社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

背筋をピン!との新キャラがとっても可愛かった2015年週刊少年ジャンプ30号感想

2015年週刊少年ジャンプ30号感想

今週も全体的に繋ぎの回ばかりだった感じなのである…

…って先週も言ったような


今週のアンケ順
背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
ワールドトリガー
Ultra Battle Satellite


その他
・ONE PIECE
・暗殺教室
・食戟のソーマ
・ブラッククローバー
・カガミガミ
・僕のヒーローアカデミア
・デビリーマン
・火ノ丸相撲
・ニセコイ
・レディ・ジャスティス
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

船酔いを頑なに認めようとしないのが新鮮だった斉木楠雄は省略


背筋をピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

繋ぎの回でも面白くなってるのがこれなんですよねえ
ていうか繋ぎみたいな回ばっかりなんですけども

ターニャちゃん可愛すぎワロタ

素晴らしいですね

これは素晴らしい

安定した面白さへの支持とターニャちゃんの可愛さにアンケ1位です


それにしても、新キャラとの絡み方が実に読みやすくていいですね

こういうところで出会う他校生ってすぐ険悪な仲になるのがパターンですけど
お互い普通に話せてるのが何とも新鮮です

いや、土屋くんは普通じゃないか…w
何とか会話はしつつも一方的に劣等感を募らせて、でも親近感も湧いてきてっていう
よくわからん状態になってますねw


部長に話しかけられた時のターニャちゃんの様子
わたりちゃんが何か気づいたみたいですけど、何だろう?

本気でわからん…

ほんとは日本語わかってるっぽいとか?
人見知りって単語と表情から自分と同じって思って、話しかけてみたいって思った?

何かな


でもそういう些細なことに気がつけて、その上次の行動が取れるっていうわたりちゃんは
やっぱりすごくいい娘ですね

たぶんここでもわたりちゃんは大いに勇気を出したんだと思いますが

この2人が仲良さそうにしてる姿はとっても見てみたいですよ


ほんとにこの青春な感じが読み心地抜群だな


ワールドトリガー

協力者は鳩原という元二宮隊の人だそうな

兄ちゃん以外にまだ2人も同行してた奴がいるのか
何となく、拐われたというより自らついてった可能性も浮かんでしまったんですけどどうでしょう

B級1位の二宮隊は、どうやら元A級の模様
隊員の規定違反により降格処分となったということで、実力自体はA級のままなのでしょう
いなくなった狙撃手の穴がどの程度なのかはわかりませんが


探したい人の名前が他人の口から出てきたことで、にわかに活気づくオサム
元々自分の戦力向上が必要だと感じていたところに、A級を目指す目的の話が飛び込んできたんですから
それも当然でしょう

烏丸先輩に話したら、本職を紹介してくれることになりました

A級1位太刀川隊射手出水先輩と、A級5位嵐山隊の銃手嵐山先輩と時枝先輩

銃手も紹介しようとしてくれているのは、射手としての幅なんでしょうか
銃手の考え方も知っといた方が、とか

こっからオサムの修行編がはじまるのかな?

チカが人を撃てないっていう弱点は実際の試合で痛感させられる展開になるのかな


Ultra Battle Satellite

またしても最後尾&回想みたいな振り返りの夢
なんて冒頭を見て「今週で終わりか…」と割と本気で思いました

展開も、ももっちと2人きりでバトりたいなんて言い出すもんですから
いよいよそんな感じで


でも終わんなかった…
よかった…

相変わらずこんな順位でやる話ではないんですが、ももっちとのちょっと本気のバトルは
見応えはありました

闘うのではなく勝つことが好きなのだということに改めて気づいた陣

主人公の行動理由としては非常にシンプルですが、新鮮なものでもあります

今までの戦い好きなバトル漫画の主人公は、それこそ強い奴と闘うのが好きというタイプばかりでした
その一番が悟空なわけですけど

勝つのが好き、というのはある意味それを否定する形なんですよね

闘うのが好き、というよりも主人公として正しい姿なのかもしれませんが…

それをどんな風にして上手く描いていけるのか
闘うのが好きという主人公像は比較的定着していると思われるだけに描きやすいんですが
そうではなく「勝つのが好き」という主人公像は「闘うのが好き」という主人公との違いを見せるのに
非常に難しい側面があるでしょう

それをこれからどう描いていけるか…

なんですけどもう間に合わないのかな…


ONE PIECE

ギネス記録とはまた世界的なことになりましたね
すげえなおい

巻末コメントもすごいけど
親が言う一番ってそんな次元の話じゃねえぞw


本編は、ようやくドフラミンゴとの決着がついたようです

あー長かった…

もっかいギア4やってからの変化球技でぶん殴るというのは、まあ見た目は派手ですけど

それよりも、ドフラミンゴのサングラスが割れたのが気になりますね

某ヤマカムさんのとこだったでしょうか
サングラスをずっと掛けててドフラミンゴの目が描かれないのは理由があるという考察が

ラストのコマでそれが割れる様子が印象的に描かれたというのはそれを裏付ける演出と言えそうです

で、まさかこっからまた回想とか始まらないだろうな


暗殺教室

全員が迷うことなく自分の意見を表明しての分裂
無駄に迷ったり喚いたりすることなく自然に分かれたのは
テンポの面でもよかったですし、また彼らの心情描写の面でもよかったですね

迷ってるのは全員のはずなんです
表明した意見に全面的に身を傾けてるわけではなく、
「どちらを取るのか」という判断にすぎないわけですから

だからこの期に及んで赤と青とどちらを取るか迷って立ち止まる者は誰もいなかった

律が外れたのは、便利過ぎるという作者の都合もあるでしょうが
AIの限界ということも考えていいんでしょうね

性格や判断についての重点を「誠実」に置かれたプログラムになっている律の思考が
どちらの判断も不誠実とはいえないこの局面において片方を選ぶことはできなかったんですね

見た目や服装のプログラムは「あざとさ」が優先されるプログラムなおかげで
ポージングはいちいちエロいんですけど
その体育座りはなんだw


そして始まるサバイバル戦

両軍開始と同時に一瞬で互いの戦力を削り合いました

これはすごいことになってますね

今まで訓練してきたことの集大成
どっちの意見が間違っているわけでもなく、どっちが劣るわけでもなく
ただどこまで本気でぶつかって、どこまで本気で受け止められるか

それぞれが一流に近いような実力を得てきたということは、勝負自体は長引かないような気配もします
あるいはこうした戦力の削り合いは最初だけで、落ち着いた後は少数精鋭での騙し合いと釣合いになるとか

2週か3週くらいで決着しますかね


食戟のソーマ

あ、どうやら田所さん赤字退学の件は知ってるっぽいですね
目の前でそういう会話をしちゃいました今週

で、久我もまた「料理人の顔が見える料理」を作っていることを実感した創真
やはり重大なキーワードですね

でもそうすると、その料理を作らされてる研究会部員たちっていうのもやっぱり気になってくるんですけど
どうやらそこまでのことはしない感じでしょうか
それを言っちゃうと、久我が悪役みたいになるから?


薙切ズっていいな
今週の薙切ズベストショット集とかやってみてえ…
けど語呂が悪いかw

えりな様と田所さんに加えてアリス嬢まで引き連れての試作とかやたら豪華ですね
ていうか贅沢すぎるだろ創真
なんという主人公特権

薙切ズの情報から、親父の話を思い出した創真
創真の原点であることはわかりますが、これはどうでしょう

料理人の顔が見える料理
今までの自分の殻を破る

選抜編以来そうしたテーマがあるはずですが、いまだ打開策が親父の話によるというのは
ちょっと気になるような

スタジエールの中で知った技術とかならまだ新しい自分への手がかりみたいな感じになるんですけど

それとも、そういう要素はこの後登場してくるので
ここではえりな様の前で親父の話題を出すことを優先したんですかね

創真の親父でえりな様の憧れの人
でもそれを知らないえりな様は創真が嫌い

えりな様とのフラグにおける切り札となる情報ですからそう簡単に伝えられることはないでしょうが
こうしてえりな様の前で小出しにすることは意味があることと言えます

何かのたびに「そういや親父が…」ってえりな様の前で何回もやってたら
「いつもそう言ってるけど、そんなに凄い人なの?」みたいな会話が始められますからね

で、もう1つ重要なのは今回はその場に田所さんもいたということですよ

もちろん田所さんも、創真父城一郎のことを知っています
かつての第二席であったことまで知っています

知らないのはえりな様の憧れであるという事実のみ

つまり、ちょっと仲良くなったえりな様と田所さんの間で城一郎に関する話題が出る可能性も
ここで生まれたことになるわけですね

ほんとに抜け目のない構成ですわ


で、早いようですがいよいよ次回お祭り開始のようです
中華料理バトルばかり強調されてますけど、普通の学園祭的な側面はないんですかね

ラブコメ鉄板のイベント的なやつとか


ブラッククローバー

まだ敵さん倒れてなかった

一回宝物庫にたどり着いてわーわーやってるところに再乱入ってのは
何ともテンポが悪いな


何やら明らかに伏線というか布石が描かれていますが、つまりこれは2人の覚醒フラグなんですかね

変な呪文が魔導書と反応したユノと、何か怪しげな剣を見つけたアスタ

出向いた先のダンジョンで2人とも覚醒できるとか見事なまでに主人公だなー


カガミガミ

何か久々に感想書いてみましょうか
センターカラーだし

回想ブーストからの新形態って言ってますけど、作中では不完全って明言されてるのは
どう理解すればいいんでしょうか

この先もっかい使うことあるのか?この技
こっちのほうが力の消費が少ないとかっていうエコタイプで使うのかな


で、新展開というか今からが本章ですよみたいな感じになりました
この前出てきた新キャラは結局その後描かれず…

協会が公的に認められて、今までよりも堂々と活動できるということですね

何故かそこにマコもいるという
サイコメトリーもどきな能力が何か式神に関係してるってことですね


それでもここまで来てもいまだ拭い去れない心配
岩代先生ほんとに大丈夫なのかこれで


僕のヒーローアカデミア

個性を与える個性とかまたすごいのが出てきましたね
見たら個性を消す個性の相澤先生がいるんですから、与える個性があっても
確かに不自然ではありませんが…

継承するワン・フォー・オールにとっては天敵とも言える個性です


その9代目継承者という出久の成長への気づき

個性は体の一部である
その実感が足りてなかったと

オールマイトに憧れるあまり、その力はここ一番で使わなければいけない必殺技のように思っていたことで
逆にうまく使えなくなっていたということでしょうか

確かに、今までのバトルでもみんなごく自然に個性を使って飛んだり跳ねたりしてましたからね
それを一番やってたのがたぶんかっちゃんでしょうか

そうして気がつける自身の欠点
見事な教育です


そして、同じ手法で導かれようとしている死柄木

襲撃事件の後の会議の中で、彼らが子供であることをオールマイトが指摘していましたが
そこで懸念されたことが現実になっているんですね

「逆に言えば成長する余地がある」
「もし優秀な指導者でもついたりしたら」

ジワジワと不穏さが増しているようです

その雰囲気に飯田くんが加担している…

あえて忙しくない研修先を選んで、復讐の機会を伺っているような様子
これは死亡フラグかそれとも…


デビリーマン

早速冒頭で能力明かされたプロデューサー
安直だなあ

先週の引きとアオリからどうやらそれらしいってのはわかりましたけど
すんなりってのは何だか安っぽいですね

でも雰囲気作りは上手かったような

警察官辞めてきた→狙いは僕か
って流れは結構自然で読みやすかった上に、その予感がそのまま危険に繋がってるのが良かったですね


ただ気になるのが…

これ戦う理由って何?

悪魔に憑かれた能力者同士戦おうとするのって、これ何か理由があんの?

悪魔の能力使える奴は基本悪人ばっかだから、気に食わねえって理由だけでちょっかい出せるとか
そういう感じなんでしょうか

あえるのほうは自己防衛のためという理由でいいですけど
プロデューサーのほうは、ホームレスやら刑事課長やらを出し抜かれたことでちょっとムカついてるとか
そういう?


火ノ丸相撲

先鋒三ツ橋くんの一番

ここまであえて負け続けてきた仕込みをついに発動させました

およそ相撲には向かないような小柄な体格で、それでも正面からの当たりを繰り返し
周囲にすっかり誤解させた上での八艘飛び

火ノ丸の姿を見て入部してきた三ツ橋くんにとって、真っ向勝負を諦めることは
確かに苦しい決断だったでしょう

しかし、チームが勝つためならばそれもやむなし

体得するまで間に合わない小兵の相撲にこだわって負けを重ねるよりも
勝てる動きを会得してチームの前進に貢献すること

理想や憧れよりもチームを優先するその決断ができた彼は、確かにダチ高相撲部の一員ですね


…でも何だろう
それでも負けてしまいそうな悪寒…


ニセコイ

やはりここでの告白はありませんでした
これはまあ予想通りですね

ただ予想外だったのは、楽のあまりの動揺ぶりです
すげえ驚く、ってだけならまだわかりますけど
何でこんな動揺してんのこいつは?


先週何となく記事にしようかと思いつつ結局しなかったんですけど
ここで千棘の持っていき方如何では「ニセコイ関係にありつつも自分を恋愛対象として意識させる」ことが
できるようになるんじゃないかとちょっと思ってたんですよ

「いるわよ好きな人」というところから、「誰だよ…?」と聞く楽に
「さあ誰でしょう?」とか言ってごまかした上で「私のことをよーく見てれば分かるかもね」なんて言ってやると、
楽を振り向かせようとして色々アピールする姿を楽がそういう目で見れるようにならないかな、と

ちょっと根拠が薄いかなと思って結局記事にはしませんでしたが、実際の千棘の言葉は
「いずれは教えてあげてもいいけど」という感じで、まあ想像の範囲内と言えるものでした
ただそこから先には続かなかったことで、千棘の攻勢が楽に伝わる可能性も増えなかったわけですけど…

ただそれよりも遥かに想定外だったのが楽の衝撃ぶりですよ

なんでこいつこんな驚いてんの?


ちょっと俺にはよくわからないんですけど…
どして?

本人もわかってないみたいですけど、俺もわかりません
ん?

集のセリフが上手いですね
「答えを教えるのではなく自らに考えさせる」
教育の鏡のようだw

考えた結果ゴリ沢とか言い出す楽はもうどうしようもないですけど


結局よくわからないまま必死に理由を考えてるのが、まるで自分に言い聞かせてるかのようで
不自然さ丸出しです

…古味先生?
その作劇はいったい…?


ただそこからマリーへの不誠実を改めて自覚する流れは自然で見事でした

からの羽の誕生日だそうな


これは羽のターン完結編になるんですかね

夜が応援キャラになって以来まともなターンが来てなかった羽
修学旅行でもまさかの出番なしという事態には驚かされましたが、これが最後のチャンスのようです

ということはここで約束の女の子が明かされるのか…?

先日鍵の件を伝えるのに羽だけハブられてたことといい、現実逃避さんとこでの考察といい
どうも羽がそうっぽいという感じなんですが果たしてどうでしょう

初登場時の小野寺さんに対する意味深な視線とか、三者面談時の不自然な表情隠しとか
羽と小野寺さんは何かあるような感じに描かれていますしねえ

今週も「他の皆も招待しようと思ってるんだ」と言う羽が小野寺さんの名前を出さないとか徹底しております


マリーへの不誠実を実感してからの羽のラストターン
もしここで誰が「そう」だったのかが明らかになるとすれば、マリーも含むいろんな不誠実に
楽がケジメを付けなければいけない時が来るということでしょうか


レディ・ジャスティス

うわあ…

荻野先生これはさすがにちょっと雑すぎるよ…

これはいかんよ…

この回は何がしたかった回なのでしょう


クズを天利ちゃんがぶっ飛ばすカタルシスを描こうとしたのなら、
それなりの天利ちゃんの怒りが描かれないといけません

丸藤くんが何となく違和感を抱いてる風だったり、無言で歩いてきて一発、というシンプルさだったりと
おそらくその辺がそういう演出のつもりなのかもしれませんが、浅いです

殴った後皮肉を言えちゃうようじゃ怒りはまだまだですね
ことさらに描かれた相手の外道ぶりに対して、爽快感が足りていないですね
そのせいで微妙な読後感になっています

そして肝心のエロも足りてない
今回一番多くページが割かれていたのは相手の外道な言動でした

最重要なものを削って読者を不快にさせる内容に一番ページを使うってどうなのよ


で、それよりも遥かにアウトなのが丸藤くんです

おい
こいつ今回何もしてねえぞ…

剥かれる妹ちゃんをかばって一回殴られただけで、その後何もしてねえぞ…

その上天利ちゃんが来て助かったら、礼より先に付き合ってるのかどうかとか聞こうとするって
どんだけつまらんのだこいつは

こんな時に聞くことじゃないんだけどってほんとだよ
わかってるなら聞くなよ…

これは聞くなら次回の頭でもよかったですね
こんなに何にもしてない状態でさらに余計なことを聞くとか完全に構成ミスです

荻野先生
これはいかんよ…


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

引っ越し記念のセンターカラーって何だそれw
そんなのでカラー貰えるのかよw

新企画の三十題噺とは意外と面白そうですね
選ばれた単語が必ず作中に登場するという企画

磯兵衛たちが言わなそうな言葉ほど仲間は苦しむぞっていう説明文が非常に哀しいのである
仲間先生働かされすぎだろ…


本編は磯兵衛が何故かつきまくる話

ラッキーマンの話とか出てこないかなーと勝手に期待したら案の定出てこなかったぜ…
三日月宗近は出てきたけどなw
なぜだw


うんこ踏んでた草履で蕎麦屋入ってたのか…
それは微妙だなw

そして座敷で蕎麦食ってる時の草履が1人だけ雑に脱がれている
間違いなくこれが磯兵衛の草履なのでしょう
細かいなあw



 




COMMENT▼

No Subject

・ダンス部
わたりちゃんは恐らく「言葉の壁によって抱いている寂しさ」に気付いたんだと思います。
ターニャもきっと日本語の多くを理解できない状態。だからこそより人見知りをしてしまう。
それに気付いたからロシア語を調べて話し掛けた。本当に良いコだなこの娘は…

・UBS
もう嫌な予感しかしませんでした。なんとか逃れられたけれどまだ安心は出来ない。
来週で終わりでもおかしくない流れのままですからね…
もう「新人がいないから仕方なく」でもいいから継続して欲しい…

・火の丸
やはりこう来たか。まあ読めますよねこれは。だがrexelさんに物申す!
苦しい決断だとかやむなしだとかバカ言っちゃいけないですよ。蛍に失礼です!
火の丸に憧れた男が!共に歩む戦友として!今の自分の全てで打てる最善の道を選んだっ!
自分の「見栄」を守るのがプライドじゃない、内にある「信念」を守るのがプライドなんですよ!!
蛍は最初からそのつもりで「何でもやる」と言ってます。そんな後ろ向きな考えは持っていない。
蛍の覚悟を見誤っていたと辻が口にし、その詳細もしっかり描かれていると云うのに…

・ニセコイ
え?…これは千棘ルートへの伏線としか思えないんですけど…

・レディJ
巨悪&相思相愛へのプロローグ的な回でしたね。あめりん丸藤の噤みに気付きました。
でも高評価なのは今回そこだけかなぁ…

・斉木
初めから仕舞いまで原因が斉木だったんですが、やっぱ珍しい展開なんですかね?
あと気になるのが、地図で見たらここって極地に近いから気温低い地域じゃない?ってこと。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%9B%B3%E6%B3%95#/media/File:Miller-projection.jpg

・NEXT予告
「Killed boy & killer girl」ですが、実はちょっと前から気になってました。
思っていたより期待してもいいかも知れない。リフレインほどではないがそう感じてます。

1作品1行で簡潔な感想

今週のアンケ
カガミガミ
レディ・ジャスティス
火ノ丸相撲

ダンス
ターニャが可愛い!・・・・・・以上!

ワールドトリガー
修のシューター修行が楽しみだぜ

UBS
終わりそうだ・・・・・・最後まで読むよ

ONE PIECE
ギネスおめ、ルフィ体に負担かけすぎ

暗殺教室
今週の引きの神崎さんマジ死神

食戟のソーマ
屋台で何をやるのかな?来週が気になる

ブラッククローバー
夜明け団の格が大暴落ですわ・・・・・・

カガミガミ
プロローグが終わり本番な感じ、期待!

ヒロアカ
ヒーローと敵の教育回、成果が楽しみだ

デビリー
シリアスかギャグかはっきりしてくれ

火ノ丸相撲
勝て!三ツ橋!この言葉以外いらん!

ニセコイ
楽の鈍感にイラッと、羽姉帰らんでくれ

レディ・ジャスティス
カガミ同様プロローグ感、新展開期待

以上、簡潔な感想でした!
細かい考察もそのうちしたい

そういえば地味に気づいたところ

今週の斉木楠雄の372Pの斉木が船をポンポンするシーン、あれ完全にレディ・ジャスティスのパロディですよね

意外と気づいてない人がいたみたいなのですが、コメのみなさんは気づいたのかな・・・・・・

No Subject

>OP
ギネスかぁ・・・
尾田先生これが一発目なのに打ち上げた花火がワールドクラスになっちゃって・・・
この先大丈夫なのか(^^;

>UBS
多分そろそろ終わりですかねぇ

>銀魂
こちらもそろそろですか(;ω;)

>トリガー
うぬぅ、お兄さんにそんな事が・・・
そして修の修行編か
さてどうなるか。。。

>ソーマ
”ズ”じゃ無くて”家”にしたら?
でも爺さんも入るかw

>ニセコイ
僕も千棘フラグ感じました
確かに楽の動揺ぶりはちょっと違和感有りましたけどそれは多分、僕らが小野寺さん派だからかと

>相撲
ラグエルさんの方が説得力ありますよw<覚悟
この作戦は三橋君に取ってはここ一番のための前のめりの作戦だと思います
辻もここに来てその覚悟の見誤りを謝ってましたし

>ヒーロー
うわあああああああああああああ
飯田君の今後が怖い・・・orz

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>火ノ丸
うーむ。
どうやら惰性での感想だったみたいですね。改めて読み直してみたら、確かにそっちの解釈のほうがよさそうです。

>斉木
レディJのパロディって、んなまさかと思ったらほんとにそうでした。
…いや、でも載ってから2週後ですよ?
『もて王』でも2週後に最速ネタ化することはありましたけど、まさか斉木でそれを見られるとは…
麻生先生凄まじいな。

>ダンス部
もともとは人見知りというわけじゃないのに、言葉の壁のせいで必要以上に距離を感じてしまっていることに気がついた、ということですかね。わたりちゃん…君は天使か。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1045-84146d91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター