社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

週刊少年ジャンプ38号感想

2011年ジャンプ38号感想

昨日一昨日と会社でミスって散々説教されてたせいで
感想どころかジャンプ読むことすらできませんでしたorz


巻頭カラー トリコ
非常に上手い持って行き方をしたなあという感じです
弱くないと実は捕獲できないところに小松が一人で向かったことで
結果的に捕獲できた
今まで相当な数の危険をくぐり抜けてきた小松が本当に弱いのかどうかは
別として、とっても意外性のある展開でした
難しいのは滝を抜けることだけで、本体自体の捕獲は簡単だったのも
だらだらせずいいことです

これで早速実食となるわけですが、なんか妙にあっさり来たのが
逆に不安な気もします
そこで普通に食って「うめえ」でこのシリーズは終わりなのか?


ONE PIECE
先週のワポルはこの伏線だったのか・・!
合体ロボとか少年の心くすぐりすぎだろwww
ナミとロビンは無反応すぎだろwwwww

先週に引き続き、仲間達の修行の成果お披露目回
「一味全員!!なんてイキイキと戦うんだ…」という台詞が
2年前にはなかった彼らの成長と頼もしさを含んで、やけに感慨深いです

でもするめの脅迫設定は別に要らないような
急に出てきてそしてそれにルフィが腹立てても
どうにも唐突な感じが否めず、読むテンポが邪魔された感すらありました
今週そこだけが残念でした


鏡の国の針栖川
この安定感こそ叶先生
しっかり話も解決させつつ新たなフラグも立てる
顔を赤らめた松川さんカワユス

エムゼロやプリフェの時は主人公はケンカも強い設定でしたが
今回はそうでもない様子
さらに、頭を使ってどうこうでもなくどちらかといえば強引に力押しで
何とかしようとするタイプのようです
読んでる方としてはカタルシスとして物足りない感じがあるのは
事実ですが、しかしだからこそ逆に針栖川の行動原理と人間性がはっきりと
浮き彫りになる効果があると言えるでしょう
素晴らしい…素晴らしいよ叶先生


金未来杯 WOLF×RED
非常にテンプレな作品だなというのが第一印象ですね

どこの感想サイトさんでもおそらく言われてることと思いますが
事件の犯人も回想の女の子が誰なのかも
予想通りというよりはそいつが出てきた瞬間にわかってしまうくらいの
テンプレ展開
大体こんな感じにしないと読み切りとして載せてくれないんでしょうか

今回の金未来杯、個人的順位は
HUNGRY JOKER
ムラハガネ
ツキミのソバ
タカマガハラ=SINS=WOLF RED

ってな感じですかね
テンプレ展開で可もなく不可もなくよりも
際だった欠点のある方が作品として伸びしろがあると思うので
設定に致命的な欠陥を持っていた「ツキミのソバ」をタカマガハラ他2作品よりも
上位に置きました
とはいえ、全体としては低調だったことは否定できないでしょう
今週打ち切りとなった花咲一休も、元は金未来杯出身の作品ですが
受賞作がどうしても作品として伸びきれない辺りに金未来杯自体の問題が
潜んでいると思います


HUNTER × HUNTER
 ま さ か の 展 開 

死を悟ったウェルフィンが極限の中で発した最期の一言
若干の緊張の中ページをめくって、その一言を目にした瞬間
リアルに声を出して驚愕してしまいました
そこでその流れに持って行くなんて、本当に冨樫先生は油断も隙もありません

ちょっとだけゴンさんの動向が気にならなくなってしまいましたが
今週も書きます

ところで、主人公は?


BLEACH

悪りィ
外した

次は当てる



何という全力のオサレバトルwwwwww
どれだけ適当に撃ったんだよwwww

そしてようやく正体判明
初代死神代行だったと
初登場時に代行証を持っていたのはそのためなんでしょうか
それと以前言っていた月島に斬られた死神代行とは実は
彼のことなんでしょうか

などなど疑問が出てこないことはないんですが
それでもあまり惹かれないというか
はいはいさっさと進めて進めて、みたいな気しかしない…


マジコ
なかなか順位が上がりませんなあ
案の定黒歴史時代のアンケ票が悪いんでしょうか

それを反省するかのように全く今までとは逆の方向に
ぶっ飛び始めました
チュウだけで引っかき回しすぎだwww
ヤキモチ焼いたエマはテラ可愛いwwwwww

岩本先生はマジで黒歴史を反省してくれたんでしょうか
そこで夫婦の絆をテーマにした大会とか分けがわかりませんが
とりあえずイチャイチャな展開になりそうなのはよしとしましょう
しかし、大会というのがどうもひっかかります
他と比べてどうこうしろとかではなく、勝手に2人だけでいちゃついて
勝手に2人だけで照れてるだけでいいのに
 




週刊少年ジャンプ37号感想

2011年ジャンプ37号感想

感想書くことにしてる作品数が多いとやはり時間かかりすぎて
最後の方はもうだれてしまってるので
ちょっくら書く作品数を減らしてみるテスト

巻頭カラー BLEACH
素直に燃え

ようやく人気キャラ隊長たち登場です
日番谷髪伸びてるww
彼らから力を渡され復活
奪われたよりも強大な力を取り戻し、奪った相手を圧倒する
これもまた王道な展開ですが
新シリーズ開始以来停滞感が異常だったのもあって
熱くなりますな

ルキアの結構間違ってる檄も盛り上げるのに充分役割を果たしてました
ただ、どう見ても絶望してたよね苺は
そこだけ気になると言えば気になるw

それにしても巻末コメントが…
もしや打ち切り決まったのか…?


ONE PIECE
そこでワポルって…あんま興味ない…>扉
でも世界貴族認定は驚き
横の女性誰だっけ?

とりあえず今週は幹部達との戦闘前にゾロ達の実力少しでもお披露目回って
ところなんでしょうか

斬撃の竜巻
月歩の習得
咲かせる花の巨大化
サニー号の新機能

と目白押しでしたが、個人的に一番気になるのは
やはりロビンの巨大足ですね
もっと詳しく言えばその付け根となる股の部分
には果たしてあるのかおまn(ry


鏡の国の針栖川
松川さんキタwwww
すでにメインヒロインを食ってしまった印象すらある松川さん
今週もしっかり下着姿で魅せてくれました
メインヒロイン真桜より下着姿の絵も大きければコマも多いww

突然入れ替わってヤバイ状態になってしまいましたが
さーてどう落としてくれるんでしょうか


金未来杯 HUNGRY JOKER
なかなか面白かったです
これはアリでいいんじゃないでしょうか

設定の系統自体はさほど新しくはないものの
余命タイマーとか
大声でしゃべるマスクとか
その辺りハッタリがきいていて飽きさせない作りになっていました
余命タイマーで残り時間がはっきりしているために
「時間を無駄にしたくない」という主人公の動機もわかりやすくなっていました

医者がさじを投げたものを自分の科学力で何とかしたというのも
そこにまた変な設定を持ってきて世界観を壊したりすることなく
非常にシンプルですっきりです

気になったのは、なんで進化生物が人語を話したのかということ
そしてただ話すだけでなく不快にさせる中身を持ってと言うのが
引っかかりました
作者側の事情としては怪物として読者に悪感情を抱かせて、
主人公がそれらを倒した際のカタルシスの増加と
いうところなんでしょうけれども
それでもウイルスで進化した生物が人語を操ったのは
どうも違和感が大きかったですね

とはいえ適度なTOLOVEるもあり、全体としては非常に○だったと思います


HUNTER × HUNTER
先週に比べてちょっとテンションが下がったかな?
それでも王を取り巻く緊張感は半端ないですが

相手の姿見ればほんとか嘘かわかるとかどんだけチートww
ウェルフィン完璧に終わった…


ところで、主人公は?


マジコ
やっと終わってくれました
そしてやっと待ち望んだ展開に戻ってきました

「だんなさま」と呼ばれて動揺しまくりとか
ドレス着て照れまくりとか

ひさびさにお腹いっぱいです

そして引きも何やらいちゃいちゃげなふいんきで
来週とっても楽しみです
 




ジャンプネクスト2011年夏号 感想

ジャンプネクスト2011年夏号 感想

下書きとして自動保存されていたことに
今頃気づきましたorz
ということで遅まきながらネクスト感想です

巻頭カラー 宇宙少年バルジ

少し前まで「逢魔ヶ刻動物園」を本誌連載していた堀越先生の作品ですね

ブラックホールを身に宿すとはまた壮大な
生身で宇宙空間でも10秒くらいは生きてられるとかほんとなんでしょうか
引力とかブラックホールとか宇宙のウンチクを取り入れたマンガとしても
よさそうな感じです
問題があるとすれば今連載中のST&RSとかぶってることですかね

主人公とかヒロインよりも鯨がいいキャラしてたw
特にヒロインは、前作の蒼井華とあんまり顔が変わらないような…
故郷を探すという目的も設定されてはいますが、これを連載というのは
少々厳しいでしょう
連載経験者であることを差し引いても一定のレベルには達している作品とは
思いますが、打ち切りが目に見えるというか
前に少しどれかの感想で書きましたが、連載初期を乗り切れるかどうかと
いうところにおける、何かがこの作品にも足りていない気がします


ShraPnel
主人公にどんな風にして人助けをさせるか
ここまでいろんな作品が溢れかえっていると単純なヒーローものにしては
読者の興味を引きにくいことから、変則的な設定を持ってくる人がいますが
この作品もその部類でしょうか

悪魔で妖怪で、だから極悪という設定の主人公
呪いで取られた寿命を取り戻す方法が人助け
つまり目的は自分のためであり、人助けは手段であるわけです

この手の設定にすると大変なのが、話を続けていこうとする時
どの時点で主人公の動機を変化させるかと言うことです
自分のためという目的はいいのですが、いつまでも人助けという同じ手段を
採り続けているのでは、そのたびに主人公がイヤイヤ、または自分のためだから
仕方なく、という描写を入れなければならず、読んでる方はいずれうんざりとなります
かといって、人助けに目覚めたとか悪魔のような奴にも良心があったとか
そんな話の展開にすれば、結局他の単純なヒーローものと同様なものになってしまい、
結局初期の設定と作者の構想から離れていってしまう恐れがあります
初期に設定される自分のためという目的が、もっと具体的な本人の野望のようなもののため
その手段としての人助けと言うことであればまた違ってきますが、そうなると今度は
少年ジャンプ向きではなくなるでしょう
スーパージャンプとかウルトラジャンプとかその辺り向けになるんじゃないでしょうか

あとは、女の子が可愛かったもののパンチラが露骨すぎてNGということくらいですね


デマエストロZ
今回のネクストで、個人的にとっても気に入った作品がこれです
アンケの「連載で読みたい作品」の項目にはこれを入れました

華織ちゃんがとっても可愛いです
そしてとってもクールです
扉絵見た瞬間からなんか惹かれてしまいました

出前は注文があった場所に行く
たとえそれがどんな所でも
そんな当たり前のことを、マンガとしてここまで昇華させて
ハッタリもふんだんに交えながら読ませてくれた作品でした
これはぜひ連載で読みたいですね

しかし、欠点があるとすればまず、出前先の人質のところまで向かうのに
現れる敵の攻略に食材を使っていること
料理人という設定で食い物人にぶつけるのはさすがにどうよ
しかもそれで材料使いまくったせいで最後客の人質の前に出したのが
おにぎりって
出前先が立てこもりの現場でも、必ず届けると言うためのアクションシーンに
ちょっとページと労力を割きすぎた印象です

あと細かいことですがもう1つ
冒頭で華織ちゃんと会話してる男はいったい誰なんだぜ
店の同僚とかなじみの客かと思いきや店長のことはよく知らないようだし
かといって初めて来た客にしてはやけに華織ちゃんと親しげだし
タマネギの汁飛ばされてるし…
結局最後までどういう人なのかわかりませんでしたが、ただの驚き要員?

そんな短所はありましたが久々に読んだ後に「いいね」と思った作品でした
野本先生の連載が始まるのを楽しみにしています


FINAL TAKASHI
ギャグマンガなのかなこれは

さっき言及した単純なヒーローものを、それ自体としてテーマにして
そこにあるだろう理不尽を描ききった作品です

よく考えたら確かにそんな感じだよなーということばかりで
小さく笑いながら読めました
最後は作者が力尽きたのかそれともほんとに大オチのつもりなのか
やたら力業で締めていたのが気になりましたが…
読み切りとしてはまあアリだったんじゃないかと思います


チャコの脱獄論
なんかなあ…
不可能はないんだっていうのを示すために脱獄し続けるってどうなのよ

どうも主人公の行動とその動機に感情移入ができませんでした
何か盗んで捕まえてもらっては脱獄し、直後にまた盗んで捕まえてもらって脱獄して
その繰り返しの主人公
かっこいいとかよりもイヤな方の狂気を感じます
お前はどこのメンヘラかと

脱獄を見せてやるために捕まろうっていう行動をするのに何かの条件をつけてやれば
よかったんじゃないでしょうか
途中で出会った少年のように、ほとんど諦め気味の人と出会った時に
そいつに不可能がないことを見せつけてやるため、とか
そうすれば脱獄することで主人公が示してやりたいことももっとはっきり伝わりそうな

いつもいつも年がら年中捕まっては脱獄、を繰り返しているようにしか見えないために
だから不可能なんかないとか言われてもただ後から取って付けたような、ほとんど意味もない
主張にしか聞こえないのです

これはちょっと面白いとかどうとかの話ができないですね


Phantom
一番わかりにくかった作品です…
結局署長との会話の何がどうなったと思ってメイドさんは諦めたんだってばよ

それと主人公は結局何だってばよ
夜になると変身するのは別にいいんだけど魂食うとかでも殺してないとか
つまり相手をどうしてるんだ

あと冒頭少年に話しかけてた黒髪の男は誰だ
主人公?
少年の体半分貰って髪の色変わったってこと?
で、ファミリーを与えるってつまりどうしたの
飢えて苦しまないように体貰ったって何?

全然わかんないorz


テンカの花嫁
空から女の子が降ってきた…というお話
しかし、ボーイミーツガールよりも主人公を取り巻く不良達の方が面白かった

つーか変身した執事弱すぎだろwwww
あれだけ凄味出して変身しといてどんだけのヘタレだよwwww
毒も効くの遅せえwwww

しかし膝枕に口移しで解毒剤は認める
断固認める
ただの口移しじゃなく膝枕で、というのが非常にナイスです
自分たちの星ではその飲ませ方が普通というのが、口移しだけを指すのか
それとも膝枕も込みなのか
それによっていろいろとずいぶん違ってくるわけですが
そこはともかく断固認める


リコレクトF
青春野球マンガ…
なのに女の子が出てきてねえwwww
またむさ苦しい作品だなww

スポーツものについて言われる指摘で、私が結構その通りだと思うものに
「根っからのクズみたいな悪役を出すな」というものがあります
特に高校野球とかサッカーとかバスケとか、主人公達はめいっぱい青春して
甲子園とか優勝とか目指しているのに対して、一部の他チームに
人を人と思わないクズみたいな選手がいて、汚い手段で主人公達を妨害する…
そんな展開がよくあるんですが、青春さわやかマンガみたいな作品で
それをやられると非常にイヤな気分になってしまうんですよね
バトルマンガに悪役は必要でしょうが、スポーツに必要なのは敵役というライバルだと
思うわけです
それもまっとうなライバル
人を怪我させることも何とも思わず、まるで人格が壊れてるかのごとき暴言ばかり吐くような
そんなキャラがライバルとか言われても、そのキャラに抱くのは嫌悪感ばかりで興味が沸きません
ライバルキャラに興味が沸かないと言うことは、そいつと主人公達との試合も面白く感じないと
いうことになります
それよりも、今まさにやってる現実の高校野球のように
互いの意地のぶつかり合いを見たいんですね
そのほうがよっぽどドキドキするし読んでて緊張もします

さて、前置きが長くなってしまいましたがそんな感じでこの作品を読んでみると
まあ大丈夫かなと
悪役らしい悪役はいませんでした
主人公と勝負することになる先輩キャラが嫌みではありますが
以前主人公が調子に乗って傲慢だったことや
主人公に感情移入をさせるために若干大げさに描写されていると考えれば
納得できないこともありません

と、ここまではいいんですが
話そのものはまあ…普通かな…
だからあんまり書くことがない…


袋とじ

マジコ
そうそうこれでいいんですよ岩本先生
前回のネクストに載ってた番外編にはガッカリさせられましたが
シオエマのいちゃつきっぷりが短い中にしっかり描かれていて
本編で不足しているイチャイチャ成分をばっちり補給させてもらいました
ほんとマジコはこういうのでいいんだよ…
余計なバトル要素入れなくていいんだよ…

めだかボックス
恥ずかしながらその発想はなかったw
本人に相談するとはw
そしてそれに応えて「本人の手による打倒黒神めだかのプラン」ができるとはw
中身も全力で頑張って…とかアホかw

ST&RS
連載始まったばっかで袋とじとは、なかなか期待されているようですな
4コマで各キャラの一面を見せるというのもオーソドックスながら
わかりやすくてマル
そしてサービスカットもマル

鏡の国の針栖川
叶先生流石だぜ…
たった2ページをこれだけ面白く読ませるとは…
真桜たんかわいいよ真桜たん

花咲一休
本編より面白かったかもしれないww
地雷ノートワロタwww

エニグマ
番外編っぽくない…
なんだこれ
「あめでとっ」てのもなんだそれ

いぬまるだし
ドラゴンSTYLEが気に入ったww


東京デパート戦争体験記
待ってました松井先生
松井先生の作品が持つ世界観が結構個人的に好きなんです
早く連載を読みたい

でも白状します
ジャンプ本誌で予告見た時から、載るのは松井先生のマンガじゃなくて
松井先生が東京のデパートに逝った体験記だと思ってました
ごめんなさい

相変わらずの松井ワールドで安心の出来です
野性の腕時計ってどんな表現だwwww
「お死(おだい)をお支払いください」もそれっぽくていいwwww
そしてしっかりキャラも変態度MAXで期待を裏切らないwww

アンケの「連載で読みたい作品」は「デマエストロZ」とこのマンガと
どちらにするかをすごく迷いました
結局デマエストロにしたわけですが、これも早く連載して欲しいですわ


MAG ~愛を求めて~
地味だ…
とっても地味だ…
でも地味の中にちょっとギャグっぽくデビルがいるのがアクセントにはなってる

けどそれだけじゃ押さえきれないくらい地味だ
とてもじゃないが連載狙ってる作品とは思えない


保健室の死神 完結編
数年後かよ!
本誌の最終回の後日とかかと思ってたら数年後かよ!

でもとりあえず操たんかわいいよ操たん
それとしおりたんかわいいよしおりたん
シンヤもすっかり女の子みたいな服装しちゃってまあ
でも刀哉はおかしいwwww

みのり先生も相変わらず巨乳なようで
結局ハデス先生との仲はどこまで進んでるだぜ

聞き込みと称してかつてのキャラ達のその後を見せていく手法は上手いと思いますが…
「知らない…消えろ」って言ってる人誰だ?
あ、真理也か?
安田は安心のダメ人間wwww

そして一番解せないのが…
 そ の 子 の 母 親 は 誰 だ 経 一 
まさか鈍ではあるまいな
あの身体を堪能しまくって3人も生ませたというのか
ゆるさん…ゆるさんぞ…
しかし、父親の遺伝子強すぎじゃね?


 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター