社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

物語が紡いだ出会いと充実…『クロス・マネジ』第5巻

クロス・マネジ5巻1

クロス・マネジ 第5巻



最終巻です


今回の表紙は、涙を流しているみんなの姿



下馬評ではもちろん圧倒的劣勢、というより
勝てるはずがないだろうなんてさえ思われていたかもしれない蝶蘭との試合

彼女たちもそれを自覚しながら、それでも勝つつもりで練習して特訓して、本気で臨んだ運命の決戦


だけどそれでも負けてしまった結果が悔しくて、泣いてしまったみんなの姿です



作中でも描かれましたが、こうしてカラーの一枚絵のようにされるとまた違った雰囲気がありますね

沢城さんが何か怖いんですけど







さらに描き下ろしがニクイことをしてくれていましたね


空きページに描かれた落書き調の描きおろし


それは、連載最終話の最終ページに登場したみんなの集合写真
その撮影にまつわるちょっとしたエピソードでした



そしてもう1つ



コミックスの表紙をめくった1ページめに登場するこの風景









クロス・マネジ5巻2










無機質で無味乾燥で何もないのに雑然とした真っ白な部屋


このマンガをよく読んでいた人ならすぐに気づいたことでしょう


最終話のあるページとの対比になっている、桜井くんの部屋ですね



























クロス・マネジ5巻3


机の上も
本棚も
壁にも

ところ狭しと本やら資料やらポスターやらが貼り付けられて並べられて
物にまみれているように見えるのに、とっ散らかってる感じはそんなにありません

むしろ、やりたいこと・知りたいこと・考えたいことに溢れていて
それはそのまま毎日の充実に繋がっているように見える部屋です



第1話でサッカーだらけの部屋を綺麗に片付け、「さしずめオレは、そんな人間になったんだ」
と自嘲気味に思っていた部屋が

再びこれほどまでの充実を取り戻した物語



巻数はたったの5巻といっても、その密度はそれ以上のものがあったと言えるでしょう








もとはギャグ漫画を描かれていたKAITO先生

ストーリー漫画への転向は正解だったのかもしれません

ジャンプのスピードについていけなかったとはいえ、これほどの密度と描写力のある作品を生み出してくれたことは
ストーリーとマンガを描ける実力のあることの証明ともなるでしょう





次回作を楽しみにしています






 




楽しさと好きと勝利とスポーツ…『クロス・マネジ』第4巻

クロス・マネジ4

クロス・マネジ 第4巻


3巻まで出ていた当時、行く末を心配する気持ちでレビューを書いてみましたが
結局打ち切られてしまいました


残念極まりない終了でしたが、今はNEXTでの特別編を期待しているところです



そんなこの作品


次の5巻が最終巻となりますが、4巻では藤丘対蝶蘭の試合がついに始まります


他のジャンプコミックスとは雰囲気を異にする今作
今巻においては蝶蘭戦に向けて、悪天候の中でも泥まみれになりながら練習に打ち込む様子が描かれました


今巻のメインは、試合の開始ではなくその前段階

試合のために
圧倒的不利と分かっていながらそれでも勝ちに行くために
桜井くんの作戦に望みをかけて必死に練習する豊口さん達の姿です



前回のレビューで懸念したとおりに、丁寧すぎた描写がジャンプのスピードについていけなかったために
打切りとなってしまいましたが、コミックスで読むとまた違った読み応えがありますね


作品の世界にどっぷり浸れるというか
精緻な紡ぎ方が19ページずつの連載ではどうしても短かったように感じます


毎号の掲載話では、世界観に浸る直前に次号へ続いてしまうため
どうにも物足りない感覚となっていたのではないでしょうか



コミックスで連続して読むと、それはそれは面白く読めるんですよね


KAITO先生もそのことをわかっているのか、描き下ろしの4コマまで収録されています


内容は、蝶蘭のミステリアスエース茅原さんが、男に興味を持った話題に食いつくチームメイトの皆さん


普段メールなんか使い慣れない茅原さんが、桜井くんにメールを送ってみようとするのに
どうしたらいいのか相談したところ一気にみんな食いついてきたお話の4コマが
連続して収録されています


これを読んだ上で、本編での試合前の様子を読み直すとまた違った感じが

このサービスは嬉しいですね



激闘の蝶蘭戦を描いた最終巻は11月発売予定だそうな

NEXTに掲載される特別編も収録されるんでしょうか


物語の終わりは寂しい限りですが、楽しみにしましょう







何で画像が出ないんだろう?

 




物語とともに創られる確かな世界観… 『クロス・マネジ』 KAITO

クロスマネジ

クロス・マネジ KAITO


これもコミックス買ってます

いや、本誌の感想では時に色々言うこともありますけど
基本的には好きなんですこのマンガ


ラクロスというあんまり馴染みのない競技をテーマに
ジャンプのスポーツマンガには似つかわしくないようなじっくりで丁寧な描写と展開の遅さ

それでいてぶれない軸と、その横にあるラブコメ


掲載順こそなかなか上がって行かないのですが
この描写力は相当に目を見張るものがあると思うのです



特徴として一番に挙げられるのは、中でもやはり展開の遅さでしょう

それは、じっくりで丁寧な描写と対になっているものですが
その遅さが作品世界の確かな存在感を生み出しています


その中心になっているのは、女子ラクロス部部長豊口さんと
彼女にコーチング力を見出された元サッカー部の桜井くん


2人を軸に、彼らの感情の変化や気持ちの昂ぶりが精緻に描かれていくことで
彼らを取り巻く部員たちの心情にも触れられる


物語を動かして、引っ張っているのが確かにこの2人であることが伝わってきて
「このマンガはこの2人によって成り立っているんだな」ということがよく分かる作りになっているわけです

それがすなわち主人公というもので



通常のスポーツマンガにおける主人公とは、もちろん彼を中心とはしているものの
彼に秘められた能力を良くも悪くもどうこうしようとする連中がいたり
彼が何かを目指して強引に入部したり

といった具合に、主人公が今まで関わりのなかったところに関わるようになるという形で
物語を作っていこうとするものであり、主人公がその世界観を作ることはなかったりします


しかしこのマンガでは、まずラクロス部という部活を作ったのは豊口さんで
その部員となる女子たちにプレイのコツを教え、作戦を教え、勝ちを目指すために
最大限重要な働きをなすのが桜井くんで

2人がいなければ物語も動かなければ世界も成り立たないのです


そんな2人の関係性も見どころの1つで


桜井くんを中心として、豊口さんとサッカー部マネージャー早見先輩に
ライバル校のエース茅原さんという3人の女子が繰り広げるラブコメ


通常なら三角関係が普通なラブコメにおいて
まさかの四角関係です


これは俄然面白そうですね


早見先輩の空回りぶり
豊口さんのド天然ぶり
茅原さんの神出鬼没ぶり



…3人からアプローチされているというのに羨ましそうに思えないのはどうしてでしょう


いや、でもみんな可愛いはずなんですよ



空回りがウリの早見先輩はその積極的に接近しようとするほど大胆なのに一途だし
何を考えているのかよくわからない茅原さんは、だからこそ興味を持った桜井くんに
ストレートに直接的に接近しようとするし


豊口さんは……




天然過ぎるし(;^ω^)




かつてはギャグ漫画家として『不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー』といったような作品を描いていたKAITO先生

この作品からストーリー漫画に転向されたようですが
この丁寧な構成を見る限り、成功していると言えるでしょう

ただし、それがジャンプのスピードに置いてけぼりを食わないかが心配です


こういうスポーツマンガもジャンプにあっていいと思うんです

実は相当応援しています







 




 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター