社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

2018年夏アニメ 今季は原作知ってる作品多めで逝ってみよう

もう7月ですか…

もう夏アニメの時期ですか…
何か早いな


ということでいつもの記事です








ゆらぎ荘の幽奈さん

ゆらぎ荘の幽奈さん

まあまずはこれですよ
ジャンプアニメですから当然のことですね

アニメ化が決まってから実際の放送まで意外と間隔が短かったような気もするんですが
PVを見る限り、作りが酷いことになってるとかはなさそうです

サービスシーンの出来もですが、映像になることでコガラシくんのイケメンぶりがどれくらい強調されるかも注目するところでしょう





はねバド!

はねバド!

濱田浩輔先生の「噛めば噛むほど味の出る作品」ですね

かつてはジャンプ漫画家だった濱田先生
2作品が打ち切りとなった後にジャンプを離れることとなりましたが、
そこで生み出した作品がアニメ化までこぎつけることとなったのは非常に喜ばしいことであるでしょう

タグを作るほどに濱田先生の作品を追っかけている俺としても嬉しい限りです

しかもPVを見ると試合シーンがやたら気合入ったことになってるみたいじゃないですか
試合の迫力は本作の魅力の1つがここまでやってくれるとは思いませんでしたよ

これは濱田先生も作者冥利に尽きるというものでしょう

おそらく1話2話では作品の面白さがなかなか伝わらないだろうという懸念もありますが、
回を経るごとに熱くなっていく彼女たちの気持ちが新規の人にも伝わればいいですね





はたらく細胞

はたらく細胞

実はこの作品がアニメになるのって知らなかったんですけどもね
原作買ってるし、記事も書いてる作品ですから、まあそりゃ見ますよ

ミクロな世界で展開するダイナミック… 『はたらく細胞』 清水茜

ていうか珍しいことですが、今季ここまでの3つが全部原作知ってるっていうね
原作知っててもアニメ化の事実を知らなかったんですけども

ついでにスピンオフ作品とかがあるのも知らなかったんですけども

何だよ『はたらかない細胞』って
いつのまにそんなのやってたんだ…w

ともかく、細胞たちを擬人化してウイルスとか細菌を化物化した本作の世界観をどこまでアニメで魅せてくれるのか
期待したいと思っております





isekaimaou.jpg

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

これが今季の中で唯一原作をよく知らない作品なんですけども

異世界ものです

最近異世界ものにハマってますって記事をついこの前更新したばかりですが、本作はまだ買ってないのです
ニコニコ静画で数話読んでコミックスまで逝くかどうか迷っていたところなんですが、アニメで見られるってことで
じゃあ見てみよう、と

キャラのビジュアルがコミック版と比べて何となく丸み増えてるのが気になりましたが
とりあえず魔王プレイがどんなアホなことになっているのか、ちょっと楽しみだったりw


これら4つと、実は2クールだったことを知らなかったヒロアカを加えた5作品をこの夏は追いかけていこうと思います



 




火ノ丸と刃皇の対比が実に巧妙だった2018年週刊少年ジャンプ30号感想

ロボとジガはどうしようもなかったな…

ロボはゴルフをジャンプ漫画に出来なかった
ジガはもともとジャンプらしくなかったですがプロローグに6話はさすがにやりすぎでした


アンケ順
火ノ丸相撲
アクタージュ act-age
鬼滅の刃


・新連載 田中誠司
・ぼくたちは勉強ができない
・食戟のソーマ


火ノ丸相撲


今週一番グッと来たのはこれでしたねえ…

主人公にダメ出ししまくってる回だったはずなのに、どうしてこんなにスッキリした気持ちになれるんでしょうか

何というか刃皇のセリフがいちいち的を射ていて、このところの火ノ丸を見ていて浮かんでくる感情や印象を
全部明確に言葉にしてくれたかのような感じがあるんですよね


刃皇との対戦を数時間後に控えて、一層ピリつく柴木山部屋
対してレイナは、まさかの刃皇がいる朝陽川部屋に殴り込み

でもレイナはよく動きましたね今回
由美さんとの別れ際、腕を掴んで引き止めたのは、これ以上見ていられないと思った火ノ丸に対して
それでも自分は何ができるかを諦めなかったからでしょう

これは勇気出したよ

そっから実際見に行くことになるってのはさすが横綱の妻らしい大物発想ですけどもw

刃皇に「相撲と嫁とどっちが」って聞いたのは、勇気を出したと言うよりも
それを訊かずにはいられなかったというほうがより正しいでしょうか

変なTシャツを着てる横綱が、それでも見事に火ノ丸の現状を言い当てたのを聞いて
ならばこの人は今自分が抱える最大の疑問をどのように処理しているのだろうかと

これに刃皇がどう答えるかってのは一瞬緊張しましたが、まあ「どっちでもない」みたいな返事になるんだろうなというのは
予測できました

問題はその内容をどう表現するのかだったんですけども


そんなことを聞かずにいられなくなったレイナの心情を察してくれるとかこの横綱イケメンすぎる

レイナにこんなことを聞かせてしまうことにも、こんな顔をさせてしまうことにも気づかないほど
火ノ丸は自らどす黒く追い込まれている

こっからの刃皇とレイナのやり取りが、まさに今まで読者が思ってきたことを言葉にしてくれているんですよ

今の火ノ丸は辛そうな顔で相撲をとってる
今の火ノ丸の相撲は自分の運命を試すためのものでしかない

そんなの応援できないから、「負けちゃえばいいのに」って思ってしまう…

いやもうマジでそうなんですよ
大典太とのあの勝負はもう負けときゃよかったんですよ
負けとけば、自分を見つめ直すきっかけになる可能性はあったのです

逆にもっとギリギリのところに、ってさらなる死地に踏み込もうとするかもしれませんが
「気がつける」可能性もゼロじゃなかった

それが勝っちゃったもんだから遠慮なく確信と闇を深めて、一層堕ちてくことになってしまって
そりゃレイナは余計悩むよ…


そしたらこっからの刃皇がくそカッコイイじゃないですか

君が哀しい顔をしてるということは彼は間違っているということなんだ

もうまさしくズバッと言ってくれましたね


きっとこれはレイナが一番聞きたかった言葉じゃないでしょうか

火ノ丸を支えたいのに、応援できない自分を卑下して
火ノ丸に勝ってほしいと思えずに負けちゃえばいいなんて思ってしまう自分を否定して
こんなことじゃ火ノ丸の隣にいる資格なんて全然ない

レイナが苦しんでいるのは、火ノ丸を好きだと思っていながら火ノ丸を応援できないという自分の気持ちと行動の乖離、
それに加えて火ノ丸自身が辛そうにしている様子を見ていられないからですね
それをしっかり看破して、君が哀しい顔をしてるってことが彼が間違ってる証拠だって言い切ってくれるとか

説得力ありすぎるし、レイナは少し救われるだろうし、この横綱マジ男気ありすぎる

そしてまだそこから畳み掛けてくるんですよね

今の火ノ丸の相撲は、勝っても誰も喜んでくれない相撲だと

火ノ丸勝利の判定を聞いても浮かない顔をしていたレイナ
「そんな相撲を教えた覚えはない」と叱った柴木山親方
「死ぬ理由に俺を使うな」と憤慨した駿海師匠

師も恋人も喜んでくれない勝利に果たしてどんな意味があるでしょう

かつて由美さんが言った「夫の勝利を願わない妻がどこにいますか」の言葉が、すごく重たく思い返されます

勝利を喜んでもらえる相撲を、勝利を願ってもらえる相撲をとること
それも力士にとって重要な素養と言えるのでしょう

修羅の相はそれに真っ向から立ち向かう「勝てればそれでいいんだ」というもの
卑怯とは明らかに異なりますが、結果だけを求める姿勢は同じものです
ゆえに、周囲からの協力は得られても気持ちの共有はまずできない


…とか小難しいことを考えてしまったところに、「女の子を泣かすような悪い男は懲らしめてやらないとねえ」って
すっげえ話がシンプルなところに落ち着いちゃってる巧妙さ

いやでもまさしくその通りですよ

火ノ丸は今明らかにレイナを泣かしてる

少年漫画においてヒロインを泣かす所業というのは絶対的な悪です

ならばこそ「そんな悪い男は懲らしめてやらないとねえ」と言って堂々胸を張って立つ刃皇の姿は
この上ないほど眩しく輝く

ていうかもうこれ刃皇が主人公じゃねえか
後光まで差してるぞ

鬼退治といこうじゃないかってセリフも完全に主人公のそれです

駿海師匠の言う通り、ほんとになんで逆になっちまったんだ…

鬼の名を冠して、鬼のような所業で自らを痛めつける敵を相手に
刃皇は一体どれほどの「愛」を見せてくれるんでしょうか…


それから最後にもう1つ深読みしてみると、今回刃皇が火ノ丸の相撲に対して言った「誰も勝利を喜ばない」というのは
実は刃皇にも当てはまる
ところがあるんですよね

刃皇一強状態ゆえに、何度勝っても何度優勝しても、歓声よりため息のほうが多く聞こえてくる
ある意味火ノ丸以上に勝利を喜んでもらえていない状態です

もちろん由美さんなんかはしっかり喜んでくれるんでしょうけども、
火ノ丸の修羅の相を「勝っても誰も喜ばない」と言って否定した刃皇が、
修羅の相をすでに克服しているのに同じ状態であるというのは非常に巧妙な対比であると言えるでしょう

それがあの引退宣言につながっているとすれば、刃皇本人も由美さんも、その胸中は察するに余りあるのかもしれません


アクタージュ act-age


これは…
ひょっとして景が流された事実を、そのまま台本上にある「カレンを庇って死ぬ」に当てはめたのか?

そういうパターンか

てっきりあの流されの後に、台本通りの庇うシーンがもっかい入ってくるとばかり思っていましたが
そっちか

つまり映画の中では、景演じるオリキャラは雨で増水した川の水からカレンを庇ってそのまま死んじゃいました
ってことになってるんですかね

元々の庇うシーンがどんなだったかはわかりませんが、映画的にはあっさり目な感じになってるような予感がしないこともないな

いや撮影してる側はそれどころじゃなかったでしょうけども

台本通りじゃなくて完全なるアクシデントですからねえ

しかしそのアクシデントが生み出した百城の新しい表情
こればっかりは原作者にはどうしようもなく、作画の腕に頼るしかないところだったはずですが
なかなかの仕上がりになっていたと思います

ただしそこに至るまでの演出は原作の腕でしたね

流されていった景を見て、台本にある次の台詞を口にしようとしながらできない百城
見開きを均等に8コマに割った構成が、綺麗に百城のビフォーアフターになっていますね

撮影前は当然ながら従来どおりのスタンス
撮影の前半では景の存在による現場への影響と変化を感じながらもそれに流されることなく、自身の役割をさらに強く感じて

しかし景と演じるクライマックスにおいては、景が自分を「受け入れた」ことに気づいて
何やらいつものスタンスが保てなくなった

その極地としての「ありがとう」

涙なのか雨なのかわからないように描いてあるのが、定番のパターンながらハマってますね

悲しいのか、悔しいのか、嬉しいのか
どれとも判断がつかないように描かれていると思います

しかしおそらくこの顔は、百城が嫌いだったはずの「無意識の横顔」だったことに間違いはないでしょう
計算がゼロだったとは言いませんが、従来のように計算のみで作り出した表情ではない

いくらか無意識が混じっているそれは、普通の人なら誰でもやっている表情の作り方ですね

誰しも意識的な部分と無意識の部分とを何割かずつ存在させながら色んな表情を見せますが
今まで100%意識的だったそれを、百城はここで初めて無意識も混じった顔を見せた

さらに、無事見つかった景に向かって「役者さんだもんね」と言ったのは
顔合わせの際に景を否定した事実を覆す言葉

景のスタイルもまた芝居だと、百城が認めたことを意味するでしょう


景もまた、メソッド型の芝居に没頭した中でのアクシデントにおいて
頭に浮かべたのは家族の顔でも友人の存在でもなく、役者の本能

百城が持っていたプロ意識のようなものに近いものを景も抱き始めたということができるでしょうか


主人公と対照的な素質を持つ百城という存在を登場させ、それぞれの才能であるメソッド型と俯瞰型を交錯させることがメインテーマだった今シリーズ

その状況に遭った時の自分を演じるメソッド型だったはずの景は、主役を庇って死ぬ演技で本当に死にそうになるアクシデントに見舞われながらも
考えていたのは家族のことでも友人のことでもなく、芝居に不可欠な「顔」の無事でした

町娘の芝居の時のように、メソッド型が死ぬかもしれない場面の芝居をするなら、
頭に浮かぶのは家族のことであっておかしくないはずだったところ、極めて理性的に役者に不可欠な顔のことを心配した

それをもって、この映画撮影に挑む際の動機だった俯瞰スタイルの習得がなされたかと言うと微妙ですが、
これまでの撮影の様子を見る限りそれなりには覚えることが出来ていると言えるでしょう

だから今週景が見せたのは、メソッド型の芝居によって「その状況」に没入し過ぎることを回避する理性の習得だったと考えられますかね
演じている場面とは全く異なる思考により、その他のことも気にかけることで撮影を成立させる

カメラ外でのゲロに始まり、百城を尊敬できた思考と認識はその発露ですね


百城のほうは、景がようやくできるようになったそれを最初からずっとやっていました
代わりに、今まで彼女に起こらなかった事態として訪れたのは無意識の表出

景と違って百城は自分のスタイルに改善の必要を感じてはいませんでしたが
クライマックスシーンを成立させるため、あえて自分に近づいてきた景が思いがけず自分の仮面を受け入れたことで
奥底の無意識を表に出すようになりました

今まで出来ていたはずの100%計算の表情と声ではなく、何割か無意識も混じった芝居
景のメソッド型のように「その状況」における反応とは少し違って、共演者の素の部分に対するものではありましたが
計算の中に無意識が混じったことは百城の俯瞰型が景のメソッド型に近寄ったと言えるでしょう

すなわち、2人の対照的な才能は確かに今回交錯したのだと


ただし今回はそこで終わってないですね

クランクアップの花束がとっても嬉しいものだったこと
1つの作品を撮り終えた、演じきれたという達成感は非常に大きいものであること
知識としては頭にあったかもしれませんが、実際自分がその状態になった時こんなふうに感じるのだと景が知ったのは
今まで知らなかった自分を発見したのだと言うことができるでしょう

百城も、あの「ありがとう」は自分でも知らなかった表情だったことでしょう
それをカメラに収められたことで、彼女もまた今まで知らなかった自分と出会ったわけです

対照的な才能がそれぞれお互いの要素を取り入れただけでなく、ともに今まで知らなかった自分を見つけている

それは間違いなく、2人のこれからの芝居に大きな影響を与えることでしょう


だから百城から誘った反省デートは、とっても興味深いですね
百城は何を話し出すんでしょうか…


鬼滅の刃


そうか…
玄弥の家族は、鬼は鬼でも鬼になった母に殺されていたんですね

前回の引きで、玄弥が抱きしめてる母親らしき人物の足元が、
鬼が消えていく時みたいなエフェクト出してるって指摘してた人がいましたがまさにその通りだったようです

風柱もこの現場に遭遇していて、家族のために家族を斬った張本人だったんですね
これは辛いな…

そら鬼そのものへの憎悪と侮蔑はこの上なく醸成されるでしょう
禰豆子ちゃんを妹だからと庇う炭治郎に対しても辛辣な態度を崩さないはずですよ

自らが鬼と化した家族に殺されかけているのなら当然の思考です

義勇さんが知ってる誰かも、炭治郎と同じようなことを言ってそのまま喰われてしまったそうですが…
こうなってくると禰豆子ちゃんの特殊性がすごく強調されてきますねえ


時に、不死川兄弟のあの母親は、幼い風柱が持ってたあの包丁で斬られたから死んだんですかね
日輪刀じゃないと頸を斬っても鬼は死なないって認識だったんですが

それとも、ダメージとしては成立したところに太陽の光を浴びて消えていってるんでしょうか
あるいは、実は彼女も禰豆子ちゃんと同じように鬼の本能に抵抗していたことで自ら消える道を選んだとかでしょうか

死がすなわち消滅ではない本作の世界観なら、いつか風柱のエピソードの時にでもそれが明かされそうな気配がありますね

玄弥の方は、その場では母を殺した兄を憎んだものの後からよく考えたら襲ってきたあの影が母だったことに気がついて後悔していたようです

それが後ろめたさとなっていると
決定的な確執はないが、合わせる顔もないという感じでしょうか

風柱が「お前なんぞ」とか言ったらしいのは、才能がないらしい玄弥を戦闘の世界から遠ざけるためなのか
それとも鬼を憎むあまりに価値観が歪み始めているのか


そうして曇る玄弥の頭の中に、炭治郎の明快な声が響く

諦めるな
次は斬れる
もう一度だ

走馬灯の中で兄貴を思い出していた玄弥にとっては、炭治郎のこれらの言葉は一番言ってほしかったものでもあるのでしょうね
玄弥に対しては炭治郎の長男力が誰よりも効果てきめんな感じですね

風柱も長男だったのなら、炭治郎とはそういう方面で関わることになるんでしょうか

そんな炭治郎の長男力に背中を押された玄弥は、あれだけ固執していた上弦へのトドメを炭治郎に任せました
炭治郎の言葉で「今やるべきこと」をしっかり悟ったことで、正しい判断力を取り戻したということでしょうか

岩柱と行動を共にしていて、継子なのかとばかり思っていましたが
どうやら玄弥は鬼狩りのための呼吸を会得していない模様

岩の呼吸も風の呼吸も基本の呼吸だということでしたが、玄弥はどちらにも適性がなかったんでしょうか
そういや銃の反対側に持ってる刀の色は、実は変わってないんですかね

モノクロ原稿だとちょっとわかりにくいですが、変わってないっぽいのか?
とすると、煉獄さんの弟みたいに鬼狩りの剣士として適性がないということになるんでしょうか


炭治郎の爆血刀が小天狗(仮)の頸をついに捉えました
苦しむように叫んでいるのを見ると「やったか?」って感じですが、それだと完全にやってないフラグですね

さすがにこれですんなり斬れちゃうことはないでしょう
上弦肆がここからどのような反撃をかましてくるのか、落ち着いて待つことにしましょうか


新連載 総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司 天塚啓示


・田中誠司が作者名に見えるなw
・つーかマジでタイトル長すぎだろ常識的に考えて
・再来週からの目次ページでのタイトル表記がかなりおかしなことになりそうです
・主人公のキャラは基本的にもう出来上がってるので、社長の高校生次第ですかね
・支えるー支えられるって関係が2人で成立しちゃうとヒロインが入ってくる余地が少ないような


ぼくたちは勉強ができない


・カラーページをここまでどストレートに描いてくるとは意外でした
・タイトルコールもアルファベットだし、字体は小洒落てるし、扉裏は普通に本編だし
・文乃はやはりあしゅみー先輩だと思って顔を寄せていた模様
・いろんな考察がありましたが、結局シンプルな話で片付けられてしまいました
・勘違いに気づいた瞬間の文乃の顔が、何となく左門くんな感じがするのは俺だけでしょうか
・まさかの猪鹿蝶3人にも正体が伝わらないという衝撃
・「ギターを背負った成幸と会った」と猪鹿蝶から聞いた文乃が、1人だけで真実に気づくとかそういう流れか
・でも成幸にそれを確かめるわけにはいかずに悶々としてしまうと
・ところであれはファーストキス扱いでいいのか…
・桐須先生の討論はフルピュア効果で超満員でした
・まだあのきぐるみを桐須先生に着せるの諦めてないモブ2人が残念すぎるのである
・きぐるみマンが舞台上にうどんのチラシを忘れていったことで緒方うどんも大繁盛してました
・「私たちが2人でお店を出したら~」のコマは、文乃の「ほんとに付き合っちゃう?」とほぼ同じですね
・これはわざとか?偶然か?
・ポッキーゲーム…じゃなくうどんゲームみたいなことになったところで、成幸は何か思いついた模様
・関城さんがまだ出てきませんが、最後の最後に何か動いてくれるんでしょうか


食戟のソーマ


ええ…
どうしようこれ

いや、どうしようっていうかどうしようもないよこれ

「出席者たちの顔が少しでも曇ったら」って言ってた1ページ目では、前回思った予感どおり
裏の料理人たちは誰よりも「食べる人」への配慮を求められる連中なのかと思ったのですが
次のページ逝ったら「シェフであるこの俺が王だ」とか言い始めましたよ

全然セントラルの上位互換じゃねえよ
下手したら下位互換だよ…

料理人である自分が与えてやる皿に平伏す奴隷とか、セントラルはそこまでは言ってなかったろ…
薊の本音はどうか知りませんけど、少なくとも元十傑たちは

食べる人のことを考慮の外に置いた振る舞いはしていても、見下すようなことはなかったはずです
してたっけ?


でもどうすんだよこんな小物出しちゃって…

田所さんがのほほんと料理してる姿はいいと思いますよ
人生賭けた料理で、あの田所さんがこんなゆるゆるな様子でいられるってのは、
連隊食戟の後から今まで第十席の座についたことでそれだけの自信と実力を身につけたってことですから
選抜予選の時の「羽ばたく日だ」にいまだに泣かされる俺としてはとっても嬉しいことですよ

何なら、旅館での非公式な勝負で、人生懸かってて、ホスピタリティが鍵って
地獄の合宿で四宮と勝負することになったあれが想起されるような感じですよ

作者的にも意図的に似せてるというか、セルフオマージュかましてるかのようにさえ見えます

そういう演出自体はまあそれはそれでいいですけど

この話の進行とこの小物は何なんだよ…
せっかく連載の初期から積み重ねられてきたテーマがあって、それに基づいた今までの物語と構成があったはずなのに
この新章ではそれが全然感じられなくなってきましたよ

どうなってるんだ一体


 




今さらですが、異世界転生系作品にハマりました。

isekai.jpg

実は最近ですね
異世界ものにハマっているんですよ

異世界転生、異世界召喚によるチート主人公が何か無双するアレです
アレに妙にハマってしまいました

すっごい今さらだとは自分でも思うんですけども

原因は明らかです

デスマーチから始まる異世界狂想曲ですよ

このアニメを見て、異世界ものがちょっと気になりだしましてね
最初は全くノーマークだったはずのアニメなんですが、異世界ものとしてはよくできていたというか
非常に入り込みやすい作りだったように思えて、それなら他の異世界ものも見てみたいと思ってしまいました

で、その症状が顕著に出だしたのが3月末くらいからでしてね

異世界チートものって、いわゆるなろう小説を元にして、ネット上の一般的評価としては下の中か下の下くらいみたいな先入観があったんですが
ちょっと検索したらそれら小説がコミカライズされたものがたくさん出てきたので無料で何話か読める作品を片っ端から読みまくったんですよ


そしたらですね



気がついたらもう50冊以上買ってました


しかもKindleで


自分でもいろいろぶっ飛んでるなと思ったんですけどもね
この何か月かの間に結構な数ポチってました

厳密には、Kindleデビューは異世界ものコミックのためではなくまた別の作品のためだったんですが
すでにKindleに手を出していたせいで、注文してから手元に来るまでタイムラグのある紙版よりも電子版の方に食指が動いて
1巻を買ったら続けて既刊を全部逝ってしまうという現象に見舞われております


これヤバいっすね…

よく考えなくても金のかかる注文をしてるのに、クリック1回でコミックの中身が読めるようになるもんですから
「払ってる」って感覚がものすごく薄いです

意識して自重してないと、口座の残高を一切気にせずに際限なくポチり続けてしまいそうですよ
マジあかん


と、いうわけで

今回は俺が注文してしまった異世界もののいくつかをプチレビューする記事です



 

続きを読む »




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター