社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

SKET DANCE 第17話

今週のアニメ感想

SKET DANCE 第17話 「スケッチブック」

あー
すっかり感想書くのが遅くなってしまいました

さてさて、待ちに待ったカイメイロックフェス後編
始まってすぐ、あることに気が付きました
オープニングに流れるスタッフロールがやけに多いのです
それはつまり…
エンディングテーマの省略ですね
尺をギリギリまで取ったということで、俄然楽しみになったわけですが



素晴らしくいい出来でした


八木ちゃんの台本棒読み進行とか
これより本年度のカイメイ・ロック・フェスティバルを、始めるぜクソヤローども。


もはやGacktそのままみたいなダンテとか
JardiN
狂乱の宴へようこそ



乙女オーラ全開で分身?までしてアニソンらしき演奏をするロマンとか
ロマンワールド
ロマンワールド(耐性あり)


「準備はいいかい、レディー達?」になぜか俺もときめいちゃったりとか
準備はいいかいレディー達


しかしそれより何より

ボッスン達の演奏ですよ
普通に上手えよこいつらwwww
s001330662.jpg
ボッスン声変わってるしwww
確かに声優さんがそのまま歌うとおかしな感じになるんだろうけどww


ただ、どうしても気になってしまったこともあります
それは、原作の中で個人的に気に入っていた場面がカットされていたこと

原作中では、スケッチブックが登場して歓声が大きくなったのを見た安形が

「何だかんだでアイツらの世話になったヤツも多いしな
 そして今回も多分、誰かの為か?」


とつぶやくシーンがありました

142




すでに読者も実感しているであろう主人公達の行動原理を、
別キャラの目線から改めて言わせることでさらにその芯を通したこの場面が
結構好きでした

しかしアニメ中では、原作にはそもそもなかったフェス本番中の
生徒会とボッスン達の会話の中でそれらしい場面が描かれていました
しかもその時の安形の台詞が以下

「人助けか?また例によって」

s000982898.jpg



どうもこれではあまりにあっさりしすぎている気がします
何より、ボッスン達の行動を安易に「人助け」とくくっている気がします
確かにスケットとは助っ人のことで、
人を助けることを目的に結成された3人組です
しかし原作中の「誰かの為か?」という言い回しの方が
表現として見ているこちらによりグッとくる
そう思うのです

さらに、上記安形の言葉に答えたボッスンの返事が

「それもあるけどよ…音楽って、結構楽しくね?」

s000988320.jpg

さらにテーマがぼやけてしまいました…
一応その後に、「それに気づかせてくれた彼女にお礼の意味も込めて…」
みたいな言葉は続くのですが、ただ取って付けたような印象がぬぐえません

ここはスケットダンスという物語そのものの中で
結構重要な場面だと思ってたんですが
非常に残念です

とはいえ、それ以外は概ね満足
Gacktが声優として、みたいなことでずいぶん話題にもなったようですが
それに充分応えてくれる内容だったと思います
ピロウズ聞きたくなったしw

そんで来週がヒュペリオンとかwww
落差ありすぎだwwww




[タグ] スケットダンス




週刊少年ジャンプ33号感想

2011年ジャンプ33号感想

やっぱりワンピースがないと読むテンションが違うな…

巻頭カラー ナルト
今までナルトの感想を書いてなかったのはわざとです
もちろん第1話目から読んでるのは読んでるんですが、
どうも少し前からさっぱり話しについて行けなくなってしまって、
今も読むには読んでいますがすっかり斜め読みになってしまいました
それで感想を書くほど読む気にならないのです
でも巻頭の作品をスルーは流石にアレかなあということで
書いてみようと思ったわけですがやっぱりあんまり浮かんできませんでした

ただ一つ思ったことがあるとすれば、サブタイと内容が違う気がすることw


トリコ
引き続きサニーが小松にデレてる件w
なんか触覚の使い方の原理が今ひとつよくわからないんですが、
とりあえず協力して滝を抜けようとしていることだけはわかりました


スケットダンス
やけに掲載順が上だな
どしたどした

脇役同士の回
そのせいかあまりテンションが上がらない…
とりあえず主人公なのに何もしてないボッスンだけど
「大丈夫だよ」という先見だけでも今週仕事した感じなんだろうか


バクマン
港浦さんのダメダメぶりがもうマジでひどすぎる
なんだ冒頭のこれでもかってくらい都合のいい妄想は

編集部の内情知りまくってる黒幕
東さんとやらに指示出してるのはまさか…

そしてその黒幕にも認められてる吉田さんはさすがだな


リボーン
シリーズ終わり
意外と短く終わった気がしますが、そんでこれからどうすんだろ


銀魂
神楽の顔なんかおかしくね?>扉

ホストのお話
マダムとかまたすごい設定が出てきたなあ
その対処をしようとしてわけのわからないことになるという
銀魂の黄金パターンとでも言おうか
そんな回でした

最後のホストらしいナンパ手口は説得力が異常なんだよなあ
銀さん出てきてからのフラグの立て方というか持って逝き方というか
だからこそホストーカーのオチっぷりが映える
こんな解説は今更ですが

そしてこれまた続くのかい…
ほんと最近の銀魂はこんなんばっかだな


ST&RS
なんだろう
早くも興味が失せてきたような
宇宙にそんなに好奇心の持てない俺は
もう少年の心を無くしたオッサンだと言うのか…!


べるぜバブ
まさかの悪魔野学園創立
先週出てきたじーさんがベヘモットだったり
聖石矢魔の校長もなんかすごい人だったり
てんこ盛りの中身でした

で、来週は古市と焔王のケンカの話か?


金未来杯 -SINS-
うーん…
いわゆる学園退魔物ということになるんでしょうか
天使が悪さをするというのは少し捻られてるような気が
しないこともないですが、主人公が転校生だったり
孤独だったり、でも友達になってくれた奴だから助けたり
結局は従来のパターンを踏み倒しているだけのような印象です
面白いかどうかと言うより、その作品だから味わえる「面白み」というものが
感じられませんでした
先週の読み切りも同様です

先週に引き続き、アンケートは「別の作品を読み切りで読みたい」でつけました


マジコ
このガチバトル編いつまで続くんだろう…
仲間の命を吸って、とかまたベタな悪役手法が出てきました
それがエマとの絆に絡まってイチャイチャ展開になるのならおkですけども
さくっと来週辺りで決着ついてくれないかなあ

ところで、このバトルで賭けてるアイテムを使う儀式って、
この次やる予定の儀式だっけ?
そんなことどっかで言ってたっけ?
それとも別にこの次の予定とかじゃないけど、
アイテムなくなると困るから戦ってるだけ?


鏡の国の針栖川

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ぱんつ!ぱんつ!
 ⊂彡

1コマ目からやってくれますなあwwww
叶先生、あんたまぶしいよ…

深める伏線も貼りつつ真桜ちゃんのデレも入れつつ
親友の百合属性も匂わせつつ、ぱんつも描くという高等テクニック

願わくばこの話が末永く読めますように…


読み切り 超能力者 斉木楠雄のΨ難
読み切り4回目とかwwww
いっそ連載しろwwww
もはやアンケにも項目ねーじゃねーかwwwww

今回のテーマ能力は未来予知
頭痛がすると未来が見えるとかそれなんて厨二病wwwww
持病で頭痛持ってる俺も散々妄想したわwwww
そして相変わらず燃堂力がダメすぎていい奴で困る


ぶりち
今更また別の奴の能力明かされてもさっぱり興味がわかないな
今週のお話は銀城が月島に斬られました
そんだけ
来週は銀城も敵みたいになるのかな?


めだかボックス
他人のふり見て我がふり直せってか
闘犬の内容がさっぱり浮かんでこない…


黒子のバスケ
完全なる黒子封じ
主人公チーム劣勢となった中、再びエース同士の火花が散る!

という燃える引きでした
テニスばりの能力バトルになるのかと思いきや
ちゃんとバスケというか部活で青春してる感じなんだよなあ


エニグマ
ついに帰還
そしてスミオがエニグマとなる
作中における重大な進展があった感じですが、
今まではサイコホラーチックみたいだった展開方針は
どう変わっていくんでしょうか


ぬらりひょんの孫
今週も掲載位置がヤバイな…

一気に全面対決となりましたが、
どちらかというと搦め手からジワジワ攻めるやり方がそれらしい気がしたので
少し残念です

側近のくせにリクオに抱えられて逃げるつららタソはマジヒロインすなあ


花咲一休
戸を開けずにってのはかなり強引な解答だな
作中で本人もスマートじゃないとか言ってるけど
左折禁止の解はなるほどという気がしました

しかし欲を言えば、かぐや姫が出す問いも今回見たかったところです
問いを出して次週に引いたら、1週間立つ前に2ちゃん辺りで
解答が出てきちゃうからでしょうか
 




SKET DANCE 第16話

SKET DANCE 第16話 「カイメイ・ロック・フェスティバル」

生徒会バンドのポスタークオリティ高杉ワロタ
ヤバ沢さんも確かにめちゃくちゃ歌上手い感じwwww

さて、Gacktが声優をやって歌うという触れ込みで
少し前から宣伝されてましたが
それ以外のところで楽しみなシリーズです
マンガというのは、ほぼ視覚のみで楽しむ娯楽ですが
それがアニメになった時聴覚も利用することが可能となります
そこで最も効果を発揮するのが、音楽がテーマの回の時

今回のシリーズがまさにそうで、原作ではジャカジャカと書き文字でしか
表現されていなかったものが見事に音となって描かれていました
スタッフの本気が窺えます

次回予告まで削って(引きがしっかりその役割を果たしていた気もしますが)
原作前後編2回分のうち後半の1部まで今回で消化されています
できるだけロックフェス本番の様子に尺を取れるようにしたのでしょう

しかしロマンの下りは要らないような…
その他にもちょこちょこ挿入されているアニメのオリジナルシーンは
本当に必要だったのかという疑問がないこともないですね
ボッスン家の下りとか…
それらがなければ、まだ原作に忠実に描くことができたんじゃないかと
言う感じがしますが
どうでもいいけどボッスン妹の声がどうしてもしっくり来ないw

とはいえ全体としてはよくまとめられていました
Gacktの歌とともに、次回の完結編が非常に楽しみです



[タグ] スケットダンス




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

07 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター