社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

表れる表情と秘められた本音… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2015年WJ28_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さて…
本日は1つのお知らせから

今週はベストショットなしです

何回読み返してみても、「これだ」と思えるものが見つからないので、非常に残念ではありますが
今週はベストショットなしの次点ショット集としてお送りしていきたい……




 









…と、思っていたんですがやっぱりベストショットありです


(;^ω^)



…いえ、あのですね

最初はベストショットなしの次点ショット集として書いていたんですが、とある1つのカットで
あれ、何か意外と語ってるな俺、ということになってしまいまして

これくらい語っちゃってるなら、結構このカット好きなんじゃね俺
ということになりまして

よし、じゃあベストショットにしよう、と


そんな不測の事態も生み出したエントリーカットは全部で3枚

今週はスタンダードに、それぞれの表情に込められた本音を探っていくものとなりました


それでは見て行きましょう
1枚目はこちらです!





































2015年WJ28_3

ダンスの楽しさを実感しているわたりちゃんです

自分でも意外なところからエントリーしてくれたなと思いましたが、セレクトの理由はわたりちゃんの気持ちを考えてみたかったからですね

昨日の感想記事でも触れましたが、このマンガは基本的に土屋くんの視点で描かれてきております
おそらくそのスタイルはこれからも変わらないんだろうと思われますが、それでも相手役となるわたりちゃんを
このままにしておくのはよろしくないことでしょう

これまでわたりちゃんが読者に見せてきた姿といえば、
エロ目的の男子たちに混じって女の子1人で初日の体験入部にやって来た行動力
土屋くんのダサTを「かわいいねこれ」と言ってくれた感性
ハプニングで固くなってしまった土屋くんを気遣おうとしてくれた純粋な優しさ
教えられた「背筋をピン!と」を帰り道でも実践しようとしていた積極性
「君がいてくれたら心強い」と頼りにしてくれた可愛らしさ
手汗のことなんか全然気にする素振りを見せない純真さ

もうなんというか、ザ・とってもいい娘なんですよね

こんないい娘とペアリングできるなんてのは、土屋くんも主人公冥利に尽きるというものです

しかし、これではわたりちゃんが「本当にただのいい娘」なだけで終わってしまいます

なぜ1人で未経験のダンス部にやってきたのか
どうしてこんなに一生懸命なのか

そこが描かれない限り、わたりちゃんが「単なる都合のいいヒロイン」になってしまうからです


顔の周りにあれだけ汗マークを飛び散らせて
セリフもところどころ変なところで単語が切れたりして
よくよく見れば、わたりちゃんも明らかに緊張している様子がわかる

じゃあなぜ彼女はダンス部に入ろうと思ったのか

読切りでは描かれたその事情は、おそらくそのうち連載本編でも描かれることになるのでしょう
おそらくはそれが、この作品の最初の盛り上げどころでしょうか



では続いて2枚目はこちら!






































2015年WJ28_2

考えることはしっかり考えてたお茶子ちゃんです

自分で考えた自分のヒーロー名をクラスメイトの前で発表するという照れくささ必至な状況の中

そういう行為からは割と遠いイメージのあるお茶子ちゃんも、しっかり考えていたのは微笑ましいねというのが1つ


さらに、その考えてた中身が意外といいジャン!というのがもう1つ

自身の個性と合わせた「麗らかな重力」という意味でのウラビティってことですかね

わざわざ装飾した文字で書いてることも芸が細かいですよ


そこまでしておいて、でもやっぱり恥ずかしさが隠せない表情ってのがまたいいですよね

まあ普通そうですよw
自分がカッコつけるための名前を自分で考えて発表するなんて、そんなの俺には無理(;^ω^)

でもそれも、ヒーローに必要な素養なのでしょう

いかにカッコつけるか
いかに派手さを出すか
いかにインパクトを感じさせるか

それは、敵に対するハッタリという効果でもあり、誰が相手でも自分を鼓舞することでもある

劣勢などとは微塵も感じさせずに、どんな状況でも笑って立ち向かっていけることは
ヒーローにとって大事な資質であるのでしょう

よーし
じゃあヒーロー名が決まったなら次はテーマソングを決める回を…


マンガじゃ無理ですかそうですか


というところでお次が今週のベストショットです

こちら!

















































2015年WJ28_1

センターカラーで着物をはだけちゃってる春ちゃんです

何やら雰囲気の出まくっているこのセンターカラー

和風テイストが好きな春ちゃんですから、扉の雰囲気もそれに合わせてみたということでしょうか

題字も普段とは字体を変えて、その隣にはイ音で韻を踏むアオリが日本語の旋律を作り出していて
物憂げで儚げな表情の春ちゃんを「日本女性らしい奥ゆかしさ」によって引き立てる構図になっています

かと思えば、肩まで着物をはだけさせた大胆な姿はその奥ゆかしさとは正反対にあるもので

描かれているほとんどのもので作り上げた雰囲気を、ただ1点目を引くところへのギャップとして機能させるという
高度なテクニックがそこにはありました


そんな大胆な姿を見せておきながら、物憂げで儚げ、切なげで寂しげな表情の意味するものは果たして何でしょう

叶わない恋、叶えたくない恋、叶えてはならない恋への葛藤と抑制が見せたものでしょうか



で、このカットに思ったことがもう1つ

小野寺さんとの対比といいますか、意識したものになってるんじゃないかなーと少し思ったんですね
何と対比かっていうとこれですよ


nisekoioad2-12.jpg



ヘンボウしちゃった小野寺さんがOADで見せたおはだけ

何だかこの姿と春ちゃんのこのカットは似ているような気がするのです
ひょっとして古味先生これを意識してこの扉描いたのかと


同じように肩まではだけて
同じように振り向いた姿で
同じように座り込んでいる

違うのは表情


それはきっと、酔っ払うことによって感情の表層に現れてくる奥底の本音の違いなのでしょう


ニセコイ16巻同梱OAD そこはかとないエロさを演出した小野寺さんの本心と本質

この記事で考えてみたように、子供のように純真な姿で火照った笑顔を見せた小野寺さんは、
単純に楽に対する一番純真で一番純粋な気持ちがあふれ出ていたものでした

対して春ちゃんの場合、大好きなお姉ちゃんの大好きな人であると同時に、
大好きなお姉ちゃんを大好きな人を好きになってしまった負い目からこの気持ちは諦めなければいけないと常に思っています

それが表層に現れてくるとなれば、浮かんでくる表情は笑顔などではなく切なさや悔しさにも似たやるせない気持ちでした
本編もしっかり描かれていたように、この春ちゃんの表情には、未だ楽を諦めきれていないわずかな葛藤が垣間見えるとは考えられないでしょうか



…それでは今週はここまで!

COMMENT▼

No Subject

今週、一番目を引いたのがこの春でした。憂いを帯びた表情がなんとも美しく雅でした。
ニセコイヒロインとは相変わらず認めていない私ですがw女性キャラとしては好きだったり。

そして他にも目を引かれたカットが、レディJのアメリンから一つあります。
枠線使って立体感出すとかやるな!(アレやコレや色々と…のカットです)

わたりちゃんはとっても良い子で可愛いですが、来るであろう掘り下げ回ではどんな過去が明らかになるのでしょうか。
ある程度話数が進んだ今だと、読み切りと全く同じというのは少し面白みに欠ける気がします。

お茶子ちゃんのヒーローネームですが、
『ウラ(麗)ビ(日)ティ(茶)』
といった感じでかけていますね。
もちろんウラビティはグラビティ(重力)から来ているのでしょう。
堀越先生が単行本のおまけにて、自身のネーミングセンスが天才なのでは?と語っていた名前ですね。笑

No Subject

ほうほう

じゃあ春ちゃんで
お茶子ちゃんもわたりちゃんも可愛いですけどw

今週は確かに決めづらかったなぁ

今週のベストショット、確かに良い感じなものがなくて難しかったですね
個人的にはあめりんに完全に夢中で毎週ベストショットにしたいくらいですが、それもなんだかなぁって感じですし

ちなみに今回の私のベストショットは、管理人さんと同じくわたりちゃん、本誌に出張して足湯していた加賀地ちゃん
そして一番は・・・・・・直せないかなぁ、のあめりんでした
結局あめりんだという
・・・・・・あめりんの赤面が毎週めっさ可愛い

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

経緯が経緯とはいってもこの前フリはどうかなと思っていたんですが、みんなあんまり気にしてない…かな?それならいいんですが。


ゆぐなぎさんの指摘に目からウロコ。
ウラビティにはそこまでの意味があったのか…!気づいてなかった…

個性の中身とともに本名も全部入れ込んでしまってるとなると、マジでこれ以外ありえないわという感じの名前だったんですね。なるほどなあー


レディJの天利ちゃんは…赤面以外にもぐっと来る表情を見たいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1035-8a961cc7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター