社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

構成は見事ながら気になるところも…傑作スーツマンガ第10巻テーマは「デニムとのマリアージュ」!

王様の仕立て屋10巻

王様の仕立て屋 ~サルトリア・ナポレターナ~ 第10巻


とうとう2桁まで来てしまいましたよ

「紳士服」をテーマとする異色作品の第2部
第1部は32巻まで達する人気作でしたが、巻数をリセットして第2部として始まった物語の続きは
ついに10巻まで到達しました

人気は間違いないんですねえ

掲載誌の統廃合によって流浪の連載を繰り返している作品でもありますが、それだけ移り変わることは
逆に言えば終わらせる選択肢が無いほどに人気があることの証明なのでしょう


さて、1巻に1つのシリーズを展開しているパターンでの今巻のテーマは「デニム」

ジーンズがぱっと思い浮かぶことと思います
そのデニムです


ジラソーレ社がデニムのフェアを始めるのに、人気急上昇中のコンビ芸人をイメージキャラクターとしたところ
デニムを巡って2人が対立し始めた…というのが今回のシリーズの取っ掛かり

そこで問われるコーディネートにおけるデニムの存在感をめぐって、オリベが知恵を絞るという基本パターンが
踏襲されていくことになります

ジラソーレ社の面々が登場してくることはページが華やかになる意味でとってもありがたいんですけど
しかし彼女たちが中心ではなかったな…というのがちょっと残念でした

メインとなるのはあくまで対立するコンビ2人で、芸人さんという属性上、見目形の良い2人ではないんですね
要するにむさ苦しい2人がデニムを中心とした服装をして毎回ドヤ顔で現れる…という展開では
どうしても視覚的な楽しみが少ないのです

しかも今回のテーマは、どうしてもカジュアル寄りになるデニムをナポリ仕立てのエレガンテに合わせるには、という内容であり
デニムの主張を抑えたり流したりしたようなコーディネートが繰り返されることになることで、いつもの調和という点では
若干後退しているかのような印象も否めないんですね

デニムと言って、普通に想像されるジーンズだけにとどまらず、コーデュロイとかホワイトジーンズとかも取り入れていたのは
変化を付ける意味でもさすがという感じではありましたが

しかし、コンビ2人の母親が出てきたことでさらに「うへえ」感が倍増したというか

ともに揃ってナニワのオカンみたいなキャラだったことで、「うぜえ」感が満載になってしまって
「もうそろそろ…」という気すらしてしまいました


1巻に1シリーズで展開させていく構成力は相変わらず見事なんですが、今回はちょっと諸々の加減が気になってしまいましたね

というか、変わらずオリベの器用な職人ぶりばかり描かれているわけですが
店を構えたことで新たに見えてきた部分であるとか、セルジュたちの修業の様子だとか、
そういうところも見たい気がするのである


でもやたら気に入ったのがこれ




ジラソーレ社フィレンツェ支店店長のサンドラですよ



褐色下乳へそ出しミルク



褐色
下乳
ヘソ出し
ミルク


うむ、苦しゅうない

大河原先生これはなかなかのセンスですね

この感じからすると、雑誌掲載時はどうやらカラーだったように思いますが
これはコミックス収録による白黒の方が好みかもしれない…


そういえば、前にもカラーより白黒の方が好みかもしれないって思うことがありました
『黒子のバスケ』でのアレですよ

モノクロはカラーを超えたか…黒子のバスケ第22巻

モノクロはカラーを超えたか… 『黒子のバスケ』黄瀬の表情の演出


こうしてみると、一概にカラーのほうが視覚的に面白くなるとも言えないんですねえ

これもまた、「見た目が10割」というこのマンガが示す真理を表すものなんでしょうか











[タグ] 大河原遁




表紙が想像させる今後のシリーズ…! 『ONE PIECE』第78巻

ONE PIECE78巻

ONE PIECE 第78巻

もはや恒例になっているかのような収録話数の話から始めましょう

今回の収録話数は10話でした

おお…普通だ
前巻では一度怒られたはずの12話収録をまたやってましたから、今巻はどうだろうと地味に気にしていたんですが
あるいは次を10話収録するにすることで了解されていたんですかね


で、ルフィを中心に、コロシアムで戦ったライバルたちとトンタッタたちが集合したこの表紙
前巻と対比的になっているものですね

比べてみれば一目瞭然です

ONE PIECE77巻


77巻表紙はドフラミンゴを中心にファミリーが大集合したイラストになっていましたが
今回はそれに相対する形でルフィたちが描かれております

イラスト下部の帯みたいなデザインもそのまんま


すでに気づいてる人はたくさんいるでしょうけども、こうした表紙のパターンは実は過去にも例がありました

21巻と42巻

アラバスタ編の真っ最中となる巻で、21巻と22巻を使って
クロコダイル率いるバロックワークスとルフィたちが対峙する構図となっていました
こんなふうにね

ONE PIECE 21 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE 22 (ジャンプ・コミックス)



さらにエニエス・ロビー編の42巻43巻では、CP9の面々とルフィたちが並ぶ構図に


ONE PIECE 42 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE モノクロ版 43 (ジャンプコミックスDIGITAL)

amazonの画像からリンク作ったらなぜか43巻だけ小さくなったのでKindle版


ですから、77巻でドフラミンゴファミリーだけが表紙に登場してきた時
次の巻は同じような感じでルフィたちが表紙になるんだなと予想した人はきっと多くいたでしょう

そんで1つ思ったんですけど、このドレスローザ編ってアラバスタ編と似た感じに作られてますよね
表紙による敵役と主人公たちの対比もアラバスタ編で行われてましたね

…ということは、ひょっとしてCP9と対比的になっていたエニエス・ロビー編と似たシリーズが今後あって
その途中のコミックスで同じことが行われるって可能性がありますかね

ともに王下七武海を敵としたシリーズだったアラバスタ編とドレスローザ編
ならば、CP9を敵としたエニエス・ロビー編と対比的にするならばその敵も同じくサイファーポールとなるでしょうか

ちょうどそういう連中がこの前登場してましたよね

サイファーポールの最上位機関という「CP0」が


世界政府直属の諜報機関であるCP1~9に対して、CP0は天竜人直属の諜報機関だそうですが
ルフィが天竜人を嫌っていることからすると、彼らと出くわせば敵対することになることは容易に想像できます

それがどういった状況や事情のもとに描かれるか

そういうことを想像して楽しめるのはこのマンガならではなところでしょうか



…あれ、中身の話が全然ない(;^ω^)











[タグ] ONEPIECE




ニセコイ 小野寺さんに「ニセコイ」は起こり得るか否か

18巻表紙の小野寺さん


先週考察したこちらの記事の続きとなります

ニセコイ それぞれのヒロインの「ニセコイ」と「マジコイ」を考える


18巻以降のネタバレを含んでいるので注意してどうぞ



続きを読む »




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
The 男爵ディーノ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター