社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

新刊が出るたびに最初から読み返したくなる味わい… 『はねバド!』第3巻

はねバド3巻

はねバド! 第3巻


濱田浩輔先生の描くバドミントンをテーマにしたスポ根マンガ第3巻です

スポ根と言いつつ、競技が女子バドミントンなので絵柄は非常に綺麗で繊細なカットが続くわけですが
一方で迫力と怖さも同時に醸し出すという荒業も濱田先生はやってのけています

女の子を描く力が格段に上がったと思ってたら、それ以外の表現部分でも
一層上手くなってらっしゃるようです


ジャンプを離れた濱田先生が描くこの作品については、「噛めば噛むほど味の出るマンガを描きたい」とする
濱田先生の言葉のあったインタビューを紹介したことがありました

『はねバド!』 濱田浩輔先生インタビューに見るマンガの描き方とジャンプシステム


前巻のレビューでも触れていましたが、3巻まで読んでますますその言葉を実感するようになっております

1話目から何人ものキャラが登場してきてちょっとわかりにくかった関係性や
視点キャラがほとんど不在のままに主人公の特異性が強調されて若干の取っ付きにくさすら感じていたこと
ジャンプ同様にさっさと練習試合を始めながらも、さらに敵チームのキャラが増えてしまったことで
ますます誰が誰やらわからなくなってしまった混乱とそこで生まれた因縁

序盤のうちは確かにあったいくつかのわかりにくさが、話が進んでいくについれてだんだんと氷解していくのを感じるのです

2巻のラストで、綾乃となぎさがようやく打ち解けたというかスキンシップという強制的手段で仲良くなりましたが
おそらくはここまでがプロローグだったといえるのではないでしょうか


今巻では、主人公綾乃の母親にまつわるエピソードが明かされました
それだけでも結構本章のような感じがしますけども

その事情を部のみんなが知った上で、それでも彼女を気遣いつつ
ともに勝利を目指そうとしていく姿は、青臭い青春を丸出しにしているようで
スポ根を象徴しているような、高校生の特権をフル活用しているような、清々しいものでした


その世界観の深さなどから、誌上よりもコミックスで続けて読んだほうが面白さをより感じられる作品があったりしますが
このマンガの場合は、最新巻が出るたびにコミックス1巻から続けて読んでいくのが、より面白く感じられるように思えます

あるいはそれこそが、噛めば噛むほど味が出るということなんでしょうか


インターハイも始まって、いよいよ話はスポ根の真っ只中に向かって突入していくことになるのでしょう

次巻も楽しみでなりませんね






[タグ] 濱田浩輔




食戟のソーマ 美作に作る料理を明かした創真の狙いを考える


考えてみたら単純な話なのかなあと思いつつ、記事にしてみました


創真のライバルでもあったタクミを卑劣とも言えるようなやり方で敗北させた美作

その美作に対して、静かな怒りを見せた創真は
持ちかけられた食戟に応じたばかりか、自分の作る料理を先に教えるという行動に出ました


大切にしている業物の包丁と、自身の料理人人生まで賭けた上での勝負に対して
その運命を委ねることになる料理を事前に相手に教える

普通に考えればありえない行動であり、それでなくとも相手は得意料理もないが
おそらく不得意料理もないと思われるコピー料理の美作という男

調理予定の品を先に教えてしまうことは、その品のコピーを十分に可能としてしまうわけで
論理的に考えれば全く不合理な行動のように思えます


しかし、実はこれによって創真のほうが有利になったとしたらどうでしょう


同時に、それによって創真が美作に勝ったとしても、美作に負けたタクミの格が落ちない流れをも
可能とする展開となったとしたらどうでしょう


一見不可解に思える創真の行動には、実は、自身のプライドと実力とタクミへの信頼に裏打ちされた
確固とした意図があったと考えられるのです



[タグ] 食戟のソーマ

続きを読む »




ギャップが魅せる恋心の行方は… 今週のニセコイヒロインズベストショット集!

今週のニセコイヒロインズベストショット集!


さーて

やってまいりました

今週のヒロインズベストショット集は、またしても予定を変更して
ニセコイヒロインズのベストショット集としてお送りしたいと思います


あまりにも眼福過ぎた先週に比べれば、若干のボルテージの変化は否めませんが
それでも今週のヒロインたちもなかなかに魅せてくれました


それでは見て行きましょう

今週の1枚目はこちらです!



























































2014年WJ35_6

女子力高そうな衣装に身を包んだポーラです

いやこの姿はなかなかのクオリティでした


これこそギャップですねえ

普段は…というか鶫のターンで出てくる度に子供らしい言動で鶫を困らせて
楽も巻き込んで騒動する様はまるで育児に奮闘する新婚夫婦のようで

そんなやんちゃな娘が、ちょっと着飾ったらこれほどまでのハイレベルな美少女に変身するとは…


変則的な前髪のショートカットが快活性を表しながらも、黙りこくった佇まいは非常にクールで
首のスカーフは身持ちの固さを示しつつ、腰のスカートが色香を誘う






2014年WJ35_7

そんなところにこんな流し目を見せられたら、相当のオーラにあてられてしまうことでしょう


いやマジでこれは非常にレベルの高い美少女に仕上がっています
鶫やるな…






では続いての画像はこちら!































































2014年WJ35_5

フルーティな小野寺さんシスターズです


小野寺さんは甘い甘いストロベリー

春ちゃんは甘酸っぱさのあるバレンジアオレンジ



ふむ


わからんでもないですね



ていうかこんなことを考えついた古味先生の発想に拍手したいくらいです


言い得て妙というか絶妙というか


しかし、小野寺さんがストロベリーというのは若干違和感があるようなないような

何か安易すぎるような気がします


女の子を表すのに、一番シンプルなものを持ってきたというか


ですがしかし、甘さと理想性のイメージを持つストロベリーでは
小野寺さんの持つ芯の強さがどこにも表せていないんですよね

じゃあ何のフルーツならいいかって聞かれるとよくわかりませんが


















マスカットとか?

グレープとか?









…すみません適当に言いました

だってフルーツの種類なんか知らねーよorz






春ちゃんがオレンジってのはまだわかるんだけどなあ





まだまだ、続いてはこちらのカットです
















































































2014年WJ35_4

家のお店の衣装をコスプレで着ちゃった春ちゃんです

家に帰ればあるはずの服装をコスプレで着させられるってどんな羞恥プレイなんでしょうかw

ミスコンに出ること自体もそうなんでしょうけど、服装がさらに家での格好ということで
何だかオフの時の自分を晒しているような、そんな気分にさせられてしまうんでしょうね

そこまで計算していたとしたら風ちゃん恐るべしなんですが…




まだまださらに、お次はこちら






























































2014年WJ35_3

カラーで下乳な春ちゃんです


いやね

感想記事でも書きましたけどね


この春ちゃんエロいよなー


正確に言うと、この下乳エロいよなあー


こうしてチラ見できるおっぱいは、大きいよりもこぶりな方がエロく見える法則


高校1年生のまだまだ発展途上な春ちゃんのおっぱいはまさにそのエロさを装備していました

右肩から腕にかけてのあたりは、よーく見てるといつかの鶫とポーラのカラーのように
ちょっと変な感じもしてくるんですが、全体の肌色と、おっぱいの影と、おへその凹みが
何ともエロい雰囲気を醸し出しております

それでいて、本人がやってることはシュシュを片手にゴムをくわえて髪をポニテに結ぼうとしているという
どこか子供らしさも感じさせる仕草


これがね

両手を後ろに回して、後ろ手で結ぼうとしているんだったらむしろ大人っぽかったんですけど

横で結ぼうとしているとなると、子供らしさを感じさせるんですよ


仕草は子供らしさがあって、でも身体つきはそこはかとないエロさを醸し出していて…
という実に高等テクニックが駆使されたこのセンターカラー

これだから古味先生は侮れないですね…







それではお待たせしました


今週のベストショットはこちらのカットです!







































































2014年WJ35_1

ミスコンに強制出場しちゃった小野寺さんです


七英雄とか言われてるようですが、繰り返しますね


小野寺さんは唯一神です
いや唯一女神です





風ちゃんにちょっとだけ強引に勧められてミスコンに出ちゃった春ちゃんに対して

るりちゃんにホントに強引に駆り出されてミスコンの舞台に上げられちゃった小野寺さん


衣装は先週から引き続いてのコスプレのままのようです

姉妹揃ってそれぞれの親友に担がれた形になってしまいました
風ちゃんの意図はともかくとしても、るりちゃんの狙いは明らかですね

特別審査員に楽がいる

「一応」の恋人関係にある千棘と、堂々宣言してた羽は出てない

マリーは自爆した

イコール


行くしかないだろ常識的に考えて



という方程式だったのだろうと思われます


春ちゃんの真意については全く知らないはずのるりちゃんは、春ちゃんが本戦に残っていることについては
特に何も気にしていないのでしょう

それよりも、小野寺さんが楽によって選ばれたという形を取ろうとしているのですね
るりちゃんは、楽がホントは小野寺さんを好きなのではないかと疑っていました

ならば、特に障害となる相手のいないような場であれば小野寺さんを選ぶことに躊躇いがないはずだと
考えたのではないか

そのために、おそらく特別枠としてむりやり小野寺さんをねじ込んだのではないでしょうか





だからこそ小野寺さんのこの表情















2014年WJ35_2

驚きようが全開のこの顔は、ミスコンに出ろというのを事前に言われて連れて来られた顔ではありません

ちょっとこっち、みたいな感じではっきりとは知らされずに、多少変に思いながらも言われるままに上がっていったら
突き飛ばされたらミスコンの舞台の上…という、「聞いてないよ!」と叫んでいる表情なのです


ミスコンとか無理だよ無理だよ、ではなくて
何これ何これ?!が先に来ている表情ですね

小野寺さんをねじ込みたいるりちゃんの狙いと、ミスコンを盛り上げたい集の利害が一致した結果の
特別参加ということになったのではないでしょうか



図らずも姉妹でミスコンに出ちゃった形となった小野寺さんシスターズ

どちらかと言えば、2人共に主張が強いタイプではなく
相手を立てて自らは退くことを是とする性格ではありますが、果たしてどうなることでしょう

ここで楽が小野寺さんに票を投じることは、春ちゃんにとっては
改めてフラれたという感覚をもたらすものとなるのでしょうか




色んな恋と思惑の行方が気になって仕方ありませんが、それでは今週はここまで!


[タグ] ニセコイ




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
The 男爵ディーノ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター