社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

2015年秋アニメ 今期の俺の栄養はこれにする!

季節の変わり目恒例記事です
今回も、聞かれてないのに勝手に視聴アニメを公表していくことにしましょう

今期は全部で5本となりました


まずは継続枠から











ワールドトリガー

ワールドトリガー

アニメが始まった当初は、1年間全50話という話だったように記憶していますが
1年経った10月からはアニオリ展開が始まるとのこと

原作好きすぎるあまり、アニオリには一抹の不安もあるんですが
とりあえず見ておこうかと思っております

このアニオリで、原作の何がどう好きなのか面白いのか、そういうことまで理解できたりしたらいいなあとか思ったり


継続はこの1つだけですね


続いては新規








ハイキュー!!2

ハイキュー!!セカンドシーズン

ジャンプで絶賛連載中の王道スポーツ青春マンガのアニメ第2期

普段の感想ではいつも書いてない作品ですが、普通に大好きなマンガです
アニメ1期も丁寧に丁寧に描いてくれていましたから、この2期も大いに期待したいと思っております

1期と同じく2クールなのかな?
どこまでやるんでしょう
2回目の青葉城西戦までいけるのかな…?


お次も迷わず決まったこちら









ごちうさ2期

ご注文はうさぎですか??

癒やしと和みの日常系第2期ですね
もう鉄板ですよ

1期があれだけ気に入ったんですから2期も見るに決まってるだろ常考


2期になったらタイトルどうなるのかと思ったら、?が2つになってるんですね
地味だなw

画像をよく見ると、1期にはいなかったキャラが1人増えているようです
一番右上のこの娘は誰かな?


続いては物珍しさも手伝って見てみようと思ったこれ








庶民サンプル

俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件

なーんとなく
なーーんとなくね

うっすらと前から気になっていたんですよこの作品

何か原作タイトルの表現が一部規制掛かってアニメタイトルは少し変えられたそうですけど
中身については別に関係ないのでしょう

ゲッツって単語を使うことで、ダンディな坂野が関わってるらしいですが…
それ必要なのか?


で、最後にこれ










小森さんは断れない

小森さんは断れない

これも日常系といえば日常系にあたるんですかね

「頼まれごとを断れない」ことがもはや能力と化している小森さんを主人公とするほのぼの作品…
という理解でいいんでしょうか

原作の試し読みを見るまでもなく、アニメ紹介記事を見ていて何か気に入った感じになった作品です




ということで今期はこの5作品を糧に生きていきたいと思います!




 




君を美しく魅せるもの… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

2015年WJ44_2

今週のジャンプヒロインズベストショット集!


さーてとね
見ていきましょうか

前回は無念のベストなしという結果になってしまいましたが
幸運にもというか狙い通りというか、今週はベストショットを決定することができました

さすがに2週連続ベストなしは避けたいですからねえ
よかったですよ

そんな今週のエントリー枚数は全部で3枚

テーマは、にじみ出る美しさとでも言いましょうか
内面の魅力が外側に現れて、輝いているヒロインズのカットを見ていくことに致しましょう


それではまずは1枚目
こちらのヒロインです!


 

続きを読む »




背すじをピン!とが期待にも予想にも応えてくれて超ありがたい2015年週刊少年ジャンプ44号感想

2015年週刊少年ジャンプ44号感想

アンケ裏面の質問ですけど、「以前は描いていたことがある」って答えがないな
厨二病全盛期の黒歴史は対象外ですかそうですか


今週のアンケ順
背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~
ものの歩
ベストブルー


その他
・暗殺教室
・ONE PIECE
・左門くんはサモナー
・食戟のソーマ
・僕のヒーローアカデミア
・ブラッククローバー
・ニセコイ

絵柄までヴィジュアル系バンドのボーカリストに合わせてくれてた斉木楠雄と
回想ブーストが普通に許せる火ノ丸相撲と
トーナメントがリョナ未遂で終わってよかったのかどうかわからないカガミガミと
ふわっとした説明だけで奥義を会得した源くんが天才すぎた磯兵衛は省略


背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~

土屋くん…

タキシード姿で
跪いて
手をとって
真っ直ぐ目を見つめて



どう見てもプロポーズです
本当にありがとうございました



本当にありがとうございました


横田先生よくやってくれた!!!!



期待通り予想通り
そして計画通り

今週は横田先生が期待にも予想にも応えてくれました
この安定感と安心感は半端ないな!


2人の会話の最中に時々挟まれる八巻先輩と秋子先輩の踊りは、ちょっとした間であると同時に
迫るタイムリミットを表しているものですが

ここでもう1つ深読みしてみたい


「これからも僕と踊ってくれませんか」

何年後かに2人がいよいよ将来を決めようって時、きっと土屋くんはこのセリフを言うんじゃないかと思えるくらい
プロポーズ同然だったこの言葉

その直後に秋子先輩を抱きかかえる八巻先輩のコマが描かれるのは、ウェディングで新郎が新婦を抱き上げる姿を
意識しているんじゃないか…と

もちろん振り付けの1つであるんでしょうけどもね
なんかそんな風に読んでみたいのですよ


その上で脈絡なく変な笑顔で笑わせて気分をほぐす
土屋くんそれイケメンの所業w


そして迎える本番

物理的にも精神的にも友達に助けられて臨む舞台

わたりちゃんをちゃんと見つけて連れてきた土屋くんを労うと当時に、真ん中へ向かう登場のフリまでしてくれた八巻先輩マジイケメン
もちろん、「いよいよ」を迎えて再び心がざわつきだしたわたりちゃんを、今度は普通の笑顔で迎えた土屋くんマジいい男


…で、ここでタイトルコールという憎らしい演出

まるでアニメの最終話でも意識しているかのような冒頭の長さでした

そのサブタイは「What Makes You Beautiful」

えーと、訳すと「君を美しくするもの」ってなりますかね


英語の授業が記憶の彼方なんですが、確かこういう「Makes」には、強制的なニュアンスがあったような

そうするとこのサブタイの意味を深読みしてみると
「どんなに自信がなくとも、どんなに臆病になろうとも、それでも君は美しい、美しいしかありえない」
そんな感じでしょうか

なぜなら、僕は知っている
君がどれだけ真剣だったかを、誠実だったかを、懸命だったかを

先週の感想で、「わたりちゃんの内面ばかり見ていた土屋くんはそろそろ外面にも目を向けてもいい頃だ」と書きましたが
ちょっと解釈を違えていたみたいですね

土屋くんの中ではわたりちゃんが美しいことなんてとっくにわかっていたことだったのです
だって美しい内面が外に表れているから

だから「What Makes You Beautiful」

曲のタイトルでもあるというこの表現
俺この曲知らないんですけど、土屋くんが選んだということに先輩たちが気づくところがあったのは
たぶんそういうことなんじゃないかと


そしていざダンスが始まったら、実に楽しそうに踊ってくれるじゃないですか
2人で決めたクイックステップの本領発揮ですかね

跳んで走って走って跳んで
小柄な2人がそれでもところせましと飛び跳ねまくって、ギャラリーの目の前までやってくる

友達も「あの子」も、とっても楽しそうに見てくれている

歓声だけの無音ページを挟んでの土屋くんのモノローグ
軽快で爽やかだったそれまでと打って変わって少しウエットな感じですが、それもまたメリハリを効かせる演出でしょう

そうした心の声から無意識に外に漏れる声に繋げる


土屋くんここでつぶやいてくれたーーー!!!


これも前回期待した通りだよ!
いやタイトルコールまで全然そんな感じなかったので、今回はそこまではしないのか…とか思ってたんですけど
最後にかましてくれるとはね


こっからですよこっから
こんなことをしてくれるとしたら、実は密かに心配していた読み切りの展開をそれ以上のクオリティでやりきって突然終了、
なんてことは流石にないですね

さあここからさらに面白くなりますよこのマンガは


大人気御礼表紙&巻頭カラーまだー?


ものの歩

応援票で2位です今回は

作者のみなとちゃん推しがさり気なく感じられたからですね

下着姿のまんま部屋から下りてきて「意識されるような男になってから言いなさい」とか
下駄箱で遭遇して一緒に下校してみたりとか
「自分で決めた道を行けば?」とか後押ししてくれたりとか
「面白いなアイツ」「青春しに行った」とか何気に好感触だったりとか

順調にフラグを重ねてるじゃないか…

つまり意識するようになって下着姿で部屋から出ようとするのを恥じらうシーンが
この先確定しているわけですね

バッチコーイ



で、早速新キャラも出てきました
飛車が成った「竜王」の駒を関する藤川竜胆
…某料理学園のNo.2とかぶったな

そんで名前だけ出てきたのが角が成った「竜馬」の名を持つ百合峰蒼馬

名前が将棋にちなんでいる時点で飛車角の名を持ったキャラは強敵になるんだろうと思ってましたが
むしろ成り駒の名前を持ったキャラが出てきてしまいました

じゃあもう飛車角のキャラは出てこないんですかね


入学する学校で将棋部なんて話が出てきてしまいましたが、それやると部活と下宿先とで
主人公のいる場所が二重化してしまうことになりますね

もっと話が進んでからならいいんでしょうけど、こんな早いうちから二重化してしまっては
何かとってもめんどくさそうなんですが

下宿先のメンバーは実力的に主人公のはるか遠くにいるから、それまでは、ってことでしょうか


ベストブルー

こちらも応援表で3位です
今週はまさかのドンケツにまで来てしまいましたよ

先週までの俺ならたぶんここで応援票ってしなかったんじゃないかと思うんですよね

先週末、ベストブルー推しな北区先輩と話した時に、尾永くんのことを言ったら
「尾永くんをいつまでも噛ませキャラ扱いするのは最初の印象に囚われ過ぎてると思う」
「印象の変化を描こうとするのも大事なこと」
みたいな話になりましてね

なるほど確かに、と思ったんですよ

もちろん読者の中での印象を変えられるほどにしっかりはっきり描こうとすることが前提ではあるんでしょうけども
俺に限って言えば先入観や第一印象に固執し過ぎてたところがあるなと自分で思いまして

それで意識してフラットに見ようとしてみたら、なかなか悪くないじゃないですか
特にラスト直前の対比シーン

伝説の凄さがわかってるからこそ軽はずみに口にするのを許さない奴と
本気で伝説を目指してるからこそ口にせずにはいられない奴

だいぶしっくりと来ましたよ

ライバルのサブタイに相応しい回だったんじゃないかと思いました

なのでちょっと期待したくなったので応援票です


暗殺教室

受験編が一段落して、残りの最後の敵がまるまる1話使って登場してきました
シロこと柳沢の次なる刺客は、ビッチ先生を拐った元死神の弟子

おそらく大半の読者が予想済みだろうと踏んだからなのか、やたらあっさりと明かされました

そこで2人が回想するそれぞれの「授業」

死神時代の殺せんせーを教師に見立てて、自分に屈辱を植え付けてくれた彼とその経験を糧とし、
成長したと自負しています

いわば暗殺教室の前身にあたる「生徒」ということですかね

失敗から学ぶ、経験から学ぶ、殺せんせーも推奨してきたこれらの真実を
彼らもまた実践しようとしているわけですが、方向が物騒

世界のためでも何でもなくて、ただ自らのプライドのために復讐を果たそうとする彼らに対して
中学生相手の「暗殺教室」を完成させた殺せんせーはどう応じるのでしょうか


ONE PIECE

冒頭のアイツって…
ロブなルッチかひょっとして

いつだったか扉絵連載で復活してましたけど、CP9から0になってんのかよ
つまりロビンの「何人目」エピソードがこの先あるということか…?


七武海と組んで七武海を落としたルフィ
そら懸賞金は跳ね上がりますわな

ルフィ以外にゾロやロビンたちも上がってますが、むしろ麦わらの一味単位で額が変わってるようです

ロビン億超えとはね

ウソップwwww
そげキングじゃなくなったwwww
2億てww
2年前のローと同じ額www

ゾロも2年前のキッドと同じ額ですけど、まあ別にその辺は特段の意味は無いんでしょうね


で、何やらサンジがおかしなことになってるようです
前の額は2年前から変わらず7700万だったはずですが、今回ドレスローザではそれほど何もしてないはずが
1億もアップしていました

1億の上げ幅って4億から5億になったルフィと同レベルなんですけど
なんだなんだどしたどした

しかも生け捕りのみ…?
億超えの賞金首を生け捕りってなかなか辛いことだと思うんですけども
これはつまり何かとんでもないことを知ってしまった、あるいはとんでもないものを見つけてしまった、とか
そういうことでしょうか


左門くんはサモナー

第2話

まあ良くも悪くもテンションが変わってないんですかねこれは

キャラ同士の掛け合いはモロモノの頃から変わらず面白く見られるんですが、ストーリーとなるとどうでしょう


変な悪魔出てきた→天使ちゃん困る→左門くん助けない→天使ちゃん懇願する→左門くん助ける

このテンプレ的方程式の中で、「結局助けんのかよ」となる捻くれ系主人公にどんな論理を持たせるかが
重要になってくるわけですが…

懇願も欲望の一種ということで今回は処理されました
うーむ

そんなパターンが続くとしたら打ち切りまっしぐらですから、そこはなんかちゃんと考えられていると思いたい

たとえば、我慢せずもっと欲を出せ、もっと自分に正直に生きろ、とかそういうテーマがあったりするんでしょうかね


食戟のソーマ

冒頭で唐突に堂島先輩と城一郎が再会しました
大人になっても変わらないノリで喋り合える2人は普通に仲がいいんですねえ

しかしこの再会はそんなほっこりエピソードではなく、学園の危急を2人に教えるための展開
仙左衛門が総帥を引退、代わって新総帥となったのは2人もよく知っている人物だったと

彼らが第一席と二席だった頃、三席に名前のあった中村薊とはやはりえりなパパのことでした
しかし驚くべきはそこではなくて

高等部一年…だと…!?

第三席の座に一年生にして座っていた…?


おいマジか

えりな様が第十席に就いた時、史上最年少での十傑入りと言われていたはずですが
それはつまり15歳を迎える前に十傑入りしたって意味なんですかね

えりな様がどの時点で十席の椅子を得たかは今まで具体的にはされていませんでしたが
あるいはえりな様の記録より前は薊が史上最年少だったりしたんでしょうかね

そうだとするなら、堂島先輩たちが卒業した後には薊が第一席となっていた可能性も高いわけですが…
また、こうなってくると城一郎が卒業しなかった理由との関わりもある感じになってきました


えりな様がなぜあれほど怯えているのか
その理由も今回明かされました

良い料理人になりたいとえりな様が思っていることからすると、城一郎の料理を口にしたあの写真の後、
ということになりますかね

あるいはその事実を知って「教育」の実行を早めたとか決断したとかだと、よけいに城一郎と薊の因縁が気になるところです


教育に名を借りた洗脳によって、神の舌を持つ自分の娘を理想実現に向けた最高の道具にしようとしていたこと
それによって幼い心に強烈に植え付けられたトラウマ

飴と鞭を使い分けていたあの「教育」は、幼少期に実施すれば実に効果的に「傀儡」を作ることに成功したでしょう

しかし仙左衛門がそれを阻止し、受け付けられた恐怖と歪んだ価値観は緋沙子ちゃんやアリス嬢などと触れ合うことで
少しずつ払拭されていった

だが今、奥底にしまわれていた恐怖心は再び取り出されてしまった

そのえりな様を救って欲しい


突然やって来た仙左衛門の用はそれを頼むことでした


つまり、えりな様が料理人を志す原点となった城一郎の息子として
彼女を助けて欲しいと

とするとここで創真にはその事実が明かされるはずですね

創真としてはそんなことを頼まれる理由を疑問に思って当然なんですよね
そんな大事なことを頼む相手が何故自分なのかと

たとえば2年生や3年生の十傑に近い実力を持ってる人たちではなく、なぜ自分なのか

それが明確にされないことには、創真も動けないですよね
今のところ割りと絡みの多い同級生というくらいしか思ってないんですから

しかしえりな様が心から憧れている料理人が自分の親父であると知れば、動かない訳にはいかないでしょう

なぜなら、親父の料理に憧れているえりな様に自分の料理を認めさせることは
親父超えへ向かう大きな一歩となるからです

先週の感想の中で、「父親を超えること」がこのマンガのテーマの1つとしてあることに触れましたが
創真にとっての親父超えはえりな様と大きく関係している

神の舌をもってして親父の料理に憧れるえりな様に自分の料理も認めさせる
あるいは、親父よりも自分の料理に惚れさせる

そんなことができたら、確かに親父超えと言えるでしょう

まあ本当はここで城一郎が出張ってきてえりな様に料理振る舞ったら一番早く解決するのかもしれませんけど
それは禁じ手というかね

志々雄真実との戦いに比古清十郎が出張らなかったのと同じ理由ですよ


さて、これでえりな様ルートが開幕するかのような感じになってきましたが…


僕のヒーローアカデミア

期末試験に戦々恐々となる面々
峰田が超ゲスいのであるw

何だこいつ成績いいのかよwwww
”世界”かなじゃねーよwwwww
くっそムカつくwww

常闇くんが成績悪いのはちょっと意外だったのである
お茶子ちゃんも悪い方だった…
半分より下でした
「普通科目はなんとかなるんや…」って表情が全然麗らかじゃないぞw


反対に1位なのにちょっと自信をなくしてる八百万ちゃん
座学はともかく、体育祭でいいとこなかった上に職場体験でやってたのは完全に粛清対象のことでしたからねえ

推薦枠での入学者としてはちょっと焦りとか負い目があるのでしょう

でも教えを請われてちょっと驚いてる表情が何か可愛い…

ヤオモモって八百万ちゃんの本名の略じゃなくて、八百万ちゃんの太モモの略だよな?
なぜここで太モモかは考えない
感じるのだ


かっちゃんあんな感じなのに成績いいのか…
教え殺すぞってそんな日本語初めて聞いたんですけどw
それ何て暗殺教室?


でもかっちゃん結構こじらせてるね
ベストジーニストの矯正も1週間じゃそりゃ効果ないわな
髪型もすっかり元に戻ってるし


あるいはそれもあっての組合せなんですかね
演習試験は

どうかすると最初のオールマイトの授業をリフレインしているかのような雰囲気がありますけども

出久とかっちゃんの凸凹コンビでは連携できるようになるまで結構掛かりそうですが、
それまでオールマイトの制限時間は持つんでしょうか


ブラッククローバー

2週連続カラーが2回目とはなかなかですなあ

それにふさわしく、今週の内容は結構隙でしたよ
このわかりやすさというか、はっきりした清々しさがあるから人気なんですかね

とてつもない才能も磨き上げられた力も
正しき精神を伴わなければただの暴力
そんなモノは誰からも認められん

ご尤もである


隙あらばディスり発言を繰り返す魔法騎士団員に聞かせてやりたいですね
正しき精神とは何ぞやと


紅蓮の獅子王
なかなかの貫禄を出してくれましたな


ニセコイ

ドアを開けたら本田さん

まさか…とうっすら思ってたんですがマジでいたよw
同じ頃に楽を捕らえて連行してたんだろうから時間的に無いかなとも思いましたが
本田さんに不可能はなかったw

先に捕まっていた千棘と鶫
鶫は本田さんから聞いたもう1つの事情をまだ話せないでいました
自分たちがここまでやってきた目的を無に帰しかねないと思われるような事実だとするなら
迷うのも無理はないでしょう

楽は別の牢に…
先客がいたと思ったらマリーパパかよ!

お父さんここにいたよ!
警視総監が嫁に監禁されてるとかどんな事態だよ…


しかしおかげで重大な事実を聞くことができました
千花もまた、かつては家の仕来りに反発し、飛び出したことがあったこと
しかしすぐに連れ戻され、望まぬ生活を送らねばならなかったこと

凡矢理高校に行きたいというマリーの望みを条件付きで受け入れたのは、そういう理由もあってなんでしょうかね
自分は強制的に連れ戻されたが、娘に対しては条件によって連れ戻すか否かを決めるようにした、と

そうだとすると、確かに一定の優しさを持った母親であるとは言えそうです

同時に先週感じたとおり、マリーと同じくらい仕来りに対する反発心と、友人がここまでしてくれるマリーへの嫉妬心も
あると言っていいのでしょう


しかしここで引っかかってくるのは巌の千花に対する愛情ですね
娘に対する冷たさもその背景も理解した上で、それでも「愛しているんだ」と言い切った巌

千花から巌に対する感情はまだわかりませんが、少なくとも「愛してくれる人」とは結婚できたわけですね、千花は
とすると次に気になるのは、巌がそんな気持ちを持つようになったのが結婚後なのかどうかということです

巌と千花の結婚は、マリーに対する40バツイチの鉄鋼王のようにどこからともなく見つけられてきた縁組なのか
それともどこかで千花を見つけて(or出会って)好きになった巌の方から橘家にアプローチがあったのか
または複数の候補者の中から千花や当時の当主が選んだのか
そうして最初は政略結婚の形だったのが、徐々に巌が千花を愛するようになっていったのか

そこには、橘家後継者となる娘との結婚相手を決める基準が隠されているはずですね


花の女子高生と結婚しようって相手に40のバツイチ男を持ってくるセンスは信じられませんからね
これが展開上縁組がぶち壊されることを前提として大きな意味があるものじゃなかったとしても
家の存続をここまで重大視している投手とその周辺が、なぜ相手にそいつを選んだのか、は
理由として何か欲しいところなのです



…で、御影が再登場してきました
どうやら3人とも捕まることがわかってて、あるいは千花に話が通じないこともわかった上でのことだったようですが
ほんとにこの娘は何なのでしょう

今回もまた御影により状況が動かされることになりました
分かっていた上で、さらに牢屋からの脱出と千棘・鶫との合流を幇助した御影の真意が何やら気になってきます

別の役目があると言われた小野寺さんたちはどこで何をしてるんでしょう…?



 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
The 男爵ディーノ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター