社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

『食戟のソーマ』第13巻 この作品におけるラブコメはどうしてこんなに面白いのか

食戟のソーマ13巻

食戟のソーマ 第13巻

昨日に引き続きソーマ記事です

アニメも絶賛放送中の超視覚型料理人グラフィティ最新巻

今巻では、長く続いた選抜編がとうとう決着することとなり、
さらにそこからの新展開までも収録されている盛り沢山な内容となっております

その新章「スタジエール編」は、今巻のサブタイにもなっておりますが
単なる新展開というだけにとどまるものではなく、物語に通底する「裏のテーマ」が意識されていました

この点についてはもう何度も触れてきたことですし、昨日もその線に基づく考察をしてみたところですので
今さらこの内容に関する是非は論じる必要がないでしょう

食戟のソーマ 創真をめぐる3人のヒロインたちの勢力図

※スタジエール編後の話に触れている部分があります


で、この13巻を記事にするにあたっていろいろ考えましたが
やっぱり裏テーマの話をするのが一番しっくり来るし、またそれ以外の話をするのも気が乗らないので
引き続きこの話題をやっていくこととしましょう








だってそうじゃないとこの13巻って他に言うことがなくってですね

選抜決勝戦の結果とその判定理由、それを踏まえて創真が何を感じて何を考えたか

もちろんそれは、「料理人の顔が見える料理」が最も評価されたことで
じゃあ「自分にしか作れない料理とは何だ」と、創真が自分自身の行く末の姿を模索し始めたことと
そこにおあつらえ向きにプロの現場に研修に行くカリキュラム「スタジエール」が始まったことが
渡りに船とばかりに創真をさらに鍛える展開になるという意味で、話の筋もよく通っているものなんですが

では最初の研修先でえりな様の秘書だった緋紗子ちゃんと一緒になったり
別の店ではえりな様と田所さんが一緒になってたりしたことには何か意味があるのかというのを説明してくれるのが
「裏テーマ」でした

昨日の記事でもリンクしましたが、今回もあえてリンクしておきましょう

食戟のソーマ 連載第1話に見る選抜決勝結果の必然性

食戟のソーマ 選抜編終了後の新展開におけるラブコメ強化の可能性


で、ここで考えたいのが、どうしてこのマンガではこれほどまでに「裏テーマ」に惹かれてしまうのかということです

裏テーマ、なんて仰々しく言ってますが、平たく言うと要するにラブコメなんですよね
主人公と複数のヒロインたちが、意識的無意識的を問わず織りなすラブコメ

それは、少年漫画としては極普通のことであるはずなんですが、どうしてこんなにも気になってしまうのか


単に俺がラブコメ好きというのも多分に外せない理由だろうとは思いますが
考えてみるともう1つ理由があると思うんです


きっと、物語の本筋と密接に関わっているからなんですよ


ジャンプマンガにおいてラブコメという要素がどういった魅力を持ち、またどんな欠点を持つのかということに関して
だいぶ前ですが考察してみたことがありました

最近のジャンプマンガにおけるラブコメの限界と可能性に関する若干の考察

最近の、とか言ってますがこれ書いたの2年以上前なのでその辺を踏まえて読んで下さい(;^ω^)


内容を簡単にまとめると、男女キャラが複数いればそれだけで取り入れることができるものであり
また、色恋沙汰は大体どんな人でも興味がある話であるためにどんなジャンルや世界観の作品であっても
比較的容易に取り入れることができる、というのがラブコメの持つ可能性で

しかし同時に、簡単に取り入れることができるために「ラブコメ」を中心に据えようとすれば
舞台は現代の普通の学校やら街やらといったありふれた世界観でなければならない、というのがラブコメにある限界値である、と
考えたんですね

その上で、ただのラブコメ作品よりも「ラブコメとは別に物語を成立させる軸がある作品」のほうが
意外と面白かったりする…ということで記事を終えていました

ただのラブコメ作品としては、当時のジャンプでラブコメ戦国時代を演出した『ニセコイ』であるとか『恋染紅葉』だとか『パジャマな彼女。』とか
ラブコメとは別に物語を成立させる軸がある作品とは、当時のジャンプで言えば『べるぜバブ』とか『スケットダンス』とか『銀魂』とか

特に『べるぜバブ』は、普段が単なるバカみたいなギャグ展開か悪魔との割りとガチなバトルとかをやってたりした反動で
クリスマスのベストカップルコンテストが面白くって仕方なかったんですよね


では、『食戟のソーマ』はどちらに当たるかといえば

もちろん「ラブコメとは別に物語を成立させる軸がある作品」であるでしょう


料理の実力を至上の主義とする遠月学園を舞台に描かれる料理バトルを繰り広げる主人公たちの姿は
まるでバトルマンガにも通じるような緊迫感とカタルシスをもたらし、同時に実食でのリアクション芸は
どんなに急であってもお色気やギャグシーンを挟むことを可能とするもの

ラブコメという要素がなくともその面白さやコンセプトを明確にしていることは、ラブコメとは別の軸がある作品と言って
差し支えないでしょう

じゃあ、それだからラブコメである「裏テーマ」が面白く感じるのかというと、そう単純な話ではありません

なぜ裏テーマをこんなにも面白く感じるのか

それは、第1話で示されたこの真実に理由があるのです


すべてを捧げる女

昨日の記事でも冒頭の画像としたものですが、主人公の父親が語るこの真実こそは
「創真にとってそういう女は誰になるのか」を必然的に考えさせる言葉であり
同時に「そういう関係」になるまでのすったもんだが描かれるだろうことを期待させるものでもありました

そのすったもんだこそ、作品の軸とは別のところで繰り広げられるラブコメであり
しかし軸と別の所とは言いながら、実は物語の真実と密接に関わっているという構造になっているんですね

だからこの裏テーマからは目が離せない


どのヒロインが「そうなる」のか
主人公とともに作品の真実にたどり着くのは誰になるのか

それは、物語の完成像と深く関わるものなのです

主人公は最終的にどんな料理人となって、どんな相手と添い遂げることを決意するのか
それは当然最終話として描かれるものであり、物語の完成あるいは世界観の完成ともいうべき超重大な部分なんですね

ゆえに、複数ヒロインを持つ普通のラブコメ作品よりも「誰とくっつくのか」が気になってしまう構図になっています
誰エンドかということが、主人公はなぜその人にすべてを捧げたいと思ったのか、成長した主人公の姿や価値観と関わるものであり
それはそのまま物語の完成像と繋がっているからです



長くなりましたが、そういうわけで行く末が気になって仕方ない「裏テーマ」

本誌の今週の話も結構露骨ではありましたが、これからさらにその傾向は強まっていくだろうと思われます

本誌で読んでる人もコミックス派の人も、存分に楽しみにしていきましょう










COMMENT▼

No Subject

最近この「裏テーマ」の単語に軽い引っ掛かりを覚えます。

ここまで顕在化したらもう「表」じゃない?とw

メインと同時進行してるもう一本の柱、最早そう読んでも差し支えない程に熱いですから。

ソーマのラブコメが面白い理由

気持ちは明確でも良い具合の距離感だから

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

「裏」という言い方につきましては、まだギリギリ表面化してないかなという認識に基づきます。深読み…というかそういう視点を持ってみると明らかに作者もそういう意図があるだろうというのはわかりますが、そう思って見なければまだわからない範囲に収められているかなと。

本戦前に何かを自覚したはずの田所さんも、紅潮した顔はあれ以来見せてくれませんしねえ。

だから言うほどラブコメしてないんですよね。まだ。やきもきやきもき…がないのは見ていてストレスのない距離感なのでしょう。だとするとこれ以上ラブコメを進められないということにもなるんですけども。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1043-79fe4226

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター