社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

課題は「ジャンプらしさ」と「自分らしさ」の間にあるか… 『ギゾク屋ケルベロス』 松浦健人

第99回トレジャー新人漫画賞佳作作品です

ギゾク屋ケルベロス 松浦健人

ここから読めます


ていうかいつのまにWebで読める佳作作品増えてたんだ…

最近のトレジャー受賞作は軒並み1本だけで、それがそのままグランドトレジャー賞っつってNEXT掲載になってばっかりだから
ジャンプのHPで読むなんてえっらい久々なんですけど

おかげで気づくのが遅れたぜ…


で、読んでみたわけですけどもね

何か、「とってもジャンプっぽいなあ」と思いましたね

架空のスラム街で、孤児院で暮らす少年と、彼を兄と慕う子どもたち
彼らのために少年は「ギゾク屋ケルベロス」を名乗って、盗賊狩りを生業としている…という
まあ設定だけ見ればだいたい見たことあるようなものですよ

同じ孤児院で暮らす同い年?くらいの少女が彼を心配する役として配置されているのも定石通り

違っているところがあるとすれば、電磁石の機能を持った義手とそれを使ったバトルということになるでしょか
まるで腕が3本あるように見せかけつつ、手数やら何やらで戦う様は粗い画力であってもそれなりに「おお…」とか思えました

ただしその部分が話のメインになっていないことが、作品の評価につながったといえるでしょう

その義手を使ったバトルは、導入となる冒頭とヤマ場となる終盤のバトルシーンに登場してきますが
どちらもあんまり考えこんだりすることなく展開していくんですね

義手の仕組みがどうとか、同じくサイボーグ的機能を駆使して盛大に暴れようとする敵の弱点を探すとか
そういう知略戦ではなく、さくっと頭を切り替えて「じゃあここだ」って感じで戦っている

そのおかげで、バトルシーンと孤児院の兄弟たちと少年の家族的関係を描くシーンとが
いい具合に分けて描かれている印象を生んでいます

メリハリが付いているといいますか


兄弟たちの声を聞いて何か覚醒、みたいな感じにはなっていないんですね

劣勢になって、兄弟たちからの声を聞いて、もう1度奮い立つ
そうした流れ自体は通常の作品と同じなんですが、過剰になりすぎていないことで
むしろ爽やかさすら感じるくらいに読みやすかったですね


画力も投稿作でこれくらいなら悪くないんじゃないでしょうか
講評には「ちょっと古い」みたいな内容もありましたが、これから特訓していくことで
いくらでもシュッとなっていけるように思います

構図とか、義手のバトル描写は非常に高いレベルにあると思えますし、それでいて起承転結を描ききる構成力もある

ジャンプらしいマンガを描いていける人として、期待を持てるんじゃないかと思います

あとは、そこからいかにして「自分らしさ」を出していけるかということですかね

この投稿作が「よくあるパターンを上手に描き切った」ものであったことで
この作者が何を描きたいと思っているのかというのは今ひとつわかりませんでした

これからの担当編集との打ち合わせの中で、それを見出していくことも重要な課題となるでしょう

松浦健人さん
期待しています



 




セリフにそぐわない表情の持つ意味は… 今週のジャンプヒロインズベストショット!

2016年WJ08_9

今週のジャンプヒロインズベストショット!

さてとね

今日の更新は昨日の勢いでジャンプ感想その3にしようかとも思ったんですが
あんまり分割式にしてもしょうがないし、ということでベストショット集を書くことにしました

…が、今週のエントリーは1枚だけです

ベストショット集ではなく、ベストショットのみ


今までも何度かありましたが、今週もまたそうなってしまいました

おそらく想像がつく方もいらっしゃるでしょう

こちらです


 

続きを読む »




2016年週刊少年ジャンプ8号感想その2

2016年週刊少年ジャンプ8号感想その2

予定通り予定地に更新

ヤリマンな読み切りは、目次コメントが一番面白かったな


アンケ順再掲
ワールドトリガー
火ノ丸相撲
僕のヒーローアカデミア


アンケ入れた3作品のみです
残りはまた明日以降で

こんな更新は今週だけと思います
たぶん



ワールドトリガー

遠征艇ドック内で本格戦闘が開始されました

4対2という多人数戦闘ですが、三つ巴四つ巴のランク戦を描き切る葦原先生なら大丈夫だなと思えますね

ガロプラ側のトリガー説明が当然のように全く無いことで、相手の様子を探りつつ戦わなければならない緊迫感を
読者にも伝えることができています

そんな緊迫感を読者に抱かせつつ、しかし同じものを感じているはずの4人が全く冷静に応戦していることで
彼らへの信頼が今まで以上に醸成される作りになっていて

そんな彼らに数的劣位な2人で挑むガロプラ勢の実力が高いレベルにあると感じられる
カメレオンの特性にもすぐに気づいてましたしね

上手な構成です
自分の能力を自分でベラベラ説明してその結果劣勢になるどっかのバトル漫画とは大違い


特に初っ端から「マジか」と思わされたのが、開戦早々村上の片腕が吹っ飛ばされたことですよね
いきなりの大砲で目的である遠征艇格納庫を狙ったという侮れなさ以上に、早速村上が片腕を失ったことで
「え、村上この後どうすんの」という感じに襲われてしまいました

本人的には、たぶん今までの模擬戦やランク戦の中で片腕になったことは何度もあったでしょうから
そういう時の戦い方は知ってるんでしょうけど、それでも攻撃手トップ4を揃えた精鋭中の精鋭という布陣で
1人がいきなり腕1本なくしたというのは結構な衝撃でした

相手の出方を探り合う様子見のお見合いもなく、最初からガッツリの乱戦になっているのも
その衝撃を持続させる効果になっている気がします

幾つものアームで攻撃を仕掛けるとともに壁に挿して、変な向きで身体を固定する
1本でも相手を押さえつけられれば、すぐにトリオン兵が一撃入れにやってくる

なかなかの連携です

展開の流れ方も、一通りの攻防が終わったら双方の「会話」を挟むことで
バトル一辺倒にならないメリハリもつけられていますね

で、第2セットが始まるってところで引き

ヒュースは戦場のすぐ近くまで来ているようです

もちろん侵攻に関する情報など知らされていないヒュース
攻めてきているのは、推測の中で「直接接触できる可能性が多少高まる」とされていたガロプラなわけですが…

分が良くないというのは、ボーダー側に見つからないようにして誰かと接触することまでを指すんでしょうかね
接触さえできれば連れてってもらうことはできるだろうって考えてるんでしょうか

ハイレインから「あえて置き去りにされた」ことを想定できているなら、そこでの交渉には応じてもらえない確率が高いはずですが
それを踏まえてなお見込みがあるんですかね

それともただ単純に連れてってもらうまでを含めて分が悪いということなら深読みの必要はないんですけど

まだ今回は今後の展開のための繋ぎの側面が強いですね
ヒュースが接触に動き出すこと、陽太郎もここまでやってくること、あるいは迅が到着すること
その辺が話を大きく動かすポイントになるでしょうか


火ノ丸相撲

加減がすごく難しかっただろうに、上手いこといってるなと思った2位です

何って、もちろん火ノ丸へのあたりの強さのことですよ

主人公に対してあんだけやらしいことを言うんですから、普通ならそりゃあ不快感だらけの展開なんですが
それを上手に不快を最小限に抑えられているなあと

たぶん原因は、「そう思われることをわかってて、それでも別にいいや当然のことだし」という形になっていることでしょうか
嫌味ではなく事実であること
そのことが、相撲という世界の表現になっているからなんでしょうね

火ノ丸が目指す世界の実際
もちろん火ノ丸もそれは理解していることで、知らないのは読者のみ

それを設定や事実の説明のようにして言葉で語るのではなく、実際にそういう場面を見せることによって
実感させるという方法

柴木山親方の説明はありましたが、あれはちょっとしたフォローに近いですね
そこから「我」というキーワードを出して火ノ丸のそれに焦点を当てることで
関取の言い方に対するフォローの側面から、火ノ丸の意気込みへと話がすり替わっているわけです

せっかくの合同稽古に、いくら有望だからって高校生を入れてやってくれと言われたら
そりゃあ普通「は?」ってなりますわ

よく考えなくてもわかるその事実を、こうした形で示してくれた川田先生
とっても上手だと思います

ただこういう感覚を抱ける人はひょっとしたら少ないのかもしれませんね

親が相撲好きだったので子供の頃からよく相撲中継をテレビで見ていたんですけどもね
前頭○枚目って番付にはそんなに凄さを感じてなかったんですよね

一枚目とか二枚目とかなら「もうすぐ小結だ」って表現が全然違うランクになるので
子供心にそれなりの凄さを思ってましたけど、それ以下の数字はそんなに凄いとは思ってなかったんです

例えるなら、B級1位とか2位は凄そうだけど
B級8位とか9位はそんなでもない…みたいな

で、「関取」っつって物々しく登場した冴ノ山
番付は前頭九枚目でした

上述した俺の感覚で言うと、そんなに凄くない番付なんですよ
だけど、作中での描写は遥か段違いの実力を持った「プロ」として位置づけられていました

深い相撲愛を持った川田先生の描写です
これはきっと今までの俺の感覚のほうが間違っていたんだろうと思って、前頭の番付に対する認識を考え直したんですよね

そんなことを思っていた中での今回のあの言い方ですよ
言っているのは冴ノ山よりも1つ上にあたる前頭八枚目のプロ

周りから野次のように声をかけてる人も、おそらくはその辺りの番付を持っているのでしょう
だから、この場が本当に選ばれた者たちだけの稽古場であることがありありと感じられたんですね

だからこそ、それに臆すことなく再度自らを奮い立たせて向かっていく火ノ丸の覚悟が強く印象づけられる
そんで見事に自分の実力を披露してみせました

限られたレベルの集まりの中に、主人公が堂々と混ざるという高揚感がそこにはあったのです

それに加えて、ここからの展開として予感した内容も今回のアンケ2位の理由になっています

今の火ノ丸が関取たちと向かい合って、通じる技というのは唯一あの新技だけなんじゃないかと
で、今回勝てたのは、その技が相手にとって初見だったからではないかと

とすると、すでに技を披露したこれからは、それを破ってやろうと意気込むプロたちに対して
どうにかして凌ごうとする火ノ丸という関係になります

プロの目から見た新技の破り方を知ることができ、さらに同時にそれへの対処法も考えることができる
こんなうってつけの場所はなかなかないだろう、と

女子マネ2人が盗撮してるところからすると、新技の弱点とその対処法に気づくのは桐仁かもしれませんが

加えて、三尾錦に勝った火ノ丸ですから、その次に勝負した誰かにもし負ければ
そいつは「じゃあ俺は三尾錦より上だな」とかって吹かし始めるだろうことまで予想したんですよね
そんで、「んだとコラ」っつって三尾錦が半ギレ…みたいな

そういう、緊張感と連帯感とを程よく同時に醸し出すような稽古場になるんじゃないかなーと思ったのです
その予感があったからこその今回アンケ2位

現役大関の登場にも期待は残りますが、そういう空気感にも期待してみたいですね


僕のヒーローアカデミア

相澤先生の安否は不明

代わりに冒頭に登場したのは、轟とかっちゃんでした

A組の精鋭2人が敵とエンカウントしたということは、禁を破って戦闘開始でしょうか
少なくともかっちゃんは言うこと聞くわけないよな

出久のほうはといえば、実力で劣る相手に必死に奮戦していました


筋力増強を個性に持つという敵
ワンフォーオールをして「俺の劣化型」と言うってのはなかなかのインパクトがありますね

その上単純な悪役のようでいて単純じゃないというのもポイントです

俺は殺したかった、ヒーローはそれを止めたかった、
お互いにやりてえことをやっただけで、別に傷のことは恨んじゃない

芯があるように見えて、結局は何も考えてないだけの論理なんですが
しかし、「っとなったら そうくるよな!?」という先読みくらいはできる

ただしそれまで言ってた言葉が出久を誘うためのブラフとは到底思えない、という


だから、「悪いのはお前だろ」ときっぱり正論を言える出久がカッコいいのです

敵のもっともらしい論理が頭にきたのか
ウォーターホースを殺した敵だと知って胸にきたのか

またしても出久は自分の体を犠牲にする作戦で相手を討とうとしました

しかしそれもまた、ヒーローの仕事
バトルの最初に、「一応仕事はしなくちゃあ」と敵が言ってたことを想起させる構成です

ヒーローは命を賭してキレイ事実践するお仕事だ

オールマイトの言葉を繰り返しての禁じ手100%は、ただじゃすまないこと必至でしょう

この熱さがね
アンケ入れるに充分だったよね

これで次回巻頭カラーって言うんですから、上手いことやりますねえ


 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター