社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

拍手コメント返信

またまた拍手コメントをいただきましたー


 

続きを読む »




斉木楠雄のΨ難でラブコメを展開すると面白くなる単純な理由

ジャンプマンガ限定なのかもしれませんが、ラブコメにおいて面白さを感じさせているものに
共通のものがあると思うんです

『ニセコイ』一条楽も
『べるぜバブ』男鹿辰巳も
『エム✕ゼロ』九澄大賀も
『スケットダンス』ボッスンさえも

それを持ち合わせていて、だからそこにおけるラブコメが面白くなっていると思うんです








それは、鈍感なこと


ガッツリなラブコメマンガだと、誰かが誰かを好きっていう気持ちが入り乱れて
幾つもの三角関係が生まれていってることがよくありますけど

そんな関係を作中で成立させておくためには、誰かが誰かを好きな気持ちに
気づいちゃいけない場合があるんですよね

一番シンプルなのは、両思いであることが発覚してしまうこと
実は相手も自分のことを好いてくれていることに気がついてしまうと、そこでもう関係性が成立してしまって
その他のキャラたちが加わる余地が全くなくなってしまいます


だからそういう相手の気持ちにはキャラたちは全然気づかない
気づいてしまったら話が終わっちゃうから


その代わり、気づいても話が終わらないようなところにはよく気がつく
あるいは、誰かとのフラグを立てたり強化したりするときにはよく気がつく
フラグ立ったことには気づいてないですけど


でも一番好きな人の好きな人には気づかない、気づけない


この辺のやきもきさせるような部分が、ラブコメの魅力でもあるのですが
同時に、読んでいて少しうんざりしたりする部分でもありますね


モノローグが見える読者でなくても、脇役のキャラたちでも気がつくくらい
顔や行動に現れていることに当事者が気づかないのですから
場合によってはやきもきではなくイライラにつながったりもします



で、斉木楠雄のΨ難ですよ



現在彼を中心にした三角関係が出来上がっていて
照橋さんと夢原さんというヒロイン2人がそこに加わっていますが

このマンガが他のラブコメ作品と決定的に違うのは

ヒロイン2人から想いを寄せられている主人公が、鈍感であることがありえないということです


誰が誰を好きとか
今何を言おうとしたとか
どんな気持ちからそんな行動になってしまうのか


普通のラブコメであればその真意がわからずにドキドキしたりやきもきしたりしてしまうところ
このマンガにあっては、主人公がそんなことにはならないことが断言できるのです


なぜか
理由は簡単ですね



斉木楠雄が超能力者だからです


目の前の相手どころか自分を中心に一定範囲の人間の感情が
テレパシーを通して全部聞こえているのです


それはつまり、夕暮れの教室とかで何かを言おうとして言えないままでいたり
手紙で校舎裏に呼びだそうとしてみたり
いい雰囲気の時に急に電話が鳴って空気がぶち壊れたり

そんなことになっても斉木がそれで目の前のヒロインの真意がわからずに
動揺したりすることがないことを意味するのです


オフに出来ない強制テレパシーによって相手の考えていることは
すべてわかってしまうわけですから、恋模様の中である意味一番の醍醐味かもしれない
「相手の真意がわからず色々想像して勝手に悶える」ことが
斉木に限ってはありえないということなのです


それどころか、目立たないために学校一の美少女といわれる照橋さんには
あまり近づきたくないと考える斉木は
どうにかしてアプローチしようとする照橋さんの意図を察知して
どうにかしてそれを避けようと行動します


鈍感どころかむしろ気づいて逃げようとする主人公と、それでも何とかして接近しようとするヒロイン


そんな形のラブコメが果たして今まであったでしょうか


先日の修学旅行班決めを見てもわかるように、その形でもちゃんと面白く読めるのです

これから修学旅行の中で、開放的な気分になった照橋さんがここぞとばかりに接近しようと
してくれるでしょう


それを斉木がどんな風に躱そうとするのか、または照橋さんの神がそれをどう覆すのか
期待しましょう























と、ここで終わってもいいんですが
更にもう1つの可能性があることに気がつきました




そんな形でのラブコメを展開できるこのマンガが
一時的に普通のラブコメの流れをやることのできる可能性



ゲルマニウムの指輪です



第14号で登場したゲルマニウムの指輪

理屈は不明ながら、ゲルマニウムに触れている間テレパシーが使えなくなるという斉木の体質





たとえば



たとえばですよ?






せっかくの旅行なのでどこかで一時だけでも騒々しい喧騒に悩まされない時間を求めた斉木が
この指輪を旅行に持ってきていたりしたら


で、何かの理由でその指輪が取れなくなったりしたら




指輪をつけてただ外に出ただけで、周囲の心の声が聞こえてこないことで
逆に「誰が何を考えているのかわからない」と、あれだけの恐怖感を覚えていた斉木


透視や瞬間移動といった他の能力は使えるといっても
慣れない土地で、いつ外すことができるかもわからない指輪に
さすがの斉木も多少の不安くらい感じるでしょう


そこに




斉木の手助けをしようとして照橋さんや夢原さんが必死になってくれたりして


自分には何のメリットもないのに、ただ助けるために懸命になってくれている姿を見て
その真意がわからない斉木が動揺したりして



その様子を見た照橋さんが「ついに斉木が自分におふった」と思って
俄然やる気出して指輪を外すのに本気になったりして


で、何とか外れたけど同時にテレパシーも復活して
斉木がおふったことに全力で喜ぶ照橋さんの心の声を効いて
動揺を見せていた斉木も一瞬で賢者モードに戻ったりして



そして、「あれ?」と思った照橋さんは
おふったはずなことを確かめるためにさらに斉木に接近しようとする…

みたいな展開ですよ




斉木も斉木で、彼女たちが悪いことを考えているとは思っていないでしょうが
それでも照橋さんや夢原さんが、両親のように
他人に心から優しくすることのできる人であることを知ったとしたら
それからの彼女たちへの態度が明らかに変わると思うのです



キャラ同士の関係性を微妙に変化・前進させる展開としては
非常にアリだと思うんですけどいかがでしょう麻生先生






すでに連載も見据えている?!『七支刀』 矢倉ユウ

やっと4作目か…


第70回ジャンプトレジャー新人漫画賞佳作

ここから読めます

七支刀 矢倉ユウ



江戸時代って設定をしておきながら普通にジーパンとか言っちゃってるのはいいんだろうか…



それはまあともかくとして、導入部分のコミカルシーンはなかなかの出来です

ここがあるおかげで、作品にスッと入っていけるようになっています


こういうシーンを自然に描けるのって割と貴重な資質だったりするんですよね



しかし後半部分になるとその雰囲気が一変していきますが

作品の本題であるはずのこの部分が少し弱いかなという印象です



メリハリがないと言いましょうか

「皆殺しだ」なんて主人公が凄んでいる場面


見開きを使って顔のアップの構図で、作者としては一番盛り上がるシーンを演出しているのでしょうけど
その描き方が通常のコマと変わらないというか

何だか淡々とした描き方で

バトルシーンの途中なのに絵が動いていません

その結果、見開きも迫力を出すとかカッコがついていると言うよりは
ただ言っているだけ、のような感じなのです

このあたりがどうしても気になってしまいました


冒頭でちゃんと作品に入り込めただけに、その後の不自然さがよけいに強調されてしまったとすれば
不運なことなのですが



それでも作者矢倉さんは、この作品での連載すら視野に入れているような感じですね

主人公以外の七支刀のキャラデザがある程度すでにできているようですし
主人公が守ろうとしている少女の秘密とか伏線もしっかり残しています


トレジャーへの投稿作品をリメイクして読切り掲載までこぎつけた人は
少し前にもいましたね

そこでの読切りで高評価を獲ることができれば、連載化も夢ではないと思います


頑張ってください


 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター