社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

食戟のソーマ 創真をめぐる3人のヒロインたちの勢力図

すべてを捧げる女


本当は昨日のベストショット集の中で書こうかと思ったりしたことだったんですが
話の中身がそれだけ浮いてしまいそうな気がしたので、別記事にしてみました


今日の内容は『食戟のソーマ』における裏テーマの話


学園祭で出店しようとする創真をめぐるヒロインたちの様子が今週描かれましたが
それを整理してみることで、今現在の彼女たちと創真の距離感が掴めるのではないかと思って
考えてみました








選抜編終了後の話に通底する裏テーマ


まずは、今回の内容の前提となる部分を簡単に説明しましょう

選抜で優勝した葉山の勝因は、審査を務めた理事長が言っていたように
出された品が「料理人の顔が見える料理」であったことでした

しかしそこにはもう1つ、作中で明確には語られなかったものの間違いのない要因として
別の理由が存在していました

それが、以前に考察記事としたこちらの記事

食戟のソーマ 連載第1話に見る選抜決勝結果の必然性

食戟のソーマ 選抜編終了後の新展開におけるラブコメ強化の可能性


本記事の冒頭に示した画像に書かれている、「すべてを捧げたいと思える女」が
葉山アキラには存在したこと

それが、選抜決勝戦の結果に関する深読みでした

それならば、料理人としてさらに成長し、「どんな料理人たるのか」を創真が模索し始めるだろう選抜後においては
その部分も意識したストーリーが展開するのではないかというのも同時に予想したわけですが

その通り
その後に始まったスタジエール編では、えりな様の秘書である緋沙子ちゃんと一緒になったり
あるいは田所さんの退学勧告を覆すために勝負をふっかけた四宮と再会したりと
「分かる人には分かる」という形で話が進行していきました

食戟のソーマ SHINO's東京店でのスタジエールが創真1人だった理由


つまり、「自分のすべてを捧げたいと思えるような女と出会うこと」「どんな料理人であろうとするのか」
作者の中にはそれらを目指す中での作劇の1つとして、主人公創真とヒロインたちのラブコメが
間違いなく意識されていると考えられるわけです


ゆえに、選抜編を終えた後のこのマンガには、逐一そういう視点を持ってみてみると
そのための仕込みが実にわかりやすく描かれていることに気がつくわけですね



さあそして

今現在の展開ですよ


遠月における学園祭に、創真は十傑への対抗意識から個人で出店しようと目論みました

あまりにも自然なことだったので危うくスルーするところでしたが
これって創真が将来出店しようとするときのモデルケースなんですよね

もちろん、学園側も将来自分の店を持つための訓練の一環として出店を認めているのであり
創真本人だっていずれ自分で店を持つという野望は胸に抱いているでしょう

しかし、そこに上記で述べてきたような「裏テーマ」を見る視点を持ち込んでみると

出店しようとする創真に接する態度は将来一緒に店を切り盛りしていく仲としての試金石である
と考えることができるのです


「創真の店」に対して、どんな風に協力しようとするのか、どんな感情を抱くのか
裏テーマ的に「将来の嫁候補」と言える3人のヒロインたちはどんな様子だったか
整理してみましょう


肉魅の場合


2015年WJ29_5

創真との食戟に完敗したことで丼研に入ることになり、同時にそれ以来創真のことが気になっている彼女

作中では最も明確に、かつ何度も創真に対する好意が描かれていますが
その距離感はまだまだ縮まっているとは言い難いのが現状ですね

今回の出店に対しては、丼研として出店することになったために
積極的に手伝うことはできないようですが、それでも「何か困ったらいつでも」という気持ちであることは
創真に伝えられました

すなわち、「わたしはわたしのやることがあるけれど、あなたが困っているならいつでも協力する」という姿勢
自身の個を尊重しつつ、しかし場合によってはそれよりも優先して協力することは吝かではないというのは
一歩引いたところから温かく見守ろうとするもの、と言えるでしょうか

実際、創真は今までも肉魅を頼ったことがありました

唐揚げ戦争の時や、秋刀魚の熟成の時
彼女の持つ知識やネットワークを頼りにして結果を出した創真は、肉魅に対して
確かに頼りになる奴と思っていることでしょう


田所さんの場合


2015年WJ29_3

自然と創真を手伝うつもりでいた彼女は、ある意味では肉魅と対照的でした

寮のメンバーでの出店や、所属する郷土料理研究会の出店も協力を断って
創真のために自らの体をあけた田所さん

創真が何かするとなれば、半ば当然のように自分も関わろうとする彼女の意識は
もはやすっかり創真のパートナーとしての感覚になっているのかもしれません

それはまるで、長年の付き合いでもあるかのような自然な呼吸

しかしそれは田所さんの一方的な思い込みだったことは、きょとんとした創真の表情からわかるわけですが…


ですが何か困ったら肉魅には頼ることがある一方で、
創真は田所さんに何か助言や協力を求めたことは実は1度もないんですよね

創真にとって田所さんは、気がつけばいつも隣にいる身近な友人といったところでしょうか

お店を出そうという時に自然と手伝ってくれているというのは、
嫁としては実に理想的な存在と言えるかもしれません


えりな様の場合


2015年WJ29_4


で、最も問題なのがえりな様ですよ

そもそもえりな様が「ヒロイン」であるというのは、作中では全く明らかにされていないんですよね

作中でのえりな様といえば、大衆料理を見下して、大衆食堂出身の創真を軽蔑して
創真の作った料理を口にして身悶えしながらも「認めたくない」一心から「不味いわよ」と言ってのけるほどに
刺々しいキャラとして描かれてきました

そんなえりな様がどうしてヒロインの一角といえるか

それはもちろん、第1話のあの引きによるものとなるでしょう

記事冒頭で示した創真の親父のセリフ
それに続いて見開きで登場してきたのがえりな様だったのです

それはまるで、親父のセリフが示しているのはえりな様のことであるかのような印象を
読者に与えるものであり、こうした裏テーマを意識するほどに作劇の裏側を見ようとする者にとっては
無視できない演出でした

緋沙子ちゃんの前でのみ年相応におちゃらけてみたり、アリス嬢にからかわれて赤面したり、
ところどころでえりな様の悪印象を中和するような場面が描かれてきたのは、
いずれ創真とラブをコメらせるための下準備とさえ考えられるわけで

だとすると、裏テーマの現状を見てみようとする本記事でも
えりな様を抜きにすることは大事な1ピースを欠くことと同義ということになるでしょう


では、えりな様と創真の距離感はといえば


まあ、ぶっちゃけまだ結構遠いですよね


そもそも、創真に対するえりな様の感情がまだそれほど好転していないんです

上述してきた肉魅や田所さんは、意識的無意識的問わず創真に対して友情以上の気持ちを抱いています
しかしえりな様の創真に対する気持ちは、はっきり言ってまだ友情ですらないでしょう


同じ学園に通う同じ学年の何かいけ好かない男(実力はまあ…認めてやってもいいかもいややっぱり認めない)


表現してみるならこんな感じでしょうか

しかし、それでもえりな様は創真の作った料理を口にしているんですよね

初めは、遠月学園への編入試験で
2度目は、選抜本戦で美作と戦うための試作品を
3度目が、麻婆豆腐定食を試食してもらった今週


最初の編入試験でえりな様に不味いと言われた創真は、「必ずあんたの口から美味いって言わせてやる」と
本人に宣言してみせたこともありました

その線で行くと、えりな様に有無をいわさず自分を認めさせる料理を追求することが
創真の料理道の1つであると言えるわけですが

それがもしも、「すべてを捧げたいと思える」ことにまで昇華されたとしたら

「こいつが美味いという料理を作ることが俺の目的だ」
なんてことになったとしたら


えりな様もえりな様で、不味いと言って不合格にしたはずの創真が何故か編入できていることによって
創真を嫌ってひたすら退学を願う様子ばかりが初期には描かれましたが

今ではすっかり、そんな素振りもなくなってしまいました

相変わらず創真を気に入らないとは思っていますが、退学を願って狙って喜ぶといったことは
全くなくなったんですね

「出店するのはいいけど赤字になったら退学って知ってる?」と衝撃の事実を語った先週の引き
今までのえりな様なら、自ら無謀な勝負を挑んで赤字のリスクを激増させた創真が退学するかもしれないことを
大いに喜んだかもしれませんが

その事実を伝えた後にどんなやりとりがあったかは結局描かれませんでした

どころか、創真の品を試食して的確な意見と情報をくれるという


かつて、美作との勝負の時に述べたように、創真のことを嫌い嫌いと言って憚らないえりな様は
実は創真のことが気になって気になって仕方がないと言い換えられるんですよね

ヒロインの心の裏の裏は… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!


いわゆる嫌い嫌いも好きのうちというアレです
ならば、いずれ本当に好きな気持ちが湧いてくる時が来るだろうと予測できる


その象徴となっているのが、創真の父城一郎ですね

幼少時からの憧れの料理人として城一郎を思い浮かべていたえりな様
嫌い嫌いと言っている創真が、実はその人の息子であることをえりな様は知りません

しかし、今週えりな様は「ゆきひら流麻婆豆腐定食」を口にしました
実家で出していたものと創真は言っていましたから、それは城一郎がメニューとしていたものでもあるのでしょう

つまり、今回えりな様は憧れの城一郎の品を口にしたと言えるわけです
しかし、結果はお話にならない味でした

それは創真の腕がまだまだ城一郎に及ばなかったことで、城一郎が意図した味が出せなかったのか
それとも隠し味とかがあったりするのを創真が知らなかったりしたのか

いずれにせよ、憧れの城一郎のメニューを口にしたはずが、えりな様の反応は全く普通だったとすれば
ここからがある意味で出発点ということにならないでしょうか

城一郎のメニューではなく、創真自身の料理でえりな様を唸らせること

創真がそれをどの程度まで明確な目標とするかはわかりませんが、
おそらくこれからも折にふれて試食を頼むことは大いに有り得るでしょう

緋沙子ちゃんと創真が仲良くなったことは、今週緋沙子ちゃんが創真を止めなかったように
「将を射んとするならば」の文脈で捉えられるからです





…という感じで、3人のヒロインたちの現状を整理してみました

これからも裏テーマを意識して、彼女たちの行動と表情には目を光らせていきたいと思います


倉瀬さんはそもそも登場頻度が(ry

COMMENT▼

全面同意する他ないw

話したい事は多々あるのですがどうも上手く纏められない。
最終的なパートナーは田所さんだろうと思ってますが、他も違う形で繋がっている未来かなと。
将来、創真が築く店って「フードコートみたいな何でもあり大規模料理店」な気がするんです。

ナイスな分析!そして他のヒロインの可能性は

的確な分析だと思います
裏テーマに直結しそうなのは個人的にもこの三人で間違いないかと!

でもこの三人以外にソーマの裏テーマに何となく関わりそうかなって人はいたので、私はその娘を書きたいと思います

倉瀬ちゃん
初期からソーマに好意を抱いてるのは彼女だけなので、今後他のヒロインとの絡めば間違いなく裏テーマに関わる存在だと思います

アリス
二人目はえりなの妹アリスです、彼女は直接ソーマとの恋愛には絡まなそうな感じではありますが、今後感情をあまり表に出さないえりなとの対比として描かれるような気がします

緋沙子
三人目は、ソーマに助けられて明らかにソーマへの評価が変わった緋沙子ちゃん、
彼女は今後えりなとソーマの関係にバランスを取る懸け橋的存在、もしくは本人がソーマにヒロインとして関わる事があるかも?

竜胆先輩
この人はあくまで予想なのですが、二席の竜胆先輩
実は卒業までソーマの憧れの先輩として描かれる女性?になるのを期待してます
城一郎と同じ二席でもありますし、ソーマに女性の憧れが出来るのは、他のヒロインとの関係性に大きな変化をもたらすのではと考えていますので、後唯一紅葉狩りでソーマに興味を示してましたし

全面的に同意です!

裏テーマを考察するにあたり、重要なキーワードは、やはり"すべてを捧げたいと思える女"ですよね。これはスペシャリテ="料理人の顔が見える"ことに直結する訳ですが、田所さんや肉魅はソーマにとって居て当然と思える程の存在なので、"捧げる"とはまた別の方向性な気がします。
それに対し、えりなの場合は未だ味見役兼ライバル的なポジですが、当初から積み上げてきたフラグを考慮すると、一転して"料理を捧げたい女"になる可能性が非常に高いです。ソーマのある意味鈍感な性格から考えて、非日常に存在するえりなだからこそ、いつか意識する日が来るのではないかと考えています。
秘書子は個人的に好きですが、あくまでえりなとの繋ぎかと、アリスは小説の方で黒木場とフラグ立ててますし、幼馴染は料理をしてない時点でアウトかと笑
個人的にですが、ソーマの料理本についてるオマケ漫画のソーマとえりなとの絡みが夫婦っぽくて好きです。是非読んでみて下さい、参考になるかと。

No Subject

ほうほう

僕は田所ちゃんかえりな様の2択かと
穴で倉瀬ちゃん。。。

>ぱいなっぷるさん
アリスは妹では無く従姉妹ですぉ(^ω^U)

えりなと秘書子はニセコイのチトゲとつぐみとほぼまんま同じ関係ですよねww

No Subject

ぶっちゃけ料理研究家の森崎が葉山推しだという事がバレて
急いでラブコメ路線に変更した気がする と言うのも、
編集部と原作の真意は分からないけど、最終決戦を男同士で
戦わせて本格的に料理バトルの展開をした方が読者の方も
食い付きが良いのではないかと言うところと、創真の朴念仁っぷりが
どのヒロインもゴールインまで無理な気がしてならない
最終回も創真が「俺が捧げる女は・・・あいつだ」とぼかして
読者の想像に任せて描かない気がする

普通に考えれば創真とえりなが戦って、その後は二人の
間も親密になるんですが、森崎や腐女子のファンからは
四宮、葉山やタクミと絡ませろと言う発言も出ているし、
ラブロマンスは最後まで描く気は無いんじゃないかと思いますね

ラブロマンス展開

あからさまなラブ展開は創真には無い、これは同意ですね。
ヒロインズで盛り上がりを見せ、創真自身は「自然体のままサラリと決める」と思っています。

創真の想い人は一番感謝している協力者。決勝戦での葉山の回想からそう考察します。
いつもの様に一心不乱に料理に打ち込み無意識に浮かぶのはその人の笑顔。
で、最後進退を決めた創真にそのヒロインが追随し「おう、これからも宜しく頼まぁ」と
読者には分かりヒロインには分からない形で一度締め、エピローグで数年後が描かれるのかなと。

No Subject

全てを捧げたい相手を見つけるか
これはまあ男だけじゃなく女のほうも同じかな

まあみた感じ現状創真と一番近いのは田所ちゃんだとは思いますけどね

でも逆に遠い存在であるゆえにえりなのほうも何かがきっかけで距離が縮まる可能性も否定はできないかなあって

創真にとってえりなのほうは見返したい相手であるわけで
そういう意味ではいつか美味いといわれてやりたい相手
ある意味料理を捧げたい相手になる可能性はあるかもしれません
ただ逆に言うと美味いって言わせたら創真が満足してしまう可能性も否めなかったり
それだと全てを捧げたい相手には至らない気がしますし
誰かのために料理を作るとか
全てを捧げるとかえりなには一番遠いと思うし
おそらく今一番彼女から欠けているものがそれだろうと

あと全てを捧げたい相手がいるかどうかってことに関しては田所ちゃんのほうがその領域に近づいてる気はします
明らかに創真を意識する場面もあったし
当たり前のように創真を手伝おうとしたり
もっとも近い存在ゆえに創真のほうはまだ特別な想いを抱くには至らない気はしますが
ただ合宿の時わざわざ退学の危機にさらされた彼女を助けようとしたことが逆に創真のほうに影響する可能性はあるかもしれないかなあって

個人的に一番いいのは誰が相手でも互いが相手に全てを捧げたい存在になることじゃないかなあって

Re: 全面同意する他ないw

皆様コメントありがとうございます。

何か意外とこの記事が反響あって驚いております。

とりあえずまず…
初めましてになるんですかね。うちはんさん
森崎先生が葉山推しってのはそうだったんですか?どこで語られてたことでしょう?全然知りませんでした。


で、皆さん色んな見解を出してくれておりますけれども、たぶんそんな風にどうとでも取れるような感じに描いているんでしょうね。まだギリギリ「料理バトルマンガ」というような皮をかぶっているというか。

そもそもキャラたちの間では城一郎の言う真実なんかもちろん知りませんし、腕を磨かないことには退学の可能性がずっとつきまとっているわけですから色恋沙汰が後回しになるのは無理からぬことでしょう。創真も創真で主人公らしく三大欲求の1つが欠如してますし。

それをあえてラブコメ路線を持ちだしてあーだこーだ言ってるわけなので、まだまだ何とも言えない状態なんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1042-d9fb0bbe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター