
でも、そんな中にもランク戦の“外”で進行するストーリーも小出しで絡めていく構成が上手いですよね~

>攻撃力が明かされるのはオペ娘ちゃんのみ
言われてみればw

こうなったら、開催中の「読者ランク戦」の知りたいデータランキングにボーダー全体の攻撃力情報を開示請求するしかありませんね(ぉ)

Re: まだまだ発展途上の組織

皆様コメントありがとうございます。

諏訪さんをキューブ呼ばわり、またはキューブを諏訪さん呼ばわりすることは、公認どころか作者が進んでネタにしてますw

ですのでぱいなっぷるさんも、遠慮せず乗っかってもらっていいと思いますが、お体は大事にしましょう。


参考までにお伝えすると、堤さんは「チョコミント炒飯」の犠牲となり、「いくらカスタード炒飯」の犠牲に太刀川がなったそうです。…ご武運を。


ランク戦の中身は、非常によく考えられていますよね。これがB級の戦いだとしたら、A級のランク戦は一体どんなことになっているんでしょうか。

オペ娘ちゃん以外の戦闘とは無関係な攻撃力とともに気になるところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1053-5176902d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター