社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

黒さとエロさを兼ね備えた叶流SFラブサスペンス! 『KISS×DEATH』第1巻 叶恭弘

kissdeath.jpg

KISS × DEATH 叶恭弘


ジャンププラスでの最注目作品です

『プリティフェイス』『エムゼロ』『鏡の国の針栖川』の叶恭弘先生が描くSF系ラブサスペンス
ダークテイストとともに、エロさも合わせ持っていながらその両者が破綻することなく共存している巧妙な作品です

叶先生の作品には以前から注目していましたが、ジャンププラスで連載が始まるというので期待しておりました
で、実際始まってみたら期待に違わぬクオリティを誇っており、大満足しております


叶先生といえば、とっても可愛い女の子を描いてくれることで有名な作家さんです

それは、ジャンプ本誌での連載作となるプリフェやエムゼロを見ればよく分かることと思いますが
同時に叶先生は遅筆としても有名な方でした

どうしても原稿の進みが遅めな方だそうで、また可愛い女の子が描けることで
編集部から「サービスシーン」をどうにか入れろと言われることが多くあったようであり、
その時には全然やる気が出ずにローテンションで仕事をしている、といった愚痴もありました

『エムゼロ』の連載時は、コミックスも10巻までなるほどの人気であり、
まだまだ話は続けられるはずだったのがあまりの遅筆にもう本当に週刊連載は無理とご自身で判断されたのか、
急に主人公が転校する展開を数週掛けて描いたのち本当に転校していって、連載終了ということにまでなったり



ヤングジャンプに読切『ヴェツノバ』を掲載したり、2013年のジャンプで4月の新生活記念読切に登場したり、
なかなか連載としては帰ってこないなーと思っていたら、まさかのアプリ連載という形で戻ってきてくれました

懸念の遅筆については、隔週連載とすることで何とかなっているようです



で、この作品の何が面白いかといえば
先にも触れたように、ダークさとエロさの共存にあります


設定を簡単にまとめると、こんな感じです

・主人公の少年には極小の宇宙生命体「Z」が取り憑いた
・その生命体は舌の上に居場所を作って、脳を支配している
・目的は、自星から地球に流刑のため連れてきた「囚人」たちが脱走したのを確保すること
・その「囚人」たちも人間に取り憑いて、自分の星に帰るべく人間たちを使って計画を進めている
・「囚人」たちを確保するには、「Z」が直接引き剥がしをしなければならない
・「囚人」たちももちろん舌の上に居場所を作って脳を支配している
・「囚人」たちは5体おり、それぞれ高校1年生の少女たちに取り憑いている


はい
こんなんです

どういうことだかお分かりいただけますでしょうか


要するに、「囚人」を確保するためには主人公と少女が舌を絡ませる必要があるということです

加えて、取り憑いている宇宙生命体には人間の倫理観や恋愛観といったものは当然知りませんから
何の躊躇もなく唇を重ねようとするのです


そこに、取り憑かれている主人公の戸津がモテナイ系の草食男子だったことで
標的の女子に近づくだけで脳を支配していても恐怖と緊張でまともに動けなくなるという制約が関わってきます



kissdeath1-2.jpg

kissdeath1-3.jpg

kissdeath1-4.jpg




この主人公像は、いわゆるラノベ的なそれと同質のものであり
わかりやすい性格の主人公として受け入れやすさもあると言えるでしょう


また同時に倫理観を持たない宇宙生命体は、男子の中に存在する「絶対的な俺」という妄想の具現化でもあると言えます
脳を支配することでありえないほどの身体的能力を発現できる事実に、躊躇いなく女史に迫っていこうとできる胆力

ネガティブな面と超ポジティブというか積極的な一面を、それぞれ「元の性格」と「宇宙生命体」という要素で
1人のキャラの中に同居させ、それによって本来誰にでもあるだろう相反する両面を描き出すことになっているんですね


そして、この超ポジティブな面となる宇宙生命体は、非常にドライで合理的な考え方をする生き物であり
目的のために人間たちをどう利用しようと特に厭うことはありません


kissdeath1-5.jpg


そうしたダークさと、女子を相手に「口づけ」を狙いながら女子を苦手とする面も見せる作劇
女子を苦手とする側面を描くのに、1巻収録部分ではパンチラがよく使われていました

さらに、取り憑かれた女子たちがサウナに集まって話をしているシーンでは
まさかのフルカラー&乳首券全発行という大盤振る舞いまでも実施され、それはそれは見ていてありがたいことになっておりました

もちろんキャプって保存しました

いやだって叶先生のフルカラーと乳首券ですよ
保存するだろ常識的に考えて


短篇集ではダークな話を描くこともあった叶先生
ラブコメばかりではなくそうしたテイストの物語も描きたかったのだとすれば、この作品はそれなりの思い入れを持って
描いてくれていることでしょう

編集部や読者にとっても、可愛い女の子たちのあられもない姿が見られるのなら
そのスパイスとしてのダークさはむしろ望むところであり、すなわちこの作品においては
作者も編集部も読者もみんな得しているという稀有な状態にあると思われるのです


ぶっちゃけこの作品がなかったら最初ジャンププラスを見ようとは思わなかったかもしれないくらい
叶先生には期待していましたが、それだけの面白さを確かに持った作品でした


無料アプリジャンププラスでは、今この続きとなる話が配信されているようです

気になった人は、ブラウザからでも読めますのでこちらから逝ってみましょう

少年ジャンプ+ 公式ページ










[タグ] 叶恭弘




やっぱり叶作品は面白かった2013年週刊少年ジャンプ21号感想

2013年週刊少年ジャンプ21号感想

殺せんせーシール
ルフィが一番違和感なくて
キルコさんが一番怖い気がする


今週のアンケ順

ワールドトリガー
黒子のバスケ
特別読切り ぶらんにゅーSCHOOL DAY



その他
・暗殺教室
・特別読切り DARK PAWN-闇の質屋-
・斉木楠雄のΨ難
・食戟のソーマ
・BLEACH
・ニセコイ
・恋するエジソン
・べるぜバブ
・クロスマネジ
・HUNGRY JOKER
・新米婦警キルコさん


ワールドトリガー

サイドエフェクトって別に勘でもなかった…
トリガーとは別に発現する固有能力か

未来予知っていう迅の能力ってきっと上層部とか知ってるんだよね
だからこそ会議でもあんなにあっさり話が終わっちゃったわけで

だとしたら、オサムがイレギュラーな事態に関わってることが
上層部にも知られたってことになるよね

勘とかいうことだったら、その辺は適当にごまかせそうだったけど
ばれちゃったら迅は何もしなくても、上からの事情聴取とかないのかな

今回の件の手柄をオサムにつけとくってことで
そっちは不問みたいなことになるんだろうか


そして1話の扉から気になっていた少女がようやく出てきました
オサムが知っている女の子のようですが

妹とか単純な関係でないことを祈る


黒子のバスケ

2年生になって黄瀬も登場してきました

さらに脂ののってきたキセキの世代たち

桃井が黒子にバッキューンされるシーンをもう一度見たいのだよ


どうやらキャプテン虹村さんは前まで2年生だったようで
今週から3年生になっているようですね

キャプテン職もそのままだったのが
レギュラーの固定化によって思うところあったらしく
赤司にキャプテンを交代したいと

新体制を早く築けるので、部にとってそれがいいことなのは分かりますが
「俺にとっても」とはどういう意味でしょうか

キャリアだけで主将やってるなんていう劣等感に苛まれずに済むとか
ネガティブな理由じゃなければいいんですが


特別読切り ぶらんにゅーSCHOOL DAY 叶恭弘

叶先生が帰ってきてくれました
ヴェツノバから約3か月
コメントにある「今年から漫画家としての新生活が始まりそう」とはどういう意味でしょう
まさか連載が…?


新学期読切りシリーズということで、相変わらず少ないページ数の読切りなんですが
その短さを感じさせない作りになっていました

岩本先生のジェダなんかは短さ全開だったんですけど
叶先生の場合は決して中身が浅いわけではないのにページ数の短さは感じさせないという

読切り描かせたら上手いなーやっぱり

中学の名前ってやっぱり「禁煙中」をもじっただけなんだろうか
なぜ?
ヒロインの名前も「暗い過去」とかそのまんますぎるあたりが叶先生らしいです


中学時代から主人公もヒロインも変わりすぎだろとか
彼らの過去をばらしたあいつは何でこんな遠い高校に来てるんだとか
新学期早々「ろくな女子/男子いねー」とか言い切っちゃってる周りの結論の速さとか

まー気になることはたくさんありましたけど
あの1コマがすべてですね

あのシーンのためにそれまでの流れがあったのだと
あのシーンを描くために今回の話があったのだと
そう納得できる1コマでした


暗殺教室

そっちかー

烏間先生が自ら動こうとするのを殺せんせーが背中を押す形で
勝負の展開に

さらに
教育方法が焦点ということで対立の解消に生徒が関わってくることはあたってましたが
鷹岡本人と生徒の勝負になりますか

ここで選ばれる生徒に蛇の伏線が使われました
ほんとにあの蛇の正体が分かりませんが、ストーリーテラーであったはずの渚が
キャラとしてどう覚醒を見せるのでしょうか

烏間先生の「報酬」の話はなかなかいいですね
「悠長にやってる場合かよ」という批判への回答として
品性も合理性もある答えです


特別読切り DARK PAWN-闇の質屋- 椎橋寛

ぬら孫の椎橋先生
復帰早すぎるww

だがそれがいいw

ぬら孫で培った「怪奇」を描く力がこれでもかと活かされる作品ですね

質屋を営む主人公が、希少な闇のアイテムを求めて闘う話ですが…

世界観設定があまり意味をなしていないかなという印象がありました

富の二極化という設定をせっかく持ってきたのなら
それがもう少し使えないものかと

金の余った富裕層にレアアイテムを売りつけて儲けて
その儲けでさらにレアアイテムを見つけて…
というサイクルが椎橋先生の中にも主人公の中にも想定されているのはわかりますが

今回の話では、アイテム獲得の方に偏りすぎていて
富の二極化という世界観が何らかの意味を果たしていたかというのが
あまり感じられませんでした

ただしそれもこの物語の大雑把にでも理解してもらうために
あえて細かい関連は省いたとも考えられます

ので、アンケでは「この作品をもう一度読切りで読みたい」としました
充分連載を狙える発展性を持っていると思いますが

世界観と主人公たちの営みがもうちょっと深く関わっているのを見たいですね


斉木楠雄のΨ難

スポーツテスト
これもっと序盤でやっててもよかったくらいの話なんじゃ…

超能力というか万能能力を持ってる主人公がいかにして
平穏に日常を送るかというテーマにしっかり沿った話ではありましたが
それは初期の頃の段階だと思うんですよね

今では「期せずしてできてしまった何人もの友人たちにいかにして邪魔されずに
斉木的に平和な生活を送るか」という段階に物語は移っています

何かと学校帰りにどっか逝こうとする燃堂を回避したりとか
何かと熱さで面倒な作業を持ちかけてくる灰呂を回避したりとか
どうにかしてちょっかいをかけたり照橋さんを回避したりとか

そういうところからすると今回の話は
誰も斉木に絡んでないんですね

みんなが見てない隙を狙って記録をごまかそうとしていただけです

これが灰呂や燃堂に絡まれながらだと今の段階を踏まえた話になっていたのでしょうが
誰も斉木を気にしてませんでしたからね

斉木にとっては比較的ごまかしやすい状況だったと言えるでしょう

そうではなくて、ここまでキャラたちの関係性ができあがってきたのならば
それを活かした斉木の困難な状況作りがあっていいんじゃないかなと

まあ一休み的な話として思っておくのもいいんじゃないかという気もしますが


何が言いたいかというと
女子のスポーツテストを見せろってことです

例えば照橋さんとか照橋さんとか照橋さんとか


食戟のソーマ

結局えりなさまは50食作ったのか作ってないのかどっちなんだぜ

出番の少ないメインヒロインなんだからもうちょっと会話続いても良かっただろうに


そんなえりな嬢の代わりに読者の心のオアシスになろうとしていた田所さんが
死亡フラグを立ててくれました

2日目の試験でまさかのクビ宣告

試験内容がまだわかりませんが、ペアではなく個人での課題だったのでしょうか


それはもうはっきりと告げられてますけど
これどうやって判定覆すんだぜ?


BLEACH

浦原さんが本格的に関わってきました

転移によって虚の孔が開き始めた真咲


それを救う方法が複数あるみたいですね
その1つが子供に転生させるとかそんなんじゃないだろうな

しかし、「2人共」に点がついてるのはなんでかな
そんなに強調する部分か?
ここで2人ともがついていくのは当然のような気がするんですが

選択肢を実行するのに関係するとかそんなん?


ニセコイ

今週はマリーのターン

めげないし一途
というマリーの魅力を押し出してきました

いやあんだけ失敗しても全然へこたれないってマジですげえよ?


それと今回のポイントは久々にニセの恋人設定が使われたことですかね
ヤクザとギャングの抗争を防止するための恋人設定

いやほんと久々だろこれ

そこから機動隊まで登場させてぐちゃぐちゃになった状況をマリーがキレて収める

強引といえば強引ですがまあ…


それよりも、とにかく楽の言ったこと、楽の言った好みに合わせようとして
ひたむきな姿は何だか見ていて心地いいものがあります

「素敵に無敵」なんていうアオリも的を射ていて
今回はなかなかの良回だったんじゃないでしょうか


恋するエジソン

長話に命を賭ける校長

ほんとなんであんなに長々と話せるんでしょうね

学生時代は本気で「もういいから…」と思っていましたけど
今は「それだけ伝えたいことがたくさんあるんだな」と思えるくらいにはなりました

しかしその手段として、あの長話が適しているかというと
とてもそうは思えないという

ていうかぶっ倒れている生徒もいるのに普通に話を続けようとする校長は
教育者としては普通にヤバイだろ


ロボットの方は…

自家発電の電気と売ってる電気(原子力発電の電気?)と
どう味が違うんだと

電気代の高さはむしろ発明するのにかかってるエネルギーじゃないのかと


べるぜバブ

葵ちゃん完全に圧倒しちゃいました

倒した相手全員のマントに
1人ずつマジックで「偽」って書こうとするのがなんか可愛い…

そしてオチはコマちゃんかよ

予想してたサイトさんもありましたけど
この落とし方前にもあったような

この辺りが「何も考えてない」とか言われる所以なのかなあ


クロス・マネジ

爺さんの中二病疑惑は作中人物であっても抱いていたようです

ていうかあの爺さん客席まで聞こえる声で言ってたのか?
それは完全に末期症状だろ…


とうとう始まった試合

じゅんさんとやらがなんか困ってますけど…

確か意外と先読みができる人でしたっけ
蝶蘭の攻撃力に圧倒されて動揺したせいで動けなくなってるようです

…というような展開を試合でやろうと思ってたのなら
どうしてその前にじゅんさんと桜井くんの絡みをやっておかないかな

おかげで読んでる方としてはそんなに印象が強くないキャラだから
圧倒されてるのも何か気持ちを取り戻したのも
「ふーん」としか感じられないのですよ

本当ならここで仲間たちの心強さを感じてカタルシスがあるところなんでしょうけど
個別ターンがなかったことで彼女の感じ方に対する説得力がなく
一般的な範囲での感じ方を想像するだけになってしまって
劇的な感じが全然ないのです

小松さんの方にはそれなりの説得力というか強さというか
気持ちを感じられたのに、本当にもったいない


HUNGRY JOKER

マブロ弱っ!

巻き入ってるとはいえあまりにも弱っ!


何と言うことでしょう
今まであれだけ偉そうにしていた連中が
こんなにもあっさりとやられてしまいました

色んな意味で哀しい…


でもラストのハイジのセリフにはグッと来ましたね

「今度は俺が人間について教えてやろう」

第1巻での邂逅では、何もわからない状態でひたすらに
お前が知っていることを教えろと言うことで相手が話した「神」云々というのを
1つの手がかりとしていました

自分を神だと名乗るので、とりあえず「神様」と呼んでみたりもしていました


それを踏まえた上で、そして先週の人間の進化を語る流れを踏まえて
「人間について教えてやろう」

なかなかの熱い言葉です

終わっちゃうのが残念でならないですね


新米婦警キルコさん

やっぱり緊張感はない…

しかしトウコさん美人だな!


キルコさんばっかり見てるから平方先生美人描けないのかと思ってたら
なかなか美人じゃないですか

いや別に知秋さんが美人じゃないとは言いませんよ

黙ってれば可愛いじゃないですか
胸の方を見たりしなければきっと十分魅力的なんですよ

いや別に私は巨乳好きではないですよ
ただの善良なおっぱい星人というだけです

ただ断崖絶壁はさすがにちょっと…というだけです



[タグ] 叶恭弘




ヤングジャンプに初登場!『ヴェツノバ』 叶恭弘

ヴェツノバ



2013年ヤングジャンプ7号 『ヴェツノバ』 叶恭弘


かつて、プリティフェイスやエム×ゼロを連載していた叶恭弘先生

当ブログでもプリフェのレビューとか短編集のレビューを書いたりしましたが

まさかのヤングジャンプに読切り掲載とか


少年ジャンプ専門だったのでヤンジャンとか今までさっぱり手にしたこともなかったんですが
叶先生の読切り見たさに買っちゃいましたとも
初めて


ヤングジャンプに登場ということで
もしかして作風が変わったりしちゃったのかと少し心配したんですが
どうやらそんなことはなかったようです

SNSを中心に据えた設定だったために
少年ジャンプよりもヤングジャンプの方がターゲット層が近いと
編集部とか担当とかが判断したんでしょうか


PCを使わずとも専用のアイテムを装着するだけで
その世界にログインできるリアルSNSを舞台に
少年と少女がメチャクチャやらかす

三行でまとめてしまうとこんな感じの内容でした


さすがに連載を何度も経験しているだけあって
非常に手堅くまとまった読切りとなっています



おそらくはヴェツノバ=「別の場」という意味と思われますが
SNSという設定による世界観の広がりの可能性が大きいんですね

印象としてはSNSというよりネトゲの側面が強いようなシステムでしたが
ユーザーによる自由なアバター設定と舞台・アイテム設定は
作中の現実という世界観に囚われることなく
やりたい放題できるという強みがあると言えます


敵との対決時においても
それなりに頭を使ったバトルで一定の爽快感もあり

でもログアウトしてしまえば全然知らない他人なので
すぐ近くにいても気づかないというオチも予想の範囲内ながら
許容できるレベルでした


ただし、これを連載できるかといえばそうとも限りません

仮想空間を要素の1つとして持つ作品は、その仮想空間に対する現実の部分も
必然的に合わせ持つことになります

従って、仮想空間の設定ばかり作り込んでも
実際にそのユーザーとなるキャラや主人公達が生きる現実世界の側面も描かねばならず
1つの作品で世界観を2つ構築することになり、通常の作品を創る倍の労力が
必要になってしまうのです

マンガの中においても、仮想空間は仮想空間のみとして存在することができないため
必ず現実世界との関連や繋がりにおいて位置づけられなければならないわけです

なぜなら、その仮想空間を利用するキャラが作中の現実に生きている者たちであるからです

彼らがどうしてその仮想空間を利用するのか、その切っ掛けや続けている理由など
世界観がファンタジーでも近未来でも必要のなかった「キャラがその世界に存在する理由」を
考えなければならないのです


ただまあ、叶先生としては
「なんかSNSとかいうのが流行ってるっぽいのでちょっくらそれをマンガに取り入れてみた」
とかそんな程度のものなのかもしれませんが…


とりあえず一番言いたいことは
叶先生早くWJに帰ってきてください、ってことです



[タグ] 叶恭弘




あの大物作家が原作参加!! TOKYO ANTS

tokyo ants


短編集Ⅱ TOKYO ANTS 叶恭弘



叶先生の短編集その2にあたる単行本です

何を隠そう
私は叶先生の作品が大好きです

先日レビューを書いた「プリティフェイス」はもちろん
その次の「エムゼロ」も大好きです
で、勢い余って短編集まで買っちゃってるわけですが

次はどの作品のレビュー書こうかなーと本棚のマンガを
読みあさってたんですよ
そんでたまたまこいつを手に取ったんですね

で、読んでいたら
もちろん今までに何回も読み通してるんですけど
ふと目にとまった作品があったんですよ

それがこれです
enma.jpg


enma


嘘をついた人の周りに微弱な電気が走るのが見えるという
人の嘘を必ず見抜ける特殊体質をもった主人公のお話です

嘘を見抜けるという設定はよくあるかもしれませんが
周囲に電流が流れることで
例えばケータイが勝手に鳴り出したり
例えば店頭に並んでいる電池の入っていない商品が起動したりとか
そういった影響が現れるというのが
さほど見たことのない設定で、面白い作品だと思っていました

それで一体何が言いたいのかというと
扉の右下なんですよ

これこれ
saku.jpg




・・・大河原遁先生だとお!?


まさに今グランドジャンプで「王様の仕立て屋」を大人気絶賛連載中の
あの大河原先生じゃないですか!


これは驚きました
今まで全然気づいてませんでした
大好きな作家さん2人がこんなところで1つの作品に関わっていたなんて

ググってみたらこの読み切りが掲載されたのは
2000年25号のジャンプ本誌だとか
今から12年前にこんな合作があってたんですね…


たまに読み返したりしてるとこんな発見があるんですね
これだからマンガは侮れない
この作品が俄然好きになってしまいました




[タグ] 叶恭弘 大河原遁




元祖男の娘マンガ!? プリティフェイス

プリティフェイス


プリティフェイス 叶恭弘


全6巻


今から10年前
平成14年に連載が始まったこの作品

美少女を描かせたらジャンプ作家の中で5本の指に入る?と
勝手に思ってる作家さん
叶恭弘先生の連載デビュー作です

主人公は、事故でぐちゃぐちゃになってしまった顔を
医者の勘違いでなぜか女の子の顔に整形されてしまうという
元祖男の娘

その上その顔が主人公の好きだった女の子とそっくりで
しかも家出した双子の姉と間違われて一緒に暮らすことに
なって…
というラブコメというよりドタバタを描いたマンガです


最大の突っ込みどころは整形されたからって
男が女の子のフリを果たしてできるのかと

例えば腰のくびれです
主人公が人工胸をつけて鏡の前に立つシーンがあるのですが
完全に女の子
元は男のはずが、事故の後1年眠っていたという理由で
手足はすっかり細くなって腰もくびれがあるように見えると

そんなわけあるか(;^ω^)

例えば声です
設定の上で言及されているのは顔が女の子に整形されてしまったと
いうもので、声帯や喉についてはノーコメントです
声変わりしてるはずの低い声でどーやって女を演じているのか(;^ω^)
もともと高い声だったとかそんなことさえも触れられていませんし
マンガということでご愛嬌ということですねわかります


ただまあ、こんな欠点をあげつらっても特に意味はないほど
マンガ自体は普通に面白いのです


この世界をもっと楽しんでいたい
このキャラ達の掛け合いをもっと見てみたい
素直にそう思わせられるほど
作品世界の感情移入がすんなりとできてしまう
読みやすいマンガです


しかし、残念なことに作者叶先生はなかなかの遅筆らしく
コミックス1巻の作者コメントでは
「仕事の遅い僕としては週刊連載というのは、
ほとんど不可能に近いペース」と自ら語っています

謙遜や初連載での自信の少なさによるものかと
思っていましたがどうやら本当に速くないようで

決して人気が無くなったわけではないと思うのですが
唐突に本物の双子の姉が現れてあっけなく最終回を迎えてしまいます

本誌で読んでいた時の残念感といったらなかったですね

このマンガを読んで叶先生のファンになった私
もちろん次に叶先生が連載した作品もコミックスを買うほど読んで
短編集まで集めてしまいました

このマンガの次に連載された作品のほうが
叶先生の作品としてはより有名かもしれません


そちらのレビューはまた次回以降にお届けすることとします



[タグ] 叶恭弘




 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター