社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

2018年夏アニメ 今季は原作知ってる作品多めで逝ってみよう

もう7月ですか…

もう夏アニメの時期ですか…
何か早いな


ということでいつもの記事です








ゆらぎ荘の幽奈さん

ゆらぎ荘の幽奈さん

まあまずはこれですよ
ジャンプアニメですから当然のことですね

アニメ化が決まってから実際の放送まで意外と間隔が短かったような気もするんですが
PVを見る限り、作りが酷いことになってるとかはなさそうです

サービスシーンの出来もですが、映像になることでコガラシくんのイケメンぶりがどれくらい強調されるかも注目するところでしょう





はねバド!

はねバド!

濱田浩輔先生の「噛めば噛むほど味の出る作品」ですね

かつてはジャンプ漫画家だった濱田先生
2作品が打ち切りとなった後にジャンプを離れることとなりましたが、
そこで生み出した作品がアニメ化までこぎつけることとなったのは非常に喜ばしいことであるでしょう

タグを作るほどに濱田先生の作品を追っかけている俺としても嬉しい限りです

しかもPVを見ると試合シーンがやたら気合入ったことになってるみたいじゃないですか
試合の迫力は本作の魅力の1つがここまでやってくれるとは思いませんでしたよ

これは濱田先生も作者冥利に尽きるというものでしょう

おそらく1話2話では作品の面白さがなかなか伝わらないだろうという懸念もありますが、
回を経るごとに熱くなっていく彼女たちの気持ちが新規の人にも伝わればいいですね





はたらく細胞

はたらく細胞

実はこの作品がアニメになるのって知らなかったんですけどもね
原作買ってるし、記事も書いてる作品ですから、まあそりゃ見ますよ

ミクロな世界で展開するダイナミック… 『はたらく細胞』 清水茜

ていうか珍しいことですが、今季ここまでの3つが全部原作知ってるっていうね
原作知っててもアニメ化の事実を知らなかったんですけども

ついでにスピンオフ作品とかがあるのも知らなかったんですけども

何だよ『はたらかない細胞』って
いつのまにそんなのやってたんだ…w

ともかく、細胞たちを擬人化してウイルスとか細菌を化物化した本作の世界観をどこまでアニメで魅せてくれるのか
期待したいと思っております





isekaimaou.jpg

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

これが今季の中で唯一原作をよく知らない作品なんですけども

異世界ものです

最近異世界ものにハマってますって記事をついこの前更新したばかりですが、本作はまだ買ってないのです
ニコニコ静画で数話読んでコミックスまで逝くかどうか迷っていたところなんですが、アニメで見られるってことで
じゃあ見てみよう、と

キャラのビジュアルがコミック版と比べて何となく丸み増えてるのが気になりましたが
とりあえず魔王プレイがどんなアホなことになっているのか、ちょっと楽しみだったりw


これら4つと、実は2クールだったことを知らなかったヒロアカを加えた5作品をこの夏は追いかけていこうと思います



 




2018年春アニメ 今季の栄養はこんな感じで

季節はすっかり春になりました

それはつまり、アニメの季節も変わるということで…

恒例の2018年春アニメのリスト確認をやってみましょう













ヒロアカ3期

僕のヒーローアカデミア

これは鉄板ですねえ

体育祭を大いに盛り上げてくれた2期に続く第3期

もう今から超期待してるんですよ

たぶん今期の尺は、オールマイトとOFAの決着までやってくれるはずです
だとすると、原作で胸熱に継ぐ胸熱だったあのラストバトルをアニメで見られるってことですよ

あのド迫力の王道バトルをアニメで見られる
期待しないわけがないでしょう

ラスト数話は間違いなくオールマイトが主人公

視界がぼやけるのを必死にこらえながら見ることになるはずです

超楽しみだ





以上。



一覧を2度眺めて見た限り、春アニメはヒロアカ1作のみのようです

ソーマ3期後半分は、前半を結局全然見れなかったし…


冬アニメの数に比べたら極端に減った感じなんですが、まだ冬アニメの方が全部見れてない状態だったりするので
そっちも追々見ていくことで春アニメを過ごしていくことにしましょう


あと…

よりもいとかね


 




2018年冬アニメは非常に大変なことになりました

今回もこの季節がやってまいりました

来季のアニメはどの作品から栄養をもらうことにしようかを勝手に宣言する記事でございます


今期はねえ
前回の記事でいくつも作品並べて、その上紹介までしてくださいなんて書いたりしましたけども

実際のところ見ることができたのは2本だけでした…

まほよめと宝石だけ

ブラクロもソーマも結局見れておりません

持ち帰り残業スキルアップのために家でも仕事してたら、アニメは見れないし考察記事は書けないしで
ブログ的には今期はもうダメダメでした

それでも、紹介で見始めた『宝石の国』を殊の外気に入ってしまったので、それはありがたい収穫だったんですけども
けど週に2本しか見れてなかったのは結構な栄養不足でした…


とか思ってたら冬アニメがとんでもないことになっておりました








斉木2

斉木楠雄のΨ難 第2期

まずはジャンプアニメのこの作品
ギャグ作品でありながら、ジャンプ誌上でも長いこと続いてる中堅どころですが
まさか2期があるとは思っていませんでしたよ

相卜も登場してくるということは、ラブコメ具合の方も充分にやってくれるということなのでしょう

期待しております







だがしかし2

だがしかし2

これも原作を知ってる作品ですね
その上第2期ということで、『斉木』と同じような感覚があります

サンデー作品ですけどねw

でもこれも2期あるとは思ってなかったかなー
1回の原作がどうしても短いのをスタッフが上手に補完して引き伸ばしてくれていて、
とってもいいスタッフがついてくれた作品だなとは思っていましたが、アニオリ回が今ひとつな出来だったこともあり
2期があるとしても同じように作るのは難しいんじゃないかと勝手に思っておりました

そしたらどうやら15分アニメ?としての放送になるようですね
それならあんまりスタッフの負担も多くならない…かな?

先日発売されたばかりの最新巻もとっても面白いことになっていましたし、
こちらの新キャラもなかなかの曲者揃いですし、期待しております

ていうか紅豊の中の人は反則だと思う…w







小泉さん

ラーメン大好き小泉さん

これも原作を知ってる作品ですね

そんでこれもアニメ化するとは思ってなかったよねー

深夜ドラマ?になってたことが確かありましたっけ
あの時は、「いや間違いなく実車よりもアニメ向きだろ」とか思ったものですが
マジでアニメになるとは

しかもPV見たら、小泉さんの中の人が『だがしかし』のほたると同じじゃないですか
マジっすか(;^ω^)

見てる時、もう片方のイメージがチラついて、普通に見れなさそうな感じがするんですけど

どちらも特定のものに途轍もないこだわりを持ってるってヒロインですしねえ


あと気になるのは、1回の放送の中でも大量に流れてくることになるだろうラーメンを啜る音ですね
どっかのアニメで「マジでラーメン食べて収録しました」ってのがあったらしいですが、
それをこの作品でやると、中の人の重力が大変なことになってしまいそうです

色々と期待しましょう










高木さん

からかい上手の高木さん

小泉さん、からの高木さんです

これも原作を知ってる作品ですけど、いやー楽しみですね


原作でのあの甘酸っぱさが、動き付きでどれだけ表現されてくるかと思うと今からニヤニヤしてしまいそうです
「俺にはこんな青春なかった…」なんてことは思い出してはいけない作品ですね

第1巻の帯にて見事に本作を表現してくれていたあのキャッチコピーがアニメでも使われているのが何だか凄いです
やっぱあのフレーズはそんだけの威力があったんだなーと

しかし特に楽しみなのは、やはり高木さんの中の人の演技でしょう
それこそがこのアニメの完成度を左右すると言っても過言ではないですから

高木さんがどれだけ小悪魔的で、どれだけ純粋か
それをどこまで表現してくれるか、期待しております









恋雨

恋は雨上がりのように

『高木さん』に続いてこちらも恋愛もの
ただし、コメディ色は少ないですね

『高木さん』が、主人公とヒロインの両思いな様子を微笑ましく眺められる作品だとするなら
こちらは相手が自分をどう思っているか、思われたいか、といった部分の機微を繊細に感じ取ることのできる作品

超常的なことは決して起こらないけれども、感情の揺れ動きがひたすら心に特別な状況ばかりもたらしてしまう

そうした「気持ち」の描写がとにかく優れている作品です

そんな繊細な描写と演出をアニメがどこまで高めてくれるか
そこに期待したいですね










ヴァイオレットエヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

で、最後に京アニ枠ですねえ

ここまでの作品はすべて原作を知ってるものでしたが、これは知らないやつです

いつだったか、京アニが今度やるのはこれらしいぞ、って話題が出た時から何となく気になってた作品でもあります

そんで、PV見てみたら「ほほう…」とか思ってしまって
これはちょっと見てみたいじゃないかと思ったわけですよ

いやだってさ

「彼女はまだ知らない 愛してるの意味を」

なんて、気になるに決まってんだろ!


これはね
じっくりと見ていきたい作品のような気がしますね






…と、いうことでね

来季の栄養作品リストは以上になるんですけどもね


6つですよ


冬アニメの一覧見ながら数えてみた時、愕然としました

今期2つで精一杯だったのに、今度は6つて

いや無理だろ…でも外せるのなんか1個もないぞ…
とか思ってたらさらに衝撃的なことに気づいたんですよ


魔法使いの嫁って2クールでしたっけ


え、7つ?!

削れるのなんか1つもないだろとか悩んでたら、さらに増えたよ!?
どうして?


いやいやいやいや



来季超ヤバイです…


 




2017年秋アニメ 今期の栄養はひとまずこれにしてみよう

さーてさて

夏アニメも終わりに近づいていますね

聞かれてないのに勝手に答える恒例記事でございますよ


夏アニメはねえ
まさかの記事通りにいかないという事態になってしまうとはね
思いもしませんでした

全くノーマークだったメイアビがあんなにもヤバイ作品だったなんてね…
と言って、これ書いてる今はまだ完結してないんですけども

それでも、これを見てなかったらきっと大きな大きな損をしていただろうと確信できるくらいのとんでもないクオリティのアニメでした

異世界食堂も普通にずっと見続けてしまいましたし…


逆に、視聴リストに入れてみた作品のほうが1話のAパートまで持たなかったという…


何かもう自分の選球眼よりも人の意見聞いといたほうがいいんじゃないのか?という感じがしなくもないんですが

自分を信じて今期も選んでみましたよ



まずは考えるまでもなく確定だったこの2つ




ソーマ3期

食戟のソーマ 餐の皿


まあジャンプアニメですから当然ですね

えりな様の中の人が交代なのは残念っちゃ残念ですが、仕方ないとしましょう
むしろ、新しい中の人が緋紗子ちゃんの名を呼ぶ度に自分の名前を言わなきゃいけないという微妙な恥ずかしプレイが大丈夫なのかという余計な心配をしております

あとは竜胆先輩がどれだけ自由奔放に動くかってのも期待ですねえ



もう1つはこれですね






アニメブラクロ

ブラッククローバー

これもまたジャンプアニメ

一度打ち切りの憂き目にあった田畠先生が、2作目で挽回した作品ですね
ナルト後継みたいに言われたりもしてるようですが、ナルトを途中で挫折した俺でも今のところ面白く読めております

ただなー

この作画の荒っぽさがちょっと心配なような気がするのは俺だけではないでしょう

もともと田畠先生のタッチも荒々しさが特徴ではあるんですが、このアニメ作画はそれをさらに荒くしたというか…
ちょっくら線が太すぎないですかねえ?

おかげで、ユノの端正さが全然なくなってるんだけど…

ノエルやバネッサはもうちょっと柔らかい線にしてもらったほうがいいような

まあ、ひとまず1話を見てからでしょうか



で、次が最後ですが原作なんか全然知らないこれです




魔法使いの嫁

魔法使いの嫁

一覧でまとめられてる中で、こいつがかなり気になったんですよ
そんで、HP逝ってPV見てみたら、もっと気になってしまったんですよ

言語化するにはまだ自分の中で漠然としすぎている感じなので、何がどう気になったかというのはよくわかりませんが
とにかく「これは見てみようか…」という気持ちになりました




…と、いうわけでね

今のところこの3つを確定としたいと思います

ただし、『魔法使いの嫁』ほどではありませんが気になってる作品が実はあと2つほどありましてね



『この花奇譚』と『キノの旅』ですよ

この花、のほうは何か日常系的な感じなのか?というので気になっております

キノの旅は、世界観が結構作り込まれていそうだなということと、何となく幻想的?な感じがあるような気がしたのが理由


しかし今の状態では週5本はとても無理なので、増やしてもせいぜいあと1個まで
アビスの前例もできてしまったことですし、この2つ以外にも「これがないやり直し」というのがあれば遠慮なくどうぞ

受け入れるかどうかはわかりませんが、確認だけは致します


 




2017年夏アニメ 今度の栄養源はこれ!

さーてね

今年もまたこの記事を書く季節になりました

期の変わり目恒例の俺の栄養源選択記事です
今季のアニメの話をするための雑談用コメ欄を用意する記事のような面もあるみたいですがw




春アニメは原作を知ってる作品ばかりで非常に面白かったですね
原作のそれぞれの場面をどのように演出してくれるのか、毎回楽しみにしながら見ることが出来ました

あ、でも1個だけ原作知らないやつを最後まで見続けてしまったのがあったか…
前期のこの記事に載せてなかったのに結局最後まで見てしまうなんて、何というロクでもない作品もあったものでしょうか



さーてそれでは夏アニメはどんなんなるでしょうかね

まずは継続枠のこれが外せない作品でしょう




ヒロアカ2期

僕のヒーローアカデミア

1クール体育祭編までで終わると勝手に思っていたので、2クール目突入したのは普通に驚きでした
ステインまでやるんですね(;^ω^)

これはまた重たい展開になりそうですが、どれだけ重厚に描いてくれるでしょうか
原作でも充分盛り上がったところだけに楽しみですね











 以 上 




と、いうわけで、この夏に俺の栄養源となるアニメは春から継続のヒロアカのみとなりました

いやー、1個だけってのは今までなかったことですね
4つ以上とかは時間的に結構辛いんですが、1個だけというのも少なくて栄養不足になってしまいそうです

まあでも仕方ないですね

一覧を一通り上から下まで眺めてみた上でそれでも継続のヒロアカ以外が引っかかってこなかったんですから…


ということで、夏アニメは史上最小の1個だけでいきたいと思います!










……




いや、やっぱ無理



1個だけは無理だろ…常識的に考えて…


なので脳内センサーの感度を調整しつつ、ググって出てきた一覧を何回か見直してみましたよ

そうしたら次の2つが引っかかってきました





バチカン奇跡調査官

バチカン奇跡調査官

日々多くの申請がなされる「奇跡」に対して、その真相を調査官の主人公たちが調べていく…って感じの作品でしょうか
ひょっとして俺の大好きだった特命リサーチ200X的な雰囲気なのかと思ったら俄然気になってしまいました

PV見る感じでは超常的要素もありそうですが、フィクション内での不可思議現象に全部細かい理屈付けができるわけもないでしょうから
多少の超常的要素は別にありかと思います

「奇跡」の真相調査と超常的要素のバランスが気に入れば、好きな作品になるかもしれません







はじめてのギャル

はじめてのギャル

密林で時々見かけてて、1巻だったか2巻だったかの表紙が気になったことがあったんですよね
結局買わずじまいになっていますが、アニメになってたんですね

絵の可愛らしさは認識していましたし、原作を買うまではしていませんがアニメならまずはちょっと見てみてもいいかもしれない…かなと

ヲタ系主人公とその正反対のヒロインとのラブコメって意味では、今週某雑誌で始まった新連載作品よりはイケるだろうとも思ったりして



と、いうわけで
今度こそ、この夏は以上3つのアニメを栄養源にしてみることにしましょう


 




2017年春アニメ 今季はこれで行ってみよう

さーてね

カテゴリ名を変えたほうがいい気がしてきた今日このごろですが
季節の変わり目恒例記事でも書いておきましょうか

冬アニメでは3本の予定だった俺の栄養は、誰かさんの策略によって4本に増えてしまいましたが…
今度の春アニメは4本で行くことになりそうです




まずはどうしても外せないこれですよね






ヒロアカ2期

僕のヒーローアカデミア2期

PV見てるだけでちょっと泣けてきた俺は本編見るのヤバイ気がしますが
ジャンプアニメですから見ない選択肢はないですね

体育祭編は原作でも熱気がものすごいことになっていましたから、それをアニメでどこまで再現できるかというのが鍵になるでしょう

あと発目ちゃんがどこまで可愛いかにも期待しております




続いてはこれ





夏目友人帳陸

夏目友人帳 陸

これも絶対に外せないやつですねえ

まさか第6期までやってくるとは思いませんでした
これについてはもう何の心配もいらないでしょう

原作の雰囲気を余すところなく再現してくれるスタッフの手腕に全幅の信頼を寄せて、
あの優しく温かい空気に浸らせてもらおうと思います




はいそして
3つ目はこれ






武装少女マキャヴェリズム

武装少女マキャヴェリズム

いやー、まさかこいつがアニメ化していたとはね
意外でしたよ

しかし考えてみれば、バトルもラブコメもお色気も全部盛りなこの作品
アニメに向いていると言えば向いているのでしょう

特に、バトルの際のハッタリも含んだ各種の薀蓄やら、主人公が女湯に乗り込んでバトルしようとする肌色成分やら
アニメになるのが楽しみな部分もありますからねえ


しかし気になるのは、この絵柄がやけにファンシーというか、ほのぼのし過ぎていることです

作中で天下五剣と呼ばれる彼女たち5人が集合しているのはいいとしましょう
でもなぜお花畑なのか

そんな呑気な少女たちじゃないぞこいつらはw

全員がそれぞれの流派をガチで収めてる武闘派ですからね

主人公のぬいぐるみを抱いてお花畑で笑顔見せてるとか…
日常系アニメみたいな空気感出してんじゃねーよw

武装少女っつってんのに誰も武装してないし…

いいのかそれでw
大丈夫なのか(;^ω^)



原作についてはこちらをどうぞ
バトル!ラブコメ!お色気!主人公とヒロインがガチでガチ合う『武装少女マキャヴェリズム』

試し読みのリンクもありますので、それを読んでもらえたらいかにこのHPの画像がいかにおかしな雰囲気なのかがわかってもらえるでしょう




はいそれでは最後にこちら







恋愛暴君

恋愛暴君です


パクリネタを設定の根幹に据えながら人気を博しているこの作品

最初見た時は色々と大丈夫なのかと普通に心配になりましたが、大丈夫だったようです

自由奔放系気まぐれ天使と、学園のアイドル系ヤンデレ美少女と、お嬢様系百合少女の全員と主人公が付き合っちゃうという
ハーレム系ラブコメですね

他にたくさんあるハーレム系と異なるのは、3人のヒロインと明確に「恋人です」っていう状態であることでしょう
それは某ジャンプ漫画からパクった設定を上手に?活用したものだったりするのですけども…

しかしパクリネタを根幹に据えつつも独自の世界観を作り上げることができているのは見事といえます
単なるドタバタなラブコメかと思いきや、実はしっかりキャラのバックボーンも練られていたりするこの作品

アニメはどこまでやってくれるんでしょうねえ



ということでね

この春アニメはこれら4本を栄養にしていこうということに決まりました



…といいつつ、実はあと2つほど迷っているものがあったりして

でも、現状を考えると6本は多すぎて悩み中
普通に面白そうだと思ってしまったのが1本、エロ枠として期待感を持ってしまったのが1本

どうしようかなあ…



 




2017年冬アニメ この冬の栄養はこれでいこう!

年の移り変わりの時期ですが、それは同時に季節の変わり目でもあるということで、
恒例のアニメ記事です

秋アニメは熱かったですねえ

一番はやっぱりハイキュー!!なんですけどもね

県大会の決勝戦をあんなにも激アツで描いてくれるとは期待通りでした

正直なところを言うと、ちょこちょこカットされていた場面やモノローグがあったのは残念ではあったんですが、
それでも全体としては充分によくまとまっていたといえるでしょう

コーチの中の人は大変に残念だったんですが、あの最後のセリフには大いにシビレさせてもらいました


さてそれでは、この1月から始まる2017年の冬アニメにおいて、どの作品を栄養源にしていこうかというのを勝手に宣言していきましょう


まずは絶対外せないのがこれですよね

もうこれを見ないなんてありえない









亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんは語りたい

いやこれは絶対見るだろ常識的に考えて…

こんな温かくてこんなにも優しい物語がアニメになるというのに、それを見ないなんてのはマジでありえないことです

原作コミックスの感想ももちろん書いておりますが、試し読みの1話を見て「ほほう…」とか思って注文して、
届いて全部を読んでみたら一発で気に入ってしまい、そのテンションのまま最速で記事にしてしまったという作品でもあります

可愛らしさと温かさに満ちた語らいの物語… 『亜人ちゃんは語りたい』 ペトス


とにかく、キャラの深め方が抜群だったのです

立て方ではなく、深め方

教師である高橋先生と、生徒となる亜人ちゃんたちの触れ合いの中でこれほどまでに彼女たちがイキイキと動き、また深められていく様子は
見ていて実に気持ちがいいんですね

高橋先生の優しさと、亜人ちゃんたちの純真さ
教師と生徒という関係での交流を通して、人間とは異なる声質を持つ彼女たちがどのように生きていこうとしているか、社会は彼女たちに何をもたらそうとするのか
キャラたちの深さとともに、世界観もまた驚くほどに深く構成されている描写がどこまでも温かい

これがデビュー作という作者ペトス先生の類まれな演出力を感じられる作りになっております

そんな作品がアニメになるというんですから、これはもうぜひとも期待したい

あの温かさを、優しさを、存分にアニメとして描いてもらいたい
そう思わずにはいられないのです

アニメの絵柄がペトス先生のそれに比べて何となく丸くなっているのは、優しいイメージを醸し出す演出の一環でしょうか


とにかくもうこの冬アニメの中で一番期待しております








以上。


と、いうわけでね

2017年冬アニメの一覧を眺めてみた結果、今回の栄養源は亜人ちゃんのみということに…


いや、どう見ても少ないな

今までは4つ前後を栄養源として1週間を何とか乗り切っていたのに、いきなりそれが1つだけになっちゃうというのはあまりにもあんまりです
きっと体調に悪影響が出るだろうことは火を見るよりも明らか

体調管理も仕事のうちというのなら、充分な栄養を摂取することもまた仕事のうちということになるでしょう


ということで、再度一覧をじっくり見て、あと2つを選び出してみました







小林さんちのメイドラゴン

小林さんちのメイドラゴン

あれ、そういえばこの作品見たことある…とか思って目に止まりました

いつぞや某誰かさんから紹介されたことがあったな、と

いつの間にかアニメになるほどの作品になっていたんですね
これは見てみようじゃないかと思いました

アニメで気に入ったなら原作を買うことも吝かではないな、と


そして、製作をよく見たら…

京アニかよwww

マジでか

全く予想してなかったwwwwww

これは京アニ枠としても見なければなりませんね

ユーフォニアムで毎週のように神回を見せてくれた京アニが、メイドとドラゴンでどんな描写を見せてくれるか
楽しみにしてみましょう








政宗くんのリベンジ

政宗くんのリベンジ

で、最後にこれです

ストーリー紹介だけを読んで「見てみようじゃないか」という気になりました

豚足と呼んで自分をフッた女を見返すために自分磨きをしてイケメンになって、
その女を惚れさせた上で今度は自分がフッてやるって復讐を企む少年が主人公とか、なかなかに来ております

そんなのをラブコメでやられたら、絶対本気になって悩むパターンじゃん、とか思ったら「よし見てみよう」となりました

変化球なラブコメとしてちょっと面白そうな気がします


ということで、今季はこの3作品
中でも亜人ちゃんを一番の栄養にして頑張っていきたいと思います


 




 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター