社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

その瞳の先に映る大いなる真実は… 今週の小野寺さんズベストショット集!

今週の小野寺さんズベストショット集!

さてさて

今週も予定を変更して小野寺さんオンリーで見ていくこととしましょう

本日のエントリーカットは全部で5枚

今までとは違ったものが見えている小野寺さんの表情に集まってもらうことになりました


それでは、今週の1枚目はこちらです!



















































2015年WJ2223_5

自分がこの場にいる理由を告げる小野寺さんです

今週最初に気になった表情がこれでした

互いに問いかけた同じ言葉に対して、小野寺さんの方から先に答えてくれたその理由
しかし、この小野寺さん

理由を答えながらも、何だか視線の先が違うところにあるような気がしたのです

おそらくは瞳の描き方の問題だろうと思いますが
上側にも下側にも白を縁取った瞳が、目の前の楽に焦点が合っているようでいて
同時に違うものも見ているような気にさせられるんです

おそらくそれは、予感なのでしょう

同時に問いかけて、同時に察した「ここにいる理由」

自分と同じ理由以外に今この場にいる理由はないわけです
だから小野寺さんは「答え合わせ」のつもりで先に答えたのでしょう

楽の顔と一緒に見ていたものは、楽がここにいる理由
そしてそのことが示す本音と真実

薄く開かれた唇は、言葉を発するためだけではなく、どことなく嬉しさを醸し出すような
表情を感じさせる効果ともなっています

それもまた、楽の顔の先に見つめる「真実」に対するものであるのでしょう



だからこそ次にこの表情が来るわけです










































2015年WJ2223_4

楽の袖をつかもうとする直前、一瞬だけ躊躇するような表情を見せた小野寺さん

この時小野寺さんが見ていたものは、1つにはもちろん楽の手なのでしょう

鍵屋さんに向かうのに、人混みと携帯の電池切れという条件のために小野寺さんが導いた選択肢
でも、いきなり手を握るようなことは流石に躊躇ったことで袖をつかんでみた

ただしもちろんもう1つ、先ほどの問いかけで察した「真実」を
小野寺さんはここでも見つめています

だから、袖を掴むなんていう大胆な行動に出ることができたのです



それにしてもこの表情

なかなかに妖艶なことになっておりますよ

ちょっとだけ視線が下に向いた瞳
少しだけ閉じられた瞼
薄く小さな陰を作っている鼻
そして、きゅっと閉じられている唇

この中で特に絶大な効果となっているのは唇でしょう


このわずかな1本のラインが、この表情の中であまりにも大きな役割を果たしています

この口がなければ、この顔はただの逡巡なんですよ
しかし、こんな小さな線がただ1本入るだけで、表情の持つ意味が増えてくるのです

すなわち、1つの期待

自分にわかったのなら相手にもわかったはずの「私がここにいる理由」
それでなくとも自分はさっき明確に言葉にしたのに、相手からの確かな言葉は聞けなかった
でも、わかっているはずの本音

だったら、もうちょっと近づきたい
近くに寄りたい
そばにいたい

そんな乙女心の片鱗を窺わせるのがこの口元なのです


だから、袖をつかみはしたものの、きっと小野寺さんは手を繋ぎたかったのです
小野寺さん生来の控え目さと謙虚さによって、袖をつかむという行動になりましたが
本心が求めたのはそれよりもっとお近づきになること

すなわち、袖ではなく手をつなぐこと

だからそれが実現しちゃった小野寺さんはこんな顔になっちゃったのですね









































2015年WJ2223_3

緩みまくって崩れまくった小野寺さん

でへ寺さんです

小野寺さんの顔がここまで崩れたことは、かつてあったでしょうか

中学時代、凡矢理高校に落ちた時に落書き状態となったことがありましたが
ひょっとしてそれ以来でしょうか

しかし感情は正反対ですね

絶望によるショックから落書き状態になったあの時に対して、今回は幸せによる絶頂なのです


好きな人と、手をつないだ


ただそれだけのことでしたが、小野寺さんにとってはこの上ないほどの一大事でした

だからこの小野寺さんはもはや何も見つめられてはいません
右手に残るわずかな感触をひたすら反芻し、反復し、思い出すばかりで
頭の中はピンク一色なのでしょう










2015年WJ2223_2

この顔も、同じ

ひたすら「あの時あの瞬間」を思い返しては、ウットリしちゃってるウフ寺さん

会話をしていながら、目の前の春ちゃんのことなんか全然見えていません


まぶたを閉じれば浮かんでくる君の姿、君の背中、君の手のひら


きっとそればっかりなのです
目の前の風景でもなく会話している家族でもなく、ただずっと「大好き」ばかりが込み上げてくる景色

ついさっきまで現実だったその光景
何度も何度も振り返っては恍惚として、思い出してはときめいて、口に出しては興奮して

この上なくゴキゲンな小野寺さん
好きな気持ちがほとばしってるとはこの状態のことを言うのでしょう



だからこそ、今週のベストショットはこれですよね

こちら!














































2015年WJ2223_1

目と目で通じ合った小野寺さんです

まあ今週もこれ以外にありえないでしょう


この小野寺さんが見つめているのは、もちろん楽の顔ではありますが、さらにもう1つ
ツウジタ気持ちのその先を見ていると言うことができるでしょう

ショッピングモールのお店めぐりがひたすら楽しかったこと
もみの木の前で巡り会ったこと
同じ理由で同じ場所に向かったこと
手をつないでくれたこと

イブの1日で非常に多くのものを共有した2人が、暗黙的にとはいえ、互いの気持ちまでも共有した

だから、もう目が合っても逸らさなくていい


気がつけば好きな人を目で追ってること、すぐに見つめてしまうことは自然な意識とすれば
目が合うというのは互いの気持ちの証明なのです

だから、目が合うことはむしろ嬉しい
だから、幸せな気持ちになれる
だから、微笑みがこぼれる


ここでもう1つ触れておかなければならないのが、この表情の性質です

今まで小野寺さんが見せてくれたいろんな笑顔は、基本的にはその女神性が発露したものでした

優しく、穏やかで、慈愛にあふれるような、慎ましくも美しい笑顔

楽を相手に見せる時でさえ、浮かんでくるその表情から感じられるものは
小野寺さんの大いなる博愛でした

もちろんそこには楽への恋愛感情も前提としてはありつつも、
「一条くんが私を好きなわけはない」という認識のために
恋愛的な要素よりも女神的な博愛的性質のほうが強く出ていたのでした


しかし、今回のこの表情には、女神的な性質は殆どありません
あるのは、瞳に映る通じ合った相手に対してだだ漏れとなった恋愛感情

つまり、女神ではなく乙女としての小野寺さんの恋する笑顔がこの表情なのです



ここまでの表情を見せてくれた小野寺さん
そして、その幸せに酔いしれる楽

2人の真意が繋がった様を見事なまでに見せてくれるシーンでした


それでは今週はここまで!


COMMENT▼

小さな不満

うん、小野寺さんズベストショット集、満足です。

1枚目の瞳は、少し目がうるんでいる表現だと思っていました。こぼれるほどの涙ではないですが、感激したうれし泣き一歩手前の小野寺さん。

2枚目だけじゃないですけど、今回の小野寺さんの絵にモノローグがついていないのがいいですよね。ついていないけれど、小野寺さんの想いが、絵だけからはっきり伝わってくる。そんな小野寺さんが多くてうれしい回でした。

でへ寺さん、ウフ寺さん、どうしてこんなに崩れていてもふつくしいのでしょう? 口を描くラインの緩み具合がいいですよね。ウフ寺さん、よだれが垂れかけてませんか?
小野寺さん、幸せいっぱいだと花が飛ぶんですね(笑)

最後のベストショットは、視線が合っても目をそらさなくなった小野寺さん。よいです。

小さな不満は、スペシャルショットがなかったことです。スペシャルだから、そうポンポン出すものではないのは分かっているのですけど、今回一番幸せが伝わってきたのが、二人とも顔真っ赤の、楽さんに手を引かれる小野寺さんだったので、スペシャルショット、拾ってほしかったなぁ、というわがままです。

補足

手をつなぎ触れ合うことで、というか、フレアって2人の幸せが2倍になるところを、rexelさんには拾ってほしかったです。

No Subject

目の保養目の保養(*´∀`*)
小野寺さん美しいですなぁ

>m氏
>幸せだと花が飛ぶ
そりゃあ小野寺さんですからw
あのオーラなら花ぐらい飛びますよw
小野寺さんの能力ですよw

Re: 小さな不満

皆様コメントありがとうございます。

と言いつつ、mickさんはコメントというよりもちょっとしたご不満の発露のほうがメインみたいですが…

ご期待に添えなかったことをまずはお詫び申し上げます。

スペシャルショットがなかったのは、特に他意があったわけではないです。正直に言えば、そこまで思いつかなかった、ということですね。

小野寺さんと楽が手を繋ぎ合ったシーンについては、感想記事の中でダブルアーツと絡めて何か言いたくはなったんですが、時間的な制約もあって充分考えることができず、そのままとなりました。その後、ayumieさんの感想の中で上手いこと言語化してくれているのを見て、何か満足してしまったんですよね。なので、もうそれ以上ダブルアーツと絡めて何か言うということはすっかり頭から抜けておりました。

まるでフレアの語源のような「触れ合って」という表現は、言われてみたらハッとしましたね。そこを拾えなかったのは結構自分でも残念な感じがします。


まだまだだな…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1007-3f0be51d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター