社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

女の子ってやっぱり大事だよね!


女性キャラの変遷 - 内水庵




今回はとあるブログ記事の紹介です

かつてジャンプ本誌上でも連載経験があり
今はSQ19にて「アグリッパ」を連載中のマンガ家
内水融先生

アスクレピオス全巻揃えようと思ってるのに
ブックオフにも売ってないよ!orz

マンガだけじゃなくブログも書いてたのかよ!
と地味に驚いたりもしましたが、その中から
とっても興味深かった記事の紹介です

「女性キャラの変遷」のタイトルで書かれた記事

今まで描いてきた女性キャラの変化具合を
先生自ら過去の作品の画像とともに感想を述べられています

結構変わっていってるものですねー
個人的には2002年の絵柄が好きかも知れない

内水先生の描く女性キャラって
顔だけに限って言えばナチュラルな印象を持つ女の子が多い気がして
結構好きです

瞳の描き方なんでしょうか
女の子を描く時って大体瞳をどんな風にするかという辺りに
こだわったりすると思うんですが
(矢吹先生とか叶先生とか高橋ゆたか先生とか)
内水先生の場合は結構黒ベタにちょっとだけ白抜きという
描き方が多いような
記事のアグリッパの女性キャラ画像では瞳の描き込みが増えてるみたいですけど

女性キャラの描き方で変化を辿るという試みは非常に面白いです
当サイトでもいつか別の作家さんでやってみたいですね


女の子を可愛く描けるマンガ家さんは貴重な存在です
人類の宝です
国を挙げて支援するべきです


女の子を可愛く描けるマンガ家さんは貴重な存在です
人類の宝です
国を挙げて支援するべきです


大事なことなので2回言いました
 




アニメオリジナル回…というかサーヤ回でした

sket0.jpg



SKET DANCE 第77話 「学園のSKET達(その後)」


とうとうやってきてしまったスケダンアニメ最終話

今までのキャラをなるべく全部出しつつ
アニメオリジナルの流れで1話が作られています


…でもメインは恋するサーヤでしたw
sket1.jpg



オリジナルの流れはそこへ持っていくための
単なる繋ぎと言っても過言ではありません

原作でも第1話で登場した哲平と城ヶ崎が出てきます
第1話においては実はこの2人
昔哲平をいじめていた城ヶ崎が高校でも…ということでの
スケット団のお助けの展開になっていったのですが

今回では取って付けたように実はそれなりに仲もよく
一緒にバスケをしていた、という後付け設定が出てきました

sket2.png



まあ…その辺はよしとしましょう

今回はサーヤの告白が全てに優先されるのです


この城ヶ崎と哲平のバスケのくだりを通じて
自分がスケット団のことを、ボッスンのことを
まだ何も知らないと自覚したサーヤ

原作でそうした描写はありませんでしたが
恋する乙女の感情として
特に違和感のない作りになっています

そして
告白

sket3.jpg



原作にはあったサーヤのモノローグ
アニメでは一切カットされていました
しかしアニメのこの流れでは
ない方がむしろよかったですね
バスケのくだりを通じて
自分の色んな状況を自覚するに至った彼女の
確かな決意が感じられるからです

サーヤかわいいよサーヤ
ペロペロ

それにしても
なんか…こう
ラブコメっていいなあと言うか
青春っていいなあと言うか
そんな気持ちになってしまいました

エロゲの告白シーンでも
実は同じことを思ったりしてますが
(;^ω^)

ラブコメといえば地味にこちらもそうでした

sket5.png


アニメではバレンタインの回はなかったと思いますが
もはやモモカも恋する乙女まっしぐら
こちらは原作でもそれほど突っ込んだ描写ができていない関係で
アニメでもあっさりとしたものでした

最後にはロマンも登場して
例によってオープニングテーマで締めるという手法は
どうやら共通の手法のようです

しかしここでまた粋な演出を入れるのが
このアニメのスタッフのいいところ

後継番組となるアニメ「銀魂」へのバトンタッチが
スポンサー紹介とともに行われました

sket6.jpg




しかし何だか唐突な気がします
77話とはだいぶ続いた方とは思いますが
それでも終了の話題が急に降って湧いたように現れて
実際に最終話を迎えてしまうと
寂しさも段違いです

黒子といい
貧乏神といい
スケダンといい
どうして俺が楽しみにしてるアニメばかり
終わっていくんだろう(´;ω;`)ブワッ



[タグ] スケットダンス




ニセの二期予告が力入りすぎ…な最終話

10.jpg


貧乏神が! 第13話 「それもう答え出てるだろ」

とうとうアニメ最終話です

先週からそんな雰囲気はありましたが
今回もスタッフはふざけまくっているようで


初っぱなからまず違和感と思ったら

いきなり今までエンディングに流れていた
曲と映像が出てきました
最終回ということでわざとオープニングと
エンディングを逆にしたようです

で、本編はといえば
もう原作に忠実すぎるくらい忠実に作られていました

別に色々詰め込む必要もなかったということでしょうね

でもしれっと作者またゲスト登場してるwwww
一発でわかったぞwwww
しっかりエンドロールにも名前出てるしwww


車の上を渡り歩く桃央と嵐丸のバトルが
やはりアニメだと動きがよくわかっていいですね
これぞ映像の醍醐味というもの


しかし、やはり一番以外だったのは
8話あたりの感想で「カットされて残念です」と連呼しまくった
諏訪野さんのシーンがまさかのエンディング映像に
登場したことでしょうか

つまり、原作では「友達ができたよ」のメッセージが指していたのは
嵐丸だけという意味だったのが
紅葉も含めて、という形にアニメで解釈されたということに
なるのでしょう

もしやこの演出のためにわざとカットしていたのだろうか…

そして第二期のニセ予告までwww

無駄に力入れて作画してあるしwww
ここだけ見るとほんとっぽいんですけどwwww

やっぱスタッフがふざけて作ったウソ予告なのかなあ
二期やってほしいなあ

 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター