社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

6年間の笑いと感動に感謝を… 『スケットダンス』32巻最終巻

sketdance32.jpg

スケットダンス 32巻


とうとう発売されました最終巻

6年間の連載がつい先日終了したばかりのようだったのに
もう最終コミックスが出てしまいました


ある意味で、発売を心待ちにしつつも読みたくなかったコミックスだったりします


読んだら本当にこの作品が終わってしまう
そしてライナーノートにどんなことが書いてあるかもわかってしまって
それに自分がどんな気持ちになるかもわかってしまう


何だか触れてはいけないものに触れてしまうかのような複雑な感情がありまあした


まあそんなことばかりも言ってられないので、意を決して読んだわけですが…






今までのコミックスを読んで拭えなかった違和感

ジャンプ本誌で読んでいてどうしても感じざるを得なかったモヤモヤ



結局それらが解消されることはありませんでした



篠原先生はどんな気持ちでこの作品の最後に向き合っていたのか
どんな気持ちで終了を決意して最後へと向かっていったのか


ライナーノートとともに、「あとがき」という形でその思い入れについて記述はありましたが、
やっぱり今まで通り納得がいかないというのが正直な感想です



篠原先生が作品の終わりを具体的に意識し始めたのは、「スイッチ・オン」のあたりからだとか

物語の大きな大きな一段階を過ぎてしまうことと、作中時間的な部分で
いよいよボッスンたちの卒業が近づいてきたことを感じ始めたそうです


言い換えれば「スイッチ・オン」を描かなければ終了を意識することはなかったのかもしれませんが
この物語において「スイッチ・オン」とは必ず描かれなければなかった必須のエピソードでした

篠原先生は「スイッチ・オフ」を描いた時からそのことを自覚しつつ
しかしあえて考えないようにしていたとか

その理由は、どうやってスイッチがボッスンに救われたのかはっきりとは決まっていなかったから


あれだけの罪の意識を背負って外の世界を拒絶したスイッチが
どうやったら今のように喋らないながらも明るいヤツになるのか

それを考えることは明らかに大変なことで、意識的に構想の隅に置いておいたそうです

しかしいつまでもそれを描くことから逃げ続けているわけにも行かないということで
ついにそのシリーズが始まった…と


そしてその後編集長に終了の申し入れをしたそうな

つまり、連載を終えることは篠原先生の方から言い出したことだったのですね



それならばなおさら残念で仕方ありません

もちろんそれを受けて編集部と具体的にいつ頃終了するかという話し合いはあったでしょうが
作者の方から言い出したのであれば、必要なエピソードを描ききるだけの期間は十分にあったのではないかと

ヒメコが将来と向き合う「バードマン」や
スイッチが自らの口で喋るきっかけとなる「ラストダンス」

もちろんそれらも必要な話だったでしょう


しかし他にも、もっと描くことのできた話があったはずなのです

サーヤの恋の決着
モモカの想いに応えるスイッチの気持ち

これですよ


ポケット団とか
新生徒会の様子とかも大事な部分ではありますが
それよりももっと物語として必要だったのは2つの恋の行方ですよ


全く描かれていないわけではありません
ただ、どう考えても描かれ方が少ない


サーヤの恋については前にも書きました
モモカについても似たようなことを思っています


このあたりの恋模様関連のエピソード描写が終盤に少なかったことについては
ライナーノートでもあとがきでも全く言及されていませんでした



結局ヒメコとボッスンの関係さえも
ヒメコの告白にボッスンが全く気づかないというグダグダで終わってしまって
篠原先生はラブコメが嫌いなのかとさえ疑ってしまいそうです



とはいえ、今巻は前巻に比べて篠原先生の言葉が多く書かれていたことは幸いでした
前巻の少なさには「作品への思い入れがなくなったのか」とさえ思ってしまいましたから

ライナーノートの文量や、空きページにスタッフたちが描いたボッスンたちのイラストがあったり
カバー裏には空きページに入りきらなかったイラスト

この作品では今までコミックスのカバー裏は表紙と同じ絵があるだけで、特にお茶目な趣向はなかったんですが
今巻では、スタッフたちが篠原先生にサプライズでプレゼントしたという「スケッチブック」の中身の一部が
紹介されていました

「スケッチブック」とはもちろん作中でボッスンたちが結成した」バンドも意識した名前ですね

銀魂の空知先生まで参加したそうで、そのイラストもカバー裏に掲載されています
イラストとともに相変わらずの空知節の言葉がありました


こうしたものを見ていると、篠原先生の『スケットダンス』に対する思い入れがなくなったわけではないことが
確かに窺えます
一緒に作品を作り上げていたスタッフたちからも愛され、また篠原先生もそんなスタッフたちに
感謝していたことでしょう


だからこそ、描いて欲しかったエピソードが描かれなかったことが残念でなりません


もうほんとにそれだけに尽きるというか

終わりよければすべてよし…と言いますが、俺にとっては「すべてよし」ではありませんでした
好きな作品の終了にそんなことを思ってしまうことが非常に残念です
思ってしまう自分自身も、思わせた篠原先生にも色んな感情が起こってきます



ただ、


6年間の連載お疲れ様でした

この気持ちもまた変わるものではありません


色々と思うことはありますが、面白い作品を有難うございました
次回作を楽しみにしています




[タグ] スケットダンス




ますます本格的に最終回へ… スケットダンス31巻

スケットダンス31巻

スケットダンス 第31巻

スマホで撮った画像だけど何かボッスンと佐介の顔色が悪いですね



31巻まで来ましたよ

ジャンプ本誌上でも最終回に向かっている雰囲気がひしひしとありますが
この間収録の話もまた、物語を終息に向かわせる回ばかりとなっています


中馬先生がついにレミお姉さんと入籍したり
ヒメコがボッスンへの恋心を自覚したり
生徒会とスケット団が世代交代したり



高校を卒業する時期に来て
ずっとこのままでいいと思っていた関係が、それでも1つのけじめを付けなきゃいけないと気がついて

主人公たちがこれまで積み重ねてきたいろいろなものを見て、それを無くしたくないと思った後輩たちがいて

ボッスンたちを主役にしたスケットダンスという物語がその終わりを迎えようとしていることがありありと窺えます




しかし、寂しさと同時もう1つ、何だか釈然としない感じがあるのは私だけではないのではないでしょうか


物語の終わりに向けて、何だかやけに急ぎ足のような急な展開が続いているのです


それはまるで、篠原先生が積極的にこの作品を早く終わらせたいと思っているかのようで
まさか作品に対する思い入れがなくなってしまったのではと心配したくなるほどなのです


そんな心配を抱えながら今巻を読んだ時


さらに心配になってしまいました





理由は簡単

ライナーノートの分量が明らかに少ないのです


今までは大体どんな回でもそれなりの内容を書いてくれていた篠原先生
今巻のライナーノートは大体3行から4行程度のあっさりしたものばかりでした

ヒメコがボッスンへの恋心を自覚した回や、スケット団と生徒会の引き継ぎを描いた前後編については
さすがに従来と同じくらいの行数ではありましたが
それでも何だか調子がやたらと駆け足な感じで


文章が急に終わったような感じで、何とも不自然な記述になっているのです


それに加えて分量自体も3行程度の少なさとしたら
本当に心配になってしまいました


篠原先生は今どんな気持ちでこの作品を描いているのでしょう

30巻以上にわたる長い間楽しませてくれた作品を終わらせる過程で
どんな思いを抱いておられるのでしょう


一読者として願うならば、ようやく終われることに安堵感を抱くとかではなく
とうとう終わってしまうのだと、感慨深く思っていてほしい


自分が好きな作品に対して、その作者がネガティブな感情を持っているとは思いたくないですよね


次のコミックスが最終回になるのでしょうか…






[タグ] スケットダンス




サーヤの恋、ついに決着… スケットダンス30巻

sket dance 30

SKET DANCE スケットダンス 第30巻


色んな意味で衝撃的だった29巻28巻とは違って
普通な感じになった今巻の表紙

なんか、ホッとしますね


さて

実は密かにこの巻の発売を心待ちにしていました


理由は簡単


収録されている話の1つに非常に興味があったからです


それはサブタイにもなっている「夏祭りグラフィティ」

ボッスンとヒメコの言葉を交わさない阿吽の呼吸を目にしたサーヤが
1人でそっとボッスンへの恋心を諦める決意を固めたあの回です


こちらの記事でも触れていますが
ジャンプ誌上で読んだ当時、どうしてもこの回に納得がいきませんでした


このマンガにおける本格的なラブコメのきっかけを作ってくれたサーヤというキャラに対して
その恋心に決着をつけるための話がこんなにあっさりしてていいはずがない
サーヤ絡みの回が軒並み面白かったこれまでの経過を考えても
その恋にケリをつける話がこんな形ではあまりにも簡単すぎる、と

どうしてもそんな気持ちになってしまって、釈然としなかったのです


コミックス空きページに各話の製作にまつわる裏話を
ライナーノートとしていつも載せてくれている篠原先生


是非ともこの回のライナーノートを読みたいと思っていました

いったい篠原先生は何を考えてこの回を描いたのだろうと



で、読んでみました



やっぱり納得いきませんでした



どうやら篠原先生の中では、サーヤはきっと自分の恋の行方をわかっていて、
きっかけがないせいでずっと有耶無耶のままになってしまっているんだろうな、と感じていたそうです

篠原先生もそれは同様で、きっかけがなかったことで描かないままになっていたそうな

そして夏祭りの回を描こうという時に、サーヤにとっても篠原先生にとっても
きっかけになると思ったとか


それならやっぱりもっとちゃんとサーヤの恋を決着させて欲しかった


そもそもサーヤの中では結論が出ているのだろうという感覚が
私の中にはないのです

作者の中でそうだったのなら、そうなのでしょうけど
読者の中ではそうではない

それは描写が足りないのか読み込みが足りないのかわかりませんが
どっちだったとしても何が納得いかないかって


サーヤが大事にされていない感じだった

ということです


3週くらいかけてじっくり描いてもらってもよかったのです
たとえその冒頭から「きっと最後にはサーヤが諦める展開になっちゃうんだな」ということが
予想できてしまっても

その結末をサーヤが受け入れるまでの過程をもっとちゃんと見たかった


この回を担当と打ち合わせしている中
サーヤの気持ちを考えると切なくなってしまったので
ボッスンには最後に天罰が下るオチになったとか

それよりももっと描いて欲しいものがありました



今さら何を言っても後の祭りではあるのですが

コミックスを見ても本誌を見た時の感じと気持ちがあまり変わらなかったのが
残念でならないです









[タグ] スケットダンス




終章へ向けて紡がれる物語… スケットダンス29巻

sket29.jpg
クリアマ

スケットダンス 第29巻



この表紙を見てマンガの内容がわかる人がいたら天才だと思います
この記事のタイトルと表紙を比べて納得できる人は変態だと思います


何これわけわかんないw


劇画調のスイッチとか

コマちゃんの水着とか

そんなのと同じマンガとは全然思えないよ!



篠原先生曰く、今回の表紙は変なボッスンシリーズとか


変と言うよりもはや奇妙の域すら超えている感があるのですがw



…と、こんなふざけた表紙とは対照的に

収録されている内容は真面目なものもあります


もちろん表紙に登場している変なボッスンたちが騒ぎを起こすバカ回もありますが


今巻の中心はサブタイにもなっている「バードマン」


人力の飛行機を作り上げたいという生徒の手伝いをするいつものスケット団の活動なのですが
それが普段と違うのは、ボッスンたちの進路が関わった話だということです


とりわけ、悩んでいるのはヒメコでした


メカに強いスイッチは工学系の道が

やる時はやるボッスンならどんな道でも可能性がある


じゃあ自分は?


自分に出来ること
自分がやりたいことがわからないまま自信を失いかけていたヒメコ


実は彼女には密かに胸に秘めていた1つの夢がありました


「バードマン」はそんなヒメコが夢と向き合うための回でもあったのです


そして、進路の話が出てきたことに分かるように

ボッスンたちは高校3年生です


ボッスンたちの卒業

それは恐らくこのマンガの終わりを意味するのでしょう


つまり、進路の話が出てきたことはそのゴールへ向かって物語が動き出したということなのです


ボッスンとヒメコの関係は?

スイッチが自らの口で喋る日は?

モモカの想いの行方は?


まだまだやり残していることがあるスケットダンス


最後の最後まで楽しみにすることにしましょう













[タグ] スケットダンス




サーヤの初恋に見るスケットダンスのラブコメについて考える

sket191.jpg



ついったーのTLでそんな話題になったので
ちょっくら考えてみたわけですよ





今週
ついにサーヤの恋に決着がついてしまいました


それは
決着と言うにはあまりにもあっさりで、あまりにも静かな決心でした



15巻でサーヤが初登場し
修学旅行狂詩曲を経て
サーヤが告白するに至った19巻第167話から現実時間でおよそ2年


その間、生徒会長でもあった兄貴の勘違い話で
何話も使って盛り上がったりすることもあるほど
このサーヤの恋という物語はスケットダンスという作品を面白くしてくれていた1つでした


そのサーヤの恋が今週終わりを迎えたのです



たった1週で
巻頭カラーでもセンターカラーでも大増○ページでも何でもないただの普通の回で
あっという間にサーヤが自ら諦め身を退く展開に至ってしまったのです



このあまりにもあっけなさ過ぎる恋の結末には
おそらく納得のいかない人も多いのではないでしょうか


かくいう私がそうなのです


これだけこのマンガを面白くしてくれたものを
だからこそそれだけ好きになってしまったヒロインの恋を

こんなにもあっさり終わらせてしまう今週の展開に
どうしても不満が残るのです


とは言ってもすでにジャンプ誌上に掲載されてしまっている以上
今さらなかったことにして描き直せなどということができるはずもありませんので
今回はこのスケットダンスという作品においてサーヤというヒロインに始まったラブコメに関して
若干の考察を繰り広げてみたいと思うのです





考えてみた内容はもちろん

ボッスン、ヒメコ、サーヤの三角関係について

です



今週サーヤが身を退く決意を固めたのは
夏祭りにやってきた中で
ボッスンとヒメコの息があまりにも合いすぎていることを感じて
「自分ではその間に入り込めない」と思い至ったからでした

確かにボッスンとヒメコにはこれまでもそうした阿吽の呼吸を成立させてきた描写が
何度かあり、2人の関係というのはサーヤでなくとも疑う余地が充分あったと言えます


では肝心の本人たちはどうでしょう


ボッスンはヒメコをどう思っているのか


修学旅行狂詩曲で、サーヤにそう聞かれたボッスン


「別に何とも思ってねーよ」


チュウ先生の薬で入れ替わっていたヒメコからその話を聞かされたボッスンは
どう答えるのかと聞かれて
ボッスンとしてヒメコが答えたことと同じように答えるだろうなーと漏らしました


確かにこの頃まではそうした意識はさっぱりなかったのでしょう


明確な変化があったのは
生徒会の新たな役員として加藤キリが登場した頃です





sket2.jpg





ヒメコと親しげに話すキリを見て
ボッスンは明らかに戸惑い、苛立ち、動揺していました


それは恋愛とか恋人とかそれまで全く考えてもみなかったようなことが
急に身近な人物に訪れていることに対しての驚きであったと同時に
それがヒメコだったということそのものに対しての衝撃もあったと思われます






sket4.jpg




1度は付き合ってるわけじゃないことがわかっても
それでも仲よさげにしているところを見ると動揺するボッスン


それは明らかに、嫉妬を感じていたと言うことが出来るでしょう


つまり、無意識的とは言えボッスンはヒメコに「そういう感情」を持っているのです


そうだとするならば、確かにサーヤが割って入れる可能性は少なかったのかもしれません
だからこそサーヤは誰にも言わずに自分1人だけで決心することが出来た


しかし、今週の展開における最大の問題点がここに存在します


前へ進む勇気とともに、サーヤはボッスンにはっきり「好きだよ」と伝えました

その時のボッスンはまだまだそういったことには疎く、はっきりした返事は返せないまま
結局今週の展開を迎えるに至っています


このままサーヤが自ら諦める決心の元に身を退くことは
1度告白を受けているはずのボッスンが、その事実とサーヤの心に
何のケジメもつけないままになってしまうことを意味するのです



ボッスンというキャラに対してそれはどうなのでしょうか



では次に、ヒメコはボッスンをどう思っているのかを考えてみましょう


例えば
21巻バレンタイン・クライシス


日頃世話になってるということでボッスンとスイッチにチョコを渡すため
デパートに買い物に来たヒメコ

ボッスンに渡すチョコを選ぶのには何だかんだと不必要な心配をしては
30分近く悩みに悩んで選んでいました

対してスイッチのチョコを決めるのに掛かった時間はわずか6秒


実際に渡す時になっても
何となくそれなりにオシャレな服装をしてみたり
さりげなく普通に渡すはずがどうしても表情がおかしなことになったり
渡したら渡したでボッスンのリアクションがあまりにさくっとしていることに
無駄にイライラしたり

間違いなく何らかの特別な感情を持っていると読み取れるシーンだったわけです


たとえば大阪へ旅行に出かけたトラブルトラベル

ヤクザまがいの不良に誘拐されてしまったヒメコを
ボッスンが必死の思いで救出したあのシリーズです

助け出された直後のヒメコは、それまでの恐怖から解放されたことと
必ず助けに来ると信じた男がそれを果たしてくれたことで気持ちが盛り上がり
告白しようとしているかのような態度を見せました

その時は惜しくもスイッチが入ってきてしまったことで
雰囲気が流れてしまいましたが

その後ボッスンを見る目に違いが現れていました



sket3_20130206215209.jpg


この表情をどう解釈できるでしょうか

ヒメコもまた、ボッスンと同様に無自覚に意識していると考えられるでしょう


しかし、ここでボッスンと比べての決定的な違いがあります


例えばボッスンとサーヤが仲よさげに話をしている時
例えばキャプテンとかロマンとかがボッスンと話をしている時

ヒメコには動揺したり苛ついたりしている様子が全くないのです


この記事を書くにあたって15巻以降をざっとながら読み通してみたのですが
そういったシーンは皆無でした


つまり、ボッスンが他の女の子と仲良くしていることに対して
ヒメコがヤキモチを焼いている場面がないということなのです



このことをどう捉えるべきか

それについてはよくわからないのですが、あるいは篠原先生も
このマンガでそこまで本格的なラブコメを描こうとしたわけではないために
そうした不十分さが出てしまったとも考えられるかもしれません



…結局何がどうという結論はないも同然なのですが



しかし、作品を創るにあたってのどんな事情があったにしても
読者としての正直な感想を言うとしたなら


こんなに簡単にサーヤの恋を終わらせて欲しくなかった


ということです


兄貴の勘違い話であれだけの時間を掛けたのに
あれだけの面白さを出すことが出来たのに

サーヤがボッスンに少しずつ惹かれていって
一大決心で告白するまでの流れもそれなりにじっくり描かれたのに

その恋が終わるのがこんなにあっさりとたったの1話で済まされるなんて


ここまで色々考えてきましたが、どうしてもそこだけが腑に落ちない部分です



ひょっとしたら次回何かフォローめいたところがあったりするのでしょうか

そこにわずかな期待を残してみることにしましょう







 | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター