社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

ジャンプ45周年記念 40周年記年号を振り返ってみた

やっと明日ジャンプ発売ですね

祝日で土曜発売だとその次のジャンプまでがとてつもなく長く感じてしまいます

で、その土曜発売だった今週のジャンプ
45周年の記念号でした

45ってきりが悪いとは言いませんけど、まあなんか微妙な数字だなーとも思いまして
じゃあ40周年の時はどんなんだったんだろうと思ったわけですよ


巻末コメントには、麻生先生が「40周年の時もちゃっかりいました」なんて書いてるものですから
余計に気になって

棚から引っ張り出して来ましたよ
5年前のジャンプ














ジャンプ40周年1



2008年週刊少年ジャンプ34号


45周年記念号は33号だったのに、40周年の記念号は34号だったんですね

この1号分のずれは何だろう?
2009年のジャンプが通常52号までのところ53号まであったせいかなとも思ったんですが
その後2011年、東日本大震災の影響で17号の発売が1週延びたことで51号までしかなかったので
そこでズレはなくなってるはずなんですね

じゃあ何でだろう



まあいいや





で、気になる当時の連載陣はこんな顔ぶれでした











ジャンプ40周年2
クリックで拡大


今でも現役なのが、ONE PIECE、NARUTO、BLEACH、
トリコ、こち亀といった看板作品や長寿作品ですね
あと銀魂もか

To LOVEるも、掲載誌が変わってますがバリバリの現役で看板ですね
同じく掲載誌が変わっていて現役…のはずのD.Gray-manは…
作者星野先生が体の弱い方のようで、現在絶賛休載中ですね

スケットダンスはつい先日終了しました

アイシールド21やリボーンも懐かしい作品です
ぬらりひょんの孫も、終わったのはついこの前のような感じですけど



連載している作品が変わっているのが、ネウロの松井先生ですね
『暗殺教室』は今や常に上位の掲載順をキープしている人気作

そして「ちゃっかりいました」という麻生先生
この時の作品は『ぼくのわたしの勇者学』
シュールなギャグを中心としてたまにどうしても意味不明になってしまうこともありましたが
割と好きでした
コミックスも持ってたりして

それからダブルアーツの古味先生
ラブコメマンガ『ニセコイ』を連載中ですが、最近の展開を見ていると
ファンタジーに戻って欲しいという意見にも同調したくなってきますけど…
まあもう少し生暖かく見て行きましょう


『どがしかでん!』の濱田浩輔先生は、この作品が打ち切りとなった後
圧倒的な成長を経てエロ多めのラブコメ『パジャマな彼女』を連載されましたが
それも結局打ち切りとなってしまって、現在は他誌で連載が始まっておられますね

あまりの成長ぶりにすごい努力されたんだろうということがひしひしと感じられて
好きな作家の1人です
どれくらい成長されているのかはこちらを見ていただければわかるでしょう
濱田浩輔先生の描く女の子っていいよね!

さらに『どがしかでん!』
『パジャマな彼女』もレビュー書いてます




密かに…というわけでもありませんが、戻ってきて欲しいと切に願っているのが
『PSYREN』の岩代先生です
この前「新学期」をテーマにした特別連続読切の中の1人として久しぶりにその姿を見ましたが
やっぱり岩代先生の絵柄とか好きなんですよね
『PSYREN』もコミックス持ってますので、そのうちレビュー書こうと思ってます

『バリハケン』の鈴木先生は、確か今度のジャンプLIVEに登場されますね
椎橋先生もぬら孫外伝が見られるとか


うすた先生は、この前のNEXTに久々の読切を載せてましたね
相変わらずの作風で、ちょっと安心したところもありました




それにしてもわずか5年前と言っても、やはり今と顔ぶれは違いますね
今でも現役で続いているのが看板作品ばかりで、この頃始まった作品で
今も続いている作品がないという

スケットダンスが連載期間ちょうど6年ということでしたが

5年前といえばONE PIECEはシャボンディ諸島でレイリーと話をしているところでした
トリコはフグ鯨を捕りに行ってました
途中に出てくる猛獣の捕獲レベルが7とか言ってた頃ですよ

BLEACHは藍染編の真っ最中
空座町と尸魂界のレプリカを入れ替えて、決戦開始…とかやってた時ですね

スケットダンスはカイメイ・ロック・フェスティバルで、バンドThe Sketchbookが結成された回でした
PSYRENではエルモアウッドとアゲハが出会って、バーストストリームを習っていた頃です
「バーストストリーム」という単語に、どうしても青眼の白龍がちらついて仕方がなかったあの頃ですねw
前に「滅びの」をつけたくなってしまう状態


こち亀は、長寿作品であることから
ジャンプの歴史を振り返る企画として、作中にタイムマシンが登場して
両津がジャンプ創刊からずっと時代を追いかけていく特別回が掲載されていました



当時の展開を振り返ってみるとだいぶ時間が立ってる気がしてきますね
週刊連載で5年間といえばそれだけ話が進んでますからね
これが月刊誌だとまた違ったりするんでしょうか



次の記念号は50周年
果たしてどんな作品が連載されているのか
今トレジャー新人賞とかで名前の出ている人たちはどんなマンガを描いているのか
HUNTER×HUNTERは連載再開されているのか


これからもジャンプが楽しみでならないですね


 




 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター