社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

ニセコイ 春ちゃんが「ニセの恋人」設定を知ることによる2種類の展開可能性

今週の展開で、集とるりちゃんの会話から衝撃の事実を聞いてしまった春ちゃん

引きの時点では、るりちゃんの口からその詳細まで語られたわけではありませんが
描かれるかどうかは別にして、そのまま詳しく知ることになるのでしょう


で、このことが持つ意味についてちょっくら考えてみたいと思うわけです


なぜか

春ちゃん登場時からずっと抱いている俺の懸念が現実になりそうな気配を含むものだからです


すなわち、春ちゃんも楽をめぐるラブコメにメインとして参加してしまうこと
言い換えれば春ちゃんも楽にすっかり惚れてしまう展開です

春ちゃん登場時にこんな記事を書いて以来、本誌の感想なんかでも
ことあるごとにずっとその展開を心配してきましたが、今週ついに春ちゃんが
核心に触れることになったことで、いよいよ現実化の気配が漂ってきました


ニセコイ 妹寺さんが楽に惚れる展開はやめた方がいい

ニセコイ 妹寺さんは小野寺さんを応援するキャラになった方が面白いと思うんだ



なぜ、ニセの恋人設定を知ることが楽に惚れてしまう展開と繋がるのか




それは、楽に対する春ちゃんの理解に関係します

すなわち、千棘という付き合っている彼女がいながら自分の姉である小野寺さんにも
何かとアプローチしようとしてくる二股狙いの最低男

というものです


今週もモノローグの中で語っていたように、「千棘と付き合っている」という事実がなければ
春ちゃんは楽が姉に近づいてくることに対してそこまでの拒絶を示すことはなかったでしょう

どころか、実は姉も姉で楽のことを好きらしいと何となく感づいていた春ちゃん
2人とくっつけようとして、るりちゃんと一緒になって色々画策したりしていたかもしれません


しかし、楽には彼女がいるという理解
そのことが姉を応援したい気持ちを決定的に阻んでいました



そして、そのことが逆説的にもたらしたのが
春ちゃんも楽に惚れてしまいそうになっているという状況です


「最低男」というマイナスから楽に対するイメージが始まってしまったために
その後何か楽が「いい人」みたいな言動を見せる度に「この人ホントは…?」という具合に
好感度を倍増させていってしまったのです


不良がたまにいいことをすると普通の人より偉いことのように感じてしまうアレと同じ現象ですね


楽の行動に春ちゃんが必要以上に心をぐらつかせる場面が
これまで何度か描かれてきました
その度に「やめろやめろ」と思ってきたのですが、今週の展開はある意味で決定的なものだったのです


なぜなら、そうして楽の好感度を無駄に増大させてしまった春ちゃんですが
それでも「彼女がいる」という理解が姉を応援したい気持ちと同時に自分の淡い感情にも
抑制をかけていた可能性が考えられるからです


だとすれば、ニセの恋人設定を知ってしまった時
春ちゃんの中に沸き上がってくる感情は、果たして姉を応援したい気持ちなのか
それとも自身の小さく淡い気持ちの増幅なのか

あるいはその両方の気持ちの葛藤なのか


春ちゃんの中にある楽への好感度が、「こんな人ならお姉ちゃんの恋人でもいいかも」と
小野寺さんを応援する方向に働くならそれが一番いいことでしょう

しかし、もしも葛藤する方向に働いてしまうとしたら


このマンガには似合わないような姉妹で同じ男をめぐるラブコメの始まりです
いやラブコメになればまだいいですけど

小野寺さん姉妹の他にもヒロインがいる状態では
誰が誰に気を使ったり押しのけたり、ケンカしたりするのか
もう話がめちゃくちゃになってしまいかねません


春ちゃんがニセの恋人設定を知ってしまうことは、こうした危険性を孕むものなのです


だからこそ今週の展開はどうしても心配せざるを得ませんでした



春ちゃんが知る内容がもっと別のものならまだよかった




たとえば、ニセの恋人設定の詳細ではなく
「実は付き合っているのは千棘ではなく小野寺さんの方」ということを理解させたらどうでしょう

上述のこの記事で少し考えたことがありましたが

ニセコイ 妹寺さんは小野寺さんを応援するキャラになった方が面白いと思うんだ


「本当は小野寺さんと付き合っているんだけど、
周りには楽と千棘の家の事情によりこの2人が付き合っているということになっていて、
純粋で清らかで身も心も美しくて優しい小野寺さんは当たり前のようにそれを了承している」

という感じに理解させてみたらどうでしょう


「ニセの恋人設定」は実在するが、本当に偽物の関係であり
本当の彼女は小野寺さん、という形で嘘を上書きする形ですね


これならニセの恋人設定の正体を知らせることなく
かつ、春ちゃんの恋心も上手に抑えながら
春ちゃんが小野寺さんを応援する立場にシフトできるのです



そしてもしそうなれば、春ちゃんが取る行動は1つですね

「本当は付き合っている」はずの小野寺さんと楽のデートをこっそり計画したり
何かにつけて2人きりにしてあげようとしてみたり

楽が今まで小野寺さんにアプローチしようとしていたのも
実は本当の彼女である小野寺さんに対して一途だっただけで
浮気男なんかじゃ全然なかったという理解の転換も手伝って

春ちゃんの楽に対する評価はさらにうなぎ登りになるでしょう
しかしそれは春ちゃんの恋心が増幅することを意味するものではありません

むしろ、姉に一途な人で、姉も見初めた人ということで
お姉ちゃん大好きな春ちゃんは、楽に対して恋心とは別の親近感を持つようになるのです
それはドキドキを感じさせる男ではなく、例えるなら親戚の頼りになるお兄ちゃんみたいなイメージ

今までのツンケンした態度からは一転して、楽に懐いてくれるようになるでしょう



さてこのように、今週の展開には今後の物語の行方を左右する重大な意味があるのです


頼むから小野寺さんを応援できる方向に展開して欲しい


古味先生…






作者が自らを主人公に投影した素直な作品か… 『おねだりヒーローHEIWA』 翔太

第77回トレジャー新人漫画賞佳作

おねだりヒーローHEIWA 翔太

ここから読めます


古味先生が審査員を務めたトレジャー新人漫画賞の結果発表
この作品も含めて2作品が佳作となりましたが、実は今週のジャンプで読切を掲載した
山本亮平先生も、トレジャー出身の方なんですね

それも、今回と同じく古味先生が審査を務めた回での佳作受賞なのです

少年マンガのど真ん中青春ヒーロー物語! 『SUPER hERO』 山本亮平



…と、今回の受賞作とはあまり関係ない話から始めてしまいましたが
ちゃんとレビューしていきましょう


今作のウリというか、最大の特徴は主人公のある気質ですね

すなわち、「ホメられて伸びるタイプ」ということ


現実でもよくいますが、それをマンガ的に極端にしたのが今作の主人公でした


そして、そんな主人公のタイプを活かすのに選ばれた主人公の役割と言うか行動が
「ヒーロー」というものだったわけですね

そういえば前に古味先生が審査担当した時もヒーローものが受賞してたような

はい、脱線しましたすみません



世界観は近未来でしょうか
犯罪の多発する日常において、子供ながらに何かすごい身体能力を持ってて
立てこもりとか余裕で犯人ぶっ飛ばしちゃうような少年・ダイチ

彼こそが、「ホメられて伸びるタイプ」の主人公になるわけですが
それにしては、彼に感情移入のできる作りにはなっていないですね

講評でも「主人公の好感度の低さ」が触れられていますが
おそらく同様の指摘なのでしょう

わかりやすい性質を持っていながら感情移入を誘わない原因は
おそらく、そのわかりやすい性質について実感を込めた描写がないためではないかと思われます

すなわち、「ホメられることが主人公にとってなぜ快感で気分が良くて、気持ちの乗ることなのか」
ということが、特に説明のないまま話が展開していくために
読者としては作品の一番のウリである主人公の性質について、理屈で理解しただけのまま
読んでいかなくてはならないんですね

作中では、主人公が「ホメられたがる」理由については言及するシーンがありました

しかし、ホメられることで主人公が実際に何を感じ、どんな感情を抱いているのか
それほど明かされないまま敵との戦いが展開してしまうのです

「ホメられたがる理由」はヒーローとしての目標である父親というはっきりしたものが
描かれるのですが、しかしそれは、もう死んでしまってホメてくれない父親という切なさを強調するのみに
なっており、ホメられることによる主人公の快感を実感として描くことはできていないのです

ホメられたら嬉しくてやる気も出てくるというのは大体の人はそうなのでしょうが
だからといって、「ホメられたら伸びるタイプ」というのをさほどの説明もなく理解できるとは
思えないですし、説明があったほうがベターであることは間違いないのです

きっと作者はホメられて伸びるタイプの人なんでしょうね
でもこれからの打ち合わせで担当編集からフルボッコにされてる絵が浮かんでくるんですけど


なぜここまで主人公のこの特性を強調しなければならないか
明確な理由があります


悪役となる連続殺人犯「ウサギ」

彼が、主人公と対になっているキャラだからなのです


「ホメられて伸びるタイプ」の主人公に対して
「そっぽを向かれたら堕ちていくタイプ」の男でした


ホメられたら嬉しくてどんどん調子が上がっていく主人公に対して
人から失望や哀れみの目を向けられることに、期待に応えられずに恥ずかしい気持ちになることに
どうしても耐えられないのが敵役だったのです


この対比、作者はおそらく意図して描いているのだと思うのですが
作中でほとんど触れられません

ダイチと戦っていて劣勢になった敵のウサギが、期待された栄誉を逃して惨めな気持ちになった
過去へのトラウマから逆上して反撃を始める時に、「もうあんな気持ちは嫌だ」と
わずかな回想とモノローグが描かれるのみで


対比のさせ方としては非常に上手いと思ったのですが、作中でそれ以上の描写が特になかったために
ただ対称的になっていただけ、という形で終わっていました

そこに何らかの演出や盛り上げがあったら、また違った印象の作品になっていたでしょうに
ちょっともったいない感を抱いております


とはいえ、「ホメられて伸びるタイプ」という設定は少年マンガにぴったりな発想と思います
講評にもあるように、そうした形で「ひたすらな明るさ」を描けることは
貴重な才能の1つと思いますので、ぜひともそれを活かした作品を描いて欲しいですね


翔太さん
期待しております


 




SOUL CATCHER(S) 神峰はそろそろ次の攻略相手を自分で決めてもいい頃だ

少し前くらいから抱いていた違和感がありました

1人のパートリーダーの攻略が終わって、次に移る時の流れ方です



最初の打樋先輩は、打楽器という入門的な意味も持つ楽器だったこと
トランペットの音羽先輩は、部長でもある奏馬先輩から助けを求められたこと
サックスの歌林先輩は、刻阪とのラブコメ絡みで
ファゴット・バスクラリネットの御器谷先輩は音羽先輩に音楽の基礎知識を習うことを勧められて
クラリネットの邑楽先輩は谺先生が神峰に指揮をさせてみると提案したことに一番反対していたことで
フルートのカスミン先輩は偶然他校の妹と出会ったことで
オーボエの木戸先輩は、退部届を持ってきたことで
現在攻略真っ最中のコントラバス・弦野は、街で偶然出くわして喋ったことをきっかけに

それぞれ神峰の攻略が始まることになりました


こうして見てくると、神峰が自ら「次はこの人(このパート)」と言って決めたのは
最初の打樋先輩の時だけということがわかります

それ以外はすべて、たまたまそういう状況に流された形で特定のパートの攻略が始まっているのです


神海先生の手腕で、その流れ自体は特に不自然でもなく
しっかりとした構成を感じられるように展開しているのですが
そろそろ神峰は自分の意志で次の攻略相手とパートを決めてもいいんじゃないかと思うのです

そのほうが神峰により主体性が感じられるんですよ

偶然が続く今の展開は、まるで都合よく殺人事件に遭遇する探偵みたいに
主人公特権が過ぎるように感じるんですよね

あるいは、RPGとかでダンジョンやボス攻略のための必須アイテムを
手に入れていないと次に進めないような親切設計とか

そんな、「都合の良さ」を読者に感じさせてしまうのではないかという懸念があるのです

逆に言えば、それだけ攻略エピソードと本筋部分とがしっかり構成されていて
上手に繋がれている、ということなのですが

しかし、苦戦はしてもここまですべての攻略を成功させて
自身もまた成長している様子からは、主人公としての都合の良さを感じずにはいられない部分があります

じゃあどうすればいいのかというと

自分で選んだ次の攻略相手で、そしてできれば攻略を失敗することが必要ではないかと思うのです


つまり、これまでの攻略がうまく行きすぎていたんじゃないかと


たとえば現在進行している弦野の攻略

目指す音楽の違いによって合奏が噛み合わないでいるのを、神峰はすでに攻略した協力者たちの力を借りて
弦野に挑んでいます

で、弦野の攻略が始まったきっかけは先に書いたように
街でたまたま出会ってライブハウスに連れられていったことをきっかけにした音楽性の違いの発見でした


この偶然の出来事がもしも、もっと早く起こっていたらどうだったでしょう


邑楽先輩もカスミン先輩も未攻略の時に弦野と出くわしていたら
きっと弦野攻略はうまくいかないでしょう

マンガの展開にもしもを言うのも何ですが、攻略の始まったそもそものきっかけが
いつのタイミングで起こってもいい出来事だったことで、そのタイミングが
攻略に必要な情報や人が揃っている時にやってくることが何だか都合のいいように感じてしまうわけです

殺人事件を解くのがテーマでもあり面白さの1つでもある推理ものならそれでもいいでしょう

しかしこのマンガは、「パートリーダーの攻略」を読むためのマンガではありません
それを面白く読ませているのはあくまで神海先生の手腕であり、攻略が作品のテーマではないのです

それならば、どの攻略も神峰にとって都合のいい時期にエピソードが始まることは
「当たり前」としては受け入れられるものではなく、むしろ主人公特権としてマイナスのイメージを抱かせるものになるのです

それを防ぐには、神峰が自ら次の攻略相手を決めることが必要です

その人の攻略には誰の協力が必要なのか、どんなことを知っていなければならないのかということは
事前にはわからないのが当たり前のことです
それでも手探りで、体当たりで向かっていこうとする神峰の姿は、成功してきたこれまでの攻略で見せてきた真剣な姿と
矛盾することはないでしょう

しかし、それでもうまくいかないことだってあるにはある

情報が足りなかったのか、時期が悪かったのか
きっとその場で原因が特定できるわけもないでしょうが、とにかく失敗することもあっていいと思うのです

それは、人と真剣に向き合おうとする神峰にとって
1度うまくいかなくてもそれでも諦めない、という姿勢と気持ちになるための新たな試練ともなり得るもので

拒絶を恐れて向き合ってこなかった人の心に向き合うことを決意して
ここまではどうにかうまくやってこれた神峰が、その決意の上でまたしても拒絶されることになったなら

それでもめげずに立ち上がろうとするのか
それともすっかり落ち込んでしまうのか

神峰という主人公の描写としては絶対必要な部分ではないでしょうか


そして、失敗したからにはどうにかこうにか立ち上がって再度挑戦することが
主人公的には必須です

そこで改めての攻略挑戦と、今度こそ成功したという時のカタルシスは
これまでのように自然に攻略を果たしてきた時とは比べ物にならないような興奮と盛り上がりがあることでしょう


では神峰はどういう基準で自らの次の攻略相手を決めるのか

その判断は、この吹奏楽部において神峰がどんな方向を目指そうとしているのかを
はっきりと表すことができる指標となります

最初に谺先生からつきつけられた課題は、「パートリーダー全員から認められること」でした
それゆえに、どんな順番であっても最終的には全員と向き合っていく必要はあるのですが
しかし全員を同時に攻略できるわけもないので、どうしても順番が発生します

その順番に、誰を先に持ってくるのか

どのパートを優先するのかというところで、部全体やまたは目指す音楽に対して
神峰がどんな意図や狙いを持っているかが基準として働くことになります

その判断は、周りの部員たちにとっては
「なぜ神峰はあのパート、あの人のところへ行ったのか」という噂と憶測を生むこととなり
神峰の目指している部分について推測させることにも繋がるのです


それに共感する人や反感を持つ人も出てきたりして、ますます神峰をめぐる人間関係図が複雑になっていって

しかしそんな中でも自らの目指す姿のために、人にぶつかっていこうとする神峰を描くことは
「人の心が見える主人公がそれでも人に向き合っていこうとする」様を描くこのマンガの真骨頂とも言えるのではないでしょうか


偶然に任せるのではなく、神峰が次の攻略相手を自ら決める


たったこれだけのことが、作品にとっては大きな大きな意味を持つはずなのです

弦野攻略が終わったら、残るパートはすべて神峰に反発する金管楽器陣営となります
その中でもまずどのパートに向かっていこうとするのか、変な偶然を起こすのではなく
そこにこそ神峰自身の意図が介在した上で決めて欲しいですね


[タグ] SOULCATCHER(S)




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
The 男爵ディーノ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター